詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

企画展《歌舞音曲鑑 北斎と楽しむ江戸の芸能》

開催中〜2024/05/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

百年後芸術祭 -内房総アートフェス-

開催中〜2024/05/26

芸術祭(市原市・木更津市・君津市・袖ケ浦市・富津市の内房総5市)

千葉県・市原市、木更津市、君津市、袖ケ浦市、富津市の内房総5市

特別展 雪舟伝説―「画聖(カリスマ)」の誕生―

開催中〜2024/05/26

京都国立博物館

京都府・京都市

月岡芳年 月百姿

開催中〜2024/05/26

太田記念美術館

東京都・渋谷区

金屏風の祭典 ——黄金の世界へようこそ

開催中〜2024/06/02

岡田美術館

神奈川県・箱根町

日本の山海

開催中〜2024/06/02

松岡美術館

東京都・港区

卒寿記念 人間国宝 鈴木藏の志野展

開催中〜2024/06/02

国立工芸館

石川県・金沢市

川瀬巴水 旅と郷愁の風景

開催中〜2024/06/02

八王子市夢美術館

東京都・八王子市

1950〜60年代の日本画―造形への挑戦

開催中〜2024/06/02

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

遠距離現在 Universal / Remote

開催中〜2024/06/03

国立新美術館

東京都・港区

第8回横浜トリエンナーレ「野草:いま、ここで生きてる」

開催中〜2024/06/09

芸術祭(横浜美術館、旧第一銀行横浜支店、BankART KAIKO、クイーンズスクエア横浜、元町・中華街駅連絡通路)

神奈川県・横浜市

記憶:リメンブランス-現代写真・映像の表現から

開催中〜2024/06/09

東京都写真美術館

東京都・目黒区

BankART Life7「UrbanNesting:再び都市に棲む」

開催中〜2024/06/09

BankART Station

神奈川県・横浜市

企画展「北斎と感情」

開催中〜2024/06/09

北斎館

長野県・小布施町

名作展「大画面の奔流―川端龍子の『会場芸術』再考」

開催中〜2024/06/09

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

特別展「法然と極楽浄土」

開催中〜2024/06/09

東京国立博物館

東京都・台東区

平野杏子展 – 生きるために描きつづけて

開催中〜2024/06/09

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

空海 KŪKAI ―密教のルーツとマンダラ世界

開催中〜2024/06/09

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

青山悟 刺繍少年フォーエバー

開催中〜2024/06/09

目黒区美術館

東京都・目黒区

没後120年 エミール・ガレ展 奇想のガラス作家

開催中〜2024/06/09

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

特別展「大哺乳類展3−わけてつなげて大行進」

開催中〜2024/06/16

国立科学博物館

東京都・台東区

茶の湯の美学 ―利休・織部・遠州の茶道具―

開催中〜2024/06/16

三井記念美術館

東京都・中央区

ベル・エポックー美しき時代 パリに集った芸術家たち ワイズマン&マイケル コレクションを中心に

開催中〜2024/06/16

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

サントリー美術館コレクション展 名品ときたま迷品

開催中〜2024/06/16

サントリー美術館

東京都・港区

昭和モダン×百段階段 ~東京モダンガールライフ~

開催中〜2024/06/16

ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財 「百段階段」

東京都・目黒区

宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO

開催中〜2024/06/16

東京オペラシティアートギャラリー

東京都・新宿区

板倉鼎・須美子展

開催中〜2024/06/16

千葉市美術館

千葉県・千葉市

高橋由一から黒田清輝へ ―明治洋画壇の世代交代劇―

開催中〜2024/06/16

栃木県立美術館

栃木県・宇都宮市

ここに いても いい リトゥンアフターワーズ 山縣良和と綴るファッション表現のかすかな糸口

開催中〜2024/06/16

アーツ前橋

群馬県・前橋市

“オモシロイフク”大図鑑

開催中〜2024/06/22

文化学園服飾博物館

東京都・渋谷区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

開催中〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

開催中〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

シンフォニー・オブ・アート — イメージと素材の饗宴

開催中〜2024/06/23

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

驚異の細密表現展 ―江戸・明治の工芸から現代アートまで―

開催中〜2024/06/23

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

没後70年 戦争を越えて―写真家ロバート・キャパ、愛と共感の眼差し―

開催中〜2024/06/23

東京富士美術館

東京都・八王子市

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

開催中〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

開催中〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

民藝 MINGEI—美は暮らしのなかにある

開催中〜2024/06/30

世田谷美術館

東京都・世田谷区

創刊50周年記念 花とゆめ展

2024/05/24〜2024/06/30

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52 階)

