詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

企画展《歌舞音曲鑑 北斎と楽しむ江戸の芸能》

開催中〜2024/05/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

百年後芸術祭 -内房総アートフェス-

開催中〜2024/05/26

芸術祭(市原市・木更津市・君津市・袖ケ浦市・富津市の内房総5市)

千葉県・市原市、木更津市、君津市、袖ケ浦市、富津市の内房総5市

特別展 雪舟伝説―「画聖(カリスマ)」の誕生―

開催中〜2024/05/26

京都国立博物館

京都府・京都市

月岡芳年 月百姿

開催中〜2024/05/26

太田記念美術館

東京都・渋谷区

金屏風の祭典 ——黄金の世界へようこそ

開催中〜2024/06/02

岡田美術館

神奈川県・箱根町

日本の山海

開催中〜2024/06/02

松岡美術館

東京都・港区

卒寿記念 人間国宝 鈴木藏の志野展

開催中〜2024/06/02

国立工芸館

石川県・金沢市

川瀬巴水 旅と郷愁の風景

開催中〜2024/06/02

八王子市夢美術館

東京都・八王子市

1950〜60年代の日本画―造形への挑戦

開催中〜2024/06/02

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

遠距離現在 Universal / Remote

開催中〜2024/06/03

国立新美術館

東京都・港区

第8回横浜トリエンナーレ「野草:いま、ここで生きてる」

開催中〜2024/06/09

芸術祭(横浜美術館、旧第一銀行横浜支店、BankART KAIKO、クイーンズスクエア横浜、元町・中華街駅連絡通路)

神奈川県・横浜市

記憶:リメンブランス-現代写真・映像の表現から

開催中〜2024/06/09

東京都写真美術館

東京都・目黒区

BankART Life7「UrbanNesting:再び都市に棲む」

開催中〜2024/06/09

BankART Station

神奈川県・横浜市

企画展「北斎と感情」

開催中〜2024/06/09

北斎館

長野県・小布施町

名作展「大画面の奔流―川端龍子の『会場芸術』再考」

開催中〜2024/06/09

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

特別展「法然と極楽浄土」

開催中〜2024/06/09

東京国立博物館

東京都・台東区

平野杏子展 – 生きるために描きつづけて

開催中〜2024/06/09

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

空海 KŪKAI ―密教のルーツとマンダラ世界

開催中〜2024/06/09

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

青山悟 刺繍少年フォーエバー

開催中〜2024/06/09

目黒区美術館

東京都・目黒区

没後120年 エミール・ガレ展 奇想のガラス作家

開催中〜2024/06/09

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

特別展「大哺乳類展3−わけてつなげて大行進」

開催中〜2024/06/16

国立科学博物館

東京都・台東区

茶の湯の美学 ―利休・織部・遠州の茶道具―

開催中〜2024/06/16

三井記念美術館

東京都・中央区

ベル・エポックー美しき時代 パリに集った芸術家たち ワイズマン&マイケル コレクションを中心に

開催中〜2024/06/16

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

サントリー美術館コレクション展 名品ときたま迷品

開催中〜2024/06/16

サントリー美術館

東京都・港区

昭和モダン×百段階段 ~東京モダンガールライフ~

開催中〜2024/06/16

ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財 「百段階段」

東京都・目黒区

宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO

開催中〜2024/06/16

東京オペラシティアートギャラリー

東京都・新宿区

板倉鼎・須美子展

開催中〜2024/06/16

千葉市美術館

千葉県・千葉市

高橋由一から黒田清輝へ ―明治洋画壇の世代交代劇―

開催中〜2024/06/16

栃木県立美術館

栃木県・宇都宮市

ここに いても いい リトゥンアフターワーズ 山縣良和と綴るファッション表現のかすかな糸口

開催中〜2024/06/16

アーツ前橋

群馬県・前橋市

“オモシロイフク”大図鑑

開催中〜2024/06/22

文化学園服飾博物館

東京都・渋谷区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

開催中〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

開催中〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

シンフォニー・オブ・アート — イメージと素材の饗宴

開催中〜2024/06/23

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

驚異の細密表現展 ―江戸・明治の工芸から現代アートまで―

開催中〜2024/06/23

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

没後70年 戦争を越えて―写真家ロバート・キャパ、愛と共感の眼差し―

開催中〜2024/06/23

東京富士美術館

東京都・八王子市

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

開催中〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

開催中〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

民藝 MINGEI—美は暮らしのなかにある

開催中〜2024/06/30

世田谷美術館

東京都・世田谷区

創刊50周年記念 花とゆめ展

2024/05/24〜2024/06/30

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52 階)

