詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

特別展 3.11大津波と文化財の再生

懸命に続く東北の被災文化財の救出活動
   ■「大事な宝である文化財」を守る
   「博物館資料を持ち去らないでください。高田の自然、歴史、文化を復元する大事な宝です。市教委」。大きな字でこう書かれた一枚の紙が、大津波で破壊された陸前高田市立博物館の入り口に動物の骨の標本とともに置かれた。その写真が展覧会場内にある。同博物館の職員の方々は亡くなられ、誰が書いたのか今もわからない。しかしこの言葉は関係者に勇気を与え、「大事な宝である文化財」を守り、再現する作業が全国で継続されている。
   2011年3月11日の東日本大震災は、多く方々の生命と財産を奪い甚大な被害をもたらした。あれから4年近くの歳月が流れたが、復興は遅々として進まない。日々努力が続く。東北の自然遺産、文化遺産、博物館も壊滅的な被害をこうむった。震災後、被災地と全国の機関が連携し、被災した文化財の救出に努力を重ねてきた。東京国立博物館はこの「文化財レスキュー」事業で大きな役割を果たしている。現在、東京国立博物館本館の特別2室・特別4室で開催中の「特別展 3.11大津波と文化財の再生」は、津波の特に深刻な被害を受けた岩手県陸前高田市の被災文化財を中心に、文化財や資料をよみがえらせる取り組みを紹介するものだ。

   ■《吉田家文書 定留》と《気仙隕石》

   会場奥に、和本体裁の《吉田家文書 定留(じょうどめ)》(江戸時代・1850年、個人蔵)が展示されている。これは、江戸時代に仙台藩気仙郡の24村を統括した大肝入である吉田家が、代々執筆・保管・活用した執務日記だ。古文書や村地図を合わせて95冊となる岩手県指定文化財。災害時は陸前高田市立図書館の重要書庫に所蔵されていて流失はしなかったものの、海水に浸かり土砂などにまみれ、ひどいカビが発生していた。《吉田家文書 定留》の再生に向け、どのようなことが行なわれたのだろう。作品解説によると、おおよそ次のようだ。まず不織布で包んで保護し、水道水で洗浄した。それから刷毛で表面の土を除き、殺菌を施し、脱塩処理を行った。その後、超音波処理で細かな土砂を除去。そして凍結乾燥したのち、燻蒸を行った、という。大変な工程の作業である。
   展示では、嘉永3年5月4日(1850年6月13日)の箇所が開かれ、その日の明け方に大音響を伴い発光しながら隕石が落下したとの記述がみえる。隣に並ぶのがそのときの《気仙隕石》(江戸時代・1850年、国立科学博物館所蔵)だ。日本に落下した石質隕石で最大のもの。もう一つの小さい《気仙隕石》はその一部。こちらは陸前高田市立博物館所蔵だが、当時は他館に貸与中で被災を免れたそうだ。
   ■文化財レスキューの三つのプロセス
   被災文化財を再生させるためには、大きく三つのプロセスが必要であることを知った。①まず、「救出」。つまり瓦礫と一緒になった文化財を被害現場から安全な場所へ運ぶこと。一刻も早く行わなくてはならない。ここで遅れると後の作業の難しさが増すことになる。②次に「安定化処理」。海水に浸かったものは塩分、泥、ヘドロ、雑菌などにまみれていて劣化しやすい。劣化を止めるためのクリーニングのことである。➂その後が「保管」だ。安全な環境に保管する。そして本格的な修理へと進むことになる。
   ■多様な被災文化財への取り組み
   会場には、《吉田家文書 定留》の他にも、実に多岐にわたる文化財が展示・公開されている。年代も種類も材質も様々だ。そして、目の前にする修復された文化財すべてが、それぞれ異なる大変な道のりを辿ってきたことに驚かされた。
   縄文時代の貝塚から出土した釣針などの骨角器、平安時代・9世紀の《毛抜形蕨手刀》、そして鎌倉時代・12世紀に造られた定朝式とされる《観音菩薩坐像》(岩手・光勝寺所蔵)が並ぶ。骨角器の場合は、臭いやぬめりの除去にも困難をきわめたそうだ。気仙地方の漁撈用具や、高田歌舞伎で使われた衣装の着物や簪(かんざし)や鬘(かつら)の修復も観ることができる。高田歌舞伎とは18世紀後半に陸前高田にあった地芝居を元として、戦後から平成初めまで行われた女歌舞伎だ。着物は元の形がわからないような状態だったという。
   また、昆虫標本や鳥類剥製なども展示されている。被災した《昆虫類ドイツ標本箱》(昭和時代・20世紀)の蝶の標本は原形をとどめない状態で泥まみれだが、修復が済んだものは見違える。繊細な羽の洗浄に細心の注意を払ったという。金田一京助筆《石川啄木歌碑拓本》(昭和時代・20世紀)も再生された。歌碑が流失したいま、拓本のみがその存在を伝える。([※筆者注]本段落で所蔵先の記述無しは、岩手・陸前高田市立博物館所蔵)
   ■長い歩みが必要である
   岩手県では大津波で8か所の博物館、水族館、図書館がほぼ完全に水没し、被災文化財は数十万点となった。県文化財が集中する陸前高田市では流失した46万点を「救出」し、現在まで16万点の「安定化処理」が行われた。しかしまだ約三分の一だ。全部の再生まであと10年はかかるという。なお、陸前高田市内では新市街地のために土地を10m以上嵩上げする大土木工事が進行中である。
   被災文化財の再生とは、多くの人々が連携し科学的知見を集め、気の遠くなるような忍耐を伴う仕事を積み重ねて、はじめて可能になるものなのだ。本展はそのことを教えてくれる。展覧会を企画なさった神庭信幸 東京国立博物館 保存修復課長は「将来にわたり歩んでいかなければならない東北のことを考えてもらいたい。被災文化財再生のための懸命の取り組みを知っていただきたいです」と内覧会で話された。是非多くの方々にご覧いただきたい。
執筆:HOSOKAWA Fonte Izumi
(2015年1月)
【展覧会欧文名】The Great Tsunami of March 11, 2011 and the Restoration of Cultural Properties
【会期】2015年1月14日(水)~ 3月15日(日)
【会場】東京国立博物館 本館特別2室・特別4室
【電話】03-5777-8600(ハローダイヤル)

※本文・図版とも無断引用を禁じます。

2015年1月26日