東京都・港区

KAGAYA 星空の世界 天空の贈り物

開催中〜2024/07/01

そごう美術館

神奈川県・横浜市

三島喜美代―未来への記憶

開催中〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

石岡瑛子 I デザイン

開催中〜2024/07/07

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

Beautiful Japan 吉田初三郎の世界

開催中〜2024/07/07

府中市美術館

東京都・府中市

ふたり 矢部太郎展

開催中〜2024/07/07

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/Eye to Eye-見ること

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

ホー・ツーニェン エージェントのA 

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

Tokyo Contemporary Art Award 2022-2024 受賞記念展

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

【特別展】犬派?猫派? ―俵屋宗達、竹内栖鳳、藤田嗣治から山口晃まで―

開催中〜2024/07/07

山種美術館

東京都・渋谷区

TOPコレクション 時間旅行 ― 千二百箇月の過去とかんずる方角から

開催中〜2024/07/07

東京都写真美術館

東京都・目黒区

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

2024/06/01〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

2024/06/08〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

国芳の団扇絵 ―猫と歌舞伎とチャキチャキ娘

2024/06/01〜2024/07/28

太田記念美術館

東京都・渋谷区

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/08/12

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

2024/06/01〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

2024/06/18〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

2024/06/11〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

アートキャンプ白州 2024 Camp and Art in Each Heart!

2024/07/06〜2024/09/01

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

エドワード・ゴーリーを巡る旅

2024/07/06〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

2024/05/30〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

2024/06/22〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

2024/07/13〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

2024/07/13〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

2024/07/06〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

梅津庸一 クリスタルパレス

2024/06/04〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

2024/06/18〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

2024/05/23〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

Exhibitions

六本木ヒルズ・森美術館 15周年記念展  カタストロフと美術のちから展

大災害や大惨事に対して、美術ができることとは? 
2019年1月20日まで開催。

 2003年、東京に超高層の六本木ヒルズが建ち、森タワー53階に森美術館が開館した。森美術館は刺激的な現代美術展や建築展を数多催し、現代アートの拠点となった。現在15周年を記念し、「カタストロフと美術のちから展」が開催中だ。大災害や大惨事や個人的な悲劇に対して美術ができることとは何か。この大きな問いを我々に投げかける。

 ■「カタストロフ」とは/展覧会構成 
 展覧会タイトルの「カタストロフcatastrophe」とは、フランス語で、①大災厄(害)、大異変、震災、②(劇の)大詰め、(悲劇の)破局、を意味する(『スタンダード仏和辞典』、大修館による)。本展では「カタストロフ」に、大震災など自然の大災害、戦争やテロや難民問題などの大惨事、また個人的な悲劇も含む。展覧会は、以下の二つから構成され、国内外の40組のアーティストによる多彩な作品が展開する。
 セクションⅠ(01):美術は惨事をどのように描くのか―記録、再現、想像
 セクションⅡ(02):破壊からの創造―美術のちから

 ■セクションⅠ(01):美術は惨事をどのように描くのか―記録、再現、想像
 会場に入った途端、驚かされた。スイス生まれのトーマス・ヒルシュホーン(1957年~)による《崩落》(2018年)だ。本展のために新しく制作された巨大な新作インスタレーション。破壊と創造が不可分であることをテーマとする本作で、本展が始まる。そしてセクションⅠでは、アーティストたちが世界で起こった大惨事などをどう記録し、再現したかを中心に紹介される。

