詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

江戸絵画の華 〈第1部〉若冲と江戸絵画

開催中〜2023/02/12

出光美術館

東京都・千代田区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

開催中〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

開催中〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

北斎かける百人一首

開催中〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

『YUMING MUSEUM』(ユーミン・ミュージアム)

開催中〜2023/02/26

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)

東京都・港区

没後200年 亜欧堂田善展

開催中〜2023/02/26

千葉市美術館

千葉県・千葉市

フジヤマミュージアム 冬の収蔵作品展

開催中〜2023/02/26

フジヤマミュージアム

山梨県・富士吉田市

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

8Kだから見えてくる ルーブル美術館 空間を超えた映像アート体験

2023/02/14〜2023/03/01

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

東京都・新宿区

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

開催中〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

多層世界とリアリティのよりどころ

開催中〜2023/03/05

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

東京都・新宿区

FACE展2023

2023/02/18〜2023/03/12

SOMPO美術館

東京都・新宿区

日本の切り絵 7人のミューズ

開催中〜2023/03/19

そごう美術館

神奈川県・横浜市

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

広重おじさん図譜

開催中〜2023/03/26

太田記念美術館

東京都・渋谷区

江戸絵画の華 〈第2部〉京都画壇と江戸琳派

2023/02/21〜2023/03/26

出光美術館

東京都・千代田区

VOCA展2023

2023/03/16〜2023/03/30

上野の森美術館

東京都・台東区

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

開催中〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

トンコハウス・堤大介の「ONI展」

開催中〜2023/04/02

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

キャラクターデザインの先駆者 土方重巳の世界

2023/02/11〜2023/04/09

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

アートのための場所づくり 1970年代から90年代の群馬におけるアートスペース

開催中〜2023/04/09

群馬県立近代美術館

群馬県・高崎市

レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才

開催中〜2023/04/09

東京都美術館

東京都・台東区

わたしたちは生きている! セタビの森の動物たち

2023/02/18〜2023/04/09

世田谷美術館

東京都・世田谷区

ヒグチユウコ展 CIRCUS FINAL END

開催中〜2023/04/10

森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52F)

東京都・港区

本と絵画の800年 吉野石膏所蔵の貴重書と絵画コレクション

2023/02/26〜2023/04/16

練馬区立美術館

東京都・練馬区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

企画展「北斎バードパーク」

2023/03/14〜2023/05/21

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

開催中〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

櫻田精一展 ~気韻生動 刻の流れをみつめて~

開催中〜2023/05/28

森の美術館

千葉県・流山市

NACT View 02 築地のはら ねずみっけ

開催中〜2023/05/29

国立新美術館

東京都・港区

美しい人びと 松園からローランサンまで

2023/02/21〜2023/06/04

松岡美術館

東京都・港区

へザウィック・スタジオ展:共感する建築

2023/03/17〜2023/06/04

森美術館

東京都・港区

深瀬昌久 1961-1991 レトロスペクティブ

2023/03/03〜2023/06/04

東京都写真美術館

東京都・目黒区

憧憬の地 ブルターニュ  ―モネ、ゴーガン、黒田清輝らが見た異郷

2023/03/18〜2023/06/11

国立西洋美術館

東京都・台東区

ブルターニュの光と風 ー画家たちを魅了したフランス<辺境の地>

2023/03/25〜2023/06/11

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ルーヴル美術館展 愛を描く

2023/03/01〜2023/06/12

国立新美術館

東京都・港区

ジョルジュ・ルオー ー かたち、色、ハーモニー ー(開館20周年記念展)

2023/04/08〜2023/06/25

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

21_21 DESIGN SIGHT 企画展「The Original」

2023/03/03〜2023/06/25

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

部屋のみる夢 ボナールからティルマンス、現代の作家まで

開催中〜2023/07/02

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

青空は、太陽の反対側にある:原美術館/原六郎コレクション 第1期(春夏季)

2023/03/24〜2023/09/03

原美術館ARC

群馬県・渋川市

池内晶子01

Exhibitions

池内晶子 あるいは、地のちからをあつめて

糸を見つめ、世界を体感

 絹糸を展示会場に張りめぐらせ、場所、時間、記憶を内包した作品で、人と空間との関わりを考察し続けている池内晶子(1967年、東京都生まれ)の個展が東京の府中市美術館で開かれている。国内外で展覧会を数多く開いている池内だが、美術館での個展は初めてとなる。「あるいは、地のちからをあつめて」という副題は、美術館のある土地柄や、地球が生み出す磁力や重力、絹糸が持つ歴史や文化などを制作の根底に据え、現場制作したことを表している。
 本展では、美術館の3つの展示室とエントランスロビーで新作を主に各一点ずつ発表。作品タイトルはすべて「結び目のある糸」を意味する「Knotted Thread(ノッティドスレッド)」を基本とし、そこに作品ごとの糸の色や直径、高さ、方位などを加えている。

 展示室1では、円錐形を逆さまにした筒のような赤い物体が浮かび、その下に赤い円が広がって、やわらかく、明るく、暖かい空気が醸し出されていた。この作品「Knotted Thread-red-Φ1.4㎝-Φ720㎝」は、磁北を基準とする東西南北の方角の天井付近の壁4点から赤い絹糸を伸ばして、筒状の物を宙吊りにし、その真下を始点として同心円状に糸を右回りに置いている。床の糸はすべて繋ぎ合わされていて、長さはおよそ2万2千㍍、円の直径は約7㍍で、糸を床に置くだけで6日間かかったという。
 池内によると、浮遊物の方は軸糸に結び付けた糸を右に旋回させて、交差する糸を結び、端を短く切って回転を促し、右回りの渦ができるように制作したという。
 一方、床の糸は、「浮かんでいる物とは異なる回転の速さの渦を作りたい」(池内)ことから、糸を繋げて1本にして床に置いた。渦を作ることは、「過去や現在、歴史や時間、土地や人々の記憶など、さまざまな思いや次元と接触する方法」だととらえている。

