詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

存星 ‒ 漆芸の彩り ‒ 五島美術館

「存星 ‒ 漆芸の彩り ‒」
五島美術館  2014.10/25(土)~12/7(日)

 東アジア共通の工芸技術である漆工芸品は、英語で磁器をchina と呼ぶのに対して漆器をjapan と呼ばれる。欧米では日本の特産品と考えられているからだ。その技法は、かつて多くの
文化・技法が大陸から伝わった時代に中国から漆木と共に伝わった技法だとされていた。その後いくつかの漆品が日本国内で出土され、国内外での科学的調査の結果、中国の漆器歴史を大
幅にさかのぼる縄文時代の装飾品と確認されたり、漆木の鑑定からも、その漆品の技法が日本固有種であることがわかり、日本の漆器の始まりは中国からの伝来ではなく、古代にはすで日
本でもその技術が確立していたと見られている。
 すると、急に漆品がお椀や菓子器、茶托などの日用品だけでなく、茶道具や文化財、宝物どの非日常的な美術工芸品も身近かに感じられるような気がしてくる。その技法は時代の流れの
中で、中国をはじめとするアジア諸国と行き来し、刺激され、変化と進化を重ねてきた。

 五島美術館で開催中の「存星」は、大陸から到来した唐物漆器のひとつで、室町時代には「稀なるもの」と珍重され、千利休が目にした「存星」はわずか三点しかなかったとも伝えられている。
しかし、何を持ってすれば「存星」なのか、根本的な作風の特徴や条件ははっきりしていない。
残る文献もわずかで、その説明は断片的で不明点が多いとされている。
 「存星」という名前だけが先行し、室町・江戸時代には茶人や、趣味人を虜にしていたという、なんともミステリアスな存在である。本展では、その「存星」と呼ばれた幻の名品約70 点を紹介している。

 辞書によると、填漆(漆の塗膜に文様を浅く彫り込んで別の色漆を埋め込んで研ぎ出す技法)や、その技法の類いを「存星」と説明されている。しかし、ここに至るまで、時代という流れに身を委ね、「存星」とよばれる技法の条件やその姿は、移り変わり続けてきたという複雑な経緯があるようだ。
 展覧会は「第一部 存星をかたる」、「第二部 彩りを彫る漆の技」、「第三部 絵をうめる、輝きを描く」、「第四部 玉楮象谷と再生する存星」の4 部に分かれ、「存星」の謎の解明を試みている。

■「第一部 存星をかたる」 では、室町から江戸時代の「存星」について触れている文献を通して、そもそも「存星」とは?の謎に迫って行く。「存星」について説明されている最初の文献は『君台観左右帳記』(中国絵画・工芸品の鑑定、鑑賞、座敷飾りの指南書)で室町時代の「存星」を知る貴重な記述である。その他にも茶道具・茶器の情報を記す『三冊名物記』や『喫茶余録』等がある。

■「第二部 彩りを彫る漆の技」では、多種多彩な<彫彩漆>の技法を作品を通して追って行く。
複数の色漆を塗り重ね、これに文様を彫ることで彫り目に鮮やかな縞模様を浮きだたせる技法を<彫彩漆>という。宋時代の中国で、『狩猟図彫彩漆長盆』、『網目地日出文香合』、『網目地菊鳥文香合』などの名品の中でその技法は育まれる。さらに、古代から様々な中国製漆器を受容し、正倉院御物をはじめ茶の湯道具の技法にまで幅広く継承していきた日本では、現代に至るまで高く評価されてきた。

■「第三部 絵をうめる、輝きを描く」では、「存星」が<彫彩漆>から<填漆>に姿を変えていく。
漆地に文様部分を彫りくぼめ、色漆を充填して平滑に研ぐことで器面に色漆の凹凸のない文様を表す技法を<彫彩漆>と呼ぶ。現在ではこの<彫彩漆>、またはこれに<沈金>を併用したものを「存星」の基準としている。『魚々子地龍文填漆丸盆』『魚々子地百子図填漆箪笥』など、漆地に小さな円を魚卵状に描く<魚々子文様>が作品の多くに見られ、<魚々子地>・<填漆>・<沈金>を併用した作品も「存星」と呼ばれるようになる。

「第四部 玉楮象谷と再生する存星」では、幕末の高松藩の漆工・玉楮象谷(たまかじぞうこく)の作品を中心に、唐物「存星」が日本人独特の感性と技法の組み合わせで、和製「存星」
に姿を変えた作品と出会うことになる。大陸からもたらされた唐物漆器が、日本で螺鈿技法、鎌倉彫などの和製の唐物作品を生み、「存星」も和製唐物に姿を変え、独特の産業に発展して行く。その基礎を築いのが玉楮象谷である。玉楮象谷の作品「存清蓮文鏡箱」は、黒漆地の朱色の蓮を大胆な構図で描かれていて中国の填漆作品とはひと味ちがう「存清」に仕上げている。
象谷作品では「存星」を「存清」と表記されているが、技法や条件が流動的であることを体現する様に、その呼び名も「存盛」、「尊星」とも表記されているというのも面白いエピソードである。
 

 展示会場は一室でさほど広くないが、「在星」という言葉の不透明さを明確に知りたいと思い、追いかけ、理解しようとしながらこの展覧会を見るとくたびれ果ててしまう。
 文献の少なさ、古書文献の表現のシンプルさ、時代の流れに沿って移り変わる技法の数々と解釈のされ方の変化、技法名の多さ…、これらの複雑な条件が、「在星」理解への道のりを険しくし、ますますの混乱に追い込まれて行く。まるで、ミステリーツアーに迷い込んでしまい、犯人が見つかるまで達成感が得られないような感覚である。
 美術・芸術は頭で理解できなくても、心で何かを感じられれば良しとしよう…という範疇では、どうしても納得しがたい観賞後感を残す体験だった。

 気分転換にと、庭園を散策してみた。吹抜けの中庭から見る寝殿造りの意匠を取り入れた建物は、東京の住宅地とは思えない静かな佇まい。国分寺崖線の地形を活かした庭は深く傾斜していて、6000 坪に渡る広大な敷地は、武蔵野の雑木林に覆われている。庭というよりは、里山に迷い込んだような気分になる。散策路の所々で、たくさんの石灯籠、観音さまやお地蔵さまと出会える。茶室「古経楼」「冨士見亭」「松寿庵」なども点在し、風流な雰囲気も。植物も豊富で、梅に桜、都の天然記念物のコブシ、つつじ、藤、紫陽花、秋の紅葉など季節ご
とに木々花々を楽しめる。
 帰りには、目と鼻の先にある富士見橋からの景色も清々しい。
下には東急田園都市線の電車が走り、運が良ければ二子玉川のビルの間に富士山を望める。
 都会の中に居ながらにして、美術と自然にたっぷりと浸れる五島美術館へは、折々の季節に散策に訪れてみたくなる魅力が溢れていた。

(by M・木の実)

2014年12月11日