詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

フィン・ユールとデンマークの椅子

開催中〜2022/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

特別展アリス —へんてこりん、へんてこりんな世界ー

開催中〜2022/10/10

森アーツセンターギャラリー( 六本木ヒルズ森タワー 52F)

東京都・港区

名作展「涼風を語る 龍子の描いた風景画を中心に」

開催中〜2022/10/10

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

特別展「化石ハンター展 〜ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣〜」

開催中〜2022/10/10

国立科学博物館

東京都・台東区

アールヌーヴォーからアールデコに咲いたデザイン  オールドノリタケ×若林コレクション

開催中〜2022/10/16

そごう美術館

神奈川県・横浜市

企画展  蔵出し蒔絵コレクション

開催中〜2022/10/16

根津美術館

東京都・港区

MOTアニュアル2022 私の正しさは誰かの悲しみあるいは憎しみ

開催中〜2022/10/16

東京都現代美術館

東京都・江東区

MOTコレクション コレクションを巻き戻す 2nd

開催中〜2022/10/16

東京都現代美術館

東京都・江東区

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展Ⅲ 古美術逍遙 ―東洋へのまなざし

開催中〜2022/10/23

泉屋博古館東京

東京都・港区

新版画 進化系UKIYO-Eの美

開催中〜2022/11/03

千葉市美術館

千葉県・千葉市

地球がまわる音を聴く:パンデミック以降のウェルビーイング

開催中〜2022/11/06

森美術館

東京都・港区

特集展示「初公開の収蔵品から」

開催中〜2022/11/06

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

生誕 120 年 猪熊弦一郎展

開催中〜2022/11/06

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

長坂真護展 Still A “BLACK” STAR  supported by なんぼや

開催中〜2022/11/06

上野の森美術館

東京都・台東区

大蒔絵展 —漆と金の千年物語

開催中〜2022/11/13

三井記念美術館

東京都・中央区

理想の書物 —英国19世紀挿絵本からプライヴェート・プレスの世界へ—

開催中〜2022/11/13

群馬県立近代美術館

群馬県・高崎市

美をつくし―大阪市立美術館コレクション

開催中〜2022/11/13

サントリー美術館

東京都・港区

宮城壮太郎展――使えるもの、美しいもの

開催中〜2022/11/13

世田谷美術館

東京都・世田谷区

第74回 正倉院展

2022/10/29〜2022/11/14

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

学年誌100年と玉井力三—描かれた昭和の子ども―

開催中〜2022/11/15

千代田区立日比谷図書文化館

東京都・千代田区

誕生50周年記念 ベルサイユのばら展ーベルばらは永遠にー

開催中〜2022/11/20

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)

東京都・港区

ヤマザキマリの世界

2022/10/25〜2022/11/26

東京造形大学附属美術館

東京都・八王子市

江森天寿と石川梅子 夭折の画家と県内初の女流画家

2022/10/08〜2022/11/27

遠山記念館

埼玉県・川島町

開館25周年記念展 Ⅲ 再興院展の立役者 齋藤隆三

2022/10/08〜2022/11/27

茨城県天心記念五浦美術館

茨城県・北茨城市

企画展「市制90周年記念 私たちの絵 時代の自画像展」

開催中〜2022/11/27

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

旅と想像/創造 いつかあなたの旅になる

開催中〜2022/11/27

東京都庭園美術館

東京都・港区

北斎ブックワールド ―知られざる板本の世界―

開催中〜2022/11/27

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー

開催中〜2022/11/27

角川武蔵野ミュージアム

埼玉県・所沢市

2022年秋の特別展「ヒンドゥーの神々の物語」

開催中〜2022/11/27

古代オリエント博物館

東京都・豊島区

特別展  将軍家の襖絵

2022/11/03〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

2022/10/08〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

ポンペイ

2022/10/12〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

2022/10/06〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

アーツ・アンド・クラフツとデザイン ウィリアム・モリスからフランク・ロイド・ライトまで

開催中〜2022/12/04

府中市美術館

東京都・府中市

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

2022/10/25〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

2022/10/08〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

2022/11/03〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子展(タイトル未定)

