詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

松岡コレクション めぐりあうものたち Vol.3

開催中〜2023/02/05

松岡美術館

東京都・港区

戦後日本版画の展開-照沼コレクションを中心に

開催中〜2023/02/05

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

江戸絵画の華 〈第1部〉若冲と江戸絵画

開催中〜2023/02/12

出光美術館

東京都・千代田区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

開催中〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

開催中〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

開催中〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

開催中〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

『YUMING MUSEUM』(ユーミン・ミュージアム)

開催中〜2023/02/26

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)

東京都・港区

没後200年 亜欧堂田善展

開催中〜2023/02/26

千葉市美術館

千葉県・千葉市

フジヤマミュージアム 冬の収蔵作品展

開催中〜2023/02/26

フジヤマミュージアム

山梨県・富士吉田市

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

開催中〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

多層世界とリアリティのよりどころ

開催中〜2023/03/05

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

東京都・新宿区

FACE展2023

2023/02/18〜2023/03/12

SOMPO美術館

東京都・新宿区

日本の切り絵 7人のミューズ

2023/02/04〜2023/03/19

そごう美術館

神奈川県・横浜市

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

広重おじさん図譜

2023/02/03〜2023/03/26

太田記念美術館

東京都・渋谷区

江戸絵画の華 〈第2部〉京都画壇と江戸琳派

2023/02/21〜2023/03/26

出光美術館

東京都・千代田区

VOCA展2023

2023/03/16〜2023/03/30

上野の森美術館

東京都・台東区

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

開催中〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

トンコハウス・堤大介の「ONI展」

開催中〜2023/04/02

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

キャラクターデザインの先駆者 土方重巳の世界

2023/02/11〜2023/04/09

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

アートのための場所づくり 1970年代から90年代の群馬におけるアートスペース

開催中〜2023/04/09

群馬県立近代美術館

群馬県・高崎市

レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才

開催中〜2023/04/09

東京都美術館

東京都・台東区

わたしたちは生きている! セタビの森の動物たち

2023/02/18〜2023/04/09

世田谷美術館

東京都・世田谷区

ヒグチユウコ展 CIRCUS FINAL END

2023/02/03〜2023/04/10

森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52F)

東京都・港区

本と絵画の800年 吉野石膏所蔵の貴重書と絵画コレクション

2023/02/26〜2023/04/16

練馬区立美術館

東京都・練馬区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

企画展「北斎バードパーク」

2023/03/14〜2023/05/21

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

開催中〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

櫻田精一展 ~気韻生動 刻の流れをみつめて~

開催中〜2023/05/28

森の美術館

千葉県・流山市

NACT View 02 築地のはら ねずみっけ

開催中〜2023/05/29

国立新美術館

東京都・港区

美しい人びと 松園からローランサンまで

2023/02/21〜2023/06/04

松岡美術館

東京都・港区

へザウィック・スタジオ展:共感する建築

2023/03/17〜2023/06/04

森美術館

東京都・港区

憧憬の地 ブルターニュ  ―モネ、ゴーガン、黒田清輝らが見た異郷

2023/03/18〜2023/06/11

国立西洋美術館

東京都・台東区

ブルターニュの光と風 ー画家たちを魅了したフランス<辺境の地>

2023/03/25〜2023/06/11

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ジョルジュ・ルオー ー かたち、色、ハーモニー ー(開館20周年記念展)

2023/04/08〜2023/06/25

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

部屋のみる夢 ボナールからティルマンス、現代の作家まで

開催中〜2023/07/02

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

青空は、太陽の反対側にある:原美術館/原六郎コレクション 第1期(春夏季)

2023/03/24〜2023/09/03

原美術館ARC

群馬県・渋川市

Exhibitions

大竹伸朗展

 「既にそこにあるもの」と呼ぶテーマのもと、色あせた印刷物、古い写真、廃材など、あらゆるものから自らが選び取った素材を、貼ったり、剝がしたり、色を塗ったり、重ねたりして、熱のこもった創作を続けている大竹伸朗の大規模な回顧展が東京国立近代美術館で開かれている。9歳の時の絵画からコロナ禍に制作された最新作までの約500点が会場を埋め尽くす。7つのテーマ、「自/他」「記憶」「時間」「移行」「夢/網膜」「層」「音」に基づいて構成されているが、大竹が「自分の中に60年間くらい消えない流れが7つありますよと言うことなんだよね。行きつくところは一つ」というように、テーマは作品を読み解く手がかりに過ぎない。時系列にもこだわることなく、混沌とした雰囲気の中で流れに身を任せつつ体感できる展示となっている。
大竹の大回顧展は2006年に東京都現代美術館で開催された「全景 1955-2006」展以来16年ぶり。

