詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

印刷/版画/グラフィックデザインの断層 1957-1979

開催中〜2024/03/03

国立工芸館

石川県・金沢市

MOTアニュアル2023 シナジー、創造と生成のあいだ

開催中〜2024/03/03

東京都現代美術館

東京都・江東区

皇居三の丸尚蔵館 開館記念展「皇室のみやび-受け継ぐ美-」第 2 期:「近代皇室を彩る技と美」

開催中〜2024/03/03

皇居三の丸尚蔵館

東京都・千代田区

[公募展] Seed 山種美術館 日本画アワード 2024 ― 未来をになう日本画新世代 ―

開催中〜2024/03/03

山種美術館

東京都・渋谷区

坂本龍一トリビュート展 音楽/アート/メディア

開催中〜2024/03/10

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] ギャラリーA

東京都・新宿区

豊嶋康子 発生法──天地左右の裏表

開催中〜2024/03/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

21_21 DESIGN SIGHT 企画展「もじ イメージ Graphic 展」

開催中〜2024/03/10

21_21 DESIGN SIGHTギャラリー1&2

東京都・港区

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/特集展示 横尾忠則―水のように/生誕100年 サム・フランシス

開催中〜2024/03/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

特別展「本阿弥光悦の大宇宙」

開催中〜2024/03/10

東京国立博物館

東京都・台東区

都市にひそむミエナイモノ展 Invisibles in the Neo City

開催中〜2024/03/10

SusHi Tech Square 1F Space

東京都・千代田区

水木しげるの妖怪 百鬼夜行展 ~お化けたちはこうして生まれた~

開催中〜2024/03/10

そごう美術館

神奈川県・横浜市

FACE展2024

開催中〜2024/03/10

SOMPO美術館

東京都・新宿区

和田誠 映画の仕事

開催中〜2024/03/24

国立映画アーカイブ

東京都・中央区

ムットーニワールド からくりシアターⅤ

開催中〜2024/03/24

八王子市夢美術館

東京都・八王子市

四百年遠忌記念特別展 大名茶人 織田有楽斎

開催中〜2024/03/24

サントリー美術館

東京都・港区

ニャラティブ! ‐物語から見る招き猫亭コレクションと現代作家展‐

開催中〜2024/03/24

藤沢市アートスペース

神奈川県・藤沢市

ACT (Artists Contemporary TOKAS) Vol. 6『メニスル』

開催中〜2024/03/24

トーキョーアーツアンドスペース本郷

東京都・文京区

企画展 「魅惑の朝鮮陶磁」/特別企画 「謎解き奥高麗茶碗」

開催中〜2024/03/26

根津美術館

東京都・港区

VOCA展2024 現代美術の展望-新しい平面の作家たち

2024/03/14〜2024/03/30

上野の森美術館

東京都・台東区

森美術館開館20周年記念展 私たちのエコロジー:地球という惑星を生きるために

開催中〜2024/03/31

森美術館

東京都・港区

tupera tupera + 遠藤幹子 しつもんパーク in 彫刻の森美術館

開催中〜2024/03/31

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

企画展「いざ、勝負!」

開催中〜2024/03/31

北斎館

長野県・小布施町

岩﨑家のお雛さま

開催中〜2024/03/31

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

岡田健太郎―重なる景体

開催中〜2024/04/07

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

三井家のおひなさま 特別展示 丸平文庫所蔵 京のひなかざり

開催中〜2024/04/07

三井記念美術館

東京都・中央区

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

開催中〜2024/04/07

東京都美術館

東京都・台東区

美術家たちの沿線物語 小田急線篇

開催中〜2024/04/07

世田谷美術館

東京都・世田谷区

魔女まじょ展

開催中〜2024/04/08

魔法の文学館(江戸川区角野栄子児童文学館)2階ギャラリー

東京都・江戸川区

初公開の仏教美術 ―如意輪観音菩薩像・二童子像をむかえて―

開催中〜2024/04/14

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

櫻井翔 未来への言葉展 PLAYFUL!

