詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

“オモシロイフク”大図鑑

開催中〜2024/06/22

文化学園服飾博物館

東京都・渋谷区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

開催中〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

開催中〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

シンフォニー・オブ・アート — イメージと素材の饗宴

開催中〜2024/06/23

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

驚異の細密表現展 ―江戸・明治の工芸から現代アートまで―

開催中〜2024/06/23

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

没後70年 戦争を越えて―写真家ロバート・キャパ、愛と共感の眼差し―

開催中〜2024/06/23

東京富士美術館

東京都・八王子市

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

開催中〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

開催中〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

創刊50周年記念 花とゆめ展

開催中〜2024/06/30

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52 階)

東京都・港区

KAGAYA 星空の世界 天空の贈り物

開催中〜2024/07/01

そごう美術館

神奈川県・横浜市

三島喜美代―未来への記憶

開催中〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

石岡瑛子 I デザイン

開催中〜2024/07/07

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

Beautiful Japan 吉田初三郎の世界

開催中〜2024/07/07

府中市美術館

東京都・府中市

ふたり 矢部太郎展

開催中〜2024/07/07

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/Eye to Eye-見ること

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

ホー・ツーニェン エージェントのA 

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

Tokyo Contemporary Art Award 2022-2024 受賞記念展

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

【特別展】犬派?猫派? ―俵屋宗達、竹内栖鳳、藤田嗣治から山口晃まで―

開催中〜2024/07/07

山種美術館

東京都・渋谷区

TOPコレクション 時間旅行 ― 千二百箇月の過去とかんずる方角から

開催中〜2024/07/07

東京都写真美術館

東京都・目黒区

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

開催中〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

開催中〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

国芳の団扇絵 ―猫と歌舞伎とチャキチャキ娘

開催中〜2024/07/28

太田記念美術館

東京都・渋谷区

カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』

開催中〜2024/07/28

東京国立博物館

東京都・台東区

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/08/12

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

開催中〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

開催中〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

開催中〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

超・日本刀入門 revive―鎌倉時代 の名刀に学ぶ

2024/06/22〜2024/08/25

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

アートキャンプ白州 2024 Camp and Art in Each Heart!

2024/07/06〜2024/09/01

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

エドワード・ゴーリーを巡る旅

2024/07/06〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

開催中〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

2024/06/22〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

2024/07/13〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

2024/07/13〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

2024/07/06〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

梅津庸一 クリスタルパレス

開催中〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

開催中〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

開催中〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

フィリップ・パレーノ:この場所、あの空

開催中〜2024/12/01

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

Exhibitions

奇想のモード 装うことへの狂気、またはシュルレアリスム

 アール・デコの建築で名高い東京都庭園美術館で、20世紀前半のパリでおこった芸術運動、シュルレアリスムを起点としたモード展が開催されている。「奇想」をキーワードに選ばれた多彩な作品が、旧宮邸の洗練された展示空間に並ぶ刺激的な展覧会だ。

「奇想」から俯瞰する

 本館大広間でまず目に飛び込んでくるのは、シュルレアリスムを代表するダリの彫刻2点。女性の優雅な身体に家具の引き出しを合体させた特異な表現が、観る者の想像力を駆り立てる。一方、その奥で緑色に輝くのは、ベルギー出身の現代美術家ファーブルによる玉虫の羽根を用いた美術作品。昆虫の内臓を守る固い鞘羽(さやばね)の集積を甲冑(かっちゅう)に見立てている。

展示風景、手前/サルヴァドール・ダリ《炎の女》(1980年)、奥/同《抽き出しのあるミロのヴィーナス》(1936-64年)、右奥/ヤン・ファーブル《甲冑(カラー)》(1996-2002年)
展示風景、手前/サルヴァドール・ダリ《炎の女》(1980年)、奥/同《抽き出しのあるミロのヴィーナス》(1936-64年)、右奥/ヤン・ファーブル《甲冑(カラー)》(1996-2002年)

 この展示室からも感じられるとおり、本展の特徴は、シュルレアリスムのみならず、現代も含む広範な時代の作品が見られることだ。革新的な意匠を用い、時代に先駆けるような作品を生むクリエーターたちの表現は、シュルレアリスムの理念にも重なり合うものだという視点から、「奇想」というより大きな枠組みがとられている。
 そうして集められた作品は、どこか過剰だったり、オブセッシブだったり、美しさのなかに怖さもはらんでいたりと、インパクトのあるものが多い。

展示風景、ジョン・ガリアーノ/メゾン・マルジェラ《ミュール(2015年秋冬)》(2015年)
展示風景、ジョン・ガリアーノ/メゾン・マルジェラ《ミュール(2015年秋冬)》(2015年)

 とりわけ展覧会冒頭に登場する動物の部位や毛皮を用いた品や、遺髪でつくったジュエリー、毛髪を用いた(あるいは毛髪を思わせる)ドレスといった品々は、繊細なデザインに感嘆させられる一方で、そうした素材への人々の執着に、どこかおののきを感じずにはいられない。

展示風景、左/永澤陽一《ボディ・アクセサリー(2004年秋冬)》(2004年)、右/マルタン・マルジェラ《ドレス(2004年秋冬》(2004年)
展示風景、左/永澤陽一《ボディ・アクセサリー(2004年秋冬)》(2004年)、右/マルタン・マルジェラ《ドレス(2004年秋冬》(2004年)

 ここではまた、中国古来の纏足(てんそく)や、18世紀ヨーロッパのコルセットなど、歴史を遡ったモードの紹介もある。小さな足や細い腰に女性の究極の美を認める価値観のもと、身体を歪めてでも美を求める(あるいは求めさせる)欲望は、展覧会のタイトル通り、現代では「狂気」とも思えるものだろう。

