詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

エルマーのぼうけん展

開催中〜2023/10/01

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

テート美術館展 光 ― ターナー、印象派から現代へ

開催中〜2023/10/02

国立新美術館

東京都・港区

モネ、ルノワール 印象派の光

開催中〜2023/10/09

松岡美術館

東京都・港区

名作展 画家と生活—川端龍子の晩年の作品から

開催中〜2023/10/09

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

うえののそこから「はじまり、はじまり」荒木珠奈 展

開催中〜2023/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

中之条ビエンナーレ2023

開催中〜2023/10/09

芸術祭(群馬県中之条町)

群馬県・中之条町

特別展「海ー生命のみなもとー」

開催中〜2023/10/09

国立科学博物館

東京都・台東区

企画展 楽しい隠遁生活 文人たちのマインドフルネス

開催中〜2023/10/15

泉屋博古館東京

東京都

企画展 甲冑・刀・刀装具 光村コレクション・ダイジェスト

開催中〜2023/10/15

根津美術館

東京都・港区

北島敬三「UNTITLED RECORDS : REVISITED + PORTRAITS」展

開催中〜2023/10/22

BankART Station

神奈川県・横浜市

北陸工芸の祭典 GO FOR KOGEI 2023「物質的想像力と物語の縁起― マテリアル、データ、ファンタジー」

開催中〜2023/10/29

芸術祭(富山県富山市富岩運河沿い)

富山県・富山市

瞳の奥にあるもの -表情でみる人物画展-

開催中〜2023/11/05

ホキ美術館

千葉県・千葉市

堅山南風《大震災実写図巻》と近代の画家 大観・玉堂・青邨・蓬春

開催中〜2023/11/05

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

ジョセフ・アルバースの授業 色と素材の実験室

開催中〜2023/11/05

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

MOTコレクション 被膜虚実/特集展示 横尾忠則―水のように/生誕100年 サム・フランシス

開催中〜2023/11/05

東京都現代美術館

東京都・江東区

宇川直宏展 FINAL MEDIA THERA PIST @DOMMUNE

開催中〜2023/11/05

練馬区立美術館

東京都・練馬区

九谷焼の芸術祭 KUTANism 2023

2023/10/06〜2023/11/05

芸術祭(石川県小松市・能美市各所)

石川県・小松市、能美市

土方久功と柚木沙弥郎――熱き体験と創作の愉しみ

開催中〜2023/11/05

世田谷美術館

東京都・世田谷区

テルマエ展 お風呂でつながる古代ローマと日本

開催中〜2023/11/05

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

特別展「めぐりあう大津絵―笠間日動美術館・小絲源太郎コレクションと 神戸女子大学古典芸能研究センター・志水文庫の大津絵」

開催中〜2023/11/05

八王子市夢美術館

東京都・八王子市

アーツ・アンド・クラフツとデザイン ウィリアム・モリスからフランク・ロイド・ライトまで

開催中〜2023/11/05

そごう美術館

神奈川県・横浜市

東京の地場に発する国際芸術祭 東京ビエンナーレ2023

開催中〜2023/11/05

芸術祭(東京都心北東エリア〔千代田区、中央区、文京区、台東区の4区にまたがるエリア〕 、歴史的建築物、公共空間、学校、店舗屋上、遊休化した建物等)

東京都・千代田区、中央区、文京区、台東区

春陽会誕生100年 それぞれの闘い 岸田劉生、中川一政から岡鹿之助へ

開催中〜2023/11/12

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館

開催中〜2023/11/12

芸術祭(奈良県 吉野町、下北山村、ほか予定)

奈良県・吉野町、下北山村、ほか予定

奥能登国際芸術祭2023

開催中〜2023/11/12

芸術祭(石川県珠洲市)

石川県・珠洲市

TOKAS Project Vol. 6 『凪ぎ、揺らぎ、』

2023/10/07〜2023/11/12

トーキョーアーツアンドスペース本郷

東京都・文京区

松本秋則+松本倫子「惑星トラリス」展

開催中〜2023/11/12

BankART KAIKO

神奈川県・横浜市

浄瑠璃寺九体阿弥陀修理完成記念 特別展「京都・南山城の仏像」

開催中〜2023/11/12

東京国立博物館

東京都・台東区

第75回 正倉院展

2023/10/28〜2023/11/13

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

北斗の拳40周年大原画展 ~愛をとりもどせ!!~

2023/10/07〜2023/11/19

森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52F)