開催中〜2024/04/14

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

令和5年度早春展 中国陶磁の色彩 ―2000年のいろどり―

開催中〜2024/04/14

永青文庫

東京都・文京区

英国キュー王立植物園 おいしいボタニカル・アート 食を彩る植物のものがたり

開催中〜2024/04/14

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

建立900年 特別展 中尊寺金色堂

開催中〜2024/04/14

東京国立博物館

東京都・台東区

生誕150年 池上秀畝―高精細画人―

2024/03/16〜2024/04/21

練馬区立美術館

東京都・練馬区

須藤玲子:NUNOの布づくり

開催中〜2024/05/06

水戸芸術館現代美術ギャラリー、広場

茨城県・水戸市

春の江戸絵画まつり ほとけの国の美術

2024/03/09〜2024/05/06

府中市美術館

東京都・府中市

第5回「私の代表作」展

開催中〜2024/05/12

ホキ美術館

千葉県・千葉市

ライトアップ木島櫻谷 ― 四季連作大屏風と沁みる『生写し』

2024/03/16〜2024/05/12

泉屋博古館東京

東京都・港区

イヴ・ネッツハマー ささめく葉は空気の言問い

2024/03/10〜2024/05/12

宇都宮美術館

栃木県・宇都宮市

モダン・タイムス・イン・パリ 1925 ― 機械時代のアートとデザイン

開催中〜2024/05/19

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

版画の青春 小野忠重と版画運動 ―激動の1930-40年代を版画に刻んだ若者たち―

2024/03/16〜2024/05/19

町田市立国際版画美術館

東京都・町田市

マティス 自由なフォルム

開催中〜2024/05/27

国立新美術館

東京都・港区

金屏風の祭典 ——黄金の世界へようこそ

開催中〜2024/06/02

岡田美術館

神奈川県・箱根町

日本の山海

開催中〜2024/06/02

松岡美術館

東京都・港区

卒寿記念 人間国宝 鈴木藏の志野展

2024/03/19〜2024/06/02

国立工芸館

石川県・金沢市

遠距離現在 Universal / Remote

2024/03/06〜2024/06/03

国立新美術館

東京都・港区

第8回横浜トリエンナーレ「野草:いま、ここで生きてる」

2024/03/15〜2024/06/09

芸術祭(横浜美術館、旧第一銀行横浜支店、BankART KAIKO、クイーンズスクエア横浜、元町・中華街駅連絡通路)

神奈川県・横浜市

北欧の神秘ーノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画

2024/03/23〜2024/06/09

SOMPO美術館

東京都・新宿区

記憶:リメンブランス-現代写真・映像の表現から

開催中〜2024/06/09

東京都写真美術館

東京都・目黒区

BankART Life7「UrbanNesting:再び都市に棲む」

2024/03/15〜2024/06/09

BankART Station

神奈川県・横浜市

企画展「北斎と感情」

2024/04/06〜2024/06/09

北斎館

長野県・小布施町

特別展「大哺乳類展3−わけてつなげて大行進」

2024/03/16〜2024/06/16

国立科学博物館

東京都・台東区

茶の湯の美学 ―利休・織部・遠州の茶道具―

2024/04/18〜2024/06/16

三井記念美術館

東京都・中央区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

2024/04/27〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

2024/04/27〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

2024/03/09〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

2024/04/16〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

民藝 MINGEI—美は暮らしのなかにある

2024/04/24〜2024/06/30

世田谷美術館

東京都・世田谷区

三島喜美代―未来への記憶

2024/05/19〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

2024/04/24〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

2024/04/13〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

日本のまんなかでアートをさけんでみる

2024/03/16〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

Exhibitions

生誕140年 ふたつの旅
青木繁×坂本繁二郎(2)

28歳の青木、九州にて没す

 青木は1907年8月、父危篤の知らせで久留米に帰郷。そして父没後、長男として家族を養うため東京には戻れず、九州各地を放浪しながら制作を継続した。しかし1911年、肺結核のため28歳の短い生涯を閉じた。当時青木が坂本に送った書簡なども本展に出品されている。青木の達筆が悶々とした心情を綴っていて、辛い気持ちになった。
  
 青木の没後、坂本は友人たちと共に青木の画業顕彰のため、展覧会開催や画集出版に向け奔走し、実現させた。
  
 それにしても青木の東京滞在がわずか8年間だったとは! こんな短期間で彼が次々と独創的な作品を発表し、瞬く間に絶頂を極めたこと、また《海の幸》など青木の代表作がそのまま日本の明治中期を代表する作品であることに、あらためて驚く。

アーティゾン美術館の会場風景(以下同様)。左から、青木繁《二人の少女》1909年 笠間日動美術館。※前期のみ展示。青木が没する2年前に描いた愛らしい少女像。少年時代に洋画の手ほどきを受けた師・森三美の娘たち。坂本繁二郎《張り物》1910年 個人蔵。同《新聞》1910年 個人蔵。
アーティゾン美術館の会場風景(以下同様)。左から、青木繁《二人の少女》1909年 笠間日動美術館。※前期のみ展示。青木が没する2年前に描いた愛らしい少女像。少年時代に洋画の手ほどきを受けた師・森三美の娘たち。奥は、坂本繁二郎《張り物》1910年 個人蔵。同《新聞》1910年 個人蔵。
坂本繁二郎《「草画舞台姿原画」より》1911年 石橋財団アーティゾン美術館。右から《沢村宗之助の皆鶴姫》《沢村宗十郎の榛沢平九郎》《市川高麗太郎の長作》 ※前期のみ展示
坂本繁二郎《「草画舞台姿原画」より》1911年 石橋財団アーティゾン美術館。右から《沢村宗之助の皆鶴姫》《沢村宗十郎の榛沢平九郎》《市川高麗太郎の長作》 ※前期のみ展示

坂本《うすれ日》/滞仏を経て帰郷/《放牧三馬》など

 青木の顕彰活動を済ませた30歳の坂本は、《うすれ日》(1912年、三菱一号館美術館寄託)を文部省美術展覧会(文展)に出品し、好評を得た。房総御宿で海岸に立つ牛を一頭描いた作品で、かつてと打って変わって、坂本の絵画の特徴となる、柔らかな色彩と詩情が印象的深い。頭をたれる牛がいい。彼の大正時代の画題の中心は、大好きな牛だった。居住地の東京・雑司ヶ谷などの近辺の牧場で取材。彼は一つの主題を集中して描く傾向が強い。その後、活動の場を二科展に移し、制作に励んだ。
  
