詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

松岡コレクション めぐりあうものたち Vol.3

開催中〜2023/02/05

松岡美術館

東京都・港区

戦後日本版画の展開-照沼コレクションを中心に

開催中〜2023/02/05

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

江戸絵画の華 〈第1部〉若冲と江戸絵画

開催中〜2023/02/12

出光美術館

東京都・千代田区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

開催中〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

開催中〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

開催中〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

開催中〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

『YUMING MUSEUM』(ユーミン・ミュージアム)

開催中〜2023/02/26

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)

東京都・港区

没後200年 亜欧堂田善展

開催中〜2023/02/26

千葉市美術館

千葉県・千葉市

フジヤマミュージアム 冬の収蔵作品展

開催中〜2023/02/26

フジヤマミュージアム

山梨県・富士吉田市

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

開催中〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

多層世界とリアリティのよりどころ

開催中〜2023/03/05

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

東京都・新宿区

FACE展2023

2023/02/18〜2023/03/12

SOMPO美術館

東京都・新宿区

日本の切り絵 7人のミューズ

2023/02/04〜2023/03/19

そごう美術館

神奈川県・横浜市

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

広重おじさん図譜

2023/02/03〜2023/03/26

太田記念美術館

東京都・渋谷区

江戸絵画の華 〈第2部〉京都画壇と江戸琳派

2023/02/21〜2023/03/26

出光美術館

東京都・千代田区

VOCA展2023

2023/03/16〜2023/03/30

上野の森美術館

東京都・台東区

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

開催中〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

トンコハウス・堤大介の「ONI展」

開催中〜2023/04/02

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

キャラクターデザインの先駆者 土方重巳の世界

2023/02/11〜2023/04/09

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

アートのための場所づくり 1970年代から90年代の群馬におけるアートスペース

開催中〜2023/04/09

群馬県立近代美術館

群馬県・高崎市

レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才

開催中〜2023/04/09

東京都美術館

東京都・台東区

わたしたちは生きている! セタビの森の動物たち

2023/02/18〜2023/04/09

世田谷美術館

東京都・世田谷区

ヒグチユウコ展 CIRCUS FINAL END

2023/02/03〜2023/04/10

森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52F)

東京都・港区

本と絵画の800年 吉野石膏所蔵の貴重書と絵画コレクション

2023/02/26〜2023/04/16

練馬区立美術館

東京都・練馬区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

企画展「北斎バードパーク」

2023/03/14〜2023/05/21

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

開催中〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

櫻田精一展 ~気韻生動 刻の流れをみつめて~

開催中〜2023/05/28

森の美術館

千葉県・流山市

NACT View 02 築地のはら ねずみっけ

開催中〜2023/05/29

国立新美術館

東京都・港区

美しい人びと 松園からローランサンまで

2023/02/21〜2023/06/04

松岡美術館

東京都・港区

へザウィック・スタジオ展:共感する建築

2023/03/17〜2023/06/04

森美術館

東京都・港区

憧憬の地 ブルターニュ  ―モネ、ゴーガン、黒田清輝らが見た異郷

2023/03/18〜2023/06/11

国立西洋美術館

東京都・台東区

ブルターニュの光と風 ー画家たちを魅了したフランス<辺境の地>

2023/03/25〜2023/06/11

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ジョルジュ・ルオー ー かたち、色、ハーモニー ー(開館20周年記念展)

2023/04/08〜2023/06/25

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

部屋のみる夢 ボナールからティルマンス、現代の作家まで

開催中〜2023/07/02

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

青空は、太陽の反対側にある:原美術館/原六郎コレクション 第1期(春夏季)

2023/03/24〜2023/09/03

原美術館ARC

群馬県・渋川市

Exhibitions

日中国交正常化50周年記念
兵馬俑と古代中国〜秦漢文明の遺産〜

  • 上野の森美術館 (東京都・台東区)

 日中国交正常化50周年を記念して、東京の上野の森美術館で「兵馬俑と古代中国」展が開催されている。中国史上初の統一王朝を打ち立てた秦(しん)の始皇帝の陵墓に収められた兵馬俑(へいばよう)を中心に、貴重な「中国国家一級文物」が多数並ぶ大規模展だ。
  
 兵馬俑とは、古代中国で死者を埋葬する際に副葬された兵士や馬の像のこと。1974年、始皇帝の兵馬俑坑が偶然に発見されたときには、多数の等身大の陶俑が世界に大きな衝撃をもたらした。推計埋蔵数は約8000体と言われ、今も発掘が継続中だ。

展示風景、発掘された兵馬俑坑の写真を背景に

 本展の最大の見どころは、その兵馬俑が立ち並ぶ大スケールの展示だが、と同時に、兵馬俑をめぐる歴史ミステリーに迫る楽しみもある。兵馬俑自体は、始皇帝以前にも以後にもつくられていた。だが、当初は極小だった俑が、始皇帝陵では等身大となり、のちの漢時代には再び小さくなる。なぜなのか? 本展では、紀元前8世紀に始まる春秋戦国時代から220年の漢王朝の崩壊まで、およそ1000年に及ぶ中国古代史を物語る約200点の文物によって、謎を解き明かしていく。

