詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

切手をめぐるアート
「未見の星座(コンステレーション)-つながり/発見のプラクティス」の太田三郎、「光琳アート 光琳と現代美術」の髙田姉妹、「第18回岡本太郎現代芸術賞展」の森村誠作品から

   去る2月2日、日本郵便から発行される普通切手12種類のデザインが新しくなった。1971年からデザインが変わらなかった3円切手のホトトギスはシマリスに、100円切手の銀鶴はサクラソウになった。1円の前島密の肖像だけは郵便の父として不動の地位を守ったが、これまで切手によってまちまちだった文字の配置や料金表示がすべて統一されたので、以前とは異なっている。
   新デザインの統一テーマは「日本の自然」だという。
   普通切手1枚1枚にもテーマやデザインが練られ、時代に合わせた改良を試みていることに改めて気付かされる。そうした切手の特徴を巧みに取り込んだ美術作品を開催中の3つの美術展から紹介する。

・切手と消印で辿る「奥の細道」-太田三郎(東京都現代美術館)

      まず最初は、1987年から89年にかけて発行された「奥の細道シリーズ全10集」の切手を用いて、300年前に芭蕉が奥の細道で辿った足跡を日本地図に表した太田三郎の《奥の細道 1997》。東京都現代美術館で3月22日まで開催されている7作家によるグループ展「未見の星座(コンステレーション)-つながり/発見のプラクティス」で展示中だ。
   太田は「切手」の作家として知られ、各地で拾った植物の種を封じ込めたり、太平洋戦争で行方不明になった兵士や中国残留日本人孤児の肖像を取り込んだ自作の切手、郵便切手や郵便局の消印を用いた作品を発表してきた。
   《奥の細道 1997》は、旅のスタート地点である芭蕉庵の最寄り局であり、会場の東京都現代美術館にも近い「江東清澄郵便局」で出発の日を新暦に改めた5月16日の消印を押した切手を1枚目とし、終着点である岐阜県の「大垣船町郵便局」の10月20日消印の切手まで117枚、107の消印で構成した作品だ。切手の「奥の細道シリーズ全10集」は、俳句と絵が2枚1組になっている。切手に取り上げられた10句を詠んだ場所では、句と絵のペアの状態のままの切手に消印が押されているため、切手の数が10枚多いことになる。消印は芭蕉が句を詠んだというよりも滞在した地点を基準にし、切手は奥の細道シリーズ第1集の左位置の芭蕉の肖像を用いている。
   制作は、郵便の「郵頼」制度を利用し、往復葉書の往信面に主旨や依頼文を書き、返信面に切手を貼って、芭蕉が滞在した地点の最寄り局に送り、芭蕉が滞在した日の消印を押して返信してもらう方法をとった。
   「次々と送り届けられる押印済みの切手を見ていると、芭蕉が旅先から便りをくれているような気持ちになった」という。また、太田は山形県出身で、実家の前には、芭蕉が歩いたとされる道があり、昔から思い入れが強かった」と話す。山形の立石寺で詠んだ「閑かさや 岩にしみ入る 蝉の声」は、句が切手に書いてある10種類のうちの1種なので、絵とペアの状態で7月14日の山寺郵便局の消印が押され、紹介されている。
   芭蕉の旅を現代の生活に溶け込んでいる郵便局の消印で結んでいくことで、奥の細道の世界がリアルに迫ってくる。
   ほかに、東日本大震災で被災した宮城県石巻市や、昨年豪雨による土砂災害が発生した広島県広島市安佐北区、広島の被爆樹、美術館に隣接する木場公園で採取した種子を加えた《Seed project》、本展開幕前日に制作した椿の葉に30円の椿の図柄の切手を貼り、江東清澄局の消印を押した作品に、今年開館20周年を迎えた東京都現代美術館がオープンした1995年の同種の作品を並べた《Postmarked Camellia Leaf》などを展観。

・尾形光琳の国宝2点が超絶技巧の切手に-髙田安規子・政子(MOA美術館)

