詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

江森天寿と石川梅子 夭折の画家と県内初の女流画家

開催中〜2022/11/27

遠山記念館

埼玉県・川島町

開館25周年記念展 Ⅲ 再興院展の立役者 齋藤隆三

開催中〜2022/11/27

茨城県天心記念五浦美術館

茨城県・北茨城市

企画展「市制90周年記念 私たちの絵 時代の自画像展」

開催中〜2022/11/27

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー

開催中〜2022/11/27

角川武蔵野ミュージアム

埼玉県・所沢市

2022年秋の特別展「ヒンドゥーの神々の物語」

開催中〜2022/11/27

古代オリエント博物館

東京都・豊島区

第9回日本美術展覧会(日展)

開催中〜2022/11/27

国立新美術館

東京都・港区

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

2022/11/30〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

鉄道と美術の150年

開催中〜2023/01/09

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

江戸の博物学 ~もっと知りたい!自然の不思議~ 

●静嘉堂文庫美術館で8月7日まで
  『解体新書』や『波留麻和解』など教科書でもおなじみの書物の実物、263種の魚類が描かれた魚譜、20年にわたり約2000種類の花や実を写生してまとめた植物図譜など、江戸の博物学に関する約40点の本や絵画で構成された展覧会。 
  博物学とは動植物、鉱物、天文など、自然を幅広く研究する学問。東洋では本草学として特に薬の分野で発達、日本でも古くから中国の本草学を取り入れて来たが、徳川8代将軍吉宗が洋書の輸入を緩和したことで一気に西洋の博物学が日本にもたらされ、実証的な視点で自然をとらえた新たな江戸の博物学が誕生した。本展ではこうした流れを実際の資料や作品で検証している。

●日本人による初の本格的本草書『大和本草』
  「中国で本草学が高度に発達したのは、寿命に限りのある肉体を脱して不老不死の仙人になることを理想とする神仙思想があり、そのための薬を追い求めたことが大きな理由。人間の健康に役立つ薬になるほとんど全てを網羅した本が宋の時代にはすでにあった」と同展担当の成澤麻子司書。本展に出品されている『経史証類大観本草』は、約1750種の動物や植物などの薬物を収載した伝統的本草書の完成形とも言われる元時代に刊行された本で、日本でもその内容を長く受け継いできた。
  しかし、「貝原益軒と言う人が元禄時代に現れて、それまでの、中国の本草学をコピーしていた段階から、日本のオリジナルな本草学への革新をとげた」と同館の河野元昭館長。その貝原の著書『大和本草』は、日本人による初めての本格的な本草書として知られている。中国の本に載っている薬材はあくまで中国のもの。貝原は、日本全国をまわって調査した1362種の植物、動物、鉱物について写生した。解説も一般への啓蒙を考えて漢文ではなく和文で記している。


●8代将軍吉宗の洋書輸入緩和で「博物学」弟2ステージに

  その後、1720年の「吉宗公の洋書の輸入緩和によって、脳味噌の中で思考を積み重ねていた時代から、実証主義精神の時代となり、本草学、博物学は第2ステージに入っていく」(河野館長)。その流れの中で生み出されたのが、吉宗の命をうけてオランダ語を学んだ青木昆陽が作成した「和蘭文字略考」。732種の単語の対訳などを収めたオランダ語入門書で、具体的でわかりやすい作りとなっている。右隣りには日本で作成された最初の本格的蘭和辞書『波留麻和解』も展示。約6万4千語の見出しは木活字で印刷し、訳語は筆で書かれた労作。1796年に完成し、以後2、3年をかけて30数部が刊行されたという。
  青木昆陽に蘭学を学んだ前野良沢を中心に杉田玄白をはじめとする蘭方医が完成させた『解体新書』も展示されている。『ターヘル・アナトミア』を漢訳した日本初の西洋解剖書の本格的翻訳書で、中の解剖図は、平賀源内に見出されたといわれる若き秋田藩士、小田野直武が、『ターヘル・アナトミア』をはじめ複数の解剖書を模写して木版画で完成させている。精巧な挿絵が見事だ。
  また、日本で初めて銅版画の制作に成功した司馬江漢による「天球全図」も見応えがある。太陽、月、地球などの天体から、雪の結晶、ボウフラなどを、銅版印刷した上に彩色を施した作品で、博物学の決定版ともいえる内容。


●初公開の魚譜『鱗鏡』

  本邦初公開の『鱗鏡』も注目の1点。鯛類からはじまりナマズで終る全263種類の魚類が色彩豊かに描かれ、簡潔な説明がついた魚類図鑑。撰者の木村黙老は高松藩の家老として藩政に手腕を発揮した。博学多才で知られ、滝沢馬琴の親友としても知られる人物。黙老の序によると、本図は高松藩御用絵師の狩野親信所蔵の魚譜を模写し、そこに注を加えたという。 

●江戸のボタニカル・アート『本草図譜』
  「江戸時代のボタニカルアートと言ってよいでしょう」と河野館長が推す『本草図譜』も、同館の目録には出ていたが展示は初めて。撰者である岩崎灌園自らが全国各地を歩いて観察した2000種の植物を忠実に写生して解説を付けた我が国初の本格的彩色植物図譜で江戸時代の伝統的本草学の集大成といえる。全91冊。原本を絵師がひとつひとつ模写した写本は大変な人気で、井伊家、田安家など多くの大名家が予約して入手したという。花はもちろんのこと、大根やきのこ、さらにみかんと皮をむいたみかん、柿と串に刺した柿などもある。「その物が持つありとあらゆる面を描きたかったのでしょう」と成澤司書。
  ほかに渡辺崋山の重要文化財「遊魚図」、狩野探幽「波濤水禽図屏風」なども出品。展示室は江戸時代の学者らの探求心や熱意に満ち溢れている。

執筆:西澤美子(文中敬称略)

江戸の博物学 ~もっと知りたい!自然の不思議~
6月25日(土)~8月7日(日)※月曜休館
静嘉堂文庫美術館(東京都世田谷区岡本2-23-1)
☎03-5777-8600(ハローダイヤル)
10時~16時30分(入館は16時まで)
一般1000円、大高生700円、中学生以下無料
詳細:http://www.seikado.or.jp/

写真キャプション
①貝原益軒撰『大和本草』1709年刊 静嘉堂文庫蔵
②青木昆陽撰「和蘭文字略考」1746年写 静嘉堂文庫蔵
③稲村三伯撰『波留麻和解』1800年頃刊 静嘉堂文庫蔵
④杉田玄白訳、中川淳庵等校、小田野直武画『解体新書』1774年刊 静嘉堂文庫蔵
⑤司馬江漢撰『日本創製銅版新鐫 天球全図』1796年頃刊 静嘉堂文庫蔵
⑥⑦木村黙老撰『鱗鏡』1853年 静嘉堂文庫蔵
⑧岩崎灌園撰『本草図譜』1844年頃 静嘉堂文庫蔵
※画像の無断転載を禁じます

2016年8月2日