7つのテーマに基づいて作品が展示されている ★
7つのテーマに基づいて作品が展示されている ★

 大竹伸朗は1955年東京都に生まれた。武蔵野美術大学造形学部油絵学科に入学後、1週間で休学し北海道の農場で働いたり、その後ロンドンに渡って模索したりした後、80年に卒業。本格的に作家活動を始め、82年に初個展。以後は絵画、版画、彫刻、映像、音、絵本、エッセイ、インスタレーション、巨大な建造物に至るまで、おびただしい数の仕事を手掛けてきた。近年では、2012年にドイツのドクメンタ、13年にイタリアのヴェネチア・ビエンナーレに参加するなど、海外でも高く評価されている。1988年から愛媛県の宇和島市に住み、活動の拠点としている。

大竹伸朗 2022年10月31日
大竹伸朗 2022年10月31日

 展示室最初の「自/他」のコーナーには、「最初に作ったコラージュ」(大竹)の「『黒い』『紫電改』」(1964年)がある。出品作のうち最初期の9歳の時の絵で、ちばてつやの戦記マンガ「紫電改のタカ」のカラーページを切り抜いて貼り、鉛筆の書き込みなども加えた創作の原点といえる作品だ。

「『黒い』『紫電改』」1964年 ★
「『黒い』『紫電改』」1964年 ★

 奥に進むとカラフルな布や雑誌の切り抜き、古い看板、鉄くずなどで装飾された小屋が現れる。2012年のドクメンタで発表された「モンシェリー:スクラップ小屋としての自画像」だ。「モンシェリー」とは大竹の住む宇和島にかつてあったスナックで、小屋の外にその店の看板が掲げられている。小屋の中にはギターを背表紙に貼り付けた巨大なスクラップブックを中心に、自転車のタイヤやモノクロ写真、土産物のペナント、電話機、空き箱などが所狭しと置かれている。
ドクメンタへの参加の依頼を受けたのが東日本大震災の直後だった。「ものを作るのにも心情的にも複雑な状況の中で」どのようにしたら良いのかなど、さまざまな思いがあった。そうした中、「テーマとして放射能問題と、(住民が)家やその地域を去ることが重なって行った」という。巨大なスクラップブックは、「自分の記憶や、自分自身の象徴として」作られている。

「モンシェリー:スクラップ小屋としての自画像」2012年
「モンシェリー:スクラップ小屋としての自画像」2012年
「モンシェリー:スクラップ小屋としての自画像」の内部 ★
「モンシェリー:スクラップ小屋としての自画像」の内部 ★

 「モンシェリー」に取り込まれていたスクラップブックは、大竹がライフワークとして40年近くほぼ毎日続けているスクラップブック制作の一環でもある。本展では1977年の1冊目から最新の71冊目まで全てを展示。大竹のスクラップブックは、ノートやスケッチブック、画集などの既製の本に雑誌や新聞、チケットやレシートなど日常生活の中にある印刷物を貼り込み、インクや絵の具を塗り重ねている。形や大きさはさまざまだ。
始まりは初めてのロンドン滞在時でのこと。「ノッティングヒルの蚤の市で、マッチのラベルをビニール袋に入れたものとノートに貼り込んだものを売っているおやじがいて、『これだ』と思ったわけ」。ほかにも地下鉄のチケットやチューインガムの包み紙などもあり、それを全部買って家に帰ってからノートに貼り込んだ。
子どもの頃から漫画や雑誌を切り抜いて貼ったりはしていたが、「その時、初めて貼るということを意識した。自分のやるべきことだと思った」という。過去と現在が繋がり、進む方向を示す大きな出来事だった。1冊目から3冊目までがロンドン滞在時のスクラップブックで、最新のスクラップブックは2018年9月10日から21年1月31日までの宇和島でのもの。

「スクラップブック #1/ロンドン」1977年、「スクラップブック #2/ロンドン」1977~78年、「スクラップブック #3/ロンドン」1977~78年 (上段左から)
「スクラップブック #1/ロンドン」1977年、「スクラップブック #2/ロンドン」1977~78年、「スクラップブック #3/ロンドン」1977~78年 (上段左から)
「スクラップブック #71/宇和島」2018.9.10~2021.1.31 後ろの展示はその他のスクラップブック
「スクラップブック #71/宇和島」2018.9.10~2021.1.31 後ろの展示はその他のスクラップブック

