詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

東日本大震災復興祈念・新潟県中越地震復興10年
「法隆寺―祈りとかたち」展

(最新版。東京会場の写真増補)

強い復興祈念の気持ちをこめ、8月まで巡回展

2014年3月11日に東日本大震災から3年を経過。復興はまだ困難な状況ではあるが、日々努力が続けられている。また、本年は2004年の新潟県中越地震から10年の節目の年でもある。両大震災の復興祈念を目的として、「法隆寺展―祈りとかたち」展が開催されている。奈良の古刹である法隆寺が受け継いできた国宝の仏像など、珠玉の所蔵文化財を寺外で特別公開するものだ。

2014年3月から8月半ばまで、仙台を皮切りに、東京、新潟の3会場を巡回中である(仙台市博物館・東京藝術大学大学美術館・新潟県立近代美術館)。4月26日に東京・上野の東京藝術大学大学美術館での展覧会が開幕。前日には会場内で法隆寺による法要が厳かに営まれた。祈りの気持ちにあふれた、見応えのある豊かな内容の展覧会である。
【注】展示構成および一部の出品作品は会場によって異なります。

■法隆寺と聖徳太子

奈良県生駒郡斑鳩(いかるが)町にある法隆寺は、聖徳宗大本山。推古天皇15年(607)に聖徳太子(574~622)によって創建されたと伝えられる。伽藍は、金堂・五重塔・中門・回廊を主体とする西院(さいいん)と、八角堂の夢殿を中心とする東院(とういん)からなる。創建時の伽藍は天智天皇9年(670)に火災で全焼したが、見事に復興を遂げた。飛鳥様式を踏襲した西院伽藍は世界最古の木造建築である。なお、金堂と塔が東西に並立に配置されるのが特徴。また、仏教美術についても法隆寺は、釈迦三尊像、薬師如来像、四天王立像、救世観音(観音菩薩立像)、百済観音(観音菩薩立像)、玉虫厨子をはじめ、彫刻・絵画・工芸など飛鳥時代以降の屈指の至宝を多数所蔵する。

聖徳太子は父の用明天皇歿後、推古天皇即位時の593年に皇太子(摂政)となり、政務を担当。「冠位十二階」を定め、「十七条憲法」制定し、国家の集権体制を整えた。憲法の第二条として「篤く三宝(=仏教の意)を敬え」と定めた聖徳太子は、自身も深く仏教を信仰し、仏典を講説した『三経義疏(さんきょうぎしょ)』を著わし、四天王寺や法隆寺を建立するなど仏教の興隆に尽力。そして聖徳太子は、本格的な仏教の受容者として崇拝の対象となった。
法隆寺は太子信仰とともに発展し、その教えを1400年後の現在まで伝える「聖徳太子の寺」といえる。

■供養と励ましのために:展示の中心となる注目の仏像

本展の第一の特徴は、大震災にあわれた方々を供養したい、災害から復興を目指す方々を励ましたい、との願いが基盤にあることだ。展覧会実現のきっかけは、法隆寺の大野玄妙管長が新潟県中越地震の被災地である山古志村を訪れたことだったという。

展示の中心となるのは、仙台・新潟会場では国宝「地蔵菩薩立像(じぞうぼさつりゅうぞう)」(平安時代、9世紀)、東京会場では国宝「毘沙門天立像(びしゃもんてんりゅうぞう)」(平安時代、1078年)と国宝「吉祥天立像(きちじょうてんりゅうぞう)」(平安時代、1078年)である。

地蔵菩薩立像  仙台・新潟会場で出品される地蔵菩薩とは、釈迦仏の入滅後から弥勒菩薩の出世までの無仏の間を託されて、苦しむ人々を一人残らず救い、願いをかなえるという。法隆寺の地蔵菩薩立像は、聖林寺の十一面観音像とともに奈良の大神(おおみわ)神社の神宮寺である大御輪寺に伝わった仏像だが、明治時代の廃仏毀釈により法隆寺金堂に移安された。針葉樹の一木造(いちぼくづくり)で、像高172.7cm。量感にあふれ、衣文線などの力強い彫が際立つ、9世紀を代表する仏像である。

