詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

生誕100年 朝倉摂展

 日本を代表する舞台美術家・朝倉摂(1922-2014)。唐十郎や蜷川幸雄など、著名な演出家たちの舞台を多数手がけたことで知られるが、その創作の出発点は、日本画にあった。生前は展示される機会の少なかった絵画が約40点余り、時代を追って見られるのが見どころのひとつ。舞台美術や挿絵の仕事も合わせ、その創作活動の全貌に迫る。

左から、《更紗の部屋》1942年 練馬区立美術館/《歓び》1943年 神奈川県立近代美術館
左から、《更紗の部屋》1942年 練馬区立美術館/《歓び》1943年 神奈川県立近代美術館

 彫刻家・朝倉文夫の長女として、東京・谷中に生まれた朝倉摂は、父の方針もあって、学校には通わず、家庭教師による英才教育を受けたという。17歳から、美人画の名手・伊東深水に学び、日本画家としてキャリアをスタート。「1章 画家としての出発——リアルの自覚」の冒頭に並ぶのは、後に彫刻家となる妹の響子をモデルとした《更紗の部屋》など、女性像を描いた初期作だ。

左から、《街頭に観る》1942年/《雪の径》1944年 ともに神奈川県立近代美術館
左から、《街頭に観る》1942年/《雪の径》1944年 ともに神奈川県立近代美術館

 いずれも第2次大戦中の作品で、モンペ姿や女性の労働といったテーマに時局もうかがえる一方、《更紗の部屋》のモダンな雰囲気や《歓び》の赤を主とした洗練された色調、そして女性たちの凜とした表情などに、戦時下を忘れさせる清々しさが感じられる。

左から、《響子像》台東区立朝倉彫塑館/《自画像》1947-50年 ギャルリー・パリ
左から、《響子像》台東区立朝倉彫塑館/《自画像》1947-50年 ギャルリー・パリ

 戦後の朝倉は、父の家から独立して制作に打ち込んだ。常に新たなものを生み出したいと突き進む朝倉は、海外作家の研究を通して模索を続けていく。ピカソやキュビスムの研究から身体の造形性を探った《群像》や、ベルナール・ビュッフェ風の鋭く強い黒の輪郭線を用いつつ、「今の日本の社会状態の中で生き抜こうとするおんなの姿をかきつづけたい」という意欲のもとで描かれた一連の裸婦像など、画風の展開が鮮やかに見てとれるのも本展の魅力だ。

《群像》1950年 練馬区立美術館
《群像》1950年 練馬区立美術館
《おんな》1955年頃 福島県立美術館
《おんな》1955年頃 福島県立美術館
展示風景、スケッチブックと制作中の朝倉の写真
展示風景、スケッチブックと制作中の朝倉の写真

 もうひとつ印象的なのは、1950年代以降、社会派的な傾向を強めていくこと。背景には、父や従来の日本画壇といった権威への反発もあったというが、「2章 日本画と前衛——リアルの探求」に並ぶのは、実際に漁村や石切場や炭鉱に取材し、働く男女や貧しい子どもたちの姿に焦点を当てた作品だ。懸命に生きる人々を見つめる画家の眼差しが強く感じられ、その真摯さに心惹かれる。

左から、《背負う人々》1954年 栃木県立美術館/《夫婦》1953年 神奈川県立近代美術館/《働く人》1952年 山口県立美術館
左から、《背負う人々》1954年 栃木県立美術館/《夫婦》1953年 神奈川県立近代美術館/《働く人》1952年 山口県立美術館

 その後も、高度成長期の日本を批評的にとらえた《日本1958》や、石炭から石油へのエネルギー転換期に衰退していく炭鉱の竪坑櫓(たてこうやぐら)を描いた大作《1963》、また平和運動や安保運動に関わる作品からは、当時の社会の一面がまざまざと見えてくる。