展示風景、《纏足鞋》(19世紀末-20世紀初頭)
展示風景、《纏足鞋》(19世紀末-20世紀初頭)
展示風景、《コルセット》(1880年頃)
展示風景、《コルセット》(1880年頃)

シュルレアリスムとモードの親和性

 シュルレアリスムとモードを結ぶ本展の象徴的な存在は、パリで活躍し、シュルレアリストたちともコラボしたファッション・デザイナーのエルザ・スキャパレッリだ。
 ショッキングピンクの命名者でもあり、本展でもその鮮やかな色のドレスや、羽根飾りを大胆に配した帽子、コスチュームジュエリーや香水瓶などが目を引く。

エルザ・スキャパレッリのドレスやケープが並ぶ展示風景
エルザ・スキャパレッリのドレスやケープが並ぶ展示風景

 代表作のひとつ《香水瓶「Shocking」》は、ハリウッド女優メイ・ウエストから仮縫い用に送られてきたボディサイズのトルソをモチーフとした、シュルレアリストらしい作品だ。

エルザ・スキャパレッリの香水瓶が並ぶ展示風景、中央に《香水瓶「Shocking」》(1937年)
エルザ・スキャパレッリの香水瓶が並ぶ展示風景、中央に《香水瓶「Shocking」》(1937年)

 シュルレアリスムとモードの親和性は、本展では「裁縫」や「分断された身体」「マネキン」など、いくつかのキーワードとともに紹介されている。
 「解剖台の上のミシンと蝙蝠傘(こうもりがさ)の偶然の出会いのように美しい」という作家ロートレアモンの一節が、相異なるものを出会わせることで常識を覆す手法を好んだシュルレアリスムを象徴する句となっているが、シュルレアリストたちが実際にミシンを重要なモチーフとしている点も興味深い。

ン・レイのオブジェや写真が並ぶ展示風景、右/ハインリッヒ・マーラー《PKZ社ポスター》(1939年)
マン・レイのオブジェや写真が並ぶ展示風景、右/ハインリッヒ・マーラー《PKZ社ポスター》(1939年)

 シュルレアリストたちはまた、モード誌の表紙でも活躍した。彼らが好んだ眼や唇、手首などの分断された身体のイメージがモードのつくり手にも霊感を与える一方で、洋服を着せるマネキンや、靴や手袋、帽子などが絵画や写真、オブジェのモチーフとなった。本展には、モードという視点を通して、改めてシュルレアリスム作品を見直す楽しみもある。

展示風景、左/ハリー・ゴードン《ポスター・ドレス》(1968年頃)、右/『ハーパース・バザー』1938年10月号
展示風景、左/ハリー・ゴードン《ポスター・ドレス》(1968年頃)、右/『ハーパース・バザー』1938年10月号
展示風景、左/ハンス・ベルメールの写真作品、右/ジョルジョ・デ・キリコ《ヘクトールとアンドロマケー》(1930年頃)
展示風景、左/ハンス・ベルメールの写真作品、右/ジョルジョ・デ・キリコ《ヘクトールとアンドロマケー》(1930年頃)

 シュルレアリストの感性に通じるモード作品は、現代日本にも見ることができる。
 新館の広大な空間に並ぶのは、花魁(おいらん)の高下駄から着想を得たヒールのない厚底靴や、ポニーやシマウマの脚部を思わせるジョッパーズパンツ、毛皮や皮革と昆虫や鳥の羽根をモチーフとした靴の数々、そして発光する絹糸を用いた西陣織のドレスのインスタレーションなど。「装う」という域を超えたかにも見える独創的な作品群は、本館の展示ともまた違う鮮烈な魅力を放っている。

舘鼻則孝《ヒールレスシューズ》と《ベビーヒールレスシューズ》(2021年)の展示風景
舘鼻則孝《ヒールレスシューズ》と《ベビーヒールレスシューズ》(2021年)の展示風景
永澤陽一によるジョッパーズパンツ《恐れと狂気》(2018年)の展示風景
永澤陽一によるジョッパーズパンツ《恐れと狂気》(2018年)の展示風景
展示風景、左から/串野真也《Sphinx of the forest》《Guardian deity Bird》《Guardian deity Crocodile》(2017年)
展示風景、左から/串野真也《Sphinx of the forest》《Guardian deity Bird》《Guardian deity Crocodile》(2017年)
展示風景、ANOTHER FARM《Modified Paradise》(2018年)
展示風景、ANOTHER FARM《Modified Paradise》(2018年)

 多彩な作品でシュルレアリスムに対する視座も広げてくれる本展は、美術好きにも、モード好きにも見応え抜群の展覧会だ。会場内にも丁寧な作品解説があるが、図録もおすすめ。手にしやすい小ぶりな判型で、美しい写真と詳細な解説が収録されている。

執筆・写真撮影:中山ゆかり

*画像は、すべて主催者側の許可を得て撮影したものです。
*参考文献:『奇想のモード 装うことへの狂気、またはシュルレアリスム』展覧会カタログ

奇想のモード 装うことへの狂気、またはシュルレアリスム
Mode Surreal: A Crazy Love for Wearing

【会期・会場】
2022年1月15日(土)~2022年4月10日(日) 東京都庭園美術館(東京都・港区)
※本展は日時指定の予約制です。
※来場にあたっての注意事項等については、公式ウェブサイトをご確認ください。
美術館HP:https://www.teien-art-museum.ne.jp