詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

印刷/版画/グラフィックデザインの断層 1957-1979

開催中〜2024/03/03

国立工芸館

石川県・金沢市

MOTアニュアル2023 シナジー、創造と生成のあいだ

開催中〜2024/03/03

東京都現代美術館

東京都・江東区

皇居三の丸尚蔵館 開館記念展「皇室のみやび-受け継ぐ美-」第 2 期:「近代皇室を彩る技と美」

開催中〜2024/03/03

皇居三の丸尚蔵館

東京都・千代田区

[公募展] Seed 山種美術館 日本画アワード 2024 ― 未来をになう日本画新世代 ―

開催中〜2024/03/03

山種美術館

東京都・渋谷区

坂本龍一トリビュート展 音楽/アート/メディア

開催中〜2024/03/10

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] ギャラリーA

東京都・新宿区

豊嶋康子 発生法──天地左右の裏表

開催中〜2024/03/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

21_21 DESIGN SIGHT 企画展「もじ イメージ Graphic 展」

開催中〜2024/03/10

21_21 DESIGN SIGHTギャラリー1&2

東京都・港区

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/特集展示 横尾忠則―水のように/生誕100年 サム・フランシス

開催中〜2024/03/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

特別展「本阿弥光悦の大宇宙」

開催中〜2024/03/10

東京国立博物館

東京都・台東区

都市にひそむミエナイモノ展 Invisibles in the Neo City

開催中〜2024/03/10

SusHi Tech Square 1F Space

東京都・千代田区

水木しげるの妖怪 百鬼夜行展 ~お化けたちはこうして生まれた~

開催中〜2024/03/10

そごう美術館

神奈川県・横浜市

FACE展2024

開催中〜2024/03/10

SOMPO美術館

東京都・新宿区

和田誠 映画の仕事

開催中〜2024/03/24

国立映画アーカイブ

東京都・中央区

ムットーニワールド からくりシアターⅤ

開催中〜2024/03/24

八王子市夢美術館

東京都・八王子市

四百年遠忌記念特別展 大名茶人 織田有楽斎

開催中〜2024/03/24

サントリー美術館

東京都・港区

ニャラティブ! ‐物語から見る招き猫亭コレクションと現代作家展‐

開催中〜2024/03/24

藤沢市アートスペース

神奈川県・藤沢市

ACT (Artists Contemporary TOKAS) Vol. 6『メニスル』

開催