《日本1958》1958年 福岡市美術館
《日本1958》1958年 福岡市美術館
左から、《1963》1963年 東京都現代美術館/《内部への挑戦》1960年 福島県立美術館
左から、《1963》1963年 東京都現代美術館/《内部への挑戦》1960年 福島県立美術館

 だが、1950年代から舞台の仕事も手がけていた朝倉は、1970年に渡米して本格的に舞台美術を学ぶと、以後は、挿絵や絵本の仕事を除いて絵画制作をやめてしまう。
 絵画をめぐる探求を見てきたあとでは、なぜなのだろうかと思わずにはいられない。
 理由は一つではないのだろうが、解説によると、社会運動で他者との連帯を経験することで、制作や評価が個人に帰される画家のあり方に限界を感じ、舞台美術や挿絵への指向を強めたのだという。

小劇場、商業演劇、歌舞伎、オペラなど多彩な分野で手がけた舞台美術の数々
小劇場、商業演劇、歌舞伎、オペラなど多彩な分野で手がけた舞台美術の数々
「近松心中物語」東宝 1979年 作:秋元松代 演出:蜷川幸雄 
「近松心中物語」東宝 1979年 作:秋元松代 演出:蜷川幸雄 

 朝倉が手がけた舞台は1600(!)を超えるそうだが、「3章 舞台美術の世界―イメージは発見」では、約40作の写真や模型、舞台正面図やデザイン画などから、大勢の演劇人と協力してつくりあげた舞台の魅力がたっぷり感じられる。また「4章 挿絵の仕事——余白を造形すること」では、『たつのこたろう』や『スイッチョねこ』など、懐かしい絵本との再会を嬉しく思う来館者も多いはずだ。

「オペラ源氏物語」のための衣装デザイン 日生劇場 2001年 演出:コリン・グレアム 音楽:三木稔
「オペラ源氏物語」のための衣装デザイン 日生劇場 2001年 演出:コリン・グレアム 音楽:三木稔
舞扇 1969年〜2012年 尾上墨雪 蔵/日本舞踊の舞台のために長期にわたって描いた舞扇
舞扇 1969年〜2012年 尾上墨雪 蔵/日本舞踊の舞台のために長期にわたって描いた舞扇
大佛次郎作『スイッチョねこ』のための原画 1971年 講談社刊 大佛次郎記念館
大佛次郎作『スイッチョねこ』のための原画 1971年 講談社刊 大佛次郎記念館

 生前のインタビュー映像をNHKアーカイブスで視聴すると、舞台美術では、戯曲の行間にある白い部分をどう埋めていこうかを考えている、と語られていた。上っ面ではなく、その裏にあるものを見抜くこと。そして、時代と物事の本質を見極める力を養うために日課としているのが、子どもの頃から一日も欠かしたことのない写生だという。絵画から舞台美術へ——ジャンルは変わっても、「時代と物事の本質を見極めたい」という点では共通していたのではなかろうか。

公式図録
公式図録

 なお、本展の公式図録は、一般書籍としても販売されている。図版や最新の研究成果とともに、コラムやエッセイを通じて、颯爽とした朝倉の人柄や時代の息吹にもふれることができる。読み応えの大きな一書だ。

執筆・写真撮影:中山ゆかり
 
*画像は、主催者の許可を得て撮影したものです。
 
*参考文献:『朝倉摂の見つめた世界 絵画と舞台と絵本と』編著:神奈川県立近代美術館、練馬区立美術館、福島県立美術館、発行:青幻舎、2022年
*参考サイト:NHK人物録「朝倉摂」NHKアーカイブス
https://www2.nhk.or.jp/archives/jinbutsu/detail.cgi?das_id=D0009250406_00000

生誕100年 朝倉摂展
Setsu Asakura: A Centennial Retrospective
 
【会期・会場】
2022年6月26日(日)~8月14日(日)  練馬区立美術館(東京都・練馬区)
※来場にあたっての注意事項等については、公式ウェブサイトをご確認ください。
美術館HP:https://www.neribun.or.jp/museum.html