詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

特別展「大哺乳類展3−わけてつなげて大行進」

開催中〜2024/06/16

国立科学博物館

東京都・台東区

茶の湯の美学 ―利休・織部・遠州の茶道具―

開催中〜2024/06/16

三井記念美術館

東京都・中央区

ベル・エポックー美しき時代 パリに集った芸術家たち ワイズマン&マイケル コレクションを中心に

開催中〜2024/06/16

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

昭和モダン×百段階段 ~東京モダンガールライフ~

開催中〜2024/06/16

ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財 「百段階段」

東京都・目黒区

宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO

開催中〜2024/06/16

東京オペラシティアートギャラリー

東京都・新宿区

板倉鼎・須美子展

開催中〜2024/06/16

千葉市美術館

千葉県・千葉市

高橋由一から黒田清輝へ ―明治洋画壇の世代交代劇―

開催中〜2024/06/16

栃木県立美術館

栃木県・宇都宮市

ここに いても いい リトゥンアフターワーズ 山縣良和と綴るファッション表現のかすかな糸口

開催中〜2024/06/16

アーツ前橋

群馬県・前橋市

“オモシロイフク”大図鑑

開催中〜2024/06/22

文化学園服飾博物館

東京都・渋谷区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

開催中〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

開催中〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

シンフォニー・オブ・アート — イメージと素材の饗宴

開催中〜2024/06/23

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

驚異の細密表現展 ―江戸・明治の工芸から現代アートまで―

開催中〜2024/06/23

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

没後70年 戦争を越えて―写真家ロバート・キャパ、愛と共感の眼差し―

開催中〜2024/06/23

東京富士美術館

東京都・八王子市

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

開催中〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

開催中〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

創刊50周年記念 花とゆめ展

開催中〜2024/06/30

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52 階)

東京都・港区

KAGAYA 星空の世界 天空の贈り物

開催中〜2024/07/01

そごう美術館

神奈川県・横浜市

三島喜美代―未来への記憶

開催中〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

石岡瑛子 I デザイン

開催中〜2024/07/07

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

Beautiful Japan 吉田初三郎の世界

開催中〜2024/07/07

府中市美術館

東京都・府中市

ふたり 矢部太郎展

開催中〜2024/07/07

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/Eye to Eye-見ること

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

ホー・ツーニェン エージェントのA 

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

Tokyo Contemporary Art Award 2022-2024 受賞記念展

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

【特別展】犬派?猫派? ―俵屋宗達、竹内栖鳳、藤田嗣治から山口晃まで―

開催中〜2024/07/07

山種美術館

東京都・渋谷区

TOPコレクション 時間旅行 ― 千二百箇月の過去とかんずる方角から

開催中〜2024/07/07

東京都写真美術館

東京都・目黒区

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

開催中〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

開催中〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

国芳の団扇絵 ―猫と歌舞伎とチャキチャキ娘

開催中〜2024/07/28

太田記念美術館

東京都・渋谷区

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/08/12

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

開催中〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

2024/06/18〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

開催中〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

アートキャンプ白州 2024 Camp and Art in Each Heart!

