詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

松岡コレクション めぐりあうものたち Vol.3

開催中〜2023/02/05

松岡美術館

東京都・港区

戦後日本版画の展開-照沼コレクションを中心に

開催中〜2023/02/05

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

江戸絵画の華 〈第1部〉若冲と江戸絵画

開催中〜2023/02/12

出光美術館

東京都・千代田区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

開催中〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

開催中〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

開催中〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

開催中〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

『YUMING MUSEUM』(ユーミン・ミュージアム)

開催中〜2023/02/26

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)

東京都・港区

没後200年 亜欧堂田善展

開催中〜2023/02/26

千葉市美術館

千葉県・千葉市

フジヤマミュージアム 冬の収蔵作品展

開催中〜2023/02/26

フジヤマミュージアム

山梨県・富士吉田市

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

開催中〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

多層世界とリアリティのよりどころ

開催中〜2023/03/05

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

東京都・新宿区

FACE展2023

2023/02/18〜2023/03/12

SOMPO美術館

東京都・新宿区

日本の切り絵 7人のミューズ

2023/02/04〜2023/03/19

そごう美術館

神奈川県・横浜市

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

広重おじさん図譜

2023/02/03〜2023/03/26

太田記念美術館

東京都・渋谷区

江戸絵画の華 〈第2部〉京都画壇と江戸琳派

2023/02/21〜2023/03/26

出光美術館

東京都・千代田区

VOCA展2023

2023/03/16〜2023/03/30

上野の森美術館

東京都・台東区

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

開催中〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

トンコハウス・堤大介の「ONI展」

開催中〜2023/04/02

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

キャラクターデザインの先駆者 土方重巳の世界

2023/02/11〜2023/04/09

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

アートのための場所づくり 1970年代から90年代の群馬におけるアートスペース

開催中〜2023/04/09

群馬県立近代美術館

群馬県・高崎市

レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才

開催中〜2023/04/09

東京都美術館

東京都・台東区

わたしたちは生きている! セタビの森の動物たち

2023/02/18〜2023/04/09

世田谷美術館

東京都・世田谷区

ヒグチユウコ展 CIRCUS FINAL END

2023/02/03〜2023/04/10

森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52F)

東京都・港区

本と絵画の800年 吉野石膏所蔵の貴重書と絵画コレクション

2023/02/26〜2023/04/16

練馬区立美術館

東京都・練馬区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

企画展「北斎バードパーク」

2023/03/14〜2023/05/21

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

開催中〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

櫻田精一展 ~気韻生動 刻の流れをみつめて~

開催中〜2023/05/28

森の美術館

千葉県・流山市

NACT View 02 築地のはら ねずみっけ

開催中〜2023/05/29

国立新美術館

東京都・港区

美しい人びと 松園からローランサンまで

2023/02/21〜2023/06/04

松岡美術館

東京都・港区

へザウィック・スタジオ展:共感する建築

2023/03/17〜2023/06/04

森美術館

東京都・港区

憧憬の地 ブルターニュ  ―モネ、ゴーガン、黒田清輝らが見た異郷

2023/03/18〜2023/06/11

国立西洋美術館

東京都・台東区

ブルターニュの光と風 ー画家たちを魅了したフランス<辺境の地>

2023/03/25〜2023/06/11

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ジョルジュ・ルオー ー かたち、色、ハーモニー ー(開館20周年記念展)

2023/04/08〜2023/06/25

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

部屋のみる夢 ボナールからティルマンス、現代の作家まで

開催中〜2023/07/02

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

青空は、太陽の反対側にある:原美術館/原六郎コレクション 第1期(春夏季)

2023/03/24〜2023/09/03

原美術館ARC

群馬県・渋川市

Exhibitions

多彩に広がる「堀内誠一 絵の世界」

  • 神奈川近代文学館 (神奈川県・横浜市)

 横浜・山手 港の見える丘公園内の「神奈川近代文学館」でアートディレクターや絵本作家として活躍した堀内誠一(1932-1987)の展覧会が開かれている。絵本の原画をはじめ、絵画、手掛けた仕事、友人たちへの手紙などが展示され、絵と共にあった堀内の人生を見つめる。

さまざまな分野での大きな功績

 展示は現代美術会展で受賞した《青いサーカス一家》、《青い女性像》や自画像などの油彩画から始まる。10代の時に描いたそれらの作品は見事だ。アートディレクターとして大きな功績を残した堀内誠一だが、描いた絵画はまた素晴らしいのである。

 1947年、14歳で伊勢丹百貨店企画部に入社しウィンドウディスプレイなどを手掛けたという驚きの経歴を経て、時代をリードするアートディレクター、デザイナーとして幅広く活躍した堀内。雑誌づくりでも才能を発揮し、女性誌「anan」は創刊号から49号までアートディレクターを務め、人気雑誌の礎を築いた。ananをはじめ、今も堀内デザインのタイトルロゴを使い続けている雑誌も多い。