 ●アメリカ同時多発テロ 2001年9月11日に起こったアメリカ同時多発テロを主題としたのは、スイス生まれのクリストフ・ドレーガー(1965年~)の「世界で最も美しい惨事」シリーズの新作(2001年/2018年)である。ニューヨークのワールド・トレード・センタービルの崩壊現場での救助活動と、テロの翌朝の朝日を浴びた情景の2点の大型写真。しかしよく見ると、5000ピースのジグソーパズルになっている。まるでビルの瓦礫と重ねるように。 

 ●阪神・淡路大震災/東日本大震災 具体美術協会のメンバー堀尾貞治(1939~2018年)が色鮮やかに描いた多数の《「震災風景」シリーズより》(1995年)は、1995年の阪神・淡路大震災後の街並みだ。展示されているドローイングはそのうちのごく一部である。描いたきっかけは画家であった叔父の勧めだった。炸裂するような筆遣いの心象風景に、被災者でもあった堀尾の心の衝撃が伝わってくる。

 畠山直哉(1958年~)の《「陸前高田2011」シリーズ》(2011年)は、2011年3月11日に起こった東日本大震災のあと、5月1日までに撮影された畠山の故郷の姿25点だ。色々なことを思い出しながら撮影したという。静寂のなかに、家屋の大きな屋根が海に浮かんでいる情景などが展開。津波の爪痕が見る者の胸をえぐる。一方、ドイツのトーマス・デマンド(1964年~)の《制御室》(2011年)という作品は、東日本大震災による津波で全電源を失った福島第一原子力発電所の制御室の、ほぼ実物大の模型を紙で制作し、撮影したもの。見事な正確さをもった虚構の世界に、不安感と放射能の脅威とが重なるようだ。

 ●個人的な悲劇/リーマンショック 個人的な悲劇にユーモアを込めたものや、ドラマ化をさせた映像作品も見られる。台湾生まれのホァン・ハイシン(1984年~)による絵画《サイレント・ナイト》(2013年)は、クリスマスツリーが発火しているのに目隠しをする家族を描く。親しみやすく明るい画趣だが、現実を見ようとしない人たちを描写するブラックな内容。またイギリスのアイザック・ジュリアンの《プレイタイム》(2014年)は、グローバル化したバーチャルな資本の恐ろしさをテーマとした60分強の映像だ。2008年のリーマンショックの背景にはバーチャルな資本があった。映像の展開も演技力も魅力的だ。

 ■セクションⅡ(02):破壊からの創造―美術のちから
 本展のポスターに、「それでも人は立ち向かう」という言葉が書かれている。大惨事や悲劇に際して、人間は常に立ち向かい、アーティストたちも積極的に創造活動を行ってきた。美術は、絶望した人間を復活させることができるのだろうか。できるとしたら美術のちからとはどのようなものなのか。セクションⅡでは、美術の役割を考察してゆく。

 ●難民問題/戦争 中国のアイ・ウェイウェイ(1957年~)による《オデッセイ》(2016年/2018年)は、会場の天井に届くインスタレーションで、圧倒される。20段を超える帯に、古代ギリシアの壺にある絵画の様式を踏襲し、様々な人々の姿をモノクロで描く。「誰も違法でない」「国境を開けろ」などの英文も入る。古代遺跡の壁画のようにも見えるが、本作は戦争や貧困によって故国から逃れざるを得ない人々の苦しみを表現する。作家は23か国の難民キャンプを訪れ、取材。作品を通して難民問題を世界に訴えている。

 また、木枠に設置されたブロンズの美しい《鐘》(2015年)は、イラク生まれのヒワ・K(1975年~)が制作した作品だ。これはイラクの戦争で使われた武器などを溶かし、イタリアで鐘に鋳造したもの。制作に関わる人々の武器と金属を巡る話も映像で見ることができる。

 ●阪神・淡路大震災/ニュージーランドの大震災/東日本大震災 日本の錚々たる美術家や写真家の作品のポスターが会場の壁いっぱいに見事に並ぶのは、HYOGO AID ‵95 by ARTによるプロジェクトを紹介するもの。1995年の阪神・淡路大震災の復興支援義援金を集めるため、白髪一雄(1924~2008年)、元永定正(1922~2011年)、横尾忠則(1936年~)が呼びかけ、23名の美術家や写真家が自身作品を提供。1997年まで約60ヵ所でポスターの展示販売会を行い、その利益を兵庫県に寄付した。

