詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

フィン・ユールとデンマークの椅子

開催中〜2022/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

特別展アリス —へんてこりん、へんてこりんな世界ー

開催中〜2022/10/10

森アーツセンターギャラリー( 六本木ヒルズ森タワー 52F)

東京都・港区

名作展「涼風を語る 龍子の描いた風景画を中心に」

開催中〜2022/10/10

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

特別展「化石ハンター展 〜ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣〜」

開催中〜2022/10/10

国立科学博物館

東京都・台東区

アールヌーヴォーからアールデコに咲いたデザイン  オールドノリタケ×若林コレクション

開催中〜2022/10/16

そごう美術館

神奈川県・横浜市

企画展  蔵出し蒔絵コレクション

開催中〜2022/10/16

根津美術館

東京都・港区

MOTアニュアル2022 私の正しさは誰かの悲しみあるいは憎しみ

開催中〜2022/10/16

東京都現代美術館

東京都・江東区

MOTコレクション コレクションを巻き戻す 2nd

開催中〜2022/10/16

東京都現代美術館

東京都・江東区

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展Ⅲ 古美術逍遙 ―東洋へのまなざし

開催中〜2022/10/23

泉屋博古館東京

東京都・港区

新版画 進化系UKIYO-Eの美

開催中〜2022/11/03

千葉市美術館

千葉県・千葉市

地球がまわる音を聴く:パンデミック以降のウェルビーイング

開催中〜2022/11/06

森美術館

東京都・港区

特集展示「初公開の収蔵品から」

開催中〜2022/11/06

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

生誕 120 年 猪熊弦一郎展

開催中〜2022/11/06

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

長坂真護展 Still A “BLACK” STAR  supported by なんぼや

開催中〜2022/11/06

上野の森美術館

東京都・台東区

大蒔絵展 —漆と金の千年物語

開催中〜2022/11/13

三井記念美術館

東京都・中央区

理想の書物 —英国19世紀挿絵本からプライヴェート・プレスの世界へ—

開催中〜2022/11/13

群馬県立近代美術館

群馬県・高崎市

美をつくし―大阪市立美術館コレクション

開催中〜2022/11/13

サントリー美術館

東京都・港区

宮城壮太郎展――使えるもの、美しいもの

開催中〜2022/11/13

世田谷美術館

東京都・世田谷区

第74回 正倉院展

2022/10/29〜2022/11/14

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

学年誌100年と玉井力三—描かれた昭和の子ども―

開催中〜2022/11/15

千代田区立日比谷図書文化館

東京都・千代田区

誕生50周年記念 ベルサイユのばら展ーベルばらは永遠にー

開催中〜2022/11/20

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)

東京都・港区

ヤマザキマリの世界

2022/10/25〜2022/11/26

東京造形大学附属美術館

東京都・八王子市

江森天寿と石川梅子 夭折の画家と県内初の女流画家

2022/10/08〜2022/11/27

遠山記念館

埼玉県・川島町

開館25周年記念展 Ⅲ 再興院展の立役者 齋藤隆三

2022/10/08〜2022/11/27

茨城県天心記念五浦美術館

茨城県・北茨城市

企画展「市制90周年記念 私たちの絵 時代の自画像展」

開催中〜2022/11/27

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

旅と想像/創造 いつかあなたの旅になる

開催中〜2022/11/27

東京都庭園美術館

東京都・港区

北斎ブックワールド ―知られざる板本の世界―

開催中〜2022/11/27

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー

開催中〜2022/11/27

角川武蔵野ミュージアム

埼玉県・所沢市

2022年秋の特別展「ヒンドゥーの神々の物語」

開催中〜2022/11/27

古代オリエント博物館

東京都・豊島区

特別展  将軍家の襖絵

2022/11/03〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

2022/10/08〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

ポンペイ

2022/10/12〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

2022/10/06〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

アーツ・アンド・クラフツとデザイン ウィリアム・モリスからフランク・ロイド・ライトまで

開催中〜2022/12/04

府中市美術館

東京都・府中市

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

2022/10/25〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

2022/10/08〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

2022/10/04〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

2022/11/03〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子展(タイトル未定)

2022/10/08〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

静嘉堂創設130周年・新美術館開館記念 響きあう名宝 ―曜変・琳派のかがやき―

開催中〜2022/12/18

静嘉堂文庫美術館

東京都・千代田区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

2022/10/08〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

2022/10/18〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

2022/10/22〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

鉄道と美術の150年

2022/10/08〜2023/01/09

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

2022/11/05〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

2022/11/15〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

2022/10/08〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

2022/10/08〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

2022/10/08〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

2022/10/14〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

2022/11/18〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

2022/11/12〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展(仮題)

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

特別展「動画クリエイター展」

2022/10/08〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

Exhibitions

多彩に広がる「堀内誠一 絵の世界」

  • 神奈川近代文学館 (神奈川県・横浜市)

 横浜・山手 港の見える丘公園内の「神奈川近代文学館」でアートディレクターや絵本作家として活躍した堀内誠一(1932-1987)の展覧会が開かれている。絵本の原画をはじめ、絵画、手掛けた仕事、友人たちへの手紙などが展示され、絵と共にあった堀内の人生を見つめる。

