詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

フィン・ユールとデンマークの椅子

開催中〜2022/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

特別展アリス —へんてこりん、へんてこりんな世界ー

開催中〜2022/10/10

森アーツセンターギャラリー( 六本木ヒルズ森タワー 52F)

東京都・港区

名作展「涼風を語る 龍子の描いた風景画を中心に」

開催中〜2022/10/10

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

特別展「化石ハンター展 〜ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣〜」

開催中〜2022/10/10

国立科学博物館

東京都・台東区

アールヌーヴォーからアールデコに咲いたデザイン  オールドノリタケ×若林コレクション

開催中〜2022/10/16

そごう美術館

神奈川県・横浜市

企画展  蔵出し蒔絵コレクション

開催中〜2022/10/16

根津美術館

東京都・港区

MOTアニュアル2022 私の正しさは誰かの悲しみあるいは憎しみ

開催中〜2022/10/16

東京都現代美術館

東京都・江東区

MOTコレクション コレクションを巻き戻す 2nd

開催中〜2022/10/16

東京都現代美術館

東京都・江東区

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展Ⅲ 古美術逍遙 ―東洋へのまなざし

開催中〜2022/10/23

泉屋博古館東京

東京都・港区

新版画 進化系UKIYO-Eの美

開催中〜2022/11/03

千葉市美術館

千葉県・千葉市

地球がまわる音を聴く:パンデミック以降のウェルビーイング

開催中〜2022/11/06

森美術館

東京都・港区

特集展示「初公開の収蔵品から」

開催中〜2022/11/06

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

生誕 120 年 猪熊弦一郎展

開催中〜2022/11/06

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

長坂真護展 Still A “BLACK” STAR  supported by なんぼや

開催中〜2022/11/06

上野の森美術館

東京都・台東区

大蒔絵展 —漆と金の千年物語

開催中〜2022/11/13

三井記念美術館

東京都・中央区

理想の書物 —英国19世紀挿絵本からプライヴェート・プレスの世界へ—

開催中〜2022/11/13

群馬県立近代美術館

群馬県・高崎市

美をつくし―大阪市立美術館コレクション

開催中〜2022/11/13

サントリー美術館

東京都・港区

宮城壮太郎展――使えるもの、美しいもの

開催中〜2022/11/13

世田谷美術館

東京都・世田谷区

第74回 正倉院展

2022/10/29〜2022/11/14

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

学年誌100年と玉井力三—描かれた昭和の子ども―

開催中〜2022/11/15

千代田区立日比谷図書文化館

東京都・千代田区

誕生50周年記念 ベルサイユのばら展ーベルばらは永遠にー

開催中〜2022/11/20

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)

東京都・港区

ヤマザキマリの世界

2022/10/25〜2022/11/26

東京造形大学附属美術館

東京都・八王子市

江森天寿と石川梅子 夭折の画家と県内初の女流画家

2022/10/08〜2022/11/27

遠山記念館

埼玉県・川島町

開館25周年記念展 Ⅲ 再興院展の立役者 齋藤隆三

2022/10/08〜2022/11/27

茨城県天心記念五浦美術館

茨城県・北茨城市

企画展「市制90周年記念 私たちの絵 時代の自画像展」

開催中〜2022/11/27

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

旅と想像/創造 いつかあなたの旅になる

開催中〜2022/11/27

東京都庭園美術館

東京都・港区

北斎ブックワールド ―知られざる板本の世界―

開催中〜2022/11/27

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー

開催中〜2022/11/27

角川武蔵野ミュージアム

埼玉県・所沢市

2022年秋の特別展「ヒンドゥーの神々の物語」

開催中〜2022/11/27

古代オリエント博物館

東京都・豊島区

特別展  将軍家の襖絵

2022/11/03〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

2022/10/08〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

ポンペイ

2022/10/12〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

2022/10/06〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

アーツ・アンド・クラフツとデザイン ウィリアム・モリスからフランク・ロイド・ライトまで

開催中〜2022/12/04

府中市美術館

東京都・府中市

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

2022/10/25〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

2022/10/08〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

2022/10/04〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

2022/11/03〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子展(タイトル未定)