毘沙門天立像と吉祥天立像  一方、東京会場のみ出品の二像のうち、毘沙門天とは、インド古代神話では財宝の神。仏教では守護神である四天王のうちの多聞天であり、吉祥天の夫にあたる。そして吉祥天とは、インド古代神話で福徳を授ける女神。日本では除災、増益などの国家安穏や五穀豊穣を祈る吉祥悔過会(きちじょうけかえ)という法会を行う際の本尊として信仰される。法隆寺の両像は、平安時代に吉祥悔過会のために造られ、金堂の釈迦三尊像の両脇に安置されている。表面には宝相華(ほうそうげ)、唐草、団花紋の繧繝(うんげん)彩色(=色彩の濃淡を明暗の異なる色面並列で表現する彩色法)が施され、鮮やかだ。像高はともに120cm前後。なお、法隆寺の吉祥悔過会は、神護景雲2年(768)以来、現在まで継続して行われているという。

■広い視座で法隆寺の全体像を観る
本展覧会の第二の特徴は、日本美術の原点である法隆寺の全体像を、現在までの広い視点で見渡して示すという展観であることだ。法隆寺所蔵の名品だけでなく、明治時代に法隆寺を調査した岡倉天心に始まる東京美術学校との関係を探り、加えて現代まで近代美術に描かれた法隆寺の絵画・彫刻も展示する。法隆寺が、人々と深いかかわりのなかで、長い歴史を生き続けている姿を観ることができるだろう。

全体は3つの章から構成される。
第1章は「美と信仰―法隆寺の仏教美術」。ここでは先述した、中心となる平安時代の仏像のほかに、止利派の迫力に富む金銅仏「菩薩立像」、金堂内陣の箱型天蓋に懸けられた木造の可愛らしい「天人」などの飛鳥時代の至宝や、制作年の確認できる世界最古の印刷物である陀羅尼を納めた「百万塔」など奈良時代の名品を展示。あわせて、平安時代よりおこった太子信仰を示す「聖徳太子立像<二歳像>」をはじめとする絵画・彫刻を紹介する。

第2章は「法隆寺と東京美術学校」。両者の深い関わりは、明治17年(1884)に遡る。アーネスト・フェノロサ(1853~1908)と岡倉天心(1863~1913)らは法隆寺を訪れ、夢殿を開扉し、秘仏「救世観音」を拝した。その時、彼らは驚きとともに、日本の伝統美術の美を強く認識したのだった。その後、東京美術学校が明治20年(1887)の勅令で設置。同22年に創立され、翌年に天心が校長に就任する。本章では、鎌倉時代の「孔雀明王像」など天心が調査した絵画や代々の東京美術学校教授により法隆寺に奉納された作品を展示。また、江戸時代末期以来、多くの日本画家や、近年では東京藝術大学学生らによっても、繰り返し行われてきた法隆寺の金堂壁画の模写のうち、鈴木空如(すずきくうにょ)(1873~1946)が昭和初めに行った原寸大の模写を中心に展示し、金堂内の様子を再現する。その優美な世界に驚嘆させられる。なお、金堂壁画は昭和24年(1949)1月、失火により大部分が焼損している。

そして、第3章が「法隆寺と近代日本美術」だ。天心に勧められて奈良での絵の修学を行った歴史画を得意とする安田靫彦(1884~1978)ら、奈良に魅了された画家たちの法隆寺と縁の深い絵画約30点を紹介する。

巡回展全体での出品作品は、88点。会場を巡るなかで、「聖徳太子のお寺に満たされる」楽しみを十分に体験できることだろう。

■大震災のことを風化させてはならない
法隆寺が21世紀のいまも多くの人々に親しまれ、その教えが伝えられているのはなぜか。また、長く受け継がれ、伝えられている物事というのは、なぜそれができているのだろう。本展は、これらの問いも我々に投げかけるだろう。
法隆寺の大野管長は、記者発表の際に「法隆寺も長い歴史の中で最初の火災を含め、存続の危機に何度もあってきましたが、乗り越えてこられたのは法隆寺を大切にしてくれる人々のおかげでした。大震災のことで危惧されるのは風化されることです。皆さん、一緒にがんばりましょう」と語られた。
本展覧会に、一人でも多くの方々に足を運んでいただきたく思います。

執筆:HOSOKAWA Fonte Idumi 
(2014年4月)

【会期・会場】
仙台会場:2014年3月 1日(土)~ 4月13日(日) 仙台市博物館
東京会場:2014年4月 26日(土)~ 6月22日(日) 東京藝術大学大学美術館
新潟会場:2014年7月 5日(土)~ 8月17日(日) 新潟県立近代美術館

【詳細】
公式サイト
仙台市博物館HP
東京藝術大学大学美術館
新潟県立近代美術館HP

2014年4月28日