詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

特別展「大哺乳類展3−わけてつなげて大行進」

開催中〜2024/06/16

国立科学博物館

東京都・台東区

茶の湯の美学 ―利休・織部・遠州の茶道具―

開催中〜2024/06/16

三井記念美術館

東京都・中央区

ベル・エポックー美しき時代 パリに集った芸術家たち ワイズマン&マイケル コレクションを中心に

開催中〜2024/06/16

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

昭和モダン×百段階段 ~東京モダンガールライフ~

開催中〜2024/06/16

ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財 「百段階段」

東京都・目黒区

宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO

開催中〜2024/06/16

東京オペラシティアートギャラリー

東京都・新宿区

板倉鼎・須美子展

開催中〜2024/06/16

千葉市美術館

千葉県・千葉市

高橋由一から黒田清輝へ ―明治洋画壇の世代交代劇―

開催中〜2024/06/16

栃木県立美術館

栃木県・宇都宮市

ここに いても いい リトゥンアフターワーズ 山縣良和と綴るファッション表現のかすかな糸口

開催中〜2024/06/16

アーツ前橋

群馬県・前橋市

“オモシロイフク”大図鑑

開催中〜2024/06/22

文化学園服飾博物館

東京都・渋谷区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

開催中〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

開催中〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

シンフォニー・オブ・アート — イメージと素材の饗宴

開催中〜2024/06/23

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

驚異の細密表現展 ―江戸・明治の工芸から現代アートまで―

開催中〜2024/06/23

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

没後70年 戦争を越えて―写真家ロバート・キャパ、愛と共感の眼差し―

開催中〜2024/06/23

東京富士美術館

東京都・八王子市

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

開催中〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

開催中〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

創刊50周年記念 花とゆめ展

開催中〜2024/06/30

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52 階)

東京都・港区

KAGAYA 星空の世界 天空の贈り物

開催中〜2024/07/01

そごう美術館

神奈川県・横浜市

三島喜美代―未来への記憶

開催中〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

石岡瑛子 I デザイン

開催中〜2024/07/07

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

Beautiful Japan 吉田初三郎の世界

開催中〜2024/07/07

府中市美術館

東京都・府中市

ふたり 矢部太郎展

開催中〜2024/07/07

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/Eye to Eye-見ること

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

ホー・ツーニェン エージェントのA 

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

Tokyo Contemporary Art Award 2022-2024 受賞記念展

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

【特別展】犬派?猫派? ―俵屋宗達、竹内栖鳳、藤田嗣治から山口晃まで―

開催中〜2024/07/07

山種美術館

東京都・渋谷区

TOPコレクション 時間旅行 ― 千二百箇月の過去とかんずる方角から

開催中〜2024/07/07

東京都写真美術館

東京都・目黒区

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

開催中〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

開催中〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

国芳の団扇絵 ―猫と歌舞伎とチャキチャキ娘

開催中〜2024/07/28

太田記念美術館

東京都・渋谷区

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/08/12

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

開催中〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

2024/06/18〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

開催中〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

アートキャンプ白州 2024 Camp and Art in Each Heart!

2024/07/06〜2024/09/01

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

エドワード・ゴーリーを巡る旅

2024/07/06〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

開催中〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

2024/06/22〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

2024/07/13〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

2024/07/13〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

2024/07/06〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

梅津庸一 クリスタルパレス

開催中〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

2024/06/18〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

開催中〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

会場風景、手前が《絵を描くための作業台テーブル》

Exhibitions

温かさに満ちた「グランマ・モーゼス展―素敵な100年人生」

 「グランマ・モーゼス」の愛称で親しまれるアメリカ人画家、アンナ・メアリー・ロバートソン・ モーゼス(1860~1961)の生誕160周年を記念する展覧会が世田谷美術館で開かれている。国内では16年ぶりの回顧展となり、日本初公開を含む約130点を展示する。

グランマ・モーゼスの人生

 全体の作品を通して、牧歌的で手のぬくもりを感じさせる温かさ、物語の挿し絵のようなかわいらしさ、色合いの美しさを感じる。農家の主婦だったモーゼスは、72歳の時に孫に贈るために刺繍絵を始め、75歳になるとリウマチで刺繍が難しくなったことから絵を描き始めた。78歳の時に偶然、村を訪れたコレクターがドラッグストアに飾ってあったモーゼスの絵に一目惚れし作品を購入。それがきっかけとなり80歳の時にはニューヨークの画廊で初個展が開かれた。以降アメリカ国内各地で作品が展示され、人気画家に。100歳を祝ってニューヨーク州知事がモーゼスの誕生日を「グランマ・モーゼスの日」に制定。101歳で永眠した。