堀内の仕事と愛蔵品がぎっしりつまった展示ケース
堀内の仕事と愛蔵品がぎっしりつまった展示ケース
中央に見えるのが新雑誌のための企画・目次案
中央に見えるのが新雑誌のための企画・目次案

 自身がすぐれた表現者でありながら、アートディレクターの資質で他者の才能を見抜き采配する才にも長けていた。自身に提案された絵本の仕事に、まだ絵本を描いたことのなかった長新太を推薦。その完成原稿を見て、「感動で息が詰まった」と述懐する。自身も初めての絵本づくりに試行錯誤の最中でのこの一連の流れを考えると堀内の器の大きさがうかがえる。他者の才能や作品を讃える気持ちが自著には溢れ、温かい人柄が伝わってくる。

なによりも大切にした絵本づくり

 「絵本作家の道こそ運命が決めた本命」と語った絵本づくりに初めて取り組んだのは25歳の時だった。その後、60冊以上の絵本、40冊におよぶ挿絵本を生み出し、42歳の時に絵本づくりに集中したいとパリに移住する。本展で多くの絵本の原画に出合う。

 堀内にとって絵本づくりは「新大陸のように広い創造の領域を見出す喜び」だった。絵本というものに強い思いを抱いていた堀内は、作家や作品への敬意を持って物語の本質をつかみ、水彩・油彩絵具、ペン、色鉛筆、リトグラフなどさまざまな画材や技法を使い、全く異なる画風でそれぞれの物語を描き上げている。絵本をひとつひとつ読んでいくとそれが本当に楽しい。

絵本「でてきておひさま」原画
絵本「でてきておひさま」原画

 マザーグースやグリム童話などで描かれるフランス人形のような少女は本当に愛らしく、画全体にもその時代、その国の空気が流れていて、その魅力に惚れ惚れする。原画でその筆致や質感などを味わう。「くるみわりにんぎょう」の原画は木を彩る実の点描描写に見入ってしまう。
  
 他にも絵本に関する堀内の言葉は心を揺さぶる。編集者への手紙には原画を描き直す理由の一つとして「絵画的技法(特に細部)を誇示したようないやらしさを消す」ためと挙げる。また、「かがくのとも」の付録*には「ぼくは、子どもの本、とくに絵本は、その時代の文化、文明の粋が集まっていなくてはいけないと思うんだ。つまり、その時点の最高のものが表現されていなくてはいけない」(「絵本作家のアトリエ2」より)とあり、絵本に対していかに強く深い思いを持っていたかが伝わってくる。

 後年、旅先で描いた風景画は堀内の心持ちを表したような明るさで楽しい。また、絵が添えられた色彩豊かな地図やイラストは心を湧き立たせる。文学館である同館の展示では、詩人の谷川俊太郎や児童文学者の石井桃子への手紙も展示されているが、それらの手紙にも素敵な絵が添えられ、堀内にとって絵は思いや情景を伝えるのに自然にあふれ出てくるものだったのだと感じる。

 仕事で絵を描くことの多かった堀内がプライベートで描いた風景画で展示は締めくくる。その絵は穏やかで自然体という気がする。いつでもどんな時でも描くことと共にあった。

《パリの風景》(1978年)
《パリの風景》(1978年)

 数々の絵画や仕事に触れ、あふれ出てくる堀内の才能に圧倒される。そして絵本への強い思い。それほどの思いを持って作られた絵本が多数あることに感謝し、大切にしたいと胸に刻む。
  
  
・記載のないコメントは「ぼくの絵本美術館」及び図録より
*(93号折り込みふろく「ちょっとお邪魔します 堀内誠一氏(その3)」)
  
(文中敬称略)
執筆・写真撮影:堀内まりえ
  
  
(参考文献)
・本展公式図録「堀内誠一 絵の世界」 林綾野 平凡社 2022年
・「ぼくの絵本美術館」 堀内誠一 マガジンハウス 1998年
・「絵本作家のアトリエ2」福音館書店 母の友編集部 福音館書店 2013年
・「父の時代私の時代 わがエディトリアル・デザイン史」堀内誠一 マガジンハウス 2007年

企画展「堀内誠一 絵の世界」
  
【会期・会場】
2022年7月30日(土)~2022年9月25日(日) 神奈川近代文学館(神奈川県横浜市)
展覧会HP:https://www.kanabun.or.jp/
*来場にあたっての注意事項等については、公式ウェブサイトをご確認ください。
  
【今後の巡回予定】
2023年7月-8月ひろしま美術館など
*会期・会場は変更になる可能性あり。