詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

江森天寿と石川梅子 夭折の画家と県内初の女流画家

開催中〜2022/11/27

遠山記念館

埼玉県・川島町

開館25周年記念展 Ⅲ 再興院展の立役者 齋藤隆三

開催中〜2022/11/27

茨城県天心記念五浦美術館

茨城県・北茨城市

企画展「市制90周年記念 私たちの絵 時代の自画像展」

開催中〜2022/11/27

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー

開催中〜2022/11/27

角川武蔵野ミュージアム

埼玉県・所沢市

2022年秋の特別展「ヒンドゥーの神々の物語」

開催中〜2022/11/27

古代オリエント博物館

東京都・豊島区

第9回日本美術展覧会(日展)

開催中〜2022/11/27

国立新美術館

東京都・港区

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

2022/11/30〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

鉄道と美術の150年

開催中〜2023/01/09

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

暮らしの美「アーツ・アンド・クラフツとデザイン ウィリアム・モリスからフランク・ロイド・ライトまで」

 近代化、工業化の進む19世紀のイギリスで、丁寧な手仕事による日常品で人々の暮らしを美しく彩ることを目指したウィリアム・モリス(1834~96)。モリスやモリスの思想に影響を受け発展したアーツ・アンド・クラフツの「暮らしのデザイン」に触れる。

自身の信念を貫いたウィリアム・モリス

 イギリスのコッツウォルズでウィリアム・モリスが暮らしたケルムスコット・マナーを訪れたことがある。小さな村が点在し、コッツウォルズストーンと呼ばれるはちみつ色の石で作られた家々が並ぶコッツウォルズをモリスは「この世の楽園」と称した。ケルムスコット・マナーには美しい花が咲き、小川が流れ、時を経ても美しく静かでゆったりとした時間が流れていた。

会場風景
会場風景

 最初の展示室に入ると、ゆったりとした空間の中にライティングデスクやひじ掛け椅子などが置かれている。前に立つとそのシンプルながらも細部まで洗練された美しさ、重厚感に圧倒され、上質なものは時代を経ても変わらないのだと改めて実感する。
  
 展示解説を読んでいくと、モリスの強い意思と信念が伝わってくる。1851年にロンドンで行われた世界初の万博「大博覧会」に対して17歳のモリスが語った「そこにある素晴らしいというよりは“素晴らしく醜い”ものをそれ以上見ることを拒み(中略)家族といっしょにそれ以上見るのを断固拒否した」という感想に驚く。10代の頃から自分のはっきりとした意見と感性を持っている様に感心する。
  
 英国が大英帝国と称されていた19世紀末、急速に進む近代化の波にのまれることなく大量生産・大量消費の商業主義を批判し、手仕事によって生み出される質の高い品々が日常を美しく彩ることの大切さをうったえたモリス。合理化に反するように、納得のいくものを生み出すために、自身も時間と労力を惜しみなく注ぎ込んだ。
  
 そのモリスの精神は、ヨーロッパ全土やアメリカなど世界へ、アーツ・アンド・クラフツ運動として広がっていった。本展では、モリスが生み出したものを単に部屋を飾る品ではなく、生活、生き方にまで通じる、強い信念に貫かれた「暮らしのデザイン」として紹介する。

左から《メドウェイ》1885年《イーヴンロード》《いちご泥棒》1883年 全てウィリアム・モリス、木版 色刷り インディゴ抜染 木綿 モリス商会
左から《メドウェイ》1885年《イーヴンロード》《いちご泥棒》1883年 全てウィリアム・モリス、木版 色刷り インディゴ抜染 木綿 モリス商会
会場風景
会場風景

モリスが生み出したもの

 モリスは1861年、モリス・マーシャル・フォークナー商会を創設し、室内装飾に力を入れていく。まず手掛けていった壁紙のデザインは全面に花や果実があしらわれ、ほっとするような温かみを感じる。最初の三作の中の一つ、《果実あるいはザクロ》のポスターを私もケルムスコット・マナーから持ち帰ったが、部屋をほっとする空間にしてくれた。
  