 夫の死後、70代から激動の人生を歩んだが、著名になってもモーゼスの暮らしは変わらなかったという。亡くなるまで1600点以上の作品を描いたというのも、モーゼスの底知れぬエネルギーを感じずにはいられない。本展は4章にわたる構成で紹介する。

モーゼスの温かさに満ちた作品たち

 モーゼスが制作を始めたきっかけとなった刺繍絵が素晴らしい。密度濃く縫い込まれた刺繍糸がこんもりと立体的に、ぬくもりに満ちた世界を作り上げている。ひと針ひと針に込められたモーゼスの思いが伝わってくる。中でも、華やかな花々と家が調和する《海辺のコテージ》と全体の優しい色合いが慈愛に満ち、包み込まれるような《イギリスの別荘の花園》に魅了される。

《海辺のコテージ》
1《海辺のコテージ》1941年

 油彩を始めたモーゼスは模写もした。天使が描かれたカードを模写した《守護天使》はオリジナルのものと並べて展示されているが、見比べると構図は同じでも全く違う、モーゼスの絵になっているのがおもしろい。キャンバスを窓に見立てた《窓ごしに見たフージック谷》は、画面の端にレースのカーテンが描かれているのが新鮮で、ハッとさせられる。モーゼスの自由な発想を感じると共に、今にも風に揺れるようなふんわりとしたレースカーテン越しに眺める風景はぐっと魅力的に写る。

《窓ごしに見たフージック谷》
2《窓ごしに見たフージック谷》1946年

 アメリカ国外初出という作業テーブルや、愛用していたブローチなども展示されている。テーブルの支え部分に、隙間なく風景画が描かれているのが斬新である。ブローチを見ていると、モーゼスを近くに感じられた。

会場風景、手前が《絵を描くための作業台テーブル》
会場風景、手前が《絵を描くための作業台テーブル》

 いくつかの章で登場する雪の絵がまた一段と美しい。塗り重ねられ厚みを感じる白の、画面全体に降りそそぐ雪の、美しさに魅せられる。ここまで描き上げたのはモーゼスが長く雪に包まれながら暮らし、雪の美しさを感じていたからなのだろうと想像する。また、冬の曇り空の中でも明るく楽しそうな様子が描かれているものも多く、冬の楽しい暮らしが伝わってくる。

《シュガリング・オフ》
3《シュガリング・オフ》1955年
《キルティング・ビー》
4《キルティング・ビー》1950年
会場風景
会場風景

 101歳の亡くなる年に描いた最後の作品《虹》。遠くには虹が見え、かわいらしい花もあり、人々の笑顔が見える。この穏やかで明るい絵がモーゼスの人生が幸せだったことを伝えてくれる。

《虹》
5《虹》1961年

 「人生は自分でつくりあげるもの。これまでも、これからも。」“Life is what we make it, always has been, always will be.” 101年の生涯を真摯に歩んだグランマ・モーゼスの言葉である。

庭で絵を描くグランマ・モーゼス
6 庭で絵を描くグランマ・モーゼス 1946年 写真:Ifor Thomas

1~5、アンナ・メアリー・ロバートソン・“グランマ”・モーゼス、個人蔵
全てギャラリー・セント・エティエンヌ、ニューヨーク寄託
All copyrights © 2022, Grandma Moses Properties Co., NY

(文中敬称略)
執筆:堀内まりえ

生誕160年記念「グランマ・モーゼス展―素敵な100年人生」
Celebrating the 160th Anniversary of Her Birth
Grandma Moses: A Retrospective Exhibition

【会期・会場】
2021年11月20日(土)~2022年2月27日(日) 世田谷美術館(東京都・世田谷区)
展覧会HP:https://www.grandma-moses.jp/

*本展は日時指定入場制です。
*来場にあたっての注意事項等については、公式ウェブサイトをご確認ください。

【今後の巡回予定】
2022年4月12日(火)~5月22日(日) 東広島市立美術館
*会期・会場は変更になる可能性あり。