詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

富田菜摘と「春馬」145×67×164㎝ 2020年。耳にお玉、首に寸胴鍋やザル、左前足にかりんとうの缶が使われている

Exhibitions

News

富田菜摘展「シャングリラ」
中村屋サロンアーティストリレー第4回

  • 中村屋サロン美術館 (東京都・新宿区)

 空き缶や使い古された調理器具、壊れた家電など、日常生活から出る廃材を使って動物を作る富田菜摘の個展が、東京・新宿の中村屋サロン美術館で開かれている。カレーや和洋菓子で知られる老舗の中村屋にちなみ、系列レストランなどの廃材を使って制作したウマやトリなどを含む新作29点に、近作を加えた51点が展示されている。
 この展覧会は、同館が現代作家の支援のために2018年から始めた「中村屋サロンアーティストリレー」の第4弾。展覧会を開いた作家が次の作家を指名してリレー形式でつないでいく方法で行われ、富田は前回展の折り紙作家布施知子からバトンを渡された。コロナ禍で1年延期となり、今年ようやく開催にこぎつけた。

廃材で作られた動物が集う“シャングリラ”のような展覧会場
廃材で作られた動物が集う“シャングリラ”のような展覧会場

 展示室で最初に出会うのがウマの「春馬」。「新しい作品を作るなら、中村屋さんに縁のある廃材を使いたい」と美術館に相談し、中村屋系列のレストランでクローズする店から譲り受けた廃材の寸胴鍋やザル、食缶、製氷スコップ、お玉などを組み立てて作られている。お腹の部分には、カレーポットやスプーンやフォークなども使われている。
 「役割を終えたものを新しい生き物に生まれ変わらせたい」という思いで作り続けている富田の気持ちが伝わっているかのような「春馬」の笑顔が印象的だ。
 ウマをモチーフにしたのは、中村屋の創業者である相馬愛蔵・黒光(こっこう)夫妻の名前に馬の文字があり、エンブレムにも2匹の馬がデザインされていることから。テーマ、材料ともに中村屋にこだわった今回のメーンの作品だ。

富田菜摘と「春馬」145×67×164㎝ 2020年。耳にお玉、首に寸胴鍋やザル、左前足にかりんとうの缶が使われている
富田菜摘と「春馬」145×67×164㎝ 2020年。耳にお玉、首に寸胴鍋やザル、左前足にかりんとうの缶が使われている

 壁に展示されたレリーフ作品のクジャクの「大雅」にも、スプーンやフォーク、カレースパイスの缶の蓋、かりんとうや煎餅の缶など中村屋系レストランや倉庫の廃材が多数使われている。レリーフ作品は、動物の形を一目で見せることができ、立体と組み合わせることで新たな空間表現につながると考え、近年作り始めた。「桃吉」「桃代」など9羽のフラミンゴが集う展示でも5羽がレリーフ。細長いガラスケースの中だが、水辺で群れているかのような雰囲気が醸し出されている。

「大雅」 140×101×5㎝ 2021年
「大雅」 140×101×5㎝ 2021年
立体とレリーフで構成されているフラミンゴの作品。2020年
立体とレリーフで構成されているフラミンゴの作品。2020年

 作家と作家をつなぐアーティストリレーならではの作品もある。
 カメレオンの「一八」と「節子」はそのひとつ。富田は、バトンを渡された折り紙作家の布施知子の家を訪問した際に、布施が集めているウニの骨の美しさに感動して自分でも集めるようになった。「しばらく愛でているうちにカメレオンの目に見えて来て生まれた」という。

「節子」 48×28×83㎝ 2021年。目にはウニの骨が使われている
「節子」 48×28×83㎝ 2021年。目にはウニの骨が使われている

 もうひとつがカンガルーの「律子と陸」。2013年に作られたこの作品は、富田がバトンを渡す次回展の作家で彫刻家の三宅一樹から譲り受けた壊れたアコースティックギターでできている。当時は金属の廃材しか使っていなかったこともあり、しばらく手をつけずにいたが、ある時、「ギターの穴に子どもを入れたカンガルーができないだろうかとひらめいた」ことからギターのボディが肩のシルエットにあてはまったり、ネックの部分がしっぽになったり、うまく完成させることができた。これを機に木の廃材を取り入れるようになったり、バイオリンのウサギやトランペットの鼻の象など楽器を使った作品ができたりした。「いただいた素材で自分にはない視点が入り、作品が変化するきっかけになった」。

「律子と陸」 112×48×111㎝ 2013年 個人蔵
「律子と陸」 112×48×111㎝ 2013年 個人蔵

 ほかにも、「展示室の空間の中で動物たちが遊んだり、暮らしたりしているような雰囲気を出したい」という富田の遊び心があふれる作品として、美術館の2つの展示室をつなぐ通路のライトにぶら下がっているサルの「秀吉」や、美術館の入口に常設されている荻原守衛(碌山)の彫刻「女」の目線の先に這うヤモリの「家宮」などがある。
 富田が廃材で動物を作り始めたのは高校3年生の時。美術予備校の自由制作で、大自然の生き物を都市の廃材で作ろうと、ガラパゴス諸島に棲むウミイグアナを街に捨てられた傘や看板などで作った。以来、廃材を用いることが、制作の主要な部分を占めている。
 「廃材は一度役目を終えて不要になったものなので少し哀愁があり、華やかなイメージはないけれど、動物として生まれ変わって生きている、理想郷のようなキラキラした美しい空間ができたら」との思いから、今回の展覧会に「シャングリラ」というタイトルをつけた。
 使われなくなった物に温かいまなざしを注ぎ、人と人とのつながりを大切にしながら生み出された動物たちに囲まれて、思わず笑顔になる展覧会だ。

「秀吉」 34×48×62㎝ 2021年
「秀吉」 34×48×62㎝ 2021年
荻原守衛(碌山)「女」(1910年)の目線の先には…
荻原守衛(碌山)「女」(1910年)の目線の先には…

 なお、5月28日(土)まで、東京・神保町のUCHIGO and SHIZIMI Galleryで開催中のグループ展「Douce Lumière (ドゥス・リュミエール)」で、新作のネコ2点とネズミ3点を発表している。ギャラリー名がオーナーのネコの名前から付けられていることからモチーフを決めた。

ネコの「真白」(右上)とネズミの「忠也」「忠子」「忠助」(下・右から)。UCHIGO and SHIZIMI Gallery「Douce Lumière」展での富田菜摘の新作 
ネコの「真白」(右上)とネズミの「忠也」「忠子」「忠助」(下・右から)。UCHIGO and SHIZIMI Gallery「Douce Lumière」展での富田菜摘の新作 

 富田菜摘は1986年東京都生まれ。2009年多摩美術大学絵画学科油画専攻卒業。

(文中敬称略)

執筆・写真撮影:西澤美子

参考資料:「中村屋サロンアーティストリレー第4回 安部典子展『In the  Room-横顔のエロシェンコー』/富田菜摘展『シャングリラ』」図録(中村屋サロン美術館 2022年)

【会期・会場】
2022年4月20日(水)~5月29日(日) 中村屋サロン美術館(東京都・新宿区)
美術館HP:https://www.nakamuraya.co.jp/museum/

※「Douce Lumière (ドゥス・リュミエール)」展  4月22日(金)~5月28日(土)
UCHIGO and SHIZIMI Gallery(東京都・千代田区)
富田菜摘、相原悦子、奥山帆夏、鷲見茜によるグループ展。
https://www.uchigoshizimi.com/