東京都・港区

ジャム・セッション 石橋財団コレクション×山口晃 ここへきて やむに止まれぬ サンサシオン

開催中〜2023/11/19

アーティゾン美術館

東京都・中央区

創造の現場― 映画と写真による芸術家の記録

開催中〜2023/11/19

アーティゾン美術館

東京都・中央区

秋の特別展「おまもりとハンコとコイン -古代オリエントの偉大なる小さきものたち-」

開催中〜2023/11/19

古代オリエント博物館

東京都・豊島区

六甲ミーツ・アート芸術散歩 2023 beyond

開催中〜2023/11/23

芸術祭(神戸・六甲山上)

兵庫県・神戸市

美しき時代(ベル・エポック)と異彩のジュエリー

開催中〜2023/11/26

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

企画展「北斎のまく笑いの種」

開催中〜2023/11/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

横山美術館名品展 明治・大正の輸出陶磁器 技巧から意匠へ

2023/10/07〜2023/11/26

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

皇居三の丸尚蔵館収蔵品展 皇室と石川 —麗しき美の煌めき—

2023/10/14〜2023/11/26

国立工芸館(石川県立美術館との共催)

石川県・金沢市

開館20周年 & 富士山世界遺産登録10周年記念 後期「フジヤマミュージアム名品展」

開催中〜2023/11/26

フジヤマミュージアム

山梨県・富士吉田市

特別展「日本画聖地巡礼 ー東山魁夷の京都、奥村土牛の鳴門ー」

開催中〜2023/11/26

山種美術館

東京都・渋谷区

特別展「超絶技巧、未来へ! 明治工芸とそのDNA」

開催中〜2023/11/26

三井記念美術館

東京都・中央区

関東大震災100年企画展 「震災からのあゆみ —未来へつなげる科学技術—」

開催中〜2023/11/26

国立科学博物館

東京都・台東区

シン・ジャパニーズ・ペインティング 革新の日本画―横山大観、 杉山寧から現代の作家まで

開催中〜2023/12/03

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

生誕120年 棟方志功展 メイキング・オブ・ムナカタ

2023/10/06〜2023/12/03

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

「横尾忠則 寒山百得」展

開催中〜2023/12/03

東京国立博物館

東京都・台東区

特別展「岡本玉水 人形芸術にかけた生涯—御所人形から玉水人形へ」

2023/10/07〜2023/12/03

さいたま市岩槻人形博物館

埼玉県・さいたま市

特別展「北宋書画精華」

2023/11/03〜2023/12/03

根津美術館

東京都・港区

特別展「やまと絵 -受け継がれる王朝の美-」

2023/10/11〜2023/12/03

東京国立博物館

東京都・台東区

特別展「岡本玉水 人形芸術にかけた生涯—御所人形から玉水人形へ」

2023/10/07〜2023/12/03

さいたま市岩槻人形博物館

埼玉県・さいたま市

日中平和友好条約45周年記念「世界遺産 大シルクロード展」

開催中〜2023/12/10

東京富士美術館

東京都・八王子市

さいたま国際芸術祭2023

2023/10/07〜2023/12/10

芸術祭(さいたま市・旧市民会館おおみや(メイン会場)ほか)

埼玉県・さいたま市

永遠の都ローマ展

開催中〜2023/12/10

東京都美術館

東京都・台東区

イヴ・サンローラン展 時を超えるスタイル

開催中〜2023/12/11

国立新美術館

東京都・港区

コスチュームジュエリー美の変革者たち シャネル、スキャパレッリ、ディオール 小瀧千佐子コレクションより

2023/10/07〜2023/12/17

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

布の芸術祭『FUJI TEXTILE WEEK 2023(フジテキスタイルウィーク)』

2023/11/23〜2023/12/17

芸術祭(山梨県富士吉田市)

山梨県・富士吉田市

特別企画展 日本画の棲み家

2023/11/02〜2023/12/17

泉屋博古館東京

東京都・港区

開館1周年記念特別展 二つの頂 —宋磁と清朝官窯—

2023/10/07〜2023/12/17

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

国吉康雄展 ~安眠を妨げる夢~ 福武コレクション・岡山県立美術館のコレクションを中心に

2023/10/24〜2023/12/24

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

ヨシタケシンスケ展かもしれない

2023/10/15〜2023/12/24

宇都宮美術館

栃木県・宇都宮市

大巻伸嗣 Interface of Being 真空のゆらぎ

2023/11/01〜2023/12/25

国立新美術館

東京都・港区

「今こそ、ルーシー!」LUCY IS HERE

開催中〜2024/01/08

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

「青空は、太陽の反対側にある:原美術館/原六郎コレクション」第2期(秋冬季)

