詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

生誕110年 片岡球子展

活力みなぎる独創の絵画世界。挑戦を続けた画家 球子。
   「かいて、描いて、描きぬく勉強」、「私も写生を生命にする」。これは、日本画の世界にあって独特の色彩と造形を生み出した片岡球子(1905~2008、享年103歳)がスケッチブックに残した言葉だ。その色鮮やかで、力強く、生命力あふれる作品群は、観る者に喜びと大きな励ましを与えてくれる。球子は生涯、「絵画と何か」を問いながら研鑽を続けた。本展覧会は、代表作60点余、スケッチと新発見の渡欧資料など約40点により、80年にわたる画業の変遷を追い、その真摯な絵画への挑戦を提示する。東京国立近代美術館と愛知県美術館を巡回。
   ●火山から富士山へ 球子は富士山を数多く描いた。なかでも縦2m60cm近いサイズの、大画面いっぱいに描かれた《山(富士山》(1964年、北海道立近代美術館蔵)は、強い存在感と爽快さが印象深い。山雪の白さと、青や赤や金の太い線の対比が鮮やかで美しく、うごめく太い線は富士を生命体と化す。富士の崇高さ、同時に親近感も感じさせる。球子は初め火山に関心をもち全国に取材して、《死火山(妙義山)》(1966年、北海道立近代美術館蔵)などを制作。火山の荒々しい山容や秘めたエネルギーを、大きな筆遣いを何度も塗り重ねる方法で表現し、それまでの日本画とは異なる質感を創り出した。その後、富士山に興味を移すが、形状が整った美しい姿をいかに描くか、苦労したという。しかし困難がゆえに生涯、富士山の制作に向かうこととなった。前景に向日葵や牡丹などを配した《富士に献花》(1990年、個人蔵)は、点描や繊細な描き分けを行った装飾的で華麗な作品。画家の富士に対する畏敬の念が伝わる。球子は自然風景を描くなかで、徹底的な写生を踏まえつつ、個性的な造形感覚で対象の本質の極をつかみとり表現するという、独自の制作姿勢を確立した。
●歌舞伎や能、そして<面構> 球子は、歌舞伎、能や舞楽に取材した人物画も手掛けている。1966年、ライフワークとなる<面構(つらがまえ)>シリーズを開始。《面構 足利尊氏》(1966年、神奈川県立近代美術館蔵)を初めとする、最初の3部作も出品されている。デフォルメされた顔貌、画面をはみ出すばかりに描かれた全身、華麗な文様の衣装、そして鮮やかで大胆な色彩は衝撃的だ。1971年制作の《面構 東洲斎写楽》《面構 葛飾北斎》(ともに神奈川県立近代美術館蔵)からは浮世絵師を取り上げた。背景にそれぞれが描いた浮世絵を配す。やがて、浮世絵師と浮世絵に描かれた人物を一緒に登場させ、画面に新しい物語を展開させる。四曲一隻屏風《面構 歌川国貞と四世鶴屋南北》(1982年、東京国立近代美術館蔵)は、美しい青地背景に5人の人物の動勢が際立つ。これら歴史上や物語の人物像は、球子の入念な調査・研究を経た上で、独自の解釈を加えて造形された。その人が生きていたら、何を考えどう行動したかを想像した、という。
●裸婦 芸術院会員となった翌年、78歳の球子は新たな挑戦に着手した。1980年代初頭から取り組んだ裸婦の主題である。100歳になるまで23年間、描き続けた。《ポーズ4》(1986年、札幌芸術の森美術館蔵)など、様々なポーズの裸婦は、背景に浮かんでいるようにも、重力によって沈んでいくようにもみえる。球子は裸体と空間との関係を模索し、二次元平面に描くことの根本に挑んだのだ。
●初期作品 片岡球子は1905年に札幌に生れた。女子美術学校(現在の女子美術大学)を卒業後、横浜の小学校に勤務しながら画業に励んだ。帝展での落選を続けながらも精進。院展初出品の《枇杷》(1930年、北海道立近代美術館蔵)は写実的で香り高い作品である。個性的な僧の姿を描いた《祈禱の僧》(1942年、北海道立代美術館蔵)は研究会で大観賞を受け、小林古径(1883~1957)から激励された作品。「…あなたは、そのゲテモノを捨ててはいけない、…いつか必ず自分の絵に、あきてしまうときが来ます。そのときから、あなたの絵は変わるでしょう。…あなたの絵を絶対に変えてはなりません。…」との古径の言葉を、後に球子が語っている。やがて先述のように自己のスタイルを確立させてゆく。
●片岡球子の絵画の特徴 本展開幕時の記者発表会にて、企画者の中村麗子 東京国立近代美術館主任研究員は、「球子の絵画の特徴は、①従来の日本画の画材にこだわらず、様々な画材を使用した。1960年代に美術評論家の針生一郎(1925~2010)主宰の研究会で多分野の人々と交流し、60年代の文化の自由な風を受けている。②描く対象を自分の方に引きつけ、自由な解釈で対象の本質を取り出した。それまでの日本画家では珍しい立ち位置です」と話された。今回、球子の制作の舞台裏がわかるスケッチブックにも注目したい。
   写生を重んじ、そして驚くべき絵画世界を構築した片岡球子。是非本展をご覧ください。

【参考文献】
1) 東京国立近代美術館・愛知県美術館・日本経済新聞社文化事業部 編集、中村麗子・中野悠・土岐美由紀 執筆:『生誕110年 片岡球子展』(展覧会図録)、日本経済新聞社 発行、2015年。

執筆:HOSOKAWA Fonte Idumi 
(2015年4月)

※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。
20150428_001
写真1 東京の会場風景。
右から、片岡球子≪山(富士山)≫1964年、北海道立近代美術館蔵。
片岡球子≪伊豆風景≫1964年、北海道立近代美術館蔵。
(撮影:I.HOSOKAWA)
20150428_002
写真2 東京の会場風景。
右から、片岡球子≪面構 歌川国貞と四世鶴屋南北≫1982年、東京国立近代美術館蔵。
片岡球子≪面構 葛飾北斎・瀧澤馬琴≫1979年、愛知県美術館蔵。
(撮影:I.HOSOKAWA)
20150428_003
写真3 東京の会場風景。
手前から、片岡球子「スケッチブック(北海道風景)」、1961年、個人蔵。
片岡球子「スケッチブック(蔵王風景)」、1963年、個人蔵。
(撮影:I.HOSOKAWA)

【展覧会英語名】Kataoka Tamako: The 110th Anniversary of Her Birth
【会期・会場】
[東京会場] 2015年4月7日~5月17日 東京国立近代美術館
<電話> 03-5777-8600(ハローダイヤル) 
[愛知会場] 2015年6月12日~7月26日 愛知県美術館
<電話> 052-971-5511(代)  
【展覧会詳細】http://tamako2015.exhn.jp/

※本文・図版とも無断引用を禁じます。

2015年4月30日