 美術館2階のギャラリー4は7つのテーマの一つである「音」のコーナーになっている。1982年の初個展より前に、ロンドンでサウンド・パフォーマンスに参加し、東京でバンドを結成してライブを行っていた大竹にとって、音は重要な要素であり続けてきた。ここでは、大竹のバンド「JUKE/19.」のレコードやポスター、ロンドンのアーティストとの活動記録、ギターの付いたスクラップブックなどが展示されている。
圧巻なのが「ダブ平&ニューシャネル」(1999年)だ。大竹が拾ったり、もらったりしたギター、ベース、ドラムスを廃棄機器のモーターと組み合わせてバンドとし、ステージ内に設置して、向かいに建てた小屋(コントロール・ブース)から遠隔操作で演奏する作品。ステージの内部にはスタジオに蓄積していた収集物や絵などが貼られている。取材日には大竹本人による演奏があり、ビートの効いたノイズのような音が楽しめた。

「ダブ平&ニューシャネル」(ステージ)1999年 公益財団法人 福武財団
「ダブ平&ニューシャネル」(ステージ)1999年 公益財団法人 福武財団
小屋(コントロール・ブース)から遠隔操作で演奏する大竹伸朗 ★
小屋(コントロール・ブース)から遠隔操作で演奏する大竹伸朗 ★

 また、このコーナーには、2019年以降に取り組んでいる「残景」シリーズの最新作「残景 0」(2022年)が初公開されている。

「残景 0」2022年
「残景 0」2022年

 もう一つ、見逃してはならないのが美術館の建物のテラスに掲げられた「宇和島駅」(1997年)のネオンサインだ。90年代半ばの駅舎の改築にともない廃棄されそうになったネオンサインを大竹が譲り受けた。自らが駅舎の屋根に上って一文字ずつ切ってロープで下して保管、これまでも個展を開催した美術館の建物に作品として設置されてきた。
今回は、建物の正面右端に設置。右側の側面には東京国立近代美術館のサインがある。大竹は記者会見の席で「東京国立近代美術館と宇和島駅の文字が交差する感じが、ある種のコラージュじゃないかと思う。『既にそこにあるもの』の典型で、今回の7つのテーマが重なっていることに初めて気が付いた」と感慨深く語った。
本展担当の成相肇主任研究員も同じ席で「ネオンサインが美術館に貼り付いていて、建物全体が大竹さんの作品になっている。皆さんは今、大竹さんの作品の中にいることになる」と述べた。
なお、ネオンサインは15時30分頃から21時頃まで赤く点灯する。

美術館のテラスに設置された「宇和島駅」(1997年)のネオンサイン
美術館のテラスに設置された「宇和島駅」(1997年)のネオンサイン

 本展の図録は、大竹の「本形式ではないものにしよう」という発想から作られた。成相が、「『全景 1955-2006』展の時の2000点の展示作品全てを収録する常軌を逸した凄まじい図録のように、今回も普通ではないものができた」と言うこの図録は、テーマ別の7組の新聞紙に図版が、糸で綴じた冊子に作品リストやテキストがそれぞれ掲載され、活版印刷によるカバーシートがついた凝った作りになっている。大竹が求め続けてきた「大きな作品図版の再現」も実現した。
また、成相によると、本展の図録やポスター、会場内の掲示などに使われている展覧会名や会場名、テーマのタイトルなどの書体は大竹によるもので、文字自体が新作だといえる。

「大竹伸朗展」図録。新聞のように作られている
「大竹伸朗展」図録。新聞のように作られている

 素材、イメージ、手法など「既にそこにあるもの」を組み合わせて、密度を濃くし、出会いや偶然を重視しながら作品を生み出していく大竹の展覧会は、作品同様に密度が濃く、エネルギーに溢れている。
記者会見の最後に大竹は「今、世界では破壊が続いていますが、ものを作り出すパワーを少しでも感じていただければとても嬉しい」と述べた。

(文中敬称略)
執筆:西澤美子(作家の言葉は記者会見、下記参考映像の➁③より)
写真撮影:阿部章仁(★+見出しの写真)、無印は西澤美子

参考文献:「大竹伸朗展」図録 (2022年 日本テレビ放送網、東京国立近代美術館)
参考映像:①「21世紀のBUG男 画家・大竹伸朗」(2022年6月10日 NHK BSプレミアム)、➁「わたしの芸術劇場 東京国立近代美術館 大竹伸朗展 前編」(2022年12月9日TOKYO MX1)、③「大竹伸朗展 東京国立近代美術館 #001、#002」(2022年 YouTube)

2022年11月1日(火)~2023年2月5日(日) 東京国立近代美術館(東京都・千代田区)
美術館HP:https://www.momat.go.jp

【巡回予定】
2023年5月3日(水)~7月2日(日) 愛媛県美術館(愛媛県・松山市)
2023年8月5日(土)~9月18日(月) 富山県美術館(富山県・富山市)

※『大竹伸朗 全景 1955-2006』展(2006年 東京都現代美術館)
約2000点の展示作品全てを収録した図録→「ひろばショップ」にて販売中です!