《騎馬俑》戦国秦 咸陽市文物考古研究所 *一級文物

 戦国時代にしのぎを削った7つの国の中では、秦は「西方の野蛮な国」と見なされた小国だったとか。統一前の秦を紹介する第一章のはじめに登場する俑や玉器、瓦や銅器の造形は、確かにどこか素朴だ。兵馬俑の最古例のひとつとされる極小の《騎馬俑》も、写実性を欠く一方で素朴な愛らしさをもつ。

戦国秦の瓦当の展示風景。本展では、子ども向け解説も充実している。

 展示から感じられるのは、動物のモチーフが多いこと。戦国以前の周の時代に王の馬を繁殖させた功績で土地を与えられた秦は、高原で馬を飼育し、虎や鹿を狩る営みの中で、動物を身近な存在として捉えていたという。

春秋から戦国時代にかけての秦の青銅器の展示風景

 始皇帝の統一王朝を紹介する第2章では、兵馬俑が大きさを増す過程が垣間見える。生きた馬や鹿を棺に入れて副葬する際に、等身大よりも一回り小さくつくった飼育人の俑を添えた埋葬例が発見されたのだ。そこからさらに、動物も等身大の陶の俑で表し、等身大の兵士の俑と組み合わせるかたちへと展開していった。

《跪座俑》統一秦 秦始皇帝陵博物院 *一級文物  死後の馬や動物の飼育係の役人の俑
《戦車馬》統一秦 秦始皇帝陵博物院 *一級文物

 13歳で秦王に即位し、39歳で皇帝となった始皇帝は、統一国家の基盤を整える一方で、暴君としても位置づけられ、早くから死後の準備を整えていたことでも知られる。近年の発見では、29歳で陵墓の造営に着手したという史料があり、50歳で亡くなる前には、家臣たちの姿を忠実に写した等身大の兵馬俑を、膨大な数量で埋葬する遺志を抱いていたと考えられている。

始皇帝の兵馬俑の展示風景

 会場に並ぶ兵士たちは、容貌も姿形も仕草も甲冑も髪型もすべて異なり、誰もが生き生きと表されている。地域柄、西方の文化の影響を受けていた秦は、おそらくは人間の姿を等身大で写実的に表すギリシア彫刻などにも知見があっただろうこと、また東国の優れた焼き物の技術を得たことなどが、こうした兵馬俑の特異な造形の背景にあるという。

《立射武士俑》統一秦 秦始皇帝陵博物院 *一級文物  弓矢を射る構えの動作
《跪射武士俑》統一秦 秦始皇帝陵博物院 *一級文物  いしゆみを手に待機する姿
《戦服将軍俑》統一秦 秦始皇帝陵博物院 *一級文物  高位の武官を象った将軍俑は、これまで11体しか確認されていない。日本初公開の稀少な作
《2号銅車馬》(複製品)統一秦 秦始皇帝陵博物院 *一級文物

 始皇帝は銅車馬で国内を巡行中に没し、秦王朝は誕生からわずか数十年で滅亡する。第3章で紹介されるのは、動乱の後に権力を握った漢王朝の繁栄を紹介する文物の数々だ。

《鎏金青銅馬》前漢 茂陵博物館 *一級文物  前漢の武帝が西方の名馬「汗血馬(かんけつば)」を象って造らせた金色に輝く青銅馬

 一方、兵馬俑は、再び小ぶりになった。行政面で秦の制度を引き継いだ漢だが、かつての7国の内の「楚(そ)」を出身とする王朝だったことから、文化面では楚の風習を受け継いだのだ。この章ではまた、楚に起源をもつ「着衣式」の像ゆえ、衣が朽ちて裸体のみが残った俑の興味深い展示もある。

《彩色歩兵俑》の展示風景 前漢 咸陽博物院
《彩色騎馬俑》の展示風景 前漢 咸陽博物院
《騎馬俑》の展示風景 前漢 漢景帝陽陵博物院 秦には見られなかった着衣式の俑。木製の腕も朽ちて失われている

 本展ではまた、春秋戦国時代を描いた大人気漫画『キングダム』とのコラボによる展示コーナーがあるほか、かつては鮮やかに彩色されていた兵馬俑の3D復元などもある。歴史好きにもミステリー好きにも、また大人だけでなく、子どもにも楽しめる展覧会となっている。
  
執筆・写真撮影:中山ゆかり
  
*会場内の写真は、主催者の許可を得て撮影したものです。
*なお本展の東京会場では、再現展示に巨大スペースを要する関係上、2階に第1章と第3章、1階に第2章の作品が展示されています。
*参考文献:「日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国〜秦漢文明の遺産〜」展覧会図録

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国〜秦漢文明の遺産〜
Terracotta Warriors and Ancient China ~Heritage from the Qin and Han Dynasty~
  
【会期・会場】
2022年11月22日(火)〜2023年2月5日(日) 上野の森美術館(東京都・台東区)
※来場にあたっての注意事項等については、公式ウェブサイトをご確認ください。
展覧会公式サイト: https://heibayou2022-23.jp