 モリス商会のチーフ・パターンデザイナーを担っていたジョン・ヘンリー・ダールのジャガード手織りが今回展示されていたが、デザインが素材にしっくり馴染んでいた。モリスや商会の品々から温かみを感じるのは、植物がモチーフということだけではないのだろう。商会設立の翌年に開催されたロンドン万博で、商会は高い評価を得た。

左は《果実あるいはザクロ》1866年頃 右は《格子垣》1864年 どちらもウィリアム・モリス 木版 色刷り 紙 モリス・マーシャル・フォークナー商会
左は《果実あるいはザクロ》1866年頃 右は《格子垣》1864年 どちらもウィリアム・モリス 木版 色刷り 紙 モリス・マーシャル・フォークナー商会
《花づくし》ジョン・ヘンリー・ダール ジャガード手織り ウール 1912~14年 モリス商会
《花づくし》ジョン・ヘンリー・ダール ジャガード手織り ウール 1912~14年 モリス商会
《刺繍パネル》メイ・モリス 1890年頃 シルク、マホガニー枠 モリス商会
《刺繍パネル》メイ・モリス 1890年頃 シルク、マホガニー枠 モリス商会

 モリスは理想的な書物をつくるための私家版印刷工房「ケルムスコット・プレス」を自宅近くに構えた。生前は詩人としての評価の方が高かったといわれるモリスは、既存の印刷に満足せず、読みやすい活字、文字と余白のバランスを考えられた「美しい本」を作ることに情熱をそそいだ。確かに置いてある本の文字を眺めると書体や文字の余白など心地よく、すーっと体に染み込んでいく。本を拡大した展示も印象的だ。活字のデザインには膨大な時間が必要になったという。

 本展では、旧帝国ホテルなどの設計で有名な建築家、フランク・ロイド・ライト(1867~1959)の椅子やステンドグラス・ドアなど、アメリカのアーツ・アンド・クラフツも紹介する。ライトはモリスの精神に強く共感しながらも、モリスの嫌った機械化を積極的に取り入れてアメリカらしい新しい方向を目指そうと模索した。

ライトが設計した旧帝国ホテルの椅子「ピーコックチェア」
ライトが設計した旧帝国ホテルの椅子「ピーコックチェア」

 アーツ・アンド・クラフツ運動は、国を超え時代を超えて大きな影響を及ぼし、日本では民藝運動へとつながっていった。ウィリアム・モリスののこした偉大な功績と強い思い、その存在の大きさを感じる。
  
執筆・写真撮影:堀内まりえ
*写真撮影は主催者の許可を得て撮影しています。
(文中敬称略)
  
  
(参考文献)
・公式図録「アーツ・アンド・クラフツとデザイン ウィリアム・モリスからフランク・ロイド・ライトまで」府中市美術館 2022年
・「もっと知りたい ウィリアム・モリスとアーツ&クラフツ」藤田治彦 2009年 東京美術
・「ウィリアム・モリスの楽園へ」 南川三次郎 世界文化社 2005年
・「ウィリアム・モリス 英国の風景とともにめぐるデザインの軌跡」監修・藤田治彦
梧桐書院 2017年

アーツ・アンド・クラフツとデザイン
ウィリアム・モリスからフランク・ロイド・ライトまで
Arts & Crafts and Design:From William Morris to Frank Lloyd Wright
  
【会期・会場】
2022年9月23日(金・祝日)~2022年12月4日(日) 府中市美術館(東京・府中市)
展覧会HP:http://fam-exhibition.com/artsandcrafts/
  
*来場にあたっての注意事項等については、公式ウェブサイトをご確認ください。
  
【今後の巡回予定】
2023年1月28日(土)~3月26日(日) 愛知県陶磁美術館
*会期・会場は変更になる可能性あり。