東京都・港区

KAGAYA 星空の世界 天空の贈り物

開催中〜2024/07/01

そごう美術館

神奈川県・横浜市

三島喜美代―未来への記憶

開催中〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

石岡瑛子 I デザイン

開催中〜2024/07/07

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

Beautiful Japan 吉田初三郎の世界

開催中〜2024/07/07

府中市美術館

東京都・府中市

ふたり 矢部太郎展

開催中〜2024/07/07

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/Eye to Eye-見ること

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

ホー・ツーニェン エージェントのA 

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

Tokyo Contemporary Art Award 2022-2024 受賞記念展

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

【特別展】犬派?猫派? ―俵屋宗達、竹内栖鳳、藤田嗣治から山口晃まで―

開催中〜2024/07/07

山種美術館

東京都・渋谷区

TOPコレクション 時間旅行 ― 千二百箇月の過去とかんずる方角から

開催中〜2024/07/07

東京都写真美術館

東京都・目黒区

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

2024/06/01〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

2024/06/08〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

国芳の団扇絵 ―猫と歌舞伎とチャキチャキ娘

2024/06/01〜2024/07/28

太田記念美術館

東京都・渋谷区

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/08/12

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

2024/06/01〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

2024/06/18〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

2024/06/11〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

アートキャンプ白州 2024 Camp and Art in Each Heart!

2024/07/06〜2024/09/01

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

エドワード・ゴーリーを巡る旅

2024/07/06〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

2024/05/30〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

2024/06/22〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

2024/07/13〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

2024/07/13〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

2024/07/06〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

梅津庸一 クリスタルパレス

2024/06/04〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

2024/06/18〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

2024/05/23〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

葛飾北斎《冨嶽三十六景 諸人登山》の部分。天保2年(1831)頃 大判錦絵 すみだ北斎美術館蔵 *前期展示(6/20~7/23)。後期(7/25~8/27)はパネル展示

Exhibitions

北斎 大いなる山岳

  • すみだ北斎美術館 (東京都・墨田区)

「いざ、北斎の山へ!」北斎と一門が描いた山々をめぐる

 葛飾北斎(1760~1849)は代表作『冨嶽三十六景』での富士山を初め、山を主題とする作品を多く生み出した。すみだ北斎美術館で開催中の本展は、北斎らが描いた日本の山岳の威容と美、人々と山との深いつながりを紹介する(展示替えあり)。
 
 本展は、富士山の世界遺産登録10周年を記念し、登山好きの奥田敦子 学芸員により企画された。実際に訪れた山の現地レポートも充実。北斎ファンはもとより登山愛好家にも楽しめる内容だ

富士山信仰

 近代以前の登山は、山をご神体とする山岳信仰のためだった。葛飾北斎筆《冨嶽三十六景 諸人登山(もろびととざん)》(天保2年〈1831〉頃、大判錦絵、すみだ北斎美術館蔵)(本稿で紹介している作品の所蔵は全て同館。以下略)は、全46図のなかで唯一、富士山の姿ではなく山頂を描いた特異な作品だ。ここには、富士山を信仰する集まりである富士講の人々が、夏に白の行衣に編み笠、金剛杖を持つ格好で「六根清浄」と唱えながら、火口をぐるりと廻る御鉢廻りを行う情景が描写されている。画面から破格の高度が、また岩の陰影により約200mの火口の深さが伝わる。人々はわき上がる雲を下に、点描で表された峻厳な岩場を懸命に歩む。右上の石室には大勢が座す。中央下の梯子から、駒ヶ岳への登山道と推測されている。
 
 ところで北斎は、富士山に登ったのだろうか? 『冨嶽三十六景』は70代の制作だが、この迫真の山頂の描写を目にすると、大いに気になる。また連作のなかでの本作の特異性は、連作の掉尾としたからではないか? 共に判明していないという。本作を眺めていると、北斎からの朗らかな伝言が見えてくるようで、楽しい想像がふくらむ。

