詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

増山たづ子 すべて写真になる日まで

消えてしまう故郷を撮る。
好評の写真展、7月末まで会期延長。

   美術館での写真展とすれば、かなり珍しい風景だ。日付入りのサービスサイズ紙焼き写真が並んでいる。しかしながら、作品一点一点を作者の短いコメントとともにたどるうち、他の写真展では味わったことのないような感銘を受けた。清らかな明るさをもつ写真群から放たれるメッセージが、静かに強く響く。
   村の運動会の写真がいくつかある。森に囲まれた運動場に「徳山村民体育会」と書かれた手づくりの門。たくさんの万国旗がはためく。普段の服装に鉢巻を締めスタートラインに並んだ村の女性たちが、合図とともにいっせいに走り出す。実はこれらは、増山たづ子さんが初めて撮った写真である。
   増山たづ子(1917~2006)は、岐阜県徳山村に生まれ育った。徳山村は、岐阜県の北西の端、福井県との県境で滋賀県とも近い山奥にあり、揖斐川の上流に位置する。豪雪地帯で厳しい自然環境だが、四季折々に自然はその美しい表情を見せる。8つの集落の約500戸、1500人からなる徳山村では、互いに助け合いながら、みなで季節ごとの行事を楽しみながら暮らしてきた。たづ子さんは結婚して二人の子をもつ。同村出身の夫は第二次世界大戦でのビルマ・インパール作戦に動員され行方不明となり、彼女は戦後、農業のかたわら民宿を営み子どもを育ててきた。
   1957年頃、この村にダム計画がもちあがる。それが本格化するのが1977年。日本一大きなダムができて徳山村はダムの底に沈むという。このとき、大正6年生まれのたづ子さんは60歳だった。何をしたか? 彼女はカメラを初めて購入し、その愛機ピッカリコニカで大切な自分の故郷を撮影し始めたのだ。当初はフィルムの入れ方も知らなかった。猛然と徳山村を歩き回って撮影してゆく。その最初が村の運動会だった。
   写真には村のさまざまな情景がおさめられている。山の分校の写真がある。窓から子どもたちが手を振る。緑の屋根・白の窓枠の木造校舎をバックに、雪道で先生と生徒、職員の人たちも集まっての記念撮影。夏に川で水遊びをする子どもたちの写真もある。先生の手につかまって、こわごわ川を歩く小さい子。思いきりはしゃぐ子。「カメラばあちゃん」に気が付いた子はポーズをとってくれた。山間の緑の田んぼで一生懸命に田植えをする女性たちの写真もいい。一人が立ち上がってこちらを振り向いて少し苦笑い。「一枚写させと言ったら、『こんがいとこーな、まっと美しいベェ(着物)を着たところが良いのに』と言った。とわ子さんは徳山美人。」との撮影者のコメントが付く。また、川岸に立つ楢の老木「友だちの木」も印象深い。たづ子さんがいつも話し相手にしていた大樹である。
   「これで、ミナシマイ(最後)」と思いながら、涙で曇る目でシャッターを切り、徳山村をすみずみまで撮影していったという。村の人たちを一人残らずカメラにおさめていったそうだ。その写真に共通して見えるのは、たづ子さんの故郷への愛情と、彼女と村の人々との強い信頼関係だ。
   ダム問題では村内で意見の対立も起こった。そしていよいよトラクターが入ってきて、村は取り壊されていく。この「徳山村のお葬式」をたづ子さんは1985年に離村したあとも、1987年の廃村後も撮り続ける。その後2000年に徳山ダムは本体工事をスタート。2006年9月に旧徳山村は水没し、2008年にダムが完成した。
   たづ子さんは、故郷が水没する半年前の2006年3月に88歳の生涯を閉じた。徳山村を撮影した約10万カットのネガフィルムと600冊のアルバムを残し、同時に日常の会話、民謡、行事の様子、鳥や動物の声などの村の音を50本のテープに録音していた。
   消えてしまう故郷を記録するために、増山たづ子さんは必死で写真を撮った。もう徳山村は存在しない。残された写真は、在りし日の徳山村を再現し、故郷を失う人々の苦悩を伝え、国策と人々の幸福のはざまをどう考えるかという問題を提示する。本展では写真というものの原点に触れたように思った。会場では、写真に加えて、押し花も展示され、録音された村の音も聴くことができる。
   なお、会場のIZU PHOTO MUSEUMは、静岡県のクレマチスの丘にあり、現代美術家の杉本博司氏が内装と坪庭を設計した写真美術館。三島駅からバスだと25分ほど。広大なクレマチスの丘には、庭園と4つの美術館・文学館があり、一日ゆっくり楽しめる。
   本写真展は好評のため、当初3月2日までの会期が7月26日まで延期された。
   多くの方々に是非ご覧いただきたい。
執筆:HOSOKAWA Fonte Idumi 
(2014年6月)
2014_06_05

IZU PHOTO MUSEUMの会場入り口手前。(©I.HOSOKAWA)

================================
【展覧会英文タイトル】Tazuko Masuyama: Until Everything Becomes a Photograph
【会期】2013年10月6日~2014年7月27日 
【会場】IZU PHOTO MUSEUM
          (静岡県長泉町東野クレマチスの丘(スルガ平)347-1)
【電話】055-989-8780
【詳細】http://www.izuphoto-museum.jp/
=================================
※本文・写真図版とも無断引用を禁じます。

2014年6月9日