さまざまな分野での大きな功績

 展示は現代美術会展で受賞した《青いサーカス一家》、《青い女性像》や自画像などの油彩画から始まる。10代の時に描いたそれらの作品は見事だ。アートディレクターとして大きな功績を残した堀内誠一だが、描いた絵画はまた素晴らしいのである。

 1947年、14歳で伊勢丹百貨店企画部に入社しウィンドウディスプレイなどを手掛けたという驚きの経歴を経て、時代をリードするアートディレクター、デザイナーとして幅広く活躍した堀内。雑誌づくりでも才能を発揮し、女性誌「anan」は創刊号から49号までアートディレクターを務め、人気雑誌の礎を築いた。ananをはじめ、今も堀内デザインのタイトルロゴを使い続けている雑誌も多い。

堀内の仕事と愛蔵品がぎっしりつまった展示ケース
堀内の仕事と愛蔵品がぎっしりつまった展示ケース
中央に見えるのが新雑誌のための企画・目次案
中央に見えるのが新雑誌のための企画・目次案

 自身がすぐれた表現者でありながら、アートディレクターの資質で他者の才能を見抜き采配する才にも長けていた。自身に提案された絵本の仕事に、まだ絵本を描いたことのなかった長新太を推薦。その完成原稿を見て、「感動で息が詰まった」と述懐する。自身も初めての絵本づくりに試行錯誤の最中でのこの一連の流れを考えると堀内の器の大きさがうかがえる。他者の才能や作品を讃える気持ちが自著には溢れ、温かい人柄が伝わってくる。

なによりも大切にした絵本づくり

 「絵本作家の道こそ運命が決めた本命」と語った絵本づくりに初めて取り組んだのは25歳の時だった。その後、60冊以上の絵本、40冊におよぶ挿絵本を生み出し、42歳の時に絵本づくりに集中したいとパリに移住する。本展で多くの絵本の原画に出合う。

 堀内にとって絵本づくりは「新大陸のように広い創造の領域を見出す喜び」だった。絵本というものに強い思いを抱いていた堀内は、作家や作品への敬意を持って物語の本質をつかみ、水彩・油彩絵具、ペン、色鉛筆、リトグラフなどさまざまな画材や技法を使い、全く異なる画風でそれぞれの物語を描き上げている。絵本をひとつひとつ読んでいくとそれが本当に楽しい。

絵本「でてきておひさま」原画
絵本「でてきておひさま」原画

 マザーグースやグリム童話などで描かれるフランス人形のような少女は本当に愛らしく、画全体にもその時代、その国の空気が流れていて、その魅力に惚れ惚れする。原画でその筆致や質感などを味わう。「くるみわりにんぎょう」の原画は木を彩る実の点描描写に見入ってしまう。
  
 他にも絵本に関する堀内の言葉は心を揺さぶる。編集者への手紙には原画を描き直す理由の一つとして「絵画的技法(特に細部)を誇示したようないやらしさを消す」ためと挙げる。また、「かがくのとも」の付録*には「ぼくは、子どもの本、とくに絵本は、その時代の文化、文明の粋が集まっていなくてはいけないと思うんだ。つまり、その時点の最高のものが表現されていなくてはいけない」(「絵本作家のアトリエ2」より)とあり、絵本に対していかに強く深い思いを持っていたかが伝わってくる。

 後年、旅先で描いた風景画は堀内の心持ちを表したような明るさで楽しい。また、絵が添えられた色彩豊かな地図やイラストは心を湧き立たせる。文学館である同館の展示では、詩人の谷川俊太郎や児童文学者の石井桃子への手紙も展示されているが、それらの手紙にも素敵な絵が添えられ、堀内にとって絵は思いや情景を伝えるのに自然にあふれ出てくるものだったのだと感じる。

 仕事で絵を描くことの多かった堀内がプライベートで描いた風景画で展示は締めくくる。その絵は穏やかで自然体という気がする。いつでもどんな時でも描くことと共にあった。

《パリの風景》(1978年)
《パリの風景》(1978年)

 数々の絵画や仕事に触れ、あふれ出てくる堀内の才能に圧倒される。そして絵本への強い思い。それほどの思いを持って作られた絵本が多数あることに感謝し、大切にしたいと胸に刻む。
  
  
・記載のないコメントは「ぼくの絵本美術館」及び図録より
*(93号折り込みふろく「ちょっとお邪魔します 堀内誠一氏(その3)」)
  
(文中敬称略)
執筆・写真撮影:堀内まりえ
  
  
(参考文献)
・本展公式図録「堀内誠一 絵の世界」 林綾野 平凡社 2022年
・「ぼくの絵本美術館」 堀内誠一 マガジンハウス 1998年
・「絵本作家のアトリエ2」福音館書店 母の友編集部 福音館書店 2013年
・「父の時代私の時代 わがエディトリアル・デザイン史」堀内誠一 マガジンハウス 2007年

企画展「堀内誠一 絵の世界」
  
【会期・会場】
2022年7月30日(土)~2022年9月25日(日) 神奈川近代文学館(神奈川県横浜市)
展覧会HP:https://www.kanabun.or.jp/
*来場にあたっての注意事項等については、公式ウェブサイトをご確認ください。
  
【今後の巡回予定】
2023年7月-8月ひろしま美術館など
*会期・会場は変更になる可能性あり。