詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

声ノマ 全身詩人、吉増剛造展

  耳を澄まし、目を凝らし、吉増剛造の破格の詩の世界に浸る。
  不思議な吸引力をもつ展覧会。

  ■多様な表現形式すべてが詩である。
  東京国立近代美術館で開催中の「声ノマ 全身詩人、吉増剛造展」は、日本を代表する現役の詩人 吉増剛造(よしますごうぞう)(1939~)を紹介する展覧会である。
  本展には意表を突かれることが幾つもあった。まず、美術館での詩人の展覧会という企画だ。一体どのような展覧会なのだろうと思いながら会場にはいると、内部がいつもの東京国立近代美術館とは異なる様相に変貌している。暗黒が広がり、揺らぐ黒の遮幕で覆われたゾーンを、幕に透けて少し見える隣の様子も意識しながら歩む。深海を泳ぐように、太古の洞窟の壁をつたうように、耳を澄まし、目を凝らして進む。そうするうちに天井や壁から声が降ってくる。声の主は吉増さん。やわらかい声が語りかけてくる。通常の美術展は視覚を重視するが、本展は「声の存在」を強く認識させる。ふっと新しい世界が開ける思い。そして写真、映像などの作品を経て、数百葉に及ぶ〈怪物君〉の形容しがたい迫力の作品群に出合う。これら多様な表現形式のすべてが、吉増の詩の世界なのである。
  ■本展の趣旨と展覧会構成  
  吉増剛造は、しばしば漢字をカタカナに置き換えることで、言葉が本来もっていた声や音を回復させる。また、自身のメモとして自分の声を録音することや、詩作の朗読パフォーマンスもよく知られる。本展は、吉増を「耳を研ぎ澄ます詩人」ととらえ、吉増と「声」との様々な関わりを提示する中で、その詩作の全体像をとらえる。展覧会タイトルの「声ノマ」は、吉増が「声の真」を求め「声の間」を研究する「声の魔」であることなどの意。本展の企画構成は、東京国立近代美術館主任研究員の保坂健二朗氏によるものだ。
  展覧会構成は、以下の9つのゾーンから成る。
  1日誌・覚書/2写真/3銅板/4〈声ノート〉等/5自筆原稿/6〈gozoCiné〉/7怪物君/8(飴屋法水による〈怪物君〉をモチーフにした空間)/9コラボレーション
  その一部を紹介したい。
  ■写真/銅板/〈声ノート〉等
  ●多重露光による写真 やわらかな光が回る夢現のような静かで美しい写真作品が並ぶ。例えば、青空を背景に上部に円をぐるぐると描く鉄条網が伸び、その下に黄色い車体のバスが走り、二つの日付が読み取れる。作品名は、〈Arizona, School Busニ眼は、そこに、眼ノ光ノ傷口ヲ、……〉より。(制作年不詳)(※以下、特に記述のない作品は、すべて作者は吉増剛造。作家蔵)。縦長の画面いっぱいに、咲き誇る木蓮と地面に散った花びらが広がり、白く光る四角の形態が重なる作品は、〈どうしてこんなにも白木蓮が散り敷く光に心をうばわれるのでしょうか、……〉(制作年不詳)。いずれも多重露光の手法がとられ、重なった写真にさらに作品名の言葉の力が重なり、静寂が深まるようだ。
  ●銅板への打刻 赤銅色の薄い板や長くのばされた長尺の巻物が床に置かれ、照明で表面が輝いている。近づくと、日本語、英語、ハングルの文字などが彫られている。これは彫刻家 若林奮(わかばやしいさむ)(1936~2003)から送られた銅板に、吉増が自分や他の詩人の言葉を打刻した作品。使った道具は、やはり若林からの贈り物の鏨(たがね)とハンマーだ。二人の協働作業による作品といえる。前に立つと、言葉に生命を宿していくように吉増が制作する情景がその音とともに想像できる。会場でカチカチと音が鳴っている。
  ●自分の声を録音した〈声ノート〉等 長方形のスペースに斜めに一本の線が通っただけのシンプルな空間の、その線上にカセットテープがのる。約1000本という。吉増がメモとして自分の声を録音した〈声ノート〉だ。恐山のイタコらの声を録音したもの等も加わる。それを見て回るうちに、天井から吊られた10本ほどの細いスピーカーから、吉増のさまざまな声が降ってくることに気付く。まさに声の展示だ。あれこれ語るその声の不思議な吸引力。彼は「…こうした『荒地』のような作品を、もっと深くて豊かな作品を残すこと、同時代人に残すこと、それが、最終目標だね。…」などと〈声ノート〉で述べている。
  ■驚くべき〈怪物君〉 
  〈怪物君〉は本展の中心といえる膨大な作品群。2011年の東日本大震災の1年後に開始され、亡くなった人たちに捧げるものという。これは2種類に大別され、ひとつは白色の巻物のような体裁で、吉増剛造自身の詩作を赤、青、黒色の小さな文字でしたためたもの。切貼りが重ねられ、詩は囁いているようにも感じられる。作品が展示されている壁に近づくと、吉増による劇的な朗読が実際に聴こえてくる。もうひとつは、色鮮やかな四角い形状の作品が数百枚も並び、渦巻くエネルギーを放つ。こちらは、吉増が原稿に切り込みを入れるように罫線を引き、彼が尊敬する吉本隆明の『日時計篇』等の著作を書き写し、それに多彩な色彩の水彩を施したドローイングのような作品だ。書き写しの方法は、吉本の元の文章の漢字と平仮名はカタカナに、カタカナは平仮名にという「翻訳」がなされている。そこに「なんとも魔的な、陶酔的な感覚」が起きるという(参考文献2の283頁より)。〈怪物君〉の制作プロセスも映像で紹介されている。
  ■コラボレーションによるパフォーマンス
会期中、吉増剛造との関係者との対談やコラボレーションによるパフォーマンスなどの催しも数多く行われ、盛況である。筆者は、6月18日の吉増とバンドの空間現代とのパフォーマンスを観た。演出家の飴屋法水が創った展覧会出口のスペースに、あらかじめ吉増が座り、観客がかなり接近して円形に取り囲む。そこに空間現代のメンバーが登場し、リードギター、ベース、ドラムの3人が吉増を守るように三角形に立ち、いよいよ演奏が始まる。強烈なリズムが爆発するようだ。その中で吉増は、先述の若林奮から贈られたハンマーを手にし、詩集を叩きながら、詩を朗読、いや、うなるようにヴォーカルを行う。両者が重なり、激しい震動のようなものが巻き起こり、そこに集った皆で、重い何かを共有した感触をもった。
  ■吉増剛造について
  吉増剛造は東京に生まれ、慶應大学文学部国文科卒業後、25歳で初の詩集を出版以降、50年以上にわたり詩作を行ってきた。2013年に文化功労者、2015年に日本藝術院賞・恩賜賞を受賞。代表的詩集に『黄金詩篇』(高見順賞)、『熱風a thousand steps』(藤村記念歴程賞)、『オシリス、石ノ神』(現代詩花椿賞)、『「雪の島」あるいは「エミリーの幽霊」』(芸術選奨文部大臣賞)、『表紙omote-gami』(毎日芸術賞)、『怪物君』など。吉増は詩作を朗読パフォーマンス、写真、映像、銅板制作などに拡張させ、多彩に展開。
  ■「やわらかい魂が宿るもの」/詩の重要性を問う
  本展開幕前日の内見会で、吉増剛造氏は「京都で見た空海の書に、実に生き生きした空気を感じたことがある。呼吸が伝わってくる。この『手控え性』の中にやわらかい魂が宿っている。まずはこういうことを回復しなければと思う」「発声は脳の中に突っ込んでいくこと。詩の劇化の進行形の状態を、空海の書がもつ手控え性ととらえる」などと話された。また、企画構成を行った保坂健二朗氏は「なぜ美術館で詩人の展覧会をするのかと疑問に思うかもしれないが、造形美術の根源に詩(ポエジー)があること、ダダなど近代美術においても詩の重要性が大きかったことを鑑み、本展であらためて詩が現代においても重要であることを示したかった」と語った。
  本展では吉増剛造の詩作の在り様とエネルギーに圧倒された。筆者にとって吉増の詩は難解という印象だったが、いまは声を出して読んでみたりもしている。この展覧会は、優れた手法で、観る者を吉増の創り出す破格の詩の世界に近づけてくれる。詩というものの固定概念を揺るがし、不思議な豊穣感をもたらしてくれる。そして、我々に、先へ行く際の手がかりを示唆しているようだ。
  本展で是非、吉増剛造の詩に親しんでほしい。なお展覧会図録は、吉増の〈声ノート〉を収録したCD2枚付きの充実した内容で、A5判の持ちやすいサイズ。装幀・デザインは服部一成と佐藤豊氏によるものだ。宜しければ、こちらもお薦めしたい。