すみだ北斎美術館の会場風景(以下同様)。葛飾北斎《冨嶽三十六景 諸人登山》天保2年(1831)頃 大判錦絵 すみだ北斎美術館蔵 *前期展示(6/20~7/23)。後期(7/25~8/27)はパネル展示
すみだ北斎美術館の会場風景(以下同様)。葛飾北斎《冨嶽三十六景 諸人登山》天保2年(1831)頃 大判錦絵 すみだ北斎美術館蔵 *前期展示(6/20~7/23)。後期(7/25~8/27)はパネル展示
葛飾北斎《冨嶽三十六景 諸人登山》の部分。天保2年(1831)頃 大判錦絵 すみだ北斎美術館蔵 *前期展示(6/20~7/23)。後期(7/25~8/27)はパネル展示
葛飾北斎《冨嶽三十六景 諸人登山》の部分。天保2年(1831)頃 大判錦絵 すみだ北斎美術館蔵 *前期展示(6/20~7/23)。後期(7/25~8/27)はパネル展示

富士山

 富士の雄姿のみ画面いっぱいに描いたのが、《冨嶽三十六景 凱風快晴》と《冨嶽三十六景 山下白雨》(共に、天保2年〈1831〉頃、大判錦絵)。
 《凱風快晴》は、「赤富士」の通称でも親しまれる。鰯雲を背景に、朝陽を受け赤色に染まる。実に神々しい。実際に赤富士が見られるのは、晩夏から初秋の一定の気象条件が必要で、なんと2~3分間だそうだ。

葛飾北斎《冨嶽三十六景 凱風快晴》天保2年(1831)頃 大判錦絵 すみだ北斎美術館蔵 *後期7/25~8/27は摺りの異なる作品を展示
葛飾北斎《冨嶽三十六景 凱風快晴》天保2年(1831)頃 大判錦絵 すみだ北斎美術館蔵 *後期7/25~8/27は摺りの異なる作品を展示

 《山下白雨》の富士は、快晴の上部、及び、雷光と黒色で「白雨」つまり突然の大雨を想像させる下部、という相反する二つの世界をかかえ、超然と佇む。なお、このシンボリックな稲妻は、すみだ北斎美術館のシンボルマークとなっている。

葛飾北斎《冨嶽三十六景 山下白雨》天保2年(1831)頃 大判錦絵 すみだ北斎美術館蔵 *後期7/25~8/27は摺りの異なる作品を展示
葛飾北斎《冨嶽三十六景 山下白雨》天保2年(1831)頃 大判錦絵 すみだ北斎美術館蔵 *後期7/25~8/27は摺りの異なる作品を展示

日本のさまざまな山(標高3776mから標高5mまで)

 会場では、日本一の富士山から、富士山・白山と共に日本三霊山とされる越中の立山、富士と並び称される冠雪の筑波山、また上野の榛名山、奇岩怪岩で知られる妙義山、山城の嵐山、肥前の稲佐山と、数多の山々の風景が展開する。不思議な山も在る。

葛飾北斎《冨嶽三十六景 身延川裏不二》天保2年(1831)頃 大判錦絵 すみだ北斎美術館蔵 手前に山梨の身延山を源流とする身延川、奥に富士山を配す。間の異様な形の山は実際には存在しないそうだ *前期展示(6/20~7/23)
葛飾北斎《冨嶽三十六景 身延川裏不二》天保2年(1831)頃 大判錦絵 すみだ北斎美術館蔵 手前に山梨の身延山を源流とする身延川、奥に富士山を配す。間の異様な形の山は実際には存在しないそうだ *前期展示(6/20~7/23)

 低山も見られる。江戸の愛宕山、御殿山、道灌山。摂津の天保山など。北斎筆《諸国名橋奇覧 摂州阿治川口天保山》(天保5年〈1834〉頃、大判錦絵)に描かれた天保山は、標高5m。現在の大阪市港区にあり、天保2年(1831)に土砂を積み上げて造られた人工の山だ。本作がとらえるのは、花見の頃の天保山全貌である。