2022/10/08〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

静嘉堂創設130周年・新美術館開館記念 響きあう名宝 ―曜変・琳派のかがやき―

開催中〜2022/12/18

静嘉堂文庫美術館

東京都・千代田区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

2022/10/08〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

2022/10/18〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

2022/10/22〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

鉄道と美術の150年

2022/10/08〜2023/01/09

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

2022/11/05〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

2022/11/15〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

2022/10/08〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

2022/10/08〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

2022/10/08〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

2022/10/14〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

2022/11/18〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

2022/11/12〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展(仮題)

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

特別展「動画クリエイター展」

2022/10/08〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

シダネル_top_b

Exhibitions

光の表現を追い求めて
「シダネルとマルタン展 最後の印象派」

 「最後の印象派」という心惹かれる副題のついた二人展「シダネルとマルタン展」が山梨県立美術館で開催されている。アンリ・シダネル(1862〜1939)は、日本では2011〜12年の巡回展が話題となったが、アンリ・マルタン(1860〜1943)の名はあまり耳慣れないだろうか。だが、19世紀末から20世紀前半にかけて画業を展開させた二人は、ともに20世紀の前衛芸術とは距離をとりつつ、息の長い活躍を続け、フランス画壇で高い評価を得た画家だった。ただ、後の美術史の流れの中で「忘れられた画家」となり、近年になって再評価が進んでいるとのこと。本展は、その成果を目の当たりにできる展覧会ということになる。

友人同士の二人の画家

 第一室に印象的に展示されているのは二人の大作だ。《ベルク、孤児たちの散策》は、パリの国立美術学校に学びつつも、むしろ印象派の光の表現に影響を受けたシダネルが、北フランスの村に移り住み、北方の淡く繊細な光のゆらめきを探究していた頃の作品。一方、《野原を行く少女》は、やはり国立美術学校で学んだのち、イタリア留学でルネサンスの巨匠ジョットやフラ・アンジェリコの甘美な表現に惹かれたマルタンが、帰国後に新印象派の点描法に取り組み始めた時期の作。詩に霊感を得た本作には、象徴主義の影響もうかがえる。両作品は主題も色調も異なるが、光や大気のとらえ方などに共通の関心が見てとれる、二人を象徴する初期作である。

シダネル01
左にシダネル《ベルク、孤児たちの散策》(1888年)、右にマルタン《野原を行く少女》(1889年)がゆったりと掛けられた第一室。

 1891年、二人はフランス芸術家協会サロンの会場で出会い、友情を深めていく。1900年には、サロンの新進の芸術家が集った「新協会」の創立にともに参画。画廊などで一緒に展覧会を開く一方、プライベートでも互いの家を訪れるなど、親しい交友関係が続いた。当時は破天荒な生き方をした芸術家も多かったが、生涯同じ伴侶と和やかな家庭生活を送った二人は、そうした面でも通じ合うところがあったのかもしれない。

リレー式の章構成で各人の深掘りを

 本展の構成の特徴は、その二人の画家を、おおむね1章ごとに交代でじっくり紹介していることだ。たとえば、各地を旅したシダネルの風景画が並ぶ第3章では、主に夕刻の光のもと、各都市の詩情を表現した独自の画風の展開が見てとれる。一転して第4章は、公共建築の大装飾画を手がけたマルタンの鮮やかな色彩の作品が並ぶ。壁画習作が中心だが、労働する人々の群像を点描法で生き生きと描いた作品は見応えがある。

シダネル02
左《サン=トロペ、税関》(1928年)は黎明時の港を、右《ブリュッセル、グラン=プラス》(1934年)は夕暮れ後の街景をとらえた。
シダネル03
マルタンが点描で描いた装飾画の習作。左《ガブリエルと無花果の木〔エルベクール医師邸の食堂の装飾画のための習作〕》(1911年)、右《二番草》(1910年)。
シダネル04
マルタン《舗装工〔フランス国務院(パリ)の装飾画《コンコルド広場での仕事》のための習作〕》 (1925年頃)。大壁画の制作のため、画家は多数の習作で入念な準備をした。

