詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

民藝の100年_06

Exhibitions

柳宗悦没後60年記念展「民藝の100年」

民藝とは何か。その全体像を探る。

民藝を実践的な活動としてとらえなおす

 器や衣装など民藝の品々に接すると、温かい気持ちになるのはなぜだろう。手仕事の「手」について、「手はただ動くのではなく、いつも奥に心が控えていて」と、民藝運動を率いた宗教哲学者・柳宗悦(やなぎむねよし)(1889~1961)は著述した。

 東京国立近代美術館で、柳宗悦没後60周年を記念する「民藝の100年」が開催中だ。柳は大正時代末期、それまで誰も顧みなかった無名の職人の手仕事から成る日常の道具に、驚くべき本来の美を見出す。そして日本全国と欧米を旅し、その稀有なる審美眼と直観で蒐集を行った。1925年末、柳と陶芸家の濱田庄司(1894~1978)、河井寬次郎(1890~1966)が調査旅行の途上、蒐集した品々を「民藝」(民衆的工藝の略)と名付けた。

 それから約100年。今も民藝は人気を誇る。本展では、民藝を実践的な活動としてとらえなおし、その全体像を提示する。総点数450点超の作品と資料を出品。時間軸と様々なテーマを巧みに編み込んだ展覧会構成が秀逸である。

小さな朝鮮の壺

 会場で最初に目にするのは、小さな朝鮮の壺とオーギュスト・ロダンの彫刻。この壺は、柳が民藝の美に開眼する契機となった。西洋の芸術思潮を紹介した文芸雑誌『白樺』の同人である柳に、ロダンから彫刻が贈られ、それを見るため柳を訪ねた浅川伯教の手土産だった。柳は朝鮮陶磁器に魅せられ、現地で蒐集を始め、展覧会も開催。1924年には朝鮮民族美術館をソウルの旧王宮内に開館した。蒐集された凛とした李朝の蓮花文の大壺にも、愛らしい鯉や鳥の形の水滴(水さし)にも心がつかまれた。

民藝の100年_1
会場風景(以下同様)。《染付辰砂蓮花文壺》朝鮮半島、朝鮮時代 18世紀後半、大阪市立東洋陶磁美術館(安宅英一氏寄贈)。

日本全国および欧州への蒐集の旅

 柳は1920年代、朝鮮陶磁器を求めて山梨県を訪れた際、江戸期の木喰仏に出会った。さらに江戸時代の民藝調査を行うなかで、日本各地に現存する手仕事による器や布、郷土人形など新たな民藝を見つけ、蒐集する。欧米にも渡り、英国の豪快な抽象文様の雑器スリップウェアに魅了された。旅をする柳と、同行する濱田、河合、そしてバーナード・リーチ(1887~1979)らのお洒落な装いにも注目したい。

民藝の100年_02
《三春人形 橋弁慶》三春(福島県)、江戸時代 19世紀前半、日本民藝館。

民藝の三本柱:美術館、出版、生産と流通

 1931年、柳らは雑誌『工藝』を創刊し、民藝同人のネットワークを広げる。生産から流通までを伴う新作民藝の試みも開始した。鳥取の耳鼻科医・吉田璋也は地元で器やネクタイ、木工家具を開発。木製電気スタンドは小津安二郎の映画によく登場した。吉田は鳥取と東京に「たくみ工藝店」を開店。そして柳は1936年、東京の駒場に日本民藝館を開設した。1939年創刊の『月刊民藝』では、民藝の三本柱を美術館・出版・流通とする「民藝樹」の図を掲載している。

民藝の100年_03
『工藝』第1号~第120号の一部、1931年1月~51年1月、国立新美術館。

《日本民藝地図(現在之日本民藝)》/戦時下から戦後の民藝へ

 全長13m超の屛風《日本民藝地図(現在之日本民藝)》(芹沢銈介、1941年、日本民藝館)は圧巻だ。柳の民藝調査の成果を表した地図で、染色家の芹沢銈介(1895~1984)とともに制作。青森から沖縄までの手仕事500件超の産地を、25種類の絵記号で分類する。戦時下では民藝運動は日本文化の表象という役目も担う。本展では民藝と、沖縄、アイヌ、朝鮮、台湾、中国華北などとの関係も、社会背景とともに掘り下げる。

民藝の100年_04
《日本民藝地図(現在之日本民藝)》芹沢銈介、1941年、日本民藝館。
民藝の100年_05
手前左から、《海鼠釉土鍋》羽前新庄東山(山形県)、1934年頃。《羽広鉄瓶》羽前山形(山形県)、1934年頃。《灰ならし》羽前山形(山形県)、1930年代。3点とも日本民藝館。

 戦後は柳の長男・柳宗理(1915~2011)によって、民藝がインダストリアル・デザインへと展開する方向性が示された。かつて柳宗悦と濱田がモダン・デザインを、民藝運動の一つの可能性として注目していた。

人とものの出会いがつながる

 会場を巡ると多様な民藝の品々に心がときめく。美を感受する。作り手、使い手、また探し出した人に思いを馳せた。筆者は、なかでも沖縄県糸満の《垢取り》(1939年頃、日本民藝館)に惹きつけられた。これは船底に溜まった水をすくう柄杓。なんという美しく力強い曲線か。松材を刳った見事な手仕事である。柳はこれを「宝物でも得たやうに大事に持ち帰った」という。

民藝の100年_06
《垢取り》糸満(沖縄県)、1939年頃、日本民藝館。

 本展では、柳の審美眼と言説と行動力を核に、人とものの邂逅の連鎖が、民藝運動の大きなうねりとなっていくことを実感した。

(参考文献)
1)東京国立近代美術館(花井久穂・鈴木勝雄・山田歩)、NHK、NHKプロモーション、毎日新聞社 編集:『柳宗悦没後60年記念展「民藝の100年」』(展覧会図録)、東京国立近代美術館、NHK、NHKプロモーション、毎日新聞社 発行、2021年
2)柳宗悦:『手仕事の日本』、岩波書店 発行、2003年

執筆・写真撮影 細川いづみ (HOSOKAWA Fonte Idumi)
※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。
※本文・図版とも無断引用・無断転載を禁じます。

柳宗悦没後60年記念展「民藝の100年」
100 Years of Mingei: The Folk Crafts Movement

【会期・会場】
2021年10月26日(火)~2022年2月13日(日) 東京国立近代美術館
展覧会公式サイト:https://mingei100.jp