   江戸時代の絵師、尾形光琳の没後300年を記念して、二双の国宝の屏風《紅白梅図屏風》と《燕子花図屏風》が56年ぶりに一堂にそろった「光琳アート-光琳と現代美術」が2月4日から3月3日まで静岡県熱海市のMOA美術館で開催中だ。
   光琳100年忌、200年忌の各展覧会に出品された光琳作品や、影響を受けた近現代の作品まで84点が出品されている展覧会の会場に入ると、最初にこの2点の国宝の屏風が対面するかたちで展示されている。その後、100年忌、200年忌のコーナーなどを経て、最後の現代アートの展示室の一番最後に展示されているのが髙田安規子・政子姉妹の《紅白梅図》と《レース(燕子花)》だ。
   髙田姉妹は双生児ユニットとして、日常にあるありふれたものを細密な技巧で手を加えて、別の顔を持つ作品に昇華させる仕事をしてきた。今回は「国宝に指定されている2点の芸術作品が大量に印刷される切手となり、それを美術作品として美術館に戻すという価値の変換を試みた」。
   《紅白梅図》は、1969年に発行された第1次国宝シリーズの切手のうち第7集の尾形光琳《白梅図》《紅梅図》から金地銀地の部分を切り抜いた。この屏風は数年前に、金地の部分に関して金箔か金泥かといった論争があったり、流水紋の銀を黒くする技法の判明などで社会的にも注目されたが、この切手作品には、一切の装飾を剥ぎ取り、梅の木と水の流れのみを見つめ、「その鋭く力強い筆跡や梅の枝のバランス、抽象的な波模様」(髙田姉妹)が浮かびあがったすがすがしい美しさがある。そして、それを導く超絶技巧に圧倒される。
   髙田姉妹によるとデザインナイフで切り抜きをしているとのこと。ただ、これまで地図や雑誌を切り抜いた作品を制作する際には裸眼で作業してきたが、今回は切手1枚が3㎝四方というこれまでにない小さいサイズなので、医療用のレンズを使用したそうだ。シートの右下に1組の残された元の図柄と対比することで琳派の装飾の妙を改めて知るきっかけにもなる。
   《レース(燕子花)》は、《燕子花図屏風》を部分的に使用し、1970年に2000万枚発行された日本万国博覧会記念切手を刺繡し、レース編みをした作品。切手の縁の形からレースのイメージが浮かんだのだという。針と糸による繊細な花の表現や縁どりの細やかさに目を奪われる。また、ヨーロッパでは中世から高価な品として扱われてきたレースを取り入れることで、価値の変換というテーマを別の視点からも追求している。
   琳派は「風神雷神図」に代表されるように、時代を超えて模写をしたり、モチーフを引用する伝統があることから、「作業は違えども、模写する気持ちで制作した」という。

   ・海外の切手から生まれるコミュニケーション-森村誠(川崎市岡本太郎美術館)

      海外の切手を取り込んだ作品もある。第18回岡本太郎現代芸術賞展に出品中の森村誠の《Airmailed Stamps(Promised Land)》だ。672点の応募の中から入選した27作家の作品を展示する同展で、幅5mの壁面いっぱいに、1万枚を超える使用済みの世界各地の切手を糸でつなぎ合わせて、大陸のような形にして発表している。森村によると「個と世界をつなげてくれる地図」なのだという。
   切手は、自らの元に海外の友人らから届いた手紙に貼ってあったものを基本とし、フェイスブックやツイッターなどで呼びかけたり、口コミで集めた。その1枚1枚を木綿の黒い糸でランダムに縫い合わせていく。偶然、分裂した国同士の切手が隣合わせになったことがあったり、70年代にコロンビアから発行された大阪万博で三波春夫が歌っている図柄の記念切手と、沖縄が琉球だった時代の切手を見つけるなど、「世界の歴史や文化や社会情勢を読みとることもできる」(森村)。作品に近付くと、名画や動植物、建物や偉人の姿など題材や色彩やデザインもさまざまで、各国の特色が一目で感じ取れる。また、切手をつなぐ黒い糸は針がついたままの状態で作品から垂れ下がっていて、これからも個と世界がつながり、ひとつになることへの願いが伝わってくる。 
   森村がAirmailをテーマにしてから約2年。Eメールなどのインターネットを通じたデジタルコミュニケーションに異和感や窮屈さを感じ、郵便や切手というアナログの世界との関係性に着目し、制作を始めたという。人と人とのコミュニケーションを基盤に集められた切手の小さな紙片から、大きな世界が見えてくる驚きがある。

   執筆:西澤美子

   【参考文献】
   ・『光琳ART 光琳と現代美術』内田篤呉監修、MOA美術館編
   角川学芸出版 2014年
   ・「さくら日本切手カタログ2015」郵趣サービス社 2014年

   写真キャプション
   ① 太田三郎《奥の細道 1997》 1997年
   ② 太田三郎《奥の細道 1997》(部分)1997年
   撮影: 加藤健*

   ③ 髙田安規子・政子《紅白梅図》 切手 14.0×17.0㎝  2014年 個人蔵*
   ④ 髙田安規子・政子《レース(燕子花)》 切手、和紙、絹糸
     3.5×5.0㎝ 2014年 個人蔵*

   ⑤ 森村誠と作品《Airmailed Stamps(Promised Land)》2014年
   ⑥ 糸でつなぎ合わせた海外の使用済み切手。お国柄が見える

      *以外は筆者撮影

※太田三郎作品
「未見の星座(コンステレーション)-つながり/発見のプラクティス」
1月24日(土)~3月22日(日)※月曜休館
東京都現代美術館(江東区三好)
☎03-5245-4111
詳細:http://www.mot-art-museum.jp/

※髙田安規子・政子作品
「光琳アート 光琳と現代美術」
2月4日(水)~3月3日(火)※会期中無休
MOA美術館(静岡県熱海市)
☎0557-84-2511
詳細:http://www.moaart.or.jp/

※森村誠作品
「第18回岡本太郎現代芸術賞展」 
2月3日(火)~4月12日(日)
川崎市岡本太郎美術館(神奈川県川崎市)※月曜休館
☎044-900-9898
詳細:http://www.taromuseum.jp/

2015年2月23日