詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

富士定景-富士山イメージの型

戦後70年 プロパガンダとしての表象
IZU PHOTO MUSEUM で7月5日まで

   今年は戦後70年。尊い命が犠牲になった過去を忘れず、平和な世の中を築くためにも、戦争につながる宣伝に惑わされないよう、日々の状況に注意を払うことが必要だろう。
   静岡県・長泉町のIZU PHOTO MUSEUMで7月5日まで開催中の「富士定景ー富士山イメージの型」では、富士山を被写体とした写真を、観光、皇族、博覧会などの表象から検証。中でも、「富士山とプロパガンダ」の章では、古来から霊峰として畏れられ、崇められてきた富士山が、戦時中に戦意発揚のプロパガンダとして頻繁に使用されていたことに着目している。

●木村伊兵衛、土門拳らも国策を報道
   富士山が描かれた楽譜を手にした子どもたちが、天孫降臨の地とされる高千穂の峰をバックに「愛国行進曲」を歌う姿が表紙となっている「写真週報」の1938年の創刊号は、その顕著な例だ。撮影は木村伊兵衛。内閣情報部が編集した週刊のグラフ雑誌で、「カメラを通じて国策をわかりやすく国民に伝える」という趣旨のもとに発行された。
   同年8月3日の第25号では、土門拳が撮影した日独伊親善協会主催の「防共盟邦親善富士登山」を4ページにわたって掲載。反ソ、反共を目的に、日独伊防共協定が締結されたのを記念して、日本、ドイツ、イタリアをはじめ、ハンガリー、スペイン、満州国などからの代表団や学生たちが富士山に登ったイベントの様子をとらえている。日の丸やハーケンクロイツの旗を掲げて頂上を目指す参加者の様子や空を仰いでナチス的敬礼をするドイツの青年の姿、富士吉田で熱狂的に歓迎する市民の姿などが写し出されている。
   1944年10月4日の341号の表紙は、富士山を遠景として戦車に乗る少年兵の写真とともに、「天翔ける翼に 熱風捲く鉄牛に 富士の高嶺と勲を競ひ 莞爾 国難に立つ 陸軍少年兵 ゆくぞ 僕らも」という言葉と「志願期間十月三十一日まで」と書かれた少年兵の募集告知となっている。撮影者は不明だが、多くの写真家たちが国策のプロパガンダに組み込まれていったことが見てとれる。

●アメリカの巧妙なプロパガンダ
   また、日本と同様にアメリカも巧みに富士山を利用していたことを、米軍のB29から撮影された多数の写真などから紹介している。
   1944年にマリアナ諸島が陥落すると、本土のほとんどの都市が米軍の爆撃圏内に入ったことでB29による空襲が始まった。その際に、雲の上に顔を出す富士山が、空の灯台の役割を果たしたことを示すのが掲出の《題名不詳 (東京へ向かうB‐29編隊)》などの写真だ。富士山を拠点に東に行けば横浜、東京、西に行けば神戸など、ニ手に分かれて爆撃目標の各都市に向かったという。
   また、1945年8月5日の「ニューヨーク・タイムズ・マガジン」には、B29を製造したボーイング社の宣伝として、富士山の上空を飛ぶB29の写真が掲載されている。見出しには「平和を作る者たち」とあり、その翌日に広島、4日後に長崎に原爆が投下され、10日後に日本は敗戦を迎えることになる。
   1945年9月2日、東京湾に停泊する戦艦ミズーリの艦上で日本の降伏文書調印式が行われた様子を示した切手にも富士山が大きく描かれている。本展を企画した同館研究員の小原真史氏は「この日は夏にはなかなか見えない富士山がよく見えたようだ。甲板には、幕末にペリー艦隊が日本に来航した時に使用していた星条旗と真珠湾攻撃の際にホワイトハウスに掲げられていた星条旗が飾られ、100年越しの日本への勝利、あるいは日本の近代化へのアメリカの力を示す周到なイメージ作りや演出が行われ、アメリカが高いレベルでのプロパガンダを行っていたのがわかる。富士山と軍艦のイメージが、日本に勝った日のシンボルとして、ずっと記憶されていく」と述べる。
   この日米の富士山をめぐるプロパガンダとその後の展開は、7月18日から同館で開催される「戦争と平和―伝えたかった日本」で報道写真としての観点から改めて紹介されるという。

●岡田紅陽の富士から見えるもの
   生涯に40万枚以上の富士の写真を撮影し、「富士の写真家」と呼ばれた岡田紅陽。1943年に昭和天皇に贈った《神韻霊峰 七面山》は宮内庁を経て正式に献上された初の写真作品とされている。今回展示されている《麗容 七面山》は、《神韻霊峰 七面山》とネガは同じだが、敗戦後、神から人間になった昭和天皇にならうかのようにタイトルが変えられた。
   日本の象徴として存在する富士山。戦争の渦に巻き込まれ、利用されるその姿は、人間の業を浮かびあがらせる。

⑦

   なお、この展覧会では第2部「富士山と気象 阿部正直博士の研究」と題し、雲の博士として知られる阿部正直が、富士山にかかる雲の定点観測を行った研究を写真や資料で紹介している。

執筆:西澤美子

参考文献
『富士幻景 近代日本と富士の病』 監修・著 小原真史 発行:IZU PHOTO MUSEUM 2011年

写真キャプション
①「写真週報」創刊号  1938年2月16日 表紙撮影:木村伊兵衛
②「写真週報」25号  1938年8月3日 撮影:土門拳
③「写真週報」341号 1944年10月4日
④撮影者不詳 《題名不詳(東京へ向かうB‐29編隊)》アメリカ軍 1944‐45年(上),
   撮影者不詳 《題名不詳(B-29と富士山)》1945年 (下)
⑤ ボーイング社広告 (「ニューヨーク・タイムズ・マガジン」1945年8月5日より)
⑥ 戦艦ミズーリでの「降伏文書」調印式 (マーシャル諸島) 1995年 切手
⑦ 岡田紅陽《麗容 七面山》1943年(手前)
※作品画像はすべてIZU PHOTO MUSEUM蔵

 
「富士定景-富士山イメージの型」
1月17日(土)~7月5日(日)※水曜休館(但し4月29日、5月6日は開館、5月7日休館)
IZU PHOTO MUSEUM(静岡県長泉町東野クレマチスの丘〈スルガ平〉347-1)
☎055‐989‐8780
詳細 http://www.izuphoto-museum.jp/

2015年4月29日