詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

没後50年 鏑木清方展

清方芸術の真髄とは何か

 《築地明石町》などで知られる日本画家・鏑木清方(かぶらき・きよかた)(1878~1972)の画業は、明治・大正・昭和の80年にわたる。その大規模な展覧会が開催中だ。美人画の名手として名を馳せた清方だが、彼はそのことに違和感をもっていたという。

 「展覧会で強調したいのは、『清方は生活を描いた画家である』。そのために清方が行ったのは、描写し尽くすこと」。企画構成を担当した鶴見香織 東京国立近代美術館主任研究員は、記者発表会でこう語った。清方自身、「需(もと)められて画く場合いはゆる美人画が多いけれども、自分の興味を置くところは生活にある」(「そぞろごと」『鏑木清方文集』1935年)と著述していた。

 本展は100件超の清方作品により、美人画だけではない、本来の清方芸術を提示する。東京国立近代美術館と京都国立近代美術館の2館を巡回。

《初冬の雨》と《十一月の雨》:生活を細かく描写。焼き芋屋も!

 会場では同主題で制作年に60年の開きのある二作品が並ぶ。
 《冬の雨》(1896<明治29>年、個人蔵)は18歳の清方が描いた。やや右に、後の作品《新富町》にも似る、うつむき加減に橙色の和傘をさす日本髪の女性。奥には「〇やき」との看板の焼き芋屋に子どもたち。清方は挿絵画家を目指し、13歳で水野年方(1866~1908)に入門。本作は自由制作として書画研究会での回覧冊子に描いたもの。
 なおその後、明治の風俗を情緒豊かに表現した清方の挿絵は評判を呼ぶ。また彼は文展(文部省美術展覧会)などにも活躍の場を広げてゆく。

 もう一つの《十一月の雨》(1955<昭和32>年、上原美術館)は、画家78歳での制作。中央に日本髪で紺の着物の女性が和傘をさし、彩り豊かな秋の花を積んだ荷車を振り返る。左奥にやはり焼き芋屋。なんだかうれしくなる。「十三里」(九里+四里=栗ヨリうまい十三里、との洒落)と「〇やき」の看板。右には沢山の錦絵を吊るした絵双紙屋。右手前は濡れそぼつ道にしだれ柳。

 画面を眺めれば眺めるほど、庶民生活に在る事物が湧き出すように見えてくる。魔法のごとし。
 両作品に共通するのは、生活の細やかな描写だ。生活を慈しむ画家の心が伝わってくる。

東京展の会場風景(以下同様)。鏑木清方《十一月の雨》1955(昭和30)年、上原美術館、通期展示
東京展の会場風景(以下同様)。鏑木清方《十一月の雨》1955(昭和30)年、上原美術館、通期展示

清方芸術の最高峰《築地明石町》。三部作が揃う

 《築地明石町》(1927<昭和2>年、東京国立近代美術館)は、清方芸術の最高峰とされる。帝国美術院賞を受賞。画家は49歳だった。気品ある清麗な近代美人の立ち姿が、なんとも忘れがたい印象を残す。

鏑木清方《築地明石町》1927(昭和2)年、東京国立近代美術館、通期展示 ©Nemoto Akio
鏑木清方《築地明石町》1927(昭和2)年、東京国立近代美術館、通期展示 ©Nemoto Akio

 浅葱色の小紋の単衣に黒い紋付羽織を重ねた、お洒落な夜会巻の髪型の女性が、後方を振り返る。初秋の朝のようだ。寒そうに両手を羽織の袖にくぐらせている。足は素足に下駄履き。小紋の文様、左手薬指の指輪、下駄の鼻緒の織模様など丁寧に描写。一方、背景は薄い色調と粗い筆遣いに転じる。右下には水色の洋風の柵に青い朝顔。上部には帆前船が霞む。

 清方は「外人居留地であつた明石町の風光は、私がうしろ紐の頃から、目にも心にも滲み透つてゐる云はば理想郷のやうなものであつた。水色ペンキ塗の木柵に絡む朝顔も決して作為のものではない」(『続こしかたの記』1967年)と記した。本作は、明治30年半ばの清方の馴染み深い実在の光景を元にしたことで、到達しえた新しい画境だった。

 続く《新富町》と《浜町河岸》(共に1930<昭和5>年、東京国立近代美術館)の題名も画家が居住し、親しんだ場所だ。新富座や火の見櫓など実在の建物が配される。
 大正期に江戸風俗の美人画を多く描いた清方は、ここに自身が熟知する明治風俗を再び見出し、愛惜の念を重ねて新しい主題としていく。

 この三部作は発表時からよく知られたが、計50年ほど所在不明となり、2019年秋に東京国立近代美術館が新収蔵として公開。本展は東京と京都の両展とも、三部作を通期展示。

