詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

印刷/版画/グラフィックデザインの断層 1957-1979

開催中〜2024/03/03

国立工芸館

石川県・金沢市

MOTアニュアル2023 シナジー、創造と生成のあいだ

開催中〜2024/03/03

東京都現代美術館

東京都・江東区

皇居三の丸尚蔵館 開館記念展「皇室のみやび-受け継ぐ美-」第 2 期:「近代皇室を彩る技と美」

開催中〜2024/03/03

皇居三の丸尚蔵館

東京都・千代田区

[公募展] Seed 山種美術館 日本画アワード 2024 ― 未来をになう日本画新世代 ―

開催中〜2024/03/03

山種美術館

東京都・渋谷区

坂本龍一トリビュート展 音楽/アート/メディア

開催中〜2024/03/10

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] ギャラリーA

東京都・新宿区

豊嶋康子 発生法──天地左右の裏表

開催中〜2024/03/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

21_21 DESIGN SIGHT 企画展「もじ イメージ Graphic 展」

開催中〜2024/03/10

21_21 DESIGN SIGHTギャラリー1&2

東京都・港区

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/特集展示 横尾忠則―水のように/生誕100年 サム・フランシス

開催中〜2024/03/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

特別展「本阿弥光悦の大宇宙」

開催中〜2024/03/10

東京国立博物館

東京都・台東区

都市にひそむミエナイモノ展 Invisibles in the Neo City

開催中〜2024/03/10

SusHi Tech Square 1F Space

東京都・千代田区

水木しげるの妖怪 百鬼夜行展 ~お化けたちはこうして生まれた~

開催中〜2024/03/10

そごう美術館

神奈川県・横浜市

FACE展2024

開催中〜2024/03/10

SOMPO美術館

東京都・新宿区

和田誠 映画の仕事

開催中〜2024/03/24

国立映画アーカイブ

東京都・中央区

ムットーニワールド からくりシアターⅤ

開催中〜2024/03/24

八王子市夢美術館

東京都・八王子市

四百年遠忌記念特別展 大名茶人 織田有楽斎

開催中〜2024/03/24

サントリー美術館

東京都・港区

ニャラティブ! ‐物語から見る招き猫亭コレクションと現代作家展‐

開催中〜2024/03/24

藤沢市アートスペース

神奈川県・藤沢市

ACT (Artists Contemporary TOKAS) Vol. 6『メニスル』

開催中〜2024/03/24

トーキョーアーツアンドスペース本郷

東京都・文京区

企画展 「魅惑の朝鮮陶磁」/特別企画 「謎解き奥高麗茶碗」

開催中〜2024/03/26

根津美術館

東京都・港区

VOCA展2024 現代美術の展望-新しい平面の作家たち

2024/03/14〜2024/03/30

上野の森美術館

東京都・台東区

森美術館開館20周年記念展 私たちのエコロジー:地球という惑星を生きるために

開催中〜2024/03/31

森美術館

東京都・港区

tupera tupera + 遠藤幹子 しつもんパーク in 彫刻の森美術館

開催中〜2024/03/31

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

企画展「いざ、勝負!」

開催中〜2024/03/31

北斎館

長野県・小布施町

岩﨑家のお雛さま

開催中〜2024/03/31

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

岡田健太郎―重なる景体

開催中〜2024/04/07

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

三井家のおひなさま 特別展示 丸平文庫所蔵 京のひなかざり

開催中〜2024/04/07

三井記念美術館

東京都・中央区

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

開催中〜2024/04/07

東京都美術館

東京都・台東区

美術家たちの沿線物語 小田急線篇

開催中〜2024/04/07

世田谷美術館

東京都・世田谷区

魔女まじょ展

開催中〜2024/04/08

魔法の文学館(江戸川区角野栄子児童文学館)2階ギャラリー

東京都・江戸川区

初公開の仏教美術 ―如意輪観音菩薩像・二童子像をむかえて―

開催中〜2024/04/14

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

櫻井翔 未来への言葉展 PLAYFUL!