 美しいステンドグラスをもつ教会の模型は、建築家の坂茂(1957年~)による《紙の大聖堂(ニュージーランド、クライストチャーチ)模型 1:10》(2017年/2018年)だ。2011年2月に起こった大震災で倒壊したクライストチャーチ大聖堂の代わりに、仮設で建てられた紙管による教会の模型である。模型のなかに人がはいって内部の様子を見ることができる。坂は、災害時の建築による貢献活動を自身のテーマの一つとする建築家だ。

 2005年に結成され、精力的に活動する日本のグループChim↑Pomの映像作品も出品されている。2011年の東日本大震災による福島第一原子力発電所事故の1カ月後、メディアのニュースが真実なのかどうか、自分の目で確かめたいと、防護服を着て原発の敷地内を訪れ制作したものだ。 

 ●絶望からの復活 夫を失い絶望した祖母の心を、孫が復活させたという作品がある。チェコのカテジナ・シェダー(1977年~)の《どうでもいいことだ》(2005~2007年)だ。夫の死後、すべてのことがどうでもいい、と放棄してしまった祖母の姿に、孫であるカテジナがなんとかしなくては、と考えたことだった。壁いっぱいに貼られた紙に、物差しや椅子などが線描されているのだが、これは祖母が描いた金物店の商品。長年、金物屋で商品マネージャーとして働いていた祖母に、孫は祖母が扱ってきた商品を思い出して描いてもらう。500枚にもなったこの作業によって、カテジナの祖母は元気を取り戻したという。

 ●平和への願い 展覧会を訪れた人が参加する作品もある。オノ・ヨーコ(1933年~)による《色を加えるペインティング(難民船》(1960年/2016~2018年)である。人々はこの作品の展示室で、青と白色のクレヨンを渡され、平和の願いを思い思いに壁や床やボートに書く。展覧会開幕前日の内覧会では真っ白だった壁も床もボートも、先日再訪した際には温かなメッセージで埋め尽くされ、全体が海のような情景に変貌していた。

 本展で筆者は、冒頭の《崩落》から《色を加えるペインティング(難民船)》まで一つ一つの作品と深く対話したという印象をもった。そして作品が強靭な意志をもって立つ人間のようにも感じられた。

執筆:細川 いづみ HOSOKAWA Fonte Idumi
(2018年11月)


※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。

写真1 会場風景。
アイ・ウェイウェイ《オデッセイ》、2016年/2018年、作家蔵。
(撮影:I.HOSOKAWA)


写真2 会場風景。
堀尾貞治「震災風景」シリーズより、1995年、芦屋市立美術博物館蔵。
(撮影:I.HOSOKAWA)


写真3 会場風景。
右から、ホァン・ハイシン《サイレント・ナイト》2013年。
ホァン・ハイシン《白鳥の湖#2》2015年。
ともに作家蔵。
撮影:I.HOSOKAWA)


写真4 会場風景。
ヒワ・K 《鐘》、2015年、ラ・ガイア・コレクション(イタリア、ブスカ)。
(撮影:I.HOSOKAWA)

写真5 会場風景。坂茂《紙の大聖堂(ニュージーランド、クライストチャーチ)模型 1:10》、
2017年/2018年、作家蔵。
(撮影:I.HOSOKAWA)

写真6 会場風景。オノ・ヨーコ《色を加えるペインティング(難民船)》、
1960年/2016~2018年、作家蔵。
(撮影:I.HOSOKAWA)

【展覧会名】
六本木ヒルズ・森美術館 15周年記念展 
カタストロフと美術のちから展

Catastrophe and the Power of Art
【会期・会場】
2018年10月6日 ~ 2019年1月20日 森美術館
https://www.mori.art.museum/

※本文・図版とも無断引用・無断転載を禁じます。