右から、鏑木清方《新富町》1930(昭和5)年。鏑木清方《築地明石町》1927(昭和2)年。鏑木清方《浜町河岸》1930(昭和5)年。共に、東京国立近代美術館館、通期展示
右から、鏑木清方《新富町》1930(昭和5)年。鏑木清方《築地明石町》1927(昭和2)年。鏑木清方《浜町河岸》1930(昭和5)年。共に、東京国立近代美術館館、通期展示

ジャンルを問わず、語るように生活を描写

 ずらりと並ぶ12幅《明治風俗十二ヶ月》(1935<昭和10>年、東京国立近代美術館)も見応えがある。かつてはこのように季節感と伝統を大事にして毎日の生活を楽しんでいた。《鰯》(1937<昭和12>年、東京国立近代美術館)は、鰯売りの少年の売り声が聞こえてきそうだ。清方は一葉らの肖像画も、風景画でも生活をきめ細かく語るように描いている。

鏑木清方《明治風俗十二ヶ月》1935(昭和10)年、東京国立近代美術館、通期展示 ©Nemoto Akio
鏑木清方《明治風俗十二ヶ月》1935(昭和10)年、東京国立近代美術館、通期展示 ©Nemoto Akio
右から、鏑木清方《一葉》1940(昭和15)年、東京藝術大学、通期展示。鏑木清方《一葉女史の墓》1902(明治35)年、鎌倉市鏑木清方記念美術館、3月18日~4月3日展示 ※展示終了。鏑木清方《遊女》1918(大正7)年、横浜美術館、3月18日~3月31日展示 ※展示終了
右から、鏑木清方《一葉》1940(昭和15)年、東京藝術大学、通期展示。鏑木清方《一葉女史の墓》1902(明治35)年、鎌倉市鏑木清方記念美術館、3月18日~4月3日展示 ※展示終了。鏑木清方《遊女》1918(大正7)年、横浜美術館、3月18日~3月31日展示 ※展示終了

葛藤する心の卓抜な描写

 一方で、清方が描いた作品には、葛藤する心や刹那の思いを、卓抜な筆で表現した独特の世界もあり、強烈な魅力を放つ。絵踏みをする長﨑の遊女を描く《ためさるゝ日》左幅(1918<大正7>年、個人蔵)に息をのみ、歌舞伎や小説から想を得た《薄雪》(1917<大正6>年、福富太郎コレクション)や《遊女》(1918<大正7>年、横浜美術館)などにも見入った。
 また清方作品全体を通して、和装の美や味わいというものにあらためて目を開かれた。

右から、鏑木清方《ためさるゝ日》右幅、1918(大正7)年、鎌倉市鏑木清方記念美術館、3月18日~4月3日展示 ※展示終了。鏑木清方《ためさるゝ日》左幅、1918(大正7)年、個人蔵、3月18日~4月17日展示 ※展示終了
右から、鏑木清方《ためさるゝ日》右幅、1918(大正7)年、鎌倉市鏑木清方記念美術館、3月18日~4月3日展示 ※展示終了。鏑木清方《ためさるゝ日》左幅、1918(大正7)年、個人蔵、3月18日~4月17日展示 ※展示終了

 清方が提唱した手元で楽しむ「卓上芸術」の小さな作品も多数紹介されている。
 市井の人と共に在ることを喜びとした清方。本展で清方に大きく接近できた実感をもった。また描かれているように、季節の変化を感じながら毎日の生活を大切に送りたいと思う。
 なお、ご来場の際はできれば単眼鏡のご持参をお奨めしたい。

【参考文献】
1) 鶴見香織、中村麗子、小倉実子、三宅さくら、福田智子、NHK、NHKプロモーション 編集:『没後50年 鏑木清方展』(展覧会図録)、毎日新聞社、NHK、NHKプロモーション、東京国立近代美術館、京都国立近代美術館 発行、2022年
2) 山田肇 編集:『鏑木清方随筆集』岩波書店、1987年
3) 鏑木清方:『こしかたの記』『続こしかたの記』中央公論社、1977年

執筆・撮影(©明示以外):細川いづみ(HOSOKAWA Fonte Idumi) 
(2022年4月)

※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。
※本文・図版とも無断引用・無断転載を禁じます。

没後50年 鏑木清方展
Kaburaki Kiyokata : A Retrospective

【会期・会場】
2022年3月18日(金)~5月8日(日) 東京国立近代美術館(東京都・千代田区)

※展示替えがあります。詳細は展覧会HPでご確認ください。
※4月29日(金)~5月8日(日)は連日、夜間開館(20時まで)となります。
展覧会公式サイト:https://kiyokata2022.jp

【今後の開催予定】
2022年5月27日(金)~7月10日(日) 京都国立近代美術館(京都府・京都市)