開催中〜2024/01/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

上野アーティストプロジェクト2023「いのちをうつす ―菌類、植物、動物、人間」

2023/11/16〜2024/01/08

東京都美術館

東京都・台東区

「鹿児島睦 まいにち」展

2023/10/07〜2024/01/08

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

111年目の中原淳一展

2023/11/18〜2024/01/10

そごう美術館

神奈川県・横浜市

ICCアニュアル 2023 ものごとのかたち

開催中〜2024/01/14

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

東京都・新宿区

企画展「ある従軍カメラマンの追憶 義烈空挺隊員と家族の片影」

2023/10/03〜2024/01/14

平和祈念展示資料館

東京都・新宿区

佐野史郎写真展 瞬間と一日

2023/10/14〜2024/01/14

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

ゴッホと静物画―伝統と革新へ

2023/10/17〜2024/01/21

SOMPO美術館

東京都・新宿区

モネ 連作の情景

2023/10/20〜2024/01/28

上野の森美術館

東京都・台東区

倉俣史朗のデザイン―記憶のなかの小宇宙

2023/11/18〜2024/01/28

世田谷美術館

東京都・世田谷区

江口寿史展 ノット・コンプリーテッド

開催中〜2024/02/04

世田谷文学館

東京都・世田谷区

アメイジング・チャイナ 深淵なる中国美術の世界

2023/10/24〜2024/02/11

松岡美術館

東京都・港区

みちのく いとしい仏たち

2023/12/02〜2024/02/12

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

1周年記念特別企画「ようこそ藤田嗣治のお家へ」

開催中〜2024/02/20

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

生誕120年 古賀忠雄展 塑造(像)の楽しみ

2023/11/17〜2024/02/25

練馬区立美術館

東京都・練馬区

森美術館開館20周年記念展 私たちのエコロジー:地球という惑星を生きるために

2023/10/18〜2024/03/31

森美術館

東京都・港区

tupera tupera + 遠藤幹子 しつもんパーク in 彫刻の森美術館

開催中〜2024/03/31

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

岡田健太郎―重なる景体

2023/12/05〜2024/04/07

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

富田菜摘と「春馬」145×67×164㎝ 2020年。耳にお玉、首に寸胴鍋やザル、左前足にかりんとうの缶が使われている

Exhibitions

News

富田菜摘展「シャングリラ」
中村屋サロンアーティストリレー第4回

  • 中村屋サロン美術館 (東京都・新宿区)

 空き缶や使い古された調理器具、壊れた家電など、日常生活から出る廃材を使って動物を作る富田菜摘の個展が、東京・新宿の中村屋サロン美術館で開かれている。カレーや和洋菓子で知られる老舗の中村屋にちなみ、系列レストランなどの廃材を使って制作したウマやトリなどを含む新作29点に、近作を加えた51点が展示されている。
 この展覧会は、同館が現代作家の支援のために2018年から始めた「中村屋サロンアーティストリレー」の第4弾。展覧会を開いた作家が次の作家を指名してリレー形式でつないでいく方法で行われ、富田は前回展の折り紙作家布施知子からバトンを渡された。コロナ禍で1年延期となり、今年ようやく開催にこぎつけた。

廃材で作られた動物が集う“シャングリラ”のような展覧会場
廃材で作られた動物が集う“シャングリラ”のような展覧会場

 展示室で最初に出会うのがウマの「春馬」。「新しい作品を作るなら、中村屋さんに縁のある廃材を使いたい」と美術館に相談し、中村屋系列のレストランでクローズする店から譲り受けた廃材の寸胴鍋やザル、食缶、製氷スコップ、お玉などを組み立てて作られている。お腹の部分には、カレーポットやスプーンやフォークなども使われている。
 「役割を終えたものを新しい生き物に生まれ変わらせたい」という思いで作り続けている富田の気持ちが伝わっているかのような「春馬」の笑顔が印象的だ。
 ウマをモチーフにしたのは、中村屋の創業者である相馬愛蔵・黒光(こっこう)夫妻の名前に馬の文字があり、エンブレムにも2匹の馬がデザインされていることから。テーマ、材料ともに中村屋にこだわった今回のメーンの作品だ。

富田菜摘と「春馬」145×67×164㎝ 2020年。耳にお玉、首に寸胴鍋やザル、左前足にかりんとうの缶が使われている
富田菜摘と「春馬」145×67×164㎝ 2020年。耳にお玉、首に寸胴鍋やザル、左前足にかりんとうの缶が使われている

 壁に展示されたレリーフ作品のクジャクの「大雅」にも、スプーンやフォーク、カレースパイスの缶の蓋、かりんとうや煎餅の缶など中村屋系レストランや倉庫の廃材が多数使われている。レリーフ作品は、動物の形を一目で見せることができ、立体と組み合わせることで新たな空間表現につながると考え、近年作り始めた。「桃吉」「桃代」など9羽のフラミンゴが集う展示でも5羽がレリーフ。細長いガラスケースの中だが、水辺で群れているかのような雰囲気が醸し出されている。