葛飾北斎《諸国名橋奇覧 摂州阿治川口天保山》天保5年(1834)頃 大判錦絵   すみだ北斎美術館蔵 *後期7/25~8/27は摺りの異なる作品を展示
葛飾北斎《諸国名橋奇覧 摂州阿治川口天保山》天保5年(1834)頃 大判錦絵   すみだ北斎美術館蔵 *後期7/25~8/27は摺りの異なる作品を展示

 北斎の初期の門人である昇亭北寿(生没年不明)は洋風版画を得意とした。昇亭北寿筆『たうくはん山のつ』(文化・文政年間〈1804~30〉頃、中判錦絵)は斬新な作品。ここに描かれた道灌山は、現在の東京都荒川区と北区にまたがる。標高22m。江戸時代は虫の音を楽しむ虫聴きの名所だった。

昇亭北寿《たうくはん山のつ》文化・文政年間(1804~30)頃 中判錦絵 すみだ北斎美術館蔵 *前期展示(6/20~7/23)
昇亭北寿《たうくはん山のつ》文化・文政年間(1804~30)頃 中判錦絵 すみだ北斎美術館蔵 *前期展示(6/20~7/23)

山のくらし/山と伝説

 北斎は山の仕事に携わる人々も生き生きと描いた。北斎は75歳頃、『百人一首』に因む錦絵連作に挑んだが、その内の《百人一首うはかゑとき 源宗于朝臣》(天保6年〈1835〉頃、大判錦絵)では、冬の山仕事を終えた猟師たちが焚火を囲み、暖をとる。これは、源宗于朝臣が詠んだ『百人一首』第28首の、「山里は冬ぞ寂しさまさりけり人目も草もかれぬと思へば」という、しみじみとした一首に、北斎は独創を加え、力強く楽し気な世界を創出。豪快に空に昇る焚火の煙は、猟師たちの陽気な心と響き合う。(2023年2月13日「企画展 北斎かける百人一首」の拙稿もご参照ください。)

★葛飾北斎《百人一首うはかゑとき 源宗于朝臣》大判錦絵 天保6年(1835)頃 すみだ北斎美術館蔵 *後期展示(7/25~8/27)★画像提供:すみだ北斎美術館
★葛飾北斎《百人一首うはかゑとき 源宗于朝臣》大判錦絵 天保6年(1835)頃 すみだ北斎美術館蔵 *後期展示(7/25~8/27)★画像提供:すみだ北斎美術館

 北斎は、山中で伐採する男たちや、岩場で珍重された岩茸採集をする女たちの、驚くべき情景も描いた。山の伝説や怪奇を扱った作品も出品。興味が尽きない。

葛飾北斎『富嶽百景』二編 遠江山中の不二(明治版) 明治9年(1876) 半紙本 すみだ北斎美術館蔵
葛飾北斎『富嶽百景』二編 遠江山中の不二(明治版) 明治9年(1876) 半紙本 すみだ北斎美術館蔵
葛飾北斎『北斎漫画』十三編 岩茸取 嘉永2年(1849) 半紙本 すみだ北斎美術館蔵
葛飾北斎『北斎漫画』十三編 岩茸取 嘉永2年(1849) 半紙本 すみだ北斎美術館蔵

 「北斎 大いなる山岳」の旅。この夏、すみだ北斎美術館で楽しんでみたい。
 
【参考文献】
1)すみだ北斎美術館(奥田敦子) 編著:『THE北斎 冨嶽三十六景 ART BOX』講談社、2020年
2)大久保純一:『カラー版 北斎』、岩波書店、2012年
 
執筆・写真(★を除く):細川いづみ(HOSOKAWA Fonte Idumi)
(2023年7月)
※本文・図版とも無断引用・無断転載を禁じます。

北斎 大いなる山岳
HOKUSAI Mountain Grandeur
 
【会期・会場】
2023年6月20日(火)~8月27日(日) すみだ北斎美術館(東京都・墨田区) 
前期:6月20日(火)~7月23日(日)
後期:7月25日(火)~8月27日(日)
 
※詳細は公式サイトでご確認ください。
公式サイトhttps://hokusai-museum.jp/Mountain/