池内晶子01
「Knotted Thread-red-Φ1.4㎝-Φ720㎝」 絹糸 2021年

 展示室2は、天井から垂れ下がる1本の白い糸が光にかすかに照らし出され、静謐な空間が生み出されている。この糸は、部屋の南北に張り渡した糸の中央から垂れ下がっていて、たくさんの結び目がつけられている。新潟の「朝日村 まゆの花の会」による手撚(よ)りの絹糸で、会の人々が養蚕をしてとれた繭を、明治時代に使われていた手繰り機で撚っている。「この絹糸に触れると蚕の命やかかわった方々の息遣いが感じられる」ことなどから池内が直観的に選んだ。シンプルだが、結び目があるためか、重力を感じさせる。第1展示室の作品の赤い糸は工業製品なので、この「Knotted Thread-h220㎝(north-south)」を近くに展示することでその差異を見せてもいる。

池内晶子_02
「Knotted Thread-h220㎝(north-south)」 絹糸 2021年

 展示室3は、暗い室内で目を凝らしてしばらく経つと、赤い糸が滝のように見えてくる「Knotted Thread-red-east-west-catenary-h360㎝」が展開している。左右の壁に沿って張った5㍍の軸糸の片方に1本の糸を結びつけ、大きくたゆませながらもう片方の壁の軸糸に渡して結び、10㌢間隔でジグザグに糸を行き来させている。糸は人の動きや入口からのわずかな風で動き、間隔やたゆみが常に微妙に変化するのがわかる。また、人の呼気に含まれる湿気に応じて糸が伸縮するのだという。暗い展示室の片隅で、人の存在や自然の力に気づかされ、はっとする。

池内晶子_03
「Knotted Thread-red-east-west-catenary-h360㎝」 絹糸 2021年

 展示室の外のスペースにはドローイングや版画が展示されている。中でも目をひくのが、はがきサイズの紙に水彩や色鉛筆で描かれたドローイング。20年ほど前から毎日欠かさず2枚ずつ描いている日記のような作品で、頭に浮かんだものや、夢に出てきたものを、紙に定着させるように形にしている。池内は「毎日起こる出来事の記憶の断片をとどめる行為であり、糸のひとつひとつの結び目のようなものである」(鑑賞ガイドより)と位置付けている。

池内晶子_04
企画展ロビーのドローイング。「Daily Drawings」

 ロビーの作品を見終わり、2階から階段を下りる少し手前で、1本の白い絹糸の下をくぐることに注意したい。天井近くの壁から、展示室の入口付近に向けて糸を渡してあるので、展示を見る前にもくぐっていたことになる。「Knotted Thread-white-22knots-north-south」とのタイトルからわかるように、糸は南北の方向に張ってある。
 「北は方角の基準となり、南北の方向に糸を沿わすことで磁力を示すことができるのではないか」という思いと、府中に近く、池内が長く住んでいた多摩丘陵に位置する稲城市が美術館の南にあることから「美術館の外との繋がりを示すことができるのではないか」と考えた。府中が多摩川により形成された河岸段丘にあることから、段丘と美術館の建物の構造を関連付け、ロビーからエスカレーターで段丘を登るように展示室への導線があることなどを構成の基本としている。
 また、府中市美術館の建つ場所は、旧陸軍から米軍に接収され、後に返還された土地で、長い間一般には立ち入ることができなかったが、「文化の発信の場として継続している。その重要性を示すため」、糸に美術館の開館年数に1を足した22個の結び目をつけた。
 糸を見つめて、感覚を研ぎ澄ますことで、人の存在や世界のありようが体感できる、そんな空間が展開している。

池内晶子_05
エントランスロビーの「Knotted Thread-white-22knots-north-south」。左側の天井付近からエスカレーターの上の方にかけて白い糸が渡されている

 なお、入口で配られる鑑賞ガイドには、展示で使われているのと同じ赤い糸が添付されている。「作品に対する親近感を抱いてもらい、それが作品を保護する気持ちにつながる」(同展担当・神山亮子学芸員)と考えた。ガイドに付けたのはコロナ対策のためだという。

池内晶子_06
鑑賞ガイド。作品に使用したのと同じ赤い糸が添付されている

 池内晶子は1967年東京都生まれ。98年東京芸術大学美術研究科博士後期課程満期退学。1998年から2000年まで文化庁在外研修でニューヨーク滞在。現在、京都芸術大学准教授。88年から糸を空間に張り巡らす作品を制作している。近年の主なグループ展に「MOTアニュアル2011 Nearest Faraway|世界の深さのはかり方」(東京都現代美術館、2011年)、「19th DOMANI・明日展」(国立新美術館、2016~17年)、「水と土の芸術祭 2018」(新潟県、2018年)など。主な個展に「Akiko Ikeuchi Silk Thread Installations」(The Japan Foundation Gallery 〈シドニー〉、2016年)、「池内晶子展」(gallery21yo-j〈東京〉、2014、15、17、20年)など個展多数開催。

(文中敬称略)
執筆・写真撮影 西澤美子

【会期・会場】
2021年12月18日(土)~2022年2月27日(日) 府中市美術館 
美術館HP:http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/