開催中〜2024/04/14

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

令和5年度早春展 中国陶磁の色彩 ―2000年のいろどり―

開催中〜2024/04/14

永青文庫

東京都・文京区

英国キュー王立植物園 おいしいボタニカル・アート 食を彩る植物のものがたり

開催中〜2024/04/14

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

建立900年 特別展 中尊寺金色堂

開催中〜2024/04/14

東京国立博物館

東京都・台東区

生誕150年 池上秀畝―高精細画人―

2024/03/16〜2024/04/21

練馬区立美術館

東京都・練馬区

須藤玲子:NUNOの布づくり

開催中〜2024/05/06

水戸芸術館現代美術ギャラリー、広場

茨城県・水戸市

春の江戸絵画まつり ほとけの国の美術

2024/03/09〜2024/05/06

府中市美術館

東京都・府中市

第5回「私の代表作」展

開催中〜2024/05/12

ホキ美術館

千葉県・千葉市

ライトアップ木島櫻谷 ― 四季連作大屏風と沁みる『生写し』

2024/03/16〜2024/05/12

泉屋博古館東京

東京都・港区

イヴ・ネッツハマー ささめく葉は空気の言問い

2024/03/10〜2024/05/12

宇都宮美術館

栃木県・宇都宮市

モダン・タイムス・イン・パリ 1925 ― 機械時代のアートとデザイン

開催中〜2024/05/19

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

版画の青春 小野忠重と版画運動 ―激動の1930-40年代を版画に刻んだ若者たち―

2024/03/16〜2024/05/19

町田市立国際版画美術館

東京都・町田市

マティス 自由なフォルム

開催中〜2024/05/27

国立新美術館

東京都・港区

金屏風の祭典 ——黄金の世界へようこそ

開催中〜2024/06/02

岡田美術館

神奈川県・箱根町

日本の山海

開催中〜2024/06/02

松岡美術館

東京都・港区

卒寿記念 人間国宝 鈴木藏の志野展

2024/03/19〜2024/06/02

国立工芸館

石川県・金沢市

遠距離現在 Universal / Remote

2024/03/06〜2024/06/03

国立新美術館

東京都・港区

第8回横浜トリエンナーレ「野草:いま、ここで生きてる」

2024/03/15〜2024/06/09

芸術祭(横浜美術館、旧第一銀行横浜支店、BankART KAIKO、クイーンズスクエア横浜、元町・中華街駅連絡通路)

神奈川県・横浜市

北欧の神秘ーノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画

2024/03/23〜2024/06/09

SOMPO美術館

東京都・新宿区

記憶:リメンブランス-現代写真・映像の表現から

開催中〜2024/06/09

東京都写真美術館

東京都・目黒区

BankART Life7「UrbanNesting:再び都市に棲む」

2024/03/15〜2024/06/09

BankART Station

神奈川県・横浜市

企画展「北斎と感情」

2024/04/06〜2024/06/09

北斎館

長野県・小布施町

特別展「大哺乳類展3−わけてつなげて大行進」

2024/03/16〜2024/06/16

国立科学博物館

東京都・台東区

茶の湯の美学 ―利休・織部・遠州の茶道具―

2024/04/18〜2024/06/16

三井記念美術館

東京都・中央区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

2024/04/27〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

2024/04/27〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

2024/03/09〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

2024/04/16〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

民藝 MINGEI—美は暮らしのなかにある

2024/04/24〜2024/06/30

世田谷美術館

東京都・世田谷区

三島喜美代―未来への記憶

2024/05/19〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

2024/04/24〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

2024/04/13〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

日本のまんなかでアートをさけんでみる

2024/03/16〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

Exhibitions

六本木アートナイト2015 レポート

街なか作品と立川行き無料シャトルバスにチャレンジ

   東京・六本木の街を舞台とする一夜限りのアートのイベント「六本木アートナイト2015」が、4月25日(土)から26日(日)の日没から日の出までの時間帯をコアタイムとして開催された。2009年から毎年春に開かれてきたこのイベントは、東日本大震災が起きた2011年には中止となったが、今年で6回を数える。
   筆者は毎年、日没の18時30分頃からのオープニングセレモニーを見てスタートし、終電に間に合う時間まで、六本木ヒルズ、東京ミッドタウン、国立新美術館のエリア内で、美術館を中心に周辺の展示を見るといったパターンで参加してきたが、今年は「立川行きの無料シャトルバスで帰る」ことをマイ・メーン・テーマに掲げ、さらに、街なか作品にチャレンジしようと乗り込んだ。