2022/10/08〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

静嘉堂創設130周年・新美術館開館記念 響きあう名宝 ―曜変・琳派のかがやき―

開催中〜2022/12/18

静嘉堂文庫美術館

東京都・千代田区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

2022/10/08〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

2022/10/18〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

2022/10/22〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

鉄道と美術の150年

2022/10/08〜2023/01/09

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

2022/11/05〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

2022/11/15〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

2022/10/08〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

2022/10/08〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

2022/10/08〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

2022/10/14〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

2022/11/18〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

2022/11/12〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展(仮題)

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

特別展「動画クリエイター展」

2022/10/08〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

Exhibitions

生誕140年 ふたつの旅
青木繁×坂本繁二郎(2)

28歳の青木、九州にて没す

 青木は1907年8月、父危篤の知らせで久留米に帰郷。そして父没後、長男として家族を養うため東京には戻れず、九州各地を放浪しながら制作を継続した。しかし1911年、肺結核のため28歳の短い生涯を閉じた。当時青木が坂本に送った書簡なども本展に出品されている。青木の達筆が悶々とした心情を綴っていて、辛い気持ちになった。
  
 青木の没後、坂本は友人たちと共に青木の画業顕彰のため、展覧会開催や画集出版に向け奔走し、実現させた。
  
 それにしても青木の東京滞在がわずか8年間だったとは! こんな短期間で彼が次々と独創的な作品を発表し、瞬く間に絶頂を極めたこと、また《海の幸》など青木の代表作がそのまま日本の明治中期を代表する作品であることに、あらためて驚く。

アーティゾン美術館の会場風景(以下同様)。左から、青木繁《二人の少女》1909年 笠間日動美術館。※前期のみ展示。青木が没する2年前に描いた愛らしい少女像。少年時代に洋画の手ほどきを受けた師・森三美の娘たち。坂本繁二郎《張り物》1910年 個人蔵。同《新聞》1910年 個人蔵。
アーティゾン美術館の会場風景(以下同様)。左から、青木繁《二人の少女》1909年 笠間日動美術館。※前期のみ展示。青木が没する2年前に描いた愛らしい少女像。少年時代に洋画の手ほどきを受けた師・森三美の娘たち。奥は、坂本繁二郎《張り物》1910年 個人蔵。同《新聞》1910年 個人蔵。
坂本繁二郎《「草画舞台姿原画」より》1911年 石橋財団アーティゾン美術館。右から《沢村宗之助の皆鶴姫》《沢村宗十郎の榛沢平九郎》《市川高麗太郎の長作》 ※前期のみ展示
坂本繁二郎《「草画舞台姿原画」より》1911年 石橋財団アーティゾン美術館。右から《沢村宗之助の皆鶴姫》《沢村宗十郎の榛沢平九郎》《市川高麗太郎の長作》 ※前期のみ展示

坂本《うすれ日》/滞仏を経て帰郷/《放牧三馬》など

 青木の顕彰活動を済ませた30歳の坂本は、《うすれ日》(1912年、三菱一号館美術館寄託)を文部省美術展覧会(文展)に出品し、好評を得た。房総御宿で海岸に立つ牛を一頭描いた作品で、かつてと打って変わって、坂本の絵画の特徴となる、柔らかな色彩と詩情が印象的深い。頭をたれる牛がいい。彼の大正時代の画題の中心は、大好きな牛だった。居住地の東京・雑司ヶ谷などの近辺の牧場で取材。彼は一つの主題を集中して描く傾向が強い。その後、活動の場を二科展に移し、制作に励んだ。
  
 坂本は1921年から3年間、フランスに絵画研究のため滞在。色彩は明るさを増していく。帰国後、42歳の坂本は久留米に帰郷。そして近隣の八女に転居し、生涯この地で精力的に制作活動を行った。1956年には文化勲章を受章。
  
 坂本は郷里で、やはり好む動物である馬の姿を数多描いた。代表作《放牧三馬》(1932年、石橋財団アーティゾン美術館)は三者三様の向きの馬が、柔らかな中間色を基調に描かれ、背景とも溶け合うようだ。静謐で奥深い味わいがある。安定感のなかに包み込んでくれる温かさがある。馬の強さが感じられる。しっかりと立つ三匹の馬たちの縦軸と、上空の奇妙に見える四本の白雲の横軸が交差する。
 坂本が描いた雲も面白い。坂本の作品に在る絶妙な造形感覚は刺激的である。

