詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

国立西洋美術館「ユベール・ロベール;時間の庭」展

なかなか見ごたえのある企画展だった。1998年国立西洋美術館リニューアルオープン特別展「クロード・ロラン展」から始まり、2005年企画展
「ジョルジュ・ラトゥール;光と闇の世界」展、2008年企画展「ウィルヘルム・ハンマースホイ;静かなる詩情」展、2012年「ユベール・ロベール;時間の庭」展、
ほとんど日本では知られていない画家たちを静寂、渋い空間の中で紹介して、静かなブームとなり、その芸術的話題性も評価されている。
今回の「ユベール・ロベール展」も例外でなく、ほとんどの人がー少々な美術愛好家でも知らないー”誰・・?知ってる・・?ふ〜ん?”って
の部類の画家だったのではないだろうか・・・?!!
「廃墟のロベール、建築のロベール、そして庭園のロベール」という綽名に値する画家であることをあらためて認識する出会いであった。
ローマの廃墟やモニュメント、イタリアへの憧憬は多くの素描を残し、ローマで過ごした11年間で素晴らしいイタリアの巨匠たちに出会い、
ロベールの芸術性がこの時期に磨かれたことは間違いない。一人は廃墟の画家、建築画家、ローマ祝典画家のパニーニ(1691-1765)、
もう一人は建築家、考古学者、ローマの廃墟の幻視者的な版画家ピラネージ(1720-1778)である。
ロベールはこの時期にスケッチや下絵を描きため、フランスへ帰国してそれらを再創造し、新しい作品として生み出していく。
自然に対する「感情」、庭園に対する新たな「熱狂」と「自然の具象」もイタリアを歩き廻って素描した古代の建築、ローマ郊外の自然などなどに
育まれて備わった感性なのであろう。
また、木立や並木道、あるいは古代神殿や鄙びた木橋、田舎の教会の中庭、凱旋橋の中に描かれている風俗的場面の描写はなんとも
現実そのものを装う虚構かつ幻想の「風景」のであるように思える。
必ず、浮浪者、犬、家畜、洗濯女、羊飼い等々を場面に登場させ、断片化し、寄せ集め、現実と虚構、過去、現在そして想像上の未来を混ぜ合わせて
空想の風景を創造したのではあるまいか!!?
ディドロのいう「廃墟の詩学」は、時間性の特殊な関数としての美意識と言うものを問題にしていて、廃墟画は時間の凝視を可能にする。
「廃墟は、朝方よりも黄昏時のほうがいっそう美しい。朝は、世界の舞台が騒々しくなろうとするときであるのに、夜は、それが静謐になろうとするときだからである。」
時間の中にその存在を持ちこたえている廃墟の姿を鮮明に浮かび上がらせながら、その付加避的な滅びを暗示している。
なかなか面白い見ごたえのある企画展でした。
余談ですが、1801年にロベールはルーブル美術館館長に任命されている。
是非、ご期待あれ!!!

ヘドデル・キドリンスキー

参考図書;「廃墟の美学」;谷川 渥著(集英社新書)

ただ今、国立西洋美術館にて開かれている「ユベール・ロベールー時間の庭ー」展を理解するための格好の洋書2冊が届きました。


① Futures and Ruins; Eighteenth−Century Parie and The Art of Hubert Robert 8,000円(税込)


② Drawn to Art    ; French Artlets and Art Lovers in 18th−Century Rome   5,355円(税込)

ご購入は 国立西洋美術館ミュージアムショップ
tel 03−5685−2122

オフィスアイ・イケガミ
tel 03−3262−0301
メールフォーム

2012年3月14日