・キックオフセレモニーでスタート

   25日の日没18時22分に合わせて開かれた「コアタイムキックオフセレモニー」では、
2013年から3年連続でアーティスティックディレクターを務める日比野克彦氏をはじめ、
参加作家が六本木ヒルズアリーナに結集。当日の新聞の訃報欄に日比野氏の父の彰男氏が亡くなり、26日19時から岐阜で通夜とあったので、心配していたが、笑顔で登場し、今年新設されたメディアアートディレクターの齋藤精一氏の名前を元気よくコール。齋藤氏が自らが主導して制作したLEDで光る大型トラック《アケボノ号》から登場し、会場をわかせた。日比野氏は、「六本木の街でアートを満喫したい」と語り、会場に集まった人々に呼び掛けて、今回のテーマ「ひかルつながルさんかすル ハルはアケボノ」を大きな声で唱和、アートナイトをスタートさせた。

・4時間半で約30作品を鑑賞

   セレモニー終了後は、無料で配られているガイドブックを片手に作品巡りを開始。最初に、アリーナ裏手の毛利庭園の池に作られたチームラボの《願いのクリスタル花火》へ。スマートフォンで好きな花火を選んで、その後、画面上の短冊に願いを書いて投げ込むと、花火とともに願いが白い光となって打ち上がるという参加型作品だ。スマホ初心者で操作がわからず、人々の上げる花火にただただ見入っていたが、光と色の繊細な表情が夜空と水面に写し出され、洗練された都会の夜を過ごせた気分になった。
   アリーナに戻り、アケボノ号の上で始まったライブを横目にけやき坂へ。帰りの立川行きのバス停をチェックしながら坂を下りていくと、ボードを持った人に声をかけられた。壁に書いてある「3.11が■■ている」の黒い四角の部分に言葉を入れてほしいとのこと。ここは宮島達男の作品で、いくつかの数字が異なるスピードでカウントダウンを続ける《カウンター・ヴォイド》があった場所。東日本大震災後の3月13日から光が消されていた。しかし、記憶が風化していく現状に危機感を感じ、社会に問い続ける装置として生まれ変わらせようとする「リライトプロジェクト」のキックオフプログラムとして活動を始め、皆から言葉を集めているという。ボードには3.11を忘れないという思いを書いた。

   横断歩道を渡って六本木駅方面への道に進むと、右手のあじさいパーキングの縦長の壁に石田尚志の《色の波の絵巻》が映し出されていた。横浜美術館で開催中の石田の個展会場にも同じタイトルの作品があったが、色の波がすべり落ちるような迫力が増し、暗闇に映えて目をひいた。
   その斜め向かいには、ニナ・フィッシャー&マロアン・エル・サニの東京を舞台にした映像作品《TME-Tokyo Metropolitan Expressway》がPatata六本木の3階のベランダの壁に投影されていた。

   芋洗い坂を登り、途中のヒロミヨシイ六本木の「前田圭介展」を見て、第一レ―ヌビルに。曽根光揮の《写場》とウー・ジーツォンの《WireⅠ》《Crystal City 002》が展示されていた。《写場》は10人ほどの列ができていて、ようやく中に入ると、スクリーンの前に写真スタジオ風の椅子があり、そこに座ると写真館の店主と思しき男性がカメラを向けて「最近、お痩せになりませんか」などと言いながら、シャッターを押す映像が映し出される。さらに「よく撮れましたよ」などの言葉とともに、座っている自分が撮影された紙焼き写真が画面に表れる作品で、「えー!」「どうして…」。驚きの声はそこここで上がっていた。未だに不思議だ。