2024/07/06〜2024/09/01

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

エドワード・ゴーリーを巡る旅

2024/07/06〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

開催中〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

2024/06/22〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

2024/07/13〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

2024/07/13〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

2024/07/06〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

梅津庸一 クリスタルパレス

開催中〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

2024/06/18〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

開催中〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

Exhibitions

生誕130年 エコール・ド・パリの貴公子 パスキン展

夢のなかの情景なのだろうか。
パスキンの虹色に輝く、憂いの世界。

   ■パスキンとは誰か
   お洒落な若者である。左手を顎に当て、大きな目をやや上目使いに挑むようにこちらを見るジュール・パスキン(1885~1930)。彼のこの大きな顔写真が、会場入り口で我々を出迎えてくれる。パリにやってきた翌年の1906年、21歳の姿だ。古来、芸術家を表するポーズという。ブルガリアの裕福なユダヤ人の家庭に生まれたパスキンは、少女や頽廃的な裸婦を描いた独特の作品で成功を収め、時代の寵児となった。1920年代のエコール・ド・パリの画家のなかでも最も活躍した画家の一人であり、一歳年下の藤田嗣治(レオナール・フジタ)(1886~1968)や、ポーランド出身のキスリング(1891~1953)の親友だった。
   その人生は謎をはらむ。彼はパスキンと名のり、作品に小文字でpascinと署名したが、本名はジュリウス・モディカイ・ピンカス。父に本名を使うことを禁止され、Pincasの綴り字を入れ替えて創った名前がパスキンだ。17歳の年に実家を出た後、1913年の母の葬式以外は家族の元に帰らなかった。そして45歳の絶頂期、ジョルジュ・プティ画廊での大規模な個展が開催される前日に、彼はアトリエで自ら命を絶ってしまった。
   パスキンは、まだよく知られている画家とはいえないだろう。生誕130年を記念して日本国内を巡回し、現在、東京のパナソニック 汐留ミュージアムにて開催中の「パスキン展」は、彼が生み出した芸術の全体像を丁寧に紹介する内容だ。本展は、監修と作品選定などにつき、パリにあるパスキン作品を普及させるための活動を行うコミテ・パスキンの全面的な協力を得たもので、ポンピドゥー・センター、パリ市立近代美術館、グルノーブル美術館やヨーロッパの個人コレクションなどから、代表作の油彩画、素描、パステル画、版画、また挿絵本や書簡など120点余りを出品。このような画家がいたのだ。必見である。
   ■展覧会の構成
   時系列で画業の変遷をたどっていく。四つの部から成り、中心となる大きな第4部は、さらに3つに分類される。第1部ミュンヘンからパリへ(1903~1905)。第2部パリ、モンパルナスとモンマルトル(1905~1914)。第3部アメリカ(1914/15~1920)。第4部狂騒の時代(1920~1930)(スタイルの獲得、素描、版画など、真珠母色の絵画)。
   ■絶頂期の作品群(狂騒の時代。真珠母色の絵画へ)
   気がついたら、展覧会場内を何度も往復していた。パスキンは時々に様々な挑戦を行い、画風を変化させるが、全てを集約させていくようにもみえる。特筆すべきは、中心となる第4部「狂騒の時代(レ・ザネ・フォル)」。彼の絶頂期となる。滞米中のパスキンは第一次大戦後の1920年にパリに戻った。世界中から集まった人々で華やぐ1920年代のパリで、パスキンは水彩画のような軽くて淡い色彩の不思議な油彩画を創出した。これは、実際に目にしないとわからないテイストである。《少女-幼い踊り子》(1924年、パリ市立近代美術館蔵)は茫漠とした茶系の背景にピンクのバレエ衣装の少女が立つ。幼いながら毅然とした美しさ。《二人の座る少女》(1925年、パリ市立近代美術館蔵)も蜃気楼のような背景に、二人の少女が別方向を向いて腰かける。黒色の輪郭線が人物を巧みに形づくる。
   第4部の最後のパート➂「真珠母色の絵画」となると、画面は白さと明るさを増し、虹色の光沢を放つようになる。1927年から没する1930年までに制作された3年間の最高傑作群だ。パスキンが到達した豊かな世界が横溢する。どのようにこの油彩画を描いたのだろう。稀にみる薄塗りとにじみにより色彩が溶け合い、真珠貝の殻の内側のように輝く。震えるような細い描線が人物をとらえる。色と形が融解し、夢のなかの情景のようだ。
   なかでも《テーブルのリュシーの肖像》(1928年、個人蔵)が印象深い。パスキンの恋人リュシー・クローグが、花籠や花瓶の置かれたテーブルに両肘を付いて憂いの表情で考え込む。清潔な美しさと深い叙情性。パスキンとリュシーは互いに家庭をもちながら、交際を続けていく。《ジメットとミレイユ》(1927年、パリ市立近代美術館蔵)はアトリエにいる二人のモデルを描く。人物の切り取り方も面白い。両脇に塗り残しがあるようにも見えるが完成作だ。パスキンはポール・セザンヌ(1839~1906)から多く影響を受けたといわれるが、本作にそれがみえる。ある時点で筆を止め、絶妙な空間を構成した。また、《ミレイユ》(1930年、ポンピドゥー・センター蔵)は、定着が弱く輸送困難である貴重なパステル作品。アトリエに座るモデルが居眠りする微笑ましい情景だ。窓からこぼれる太陽の暖かさと画家の心が伝わってきて、忘れがたい。パスキンが亡くなる年に制作された。