【参考文献】
1)保坂健二朗・左右社 編集:『声ノマ 全身詩人、吉増剛造展』(展覧会図録)、東京国立近代美術館 発行、2016年。
2)吉増剛造:『我が詩的自伝 素手で焔をつかみとれ!』(講談社現代新書)、講談社、2016年。
3)吉増剛造:『吉増剛造詩集』(ハルキ文庫)、角川春樹事務所、1999年。
4)吉増剛造:『熱風 a thousand steps』、中央公論社、1979年。

執筆:細川 いづみ (HOSOKAWA Fonte Idumi) 
(2016年7月)

※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。
20160713-001
写真1 会場風景。
吉増剛造〈怪物君〉、2012~2016年、作家蔵。
©Gozo Yoshimasu(撮影:I.HOSOKAWA)
20160713-002
写真2 会場風景。
吉増剛造。若林奮との協働作業。
≪長尺銅板≫、1999~2000年,2001年、2001~2003年、作家蔵。
©Gozo Yoshimasu(撮影:I.HOSOKAWA)

【展覧会欧文表記】 
 The Voice Between: The Art and Poetry of Yoshimasu Gozo
【会期・会場】
 2016年6月7日~8月7日  東京国立近代美術館
<電話> 03-5777-8600(ハローダイヤル)
<展覧会詳細> http://www.momat.go.jp/am/exhibition/yoshimasu-gozo/

※本文・図版とも無断引用・無断転載を禁じます。

2016年7月16日