   近くにある六本木ロアビルの外階段周辺にはオランダのアーティストTim van Cromvoirtの《Lungplant》が。かぼちゃのような立体が呼吸をするかのように膨らんだりしぼんだりしながら柔らかい光を放っていた。
   六本木交差点に進むといつもある時計塔がカラフルな絵で覆われていた。時計の部分を顔にして春の神が描かれた絵で、横に顔はめ写真で天使になれるボードもあり、人が集まっていた。小橋陽介+Colliuの《小橋とColliuの顔はめ派時計》という作品だった。駅から出て来る人や待ち合わせをする人にアートナイトのスタッフがガイドブックを配ったり、顔はめで記念撮影する人々もいて街中で盛り上がってきた実感がわく。

   信号を渡り、東京ミッドタウン方面へ。途中の絨毯屋PARSのショーウィンドーに山岡潤一《Morphing Cube》があった。ゴムでできているという立方体の形が瞬時に変化したり、浮遊する様子が生き物のようで、多くの人が足をとめて見入っていた。
   ミッドタウンに着くと、外苑東通りに面した広場の青く光るゴジラの前に人が集まり、写真におさめていた。中庭には、光る大型のアートトラック「ハル号」やフォトサークルなどの参加型作品があり、賑わっていたが、まずは地下のイートインコーナーで食事。その後ミッドタウン内で展開しているストリートミュージアムやフラワーアートアワードの作品などをいくつか見て、国立新美術館方面へ。途中の店の前に設置されたスイッチ総研の《六本木アートナイトスイッチ》などを見ながら、美術館横の政策研究大学院大学の敷地内の東恩納裕一の《キャンディ》に。巨大な銀色のキャンディの包みがライトの光を受けながら回転し、上空の月と新美術館のガラスからの光と調和しながら六本木の夜に輝いていた。

   その後、再び六本木ヒルズに向かった。帰りの立川行きのシャトルバスに乗るには、ヒルズのけやき坂バス停に乗車希望の1時間前に行き、整理券をもらわなければならない。23時発のバスに乗るために22時にけやき坂に行くにはそのルートを取り、ヒルズ周辺の作品を時間までできるだけたくさん見よう考えた。
   六本木通りを渡るために、地下通路を進むと、フィリピンの作家ポクロン・アナディンの《カウンター・アクトⅡ》が壁沿いに約10点展示されていた。人々が顔の前に鏡を持って太陽の光を反射させるシリーズの、新作の東京バージョンだった。

   通路を抜けて、ヒルズ2階の屋外広場に出た。太陽電池で光る花による《リトル・サン・ガーデン》や、「ハルはアケボノカフェ」のライブペインティングを見て、森美術館の「シンプルなかたち展」へ行く。この展覧会は、前日の昼間に見ていたが、窓から外が見渡せる部屋に展示され、柔らかい布が風で浮遊する大巻伸嗣の《リミナル・エアー  スペース‐タイム 2015》が、夜にはどんな表情を見せるのか、確かめてみたかった。特別な照明はなく、ビルや街灯などの街からのわずかな光と静けさを包みこむように人知れず浮遊する布の動きや影が、夢の世界に誘うかのようだった。

   ・立川行き無料シャトルバスで帰宅

   22時近くなったので、けやき坂のバス停周辺へ。整理券をどこで配っているのかわからず不安になったが、周辺にいた人に聞き、近くに係の人がいることがわかり、券をもらって建物に引き返した。バス発車までの1時間で、ヒルズ館内に展示されているカールステン・ニコライの自動販売機をテーマにし、実際の自動販売機が見える場所に投影した映像作品《future past perfect pt.03》や、40メートルの高さの天井から7色の布を吊るし、1987年にエッフェル塔で展示した虹の滝を再現した靉嘔の《300mのレインボー》、大山エンリコイサムのライブ・ペインティング・パフォーマンスなどを見た。また、入口から入って両側に並んだ30人と握手をして進むパフォーマンス、アローラ+カルサディーラの《気性とオオカミ》を体験し、4階のコンビニで飲み物を買ってバスへ。