   ■パスキンの道のり(ミュンヘン、パリ、アメリカ、そしてパリ)
   パスキンの絵画から、優れた色彩感覚とともに稀なる素描の才能がみえる。彼はまず素描家として若くして成功した画家だった。1885年、ブルガリアの裕福な穀物商の家に生まれたパスキンは、7年後に家族でブカレストに移る。ウィーンやミュンヘンで美術を学び、ミュンヘンではドイツの大型の風刺雑誌『ジンプリツィシムス』と専属契約を結んだ。鋭く巧みな描線による辛辣な素描が評価され、高給を得た。ドイツ表現主義とも出合う。
   そして1905年クリスマス・イヴ、20歳のパスキンは油彩画家を目指してパリにやってきた。すでに素描家として知られ、経済的に恵まれていたパスキンは、芸術家仲間に歓迎され、モンパルナスとモンマルトルに住む。パリでは同年秋にアンリ・マティス(1869~1954)らの色彩豊かなフォーヴィスムが起こり、その後パブロ・ピカソ(1881~1973)らのキュビスムが登場。パスキンは渦巻く美術動向に刺激を受けながら油彩画制作に励んだ。画学生だった後の妻を描いた《エルミーヌ・ダヴィッドの肖像》(1908年、グルノーブル美術館蔵)やモンパルナスのカフェ・ドームに集まる常連の友人を描く《ウィリアム・ハワードの肖像》(1909年、個人蔵)には、フォーヴィスムの影響が見受けられる。これらは1920年代になって発表。一方、素描画は、軽妙な主題と柔らかい描線へと変化をみせる。
   1914年に始まった第一次大戦を避け、パスキンはアメリカに渡りニューヨークに居を構えた。翌年エルミーヌも合流し、1918年に結婚。1920年にはアメリカ国籍を取得した。パスキンは、渡米前年の1913年に開催されたニューヨークでの国際現代美術展「アーモリー・ショウ」に出品し、米国でも注目されていた。滞米中にはキュビスムの作品なども描き、また寒い冬には南部やキューバに旅行し、より自由な画風を創り出した。《キューバでの集い》(1915/1917年、個人蔵)は、暖かな雰囲気でテーブルを囲み談笑する人々を描く。遠景にも人々が小さく見え、中景には上空に浮かぶ天使のような姿がある。多人数の人々を描いた珍しい油彩画で、鮮やかな色彩が軽快に混ざり合い、新しい境地が感じられる。
   1920年、パリに戻ったパスキンは、次々と傑作を生み出していく。先述した油彩画のほかにも、版画、挿絵本など含め、その後に制作した数多くの魅力的な作品が、会場で堪能できる。《祝宴》(1926年、個人蔵、パリ)は卓抜な筆さばきにみとれてしまった。挿絵本の一部を水彩画で描いた《シンデレラ》(1930年、個人蔵、パリ)は動的な画面。飛び出さんばかりである。また、日本で初公開の大作《ダンス》(アクティス・ギャラリー蔵、ロンドン)はアーチ状の形態の異色作。デフォルメされた踊る人々には底抜けの生命力がある。パーティ会場の壁画装飾のために描かれたという。
   ■エコール・ド・パリとは何か
   パスキンは、エコール・ド・パリの寵児と呼ばれることが多い。「エコール・ド・パリ」とは、パリ派を意味する言葉で、広義と狭義があるが、やや曖昧な概念だ。パスキンらを指す場合は、19世紀前半に外国からパリに集まって活躍した画家のグループをいう。
   村上哲氏が執筆された本展図録の論考「パスキンとエコール・ド・パリをめぐって」によると、従来、(パスキンの友人でもあった)批評家アンドレ・ワルローが1925年にこの用語を初めて使ったと紹介されてきたが、1923年に美術批評家のロジェ・アラールが批判的な観点で用いたのが端緒であり、背景には保守的なアカデミズム陣営に、ユダヤ系を中心とする異邦人芸術家の前衛活動に対しての嫌悪感があった、とのことである。
   エコール・ド・パリの画家たちは、フォーヴィスムやキュビスムとは異なり、美術理論や作品に共通性をもつことはない。代表的な画家は、以下である。構成的な造形と叙情性をもつ人物像を描いたアメデオ・モディリアーニ(イタリア出身、1884~1920)、パスキン(ブルガリア出身、アメリカに帰化)、乳白色の肌と線描で知られる藤田嗣治(日本出身、フランスに帰化)。また、色彩にあふれた幻想的な絵画を残したマルク・シャガール(白ロシア、現ベラルーシ出身、1887~1985)。そして、明るい色彩が特徴のキスリング(ポーランド出身、フランスに帰化)、激しいタッチと捻じ曲がる形態を表現したハイム・スーティン(リトアニア出身、1894~1943)ら、である。例外はあるが、ほぼ共通するのは、①異邦人、②ユダヤ系、➂1880~90年代生まれ、という点だ。各々が個性的な芸術を構築した。故郷の民族性も取り入れ、孤独感や哀愁が漂うものも多い。ただパスキンの場合は故郷につながる要素はみられないようだ。互いに影響を受けながら、親しく交友する仲間だった。
   パスキンの、はかなくも強烈な絵画世界。本展にて是非お楽しみください。

【参考文献】
1) ローズマリー・ナポリターノ、ソフィー・クレップス、村上哲ほか 執筆:『パスキン展』(展覧会カタログ)、ホワイトインターナショナル 編集・発行、2014年。


執筆:HOSOKAWA Fonte Idumi 

(2015年2月)


【展覧会英語名】Exposition Pascin au Japon
【会期・会場】
2015年1月17日~3月29日 パナソニック 汐留ミュージアム
<電話> 03-5777-8600ハローダイヤル> 
<詳細>http://panasonic.co.jp/es/museum/

※本文・図版とも無断引用を禁じます。

2015年2月24日