「大雅」 140×101×5㎝ 2021年
「大雅」 140×101×5㎝ 2021年
立体とレリーフで構成されているフラミンゴの作品。2020年
立体とレリーフで構成されているフラミンゴの作品。2020年

 作家と作家をつなぐアーティストリレーならではの作品もある。
 カメレオンの「一八」と「節子」はそのひとつ。富田は、バトンを渡された折り紙作家の布施知子の家を訪問した際に、布施が集めているウニの骨の美しさに感動して自分でも集めるようになった。「しばらく愛でているうちにカメレオンの目に見えて来て生まれた」という。

「節子」 48×28×83㎝ 2021年。目にはウニの骨が使われている
「節子」 48×28×83㎝ 2021年。目にはウニの骨が使われている

 もうひとつがカンガルーの「律子と陸」。2013年に作られたこの作品は、富田がバトンを渡す次回展の作家で彫刻家の三宅一樹から譲り受けた壊れたアコースティックギターでできている。当時は金属の廃材しか使っていなかったこともあり、しばらく手をつけずにいたが、ある時、「ギターの穴に子どもを入れたカンガルーができないだろうかとひらめいた」ことからギターのボディが肩のシルエットにあてはまったり、ネックの部分がしっぽになったり、うまく完成させることができた。これを機に木の廃材を取り入れるようになったり、バイオリンのウサギやトランペットの鼻の象など楽器を使った作品ができたりした。「いただいた素材で自分にはない視点が入り、作品が変化するきっかけになった」。

「律子と陸」 112×48×111㎝ 2013年 個人蔵
「律子と陸」 112×48×111㎝ 2013年 個人蔵

 ほかにも、「展示室の空間の中で動物たちが遊んだり、暮らしたりしているような雰囲気を出したい」という富田の遊び心があふれる作品として、美術館の2つの展示室をつなぐ通路のライトにぶら下がっているサルの「秀吉」や、美術館の入口に常設されている荻原守衛(碌山)の彫刻「女」の目線の先に這うヤモリの「家宮」などがある。
 富田が廃材で動物を作り始めたのは高校3年生の時。美術予備校の自由制作で、大自然の生き物を都市の廃材で作ろうと、ガラパゴス諸島に棲むウミイグアナを街に捨てられた傘や看板などで作った。以来、廃材を用いることが、制作の主要な部分を占めている。
 「廃材は一度役目を終えて不要になったものなので少し哀愁があり、華やかなイメージはないけれど、動物として生まれ変わって生きている、理想郷のようなキラキラした美しい空間ができたら」との思いから、今回の展覧会に「シャングリラ」というタイトルをつけた。
 使われなくなった物に温かいまなざしを注ぎ、人と人とのつながりを大切にしながら生み出された動物たちに囲まれて、思わず笑顔になる展覧会だ。

「秀吉」 34×48×62㎝ 2021年
「秀吉」 34×48×62㎝ 2021年
荻原守衛(碌山)「女」(1910年)の目線の先には…
荻原守衛(碌山)「女」(1910年)の目線の先には…

 なお、5月28日(土)まで、東京・神保町のUCHIGO and SHIZIMI Galleryで開催中のグループ展「Douce Lumière (ドゥス・リュミエール)」で、新作のネコ2点とネズミ3点を発表している。ギャラリー名がオーナーのネコの名前から付けられていることからモチーフを決めた。

ネコの「真白」(右上)とネズミの「忠也」「忠子」「忠助」(下・右から)。UCHIGO and SHIZIMI Gallery「Douce Lumière」展での富田菜摘の新作 
ネコの「真白」(右上)とネズミの「忠也」「忠子」「忠助」(下・右から)。UCHIGO and SHIZIMI Gallery「Douce Lumière」展での富田菜摘の新作 

 富田菜摘は1986年東京都生まれ。2009年多摩美術大学絵画学科油画専攻卒業。

(文中敬称略)

執筆・写真撮影:西澤美子

参考資料:「中村屋サロンアーティストリレー第4回 安部典子展『In the  Room-横顔のエロシェンコー』/富田菜摘展『シャングリラ』」図録(中村屋サロン美術館 2022年)

【会期・会場】
2022年4月20日(水)~5月29日(日) 中村屋サロン美術館(東京都・新宿区)
美術館HP:https://www.nakamuraya.co.jp/museum/

※「Douce Lumière (ドゥス・リュミエール)」展  4月22日(金)~5月28日(土)
UCHIGO and SHIZIMI Gallery(東京都・千代田区)
富田菜摘、相原悦子、奥山帆夏、鷲見茜によるグループ展。
https://www.uchigoshizimi.com/