詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

“オモシロイフク”大図鑑

開催中〜2024/06/22

文化学園服飾博物館

東京都・渋谷区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

開催中〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

開催中〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

シンフォニー・オブ・アート — イメージと素材の饗宴

開催中〜2024/06/23

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

驚異の細密表現展 ―江戸・明治の工芸から現代アートまで―

開催中〜2024/06/23

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

没後70年 戦争を越えて―写真家ロバート・キャパ、愛と共感の眼差し―

開催中〜2024/06/23

東京富士美術館

東京都・八王子市

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

開催中〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

開催中〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

創刊50周年記念 花とゆめ展

開催中〜2024/06/30

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52 階)

東京都・港区

KAGAYA 星空の世界 天空の贈り物

開催中〜2024/07/01

そごう美術館

神奈川県・横浜市

三島喜美代―未来への記憶

開催中〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

石岡瑛子 I デザイン

開催中〜2024/07/07

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

Beautiful Japan 吉田初三郎の世界

開催中〜2024/07/07

府中市美術館

東京都・府中市

ふたり 矢部太郎展

開催中〜2024/07/07

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/Eye to Eye-見ること

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

ホー・ツーニェン エージェントのA 

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

Tokyo Contemporary Art Award 2022-2024 受賞記念展

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

【特別展】犬派?猫派? ―俵屋宗達、竹内栖鳳、藤田嗣治から山口晃まで―

開催中〜2024/07/07

山種美術館

東京都・渋谷区

TOPコレクション 時間旅行 ― 千二百箇月の過去とかんずる方角から

開催中〜2024/07/07

東京都写真美術館

東京都・目黒区

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

開催中〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

開催中〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

国芳の団扇絵 ―猫と歌舞伎とチャキチャキ娘

開催中〜2024/07/28

太田記念美術館

東京都・渋谷区

カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』

開催中〜2024/07/28

東京国立博物館

東京都・台東区

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/08/12

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

開催中〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

開催中〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

開催中〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

超・日本刀入門 revive―鎌倉時代 の名刀に学ぶ

2024/06/22〜2024/08/25

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

アートキャンプ白州 2024 Camp and Art in Each Heart!

2024/07/06〜2024/09/01

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

エドワード・ゴーリーを巡る旅

2024/07/06〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

開催中〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

2024/06/22〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

2024/07/13〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

2024/07/13〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

2024/07/06〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

梅津庸一 クリスタルパレス

開催中〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

開催中〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

開催中〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

フィリップ・パレーノ:この場所、あの空

開催中〜2024/12/01

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

Exhibitions

半世紀ぶりに東京へ——
特別展「空也上人と六波羅蜜寺」

 疫病が流行し、天災が相次いだ平安時代にあって、民衆に阿弥陀信仰をいち早く広めた空也上人。上人がとなえる念仏の「南無阿弥陀仏」の6文字が、小さな6体の阿弥陀像の姿で口から生まれる造形で名高い京都・六波羅蜜寺の《空也上人立像》(重要文化財)が、半世紀ぶりに東京で公開中だ。

展示風景、康勝作 重要文化財《空也上人立像》鎌倉時代・13世紀
展示風景、康勝作 重要文化財《空也上人立像》鎌倉時代・13世紀

 若い頃から、在俗の仏教信仰者として諸国をめぐり、平安京に戻ってからは、市井にあって弱き者への施しと民衆の教化に打ち込んだ空也上人は、人々から「市聖(いちのひじり)」と呼ばれたという。
 本展の一番の見どころは、やはり何と言っても、その空也上人の現存最古の像とされる《空也上人立像》を360度、あらゆる方向から拝観できることだろう。写真などで知るお姿からは等身大の像も想像されるが、像高は117センチ。だが、その小柄な像の全身に驚くほどの写実性がこめられている。

展示風景、康勝作 重要文化財《空也上人立像》鎌倉時代・13世紀
展示風景、康勝作 重要文化財《空也上人立像》鎌倉時代・13世紀

 左手に鹿角杖をもち、首からかけた鉦架に吊した鉦鼓を打ち鳴らしながら、念仏をとなえて歩く遊行僧のお姿。
 正面から拝すると、浮き出た鎖骨やあばらの目立つ痩身が痛々しくも見えるが、側面から拝すると、前のめりに左脚を踏み出す姿に力強さが感じられる。脚のすねの筋張った筋肉や、すりへったわらじの鼻緒がくいこむ足指など、市中をたえまなく遊行して歩いた空也上人の姿がリアルに伝わる。
 後ろ姿で目立つのは、着衣の表現だろうか。大寺院の僧侶の絹の僧衣とは異なる質素な皮衣。独特のシワや、かたくごわごわとした質感の写実的な表現が印象的だ

展示風景、康勝作 重要文化財《空也上人立像》鎌倉時代・13世紀
展示風景、康勝作 重要文化財《空也上人立像》鎌倉時代・13世紀

 顔の表情も迫真的だ。盛り上がった頰骨、開いた口の中にのぞく歯、実際に声を出しているかのような喉仏と首の筋、そして前を見つめる玉眼の目。だが、その視線の先には、自らの口から現れ出た小さな阿弥陀像が並ぶ。そのシュルレアルな表現は、空也上人が「南無阿弥陀仏」ととなえると、その声が阿弥陀如来の姿に変じたとする伝承を立体化したものだという。