坂本繁二郎《放牧三馬》1932年 石橋財団アーティゾン美術館
坂本繁二郎《放牧三馬》1932年 石橋財団アーティゾン美術館
左から、坂本繁二郎《放水路の雲》1924年 久留米市美術館。同《熟稲》1927年、倉敷紡績株式会社
左から、坂本繁二郎《放水路の雲》1924年 久留米市美術館。同《熟稲》1927年、倉敷紡績株式会社
坂本繁二郎《放牧場》1967年 福岡県立美術館
坂本繁二郎《放牧場》1967年 福岡県立美術館

 1930年頃、坂本は約30年ぶりに再会した高等小学校での教え子の石橋に、青木作品の蒐集をしてほしいとの願いを伝えた。石橋は1952年にブリヂストン美術館を創設し、青木作品を公開。坂本70歳の年のことだった。

二人の絶筆作品が並ぶ/二人と夏目漱石

 本展では、壁画という観点で二人の作品の検証をも行う。
 そして最後に二人の絶筆が並ぶ。青木が描いたのは、海から昇る朝日である。どこの海なのだろう。坂本は、おぼろに浮かぶ月の作品。彼が晩年に多く描いたのが月だった。共に光を放っている。二つの絶筆の制作年には、60年近い開きがある。
   
 坂本は雑誌『方寸』(第5巻3号、1911年7月)に寄稿した「逝ける青木君」にて、青木の絶筆の色は死を暗示しているようであること、また若き日に同行した妙義山スケッチ旅行で「胸を躍らした」情景、房州旅行などについても綴っている。
  
 青木と坂本を高く評価した人に夏目漱石がいる。「いつかの展覧会に青木という人が海の底に立っている背の高い女を描いた。代助は多くの出品のうちで、あれだけが好い気持に出来ていると思った。つまり、自分もああいう沈んだ落ち付いた情調におりたかったからである。」これは、1909年6~10月に「東京朝日新聞」「大阪朝日新聞」に連載された、漱石の小説『それから』の一部である。漱石は『わだつみのいろこの宮』を文展で見ていた。
 また漱石は坂本の《うすれ日》について、「牛は沈んでゐる。もつと鋭どく云へば、何か考えてゐる。」云々の評を1912年に「朝日新聞」に連載中の美術批評「文展と藝術」で執筆。この記事は坂本の大きな励みとなった。
  
 本展は、深い関わりをもった青木と坂本の生涯を生き生きと浮かび上がらせる。二人の幸運な邂逅に深く感じ入る。そして、坂本と石橋との邂逅にも。
  
 なおアーティゾン美術館は、学生は無料である(事前予約は必要)。

【参考文献】
1)伊藤絵里子・森山秀子・原口花恵・原 小百合 企画編集:『生誕140年 ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎』(展覧会図録)、公益財団法人石橋財団アーティゾン美術館・久留米市美術館 発行、2022年
2)夏目漱石:『それから』岩波文庫、岩波書店、1938年
3)芳賀 徹:『絵画の領分―近代日本比較文化史研究』朝日選書、朝日新聞社、1990年
  
執筆・撮影:細川いづみ(HOSOKAWA Fonte Idumi) 
(2022年8月)
※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。
※本文・図版とも無断引用・無断転載を禁じます。

生誕140年 ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎
Two Journeys: Aoki Shigeru and Sakamoto Hanjiro
Commemorating the 140th Anniversary of Their Births
  
【会期・会場】
2022年7月30日(土)~10月16日(日)  アーティゾン美術館 6・5階(東京都・中央区)
※前期・後期で一部作品の展示替えをいたします。
前期:7月30日(土)~9月11日(日)
後期:9月13日(火)~10月16日(日)
※詳細は展覧会公式サイトでご確認ください。
展覧会公式サイト:https://www.artizon.museum/exhibition/detail/543
  
2022年10月29日(土)~2023年1月22日(日) 久留米市美術館 本館2階(福岡県・久留米市)