 坂本は1921年から3年間、フランスに絵画研究のため滞在。色彩は明るさを増していく。帰国後、42歳の坂本は久留米に帰郷。そして近隣の八女に転居し、生涯この地で精力的に制作活動を行った。1956年には文化勲章を受章。
  
 坂本は郷里で、やはり好む動物である馬の姿を数多描いた。代表作《放牧三馬》(1932年、石橋財団アーティゾン美術館)は三者三様の向きの馬が、柔らかな中間色を基調に描かれ、背景とも溶け合うようだ。静謐で奥深い味わいがある。安定感のなかに包み込んでくれる温かさがある。馬の強さが感じられる。しっかりと立つ三匹の馬たちの縦軸と、上空の奇妙に見える四本の白雲の横軸が交差する。
 坂本が描いた雲も面白い。坂本の作品に在る絶妙な造形感覚は刺激的である。

坂本繁二郎《放牧三馬》1932年 石橋財団アーティゾン美術館
坂本繁二郎《放牧三馬》1932年 石橋財団アーティゾン美術館
左から、坂本繁二郎《放水路の雲》1924年 久留米市美術館。同《熟稲》1927年、倉敷紡績株式会社
左から、坂本繁二郎《放水路の雲》1924年 久留米市美術館。同《熟稲》1927年、倉敷紡績株式会社
坂本繁二郎《放牧場》1967年 福岡県立美術館
坂本繁二郎《放牧場》1967年 福岡県立美術館

 1930年頃、坂本は約30年ぶりに再会した高等小学校での教え子の石橋に、青木作品の蒐集をしてほしいとの願いを伝えた。石橋は1952年にブリヂストン美術館を創設し、青木作品を公開。坂本70歳の年のことだった。

二人の絶筆作品が並ぶ/二人と夏目漱石

 本展では、壁画という観点で二人の作品の検証をも行う。
 そして最後に二人の絶筆が並ぶ。青木が描いたのは、海から昇る朝日である。どこの海なのだろう。坂本は、おぼろに浮かぶ月の作品。彼が晩年に多く描いたのが月だった。共に光を放っている。二つの絶筆の制作年には、60年近い開きがある。
   
 坂本は雑誌『方寸』(第5巻3号、1911年7月)に寄稿した「逝ける青木君」にて、青木の絶筆の色は死を暗示しているようであること、また若き日に同行した妙義山スケッチ旅行で「胸を躍らした」情景、房州旅行などについても綴っている。
  
 青木と坂本を高く評価した人に夏目漱石がいる。「いつかの展覧会に青木という人が海の底に立っている背の高い女を描いた。代助は多くの出品のうちで、あれだけが好い気持に出来ていると思った。つまり、自分もああいう沈んだ落ち付いた情調におりたかったからである。」これは、1909年6~10月に「東京朝日新聞」「大阪朝日新聞」に連載された、漱石の小説『それから』の一部である。漱石は『わだつみのいろこの宮』を文展で見ていた。
 また漱石は坂本の《うすれ日》について、「牛は沈んでゐる。もつと鋭どく云へば、何か考えてゐる。」云々の評を1912年に「朝日新聞」に連載中の美術批評「文展と藝術」で執筆。この記事は坂本の大きな励みとなった。
  
 本展は、深い関わりをもった青木と坂本の生涯を生き生きと浮かび上がらせる。二人の幸運な邂逅に深く感じ入る。そして、坂本と石橋との邂逅にも。
  
 なおアーティゾン美術館は、学生は無料である(事前予約は必要)。

【参考文献】
1)伊藤絵里子・森山秀子・原口花恵・原 小百合 企画編集:『生誕140年 ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎』(展覧会図録)、公益財団法人石橋財団アーティゾン美術館・久留米市美術館 発行、2022年
2)夏目漱石:『それから』岩波文庫、岩波書店、1938年
3)芳賀 徹:『絵画の領分―近代日本比較文化史研究』朝日選書、朝日新聞社、1990年
  
執筆・撮影:細川いづみ(HOSOKAWA Fonte Idumi) 
(2022年8月)
※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。
※本文・図版とも無断引用・無断転載を禁じます。

生誕140年 ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎
Two Journeys: Aoki Shigeru and Sakamoto Hanjiro
Commemorating the 140th Anniversary of Their Births
  
【会期・会場】
2022年7月30日(土)~10月16日(日)  アーティゾン美術館 6・5階(東京都・中央区)
※前期・後期で一部作品の展示替えをいたします。
前期:7月30日(土)~9月11日(日)
後期:9月13日(火)~10月16日(日)
※詳細は展覧会公式サイトでご確認ください。
展覧会公式サイト:https://www.artizon.museum/exhibition/detail/543
  
2022年10月29日(土)~2023年1月22日(日) 久留米市美術館 本館2階(福岡県・久留米市)