展示風景、重要文化財《空也上人立像》(部分)康勝作 鎌倉時代・13世紀
展示風景、重要文化財《空也上人立像》(部分)康勝作 鎌倉時代・13世紀

 解体修理で像内から「僧康勝」の墨書が見つかったことから、作者は鎌倉時代を代表する仏師・運慶の四男・康勝とされる。上人の没後約250年の造像だが、運慶一門は、過去の人物を目の前に実在するかのように造形することに秀でていた。
 一方で、口から仏像が現れる表現は、絵像には見られたものの、彫刻にはほぼ例がないという。墨書には仏僧に与えられる位の名がなかったことから、上人像は康勝のごく若い頃の作だと考えられるそうだが、若き情熱が創造力に富んだ新たな造形を生み出したのだろうか。

展示風景、重要文化財《四天王立像》と、中央に重要文化財《薬師如来坐像》 ともに平安時代・10世紀(増長天のみ鎌倉時代・13世紀の補作)
展示風景、重要文化財《四天王立像》と、中央に重要文化財《薬師如来坐像》 ともに平安時代・10世紀(増長天のみ鎌倉時代・13世紀の補作)

 本展ではこのほか、六波羅蜜寺が所蔵する平安から鎌倉時代に至る多彩な名宝が並ぶ。
 四天王立像は、京都の流行り病を鎮めるために西光寺を建立した空也上人自らが造像させた堂々たる像。中央に座す薬師如来坐像は、のちに西光寺が上人の弟子・中信によって六波羅蜜寺に改名された際に本尊となった。
 また、六波羅が葬送の地・鳥辺野の入口にあったことから、地獄にまつわる作品も出陳されている。たとえば、死者の生前の行ないを裁く閻魔大王や、地獄に落ちるも地蔵菩薩の助けによって蘇生した貴族がつくらせたという美しい地蔵菩薩の像など。

展示風景、重要文化財《閻魔王坐像》鎌倉時代・13世紀
展示風景、重要文化財《閻魔王坐像》鎌倉時代・13世紀
展示風景、重要文化財《地蔵菩薩立像》平安時代・11世紀  長い毛髪を手にしているため「鬘掛(かつらかけ)地蔵」とも呼ばれる。この地蔵を信仰していた貧しい女性が、亡き母の弔いをしてくれた僧侶に母の遺髪を渡したところ、はたしてこの像がその鬢を手にしていたという逸話がある。
展示風景、重要文化財《地蔵菩薩立像》平安時代・11世紀  長い毛髪を手にしているため「鬘掛(かつらかけ)地蔵」とも呼ばれる。この地蔵を信仰していた貧しい女性が、亡き母の弔いをしてくれた僧侶に母の遺髪を渡したところ、はたしてこの像がその鬢を手にしていたという逸話がある。

 境内に運慶が建立した十輪院があったという六波羅蜜寺には、一門の作が多い。運慶作の端正な地蔵菩薩坐像はほれぼれするほど美しく、また運慶と長男・湛慶の肖像と伝わる2作の表情も味わい深い。
 平安末期の六波羅には平氏の邸宅があったためか、平清盛像として伝わる肖像もある。座して巻物を開く人物の静謐な像だが、平家が滅んだ後の鎌倉時代の造像。六波羅探題を置いた幕府が怨霊をふせぐ鎮魂目的でつくらせたという説もあり、謎をはらんだ像である。

 六波羅蜜寺では、2022年5月22日(日)に新宝物館「令和館」が開館する。開館が楽しみだが、今回のような名宝展を東京で鑑賞できる機会はしばらくなさそうだ。ぜひ、お見逃しなく。

展示風景、運慶作 重要文化財《地蔵菩薩坐像》 鎌倉時代・12世紀
展示風景、運慶作 重要文化財《地蔵菩薩坐像》 鎌倉時代・12世紀
展示風景、重要文化財《伝平清盛坐像》 鎌倉時代・13世紀
展示風景、重要文化財《伝平清盛坐像》 鎌倉時代・13世紀

執筆・写真撮影:中山ゆかり

*画面トップの写真:重要文化財《空也上人立像》(部分)康勝作 鎌倉時代・13世紀
*画像は、主催者側の許可を得て撮影したものです。作品はすべて、京都・六波羅蜜寺蔵。
*参考文献:特別展「空也上人と六波羅蜜寺」図録(発行日:2022年3月1日、発行元:朝日新聞社)

特別展「空也上人と六波羅蜜寺」
Special Exhibition, The Saint Kūya and Rokuharamitsuji Temple

【会期・会場】
2022年5月8日(日)まで開催中 東京国立博物館 本館特別5室(東京都台東区)

※本展では、日時指定券の事前予約が推奨されています。
※来場にあたっての注意事項等については、展覧会公式ウェブサイトをご確認ください。
※本館11室で、特別展「空也上人と六波羅蜜寺」の関連展示が行われています。
展覧会公式HP:https://kuya-rokuhara.exhibit.jp