 第5章で一望できるのは、北フランスの小村ジェルブロワの自邸にバラ園を築いたシダネルの円熟期の作。人物像をほぼ廃し、石造りの家や満開のバラ、そして庭の食卓を主題とした美しい作品は画家の代表作として知られるものだ。マルタンもまた制作の源泉として庭造りに励んだことは、南フランスの自邸を舞台とした風景画が並ぶ第6章で明らかとなる。さらに、シダネルによるヴェルサイユ風景の第7章、そしてマルタンによる南フランスの海景の第8章。二人の足跡を交互に丁寧にたどるこの構成は、各人の個展を見るような趣とともに、二人の作品の響き合いによって各々の光の表現がいっそう豊かさを増すような、二人展ならではの相乗効果も生んでいる。

シダネル05
左のシダネル《ジェルブロワ、雪の広場》(1902年)は、村に魅了されて居を構えた当初の作品。右《ジェルブロワ、花咲く木々》(1902年)は、妹をモデルに人物の姿を描き入れた珍しい例。フランスの俳優アラン・ドロンの旧蔵品だという。
シダネル06
シダネル《ジェルブロワ、テラスの食卓》(1930年)。屋外の食卓の情景は、特に人気の高い主題のひとつ。
シダネル07
マルタン《マルケロル、秋の蔓棚》(1910-20年頃)。マルケロルは、南仏の町ラバスティド・デュ・ヴェールでマルタンが入手した家の名。蔓棚の下は、画家が仕事後の思索のために過ごしたお気に入りの場所だ。
シダネル08
シダネル《ヴェルサイユ、月夜》(1929年)。ジェルブロワの冬の寒さを避けて住まいを構えたヴェルサイユでも、画家を代表する作品群が生まれた。
シダネル09
左《コリウール》(1923年)、右《岩々》(1925−35年頃)。強い光を浴び、様々に変化する南仏の海の色に魅了されたマルタンの海景画の数々。

印象派と親密派(アンティミスト)

 実は、「最後の印象派」の名は、かつて革新的だった印象派の手法がアカデミスムの世界でも受容されるようになったこの時代を振り返った後世の人々がつけたものだという。本人たちは自らを印象派ではなく、身の周りの情景や人々の生活を親密な視点でとらえる「アンティミスト」と考えていたのだとか。確かに、二人が繰り返し取り組んだのは、家族と暮らした土地の情景を温かな眼差しで描くことだった。また、人物像も多く描いたマルタンに対し、後年は風景画に人物を配することはほとんどなかったシダネルだが、美しくしつらえた食卓や窓の暖かな灯火が人の温もりや親密さをも伝えている。色味の相違はあるとはいえ、光の表現を生涯追究した二人の画家は、アンティミストという点でも、共感し合うものがあったのだった。

シダネル10
マルタン《窓際のテラス》(1925年頃)。右奥に見えるのは、マルタンの《池の前の自画像》(1920-30年頃)。
シダネル11
シダネル《ジェルブロワ、離れ屋の前の小卓》(1935年)。シダネルの働きかけで、ジェルブロワはバラの花で知られる村となり、今でもフランスで最も美しい村のひとつとして多くの観光客を集めている。

執筆・写真撮影 中山ゆかり
*会場内の写真画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。
ただし、本展では、個人的な利用を条件として、撮影が許可されている作品があります。会場内の掲示をご参照ください。

シダネルとマルタン展 最後の印象派
HENRI LE SIDANER – HENRI MARTIN

【会期・会場】
2021年11月3日(水・祝)~2022年1月10日(月・祝) 山梨県立美術館
※来場にあたっての注意事項等については、公式ウェブサイトをご確認ください。
美術館HP:https://www.art-museum.pref.yamanashi.jp

【今後の巡回予定】
2022年3月26日(土)~6月26日(日) SOMPO美術館