   すでに乗車が始まっていたが、窓側に座ることができた。普通の観光バスで、二人連れは並んで座り、一人で乗車した人は二人がけに一人で座っていっぱいになるくらいの乗車数。23時に発車し、5分後に六本木駅前、さらに5分後に東京ミッドタウン前に停車したが、乗車はなく、吉祥寺駅、国分寺駅、立川駅に向けて出発。吉祥寺駅に0時頃、国分寺駅は南口のロータリーに0時20分頃到着した。筆者はここで降り、バスはその後立川方面に走って行った。

 
   けやき坂のバス停からは、渋谷行き、新宿経由池袋行き、上野行き、品川行き、立川行きなど各ターミナルへの無料シャトルバスが土曜の23時から日曜の朝5時代まで運行されていた。渋谷行きなどは15分から20分間隔で自由に乗車できるが、立川行きは23時から翌朝5時15分までの75分間隔で、整理券が必要。いずれのバスも、各ターミナルから六本木までの運行もある。
   ただ、けやき坂のバス停には、シャトルバスが留まるという表示がなく、立川行きの整理券の配布がどこでどのように行われるのかがわかりにくく不安になった。実際、キックオフセレモニーの前に確認に行ったが、スタッフに聞いてもわからない状態だった。また、六本木駅前とミッドタウン前のバス停がどこなのか、展示を見ながら捜してみたが、わからず、乗り遅れないためにはけやき坂からの乗車が安全だと判断したことも、再度ヒルズに戻った理由のひとつだ。
 
   バスにはアートナイトの看板も付けられ、添乗員さんもいて、いわゆる「やる気」が感じられたが、電車のない深夜にも安全に利用できるせっかくの企画がもっと生かせるよう、バス停周辺にバス専門のガイドを置いたり、案内板を増やすなどして、より利用しやすくすると良いだろう。
 
   越後妻有や瀬戸内、愛知のトリエンナーレなどで、古い建物を利用した作品に触れてきたが、六本木でも、作品がなければ一生行かないようなビルに入って体感できたことは大きな収穫だった。一夜限りのアートの醍醐味は、街なかにこそあるようだ。

執筆:西澤美子

写真キャプション
① コアタイムキックオフセレモニー。六本木ヒルズアリーナに参加作家が集合
② チームラボ《願いのクリスタル花火》
③ けやき坂の「リライトプロジェクト」
④ 石田尚志《色の波の絵巻》
⑤ ニナ・フィッシャー&マロアン・エル・サニ《TME-Tokyo Metropolitan Expressway》
⑥ 曽根光揮《写場》
⑦ 鑑賞者が映像の写真に写り込んでいる
⑧ ロアビルに展示されたTim van Cromvoirt《Lungplant》
⑨ 六本木交差点の小橋陽介+Colliu《小橋とColliuの顔はめ派時計》
⑩ 絨毯屋 六本木PARSのショーウィンドーに展示した山岡潤一《Morphing Cube》
⑪ 東恩納裕一《キャンディ》。後ろは国立新美術館
⑫ 六本木通り地下通路のポクロン・アナディンの新作《カウンター・アクトⅡ》
⑬ 大巻伸嗣《リミナル・エアー  スペース‐タイム 2015》
⑭ カールステン・ニコライ《future past perfect pt.03》。上部の映像が作品。下は実際の自動販売機コーナー
⑮ 靉嘔《300mのレインボー》
⑯ 立川行きの無料シャトルバス。国分寺駅前に到着。

「六本木アートナイト2015」
4月25日(土)~4月26日(日)
コアタイム18時22分[日没]~4時56分[日の出]
詳細 http://www.roppongiartnight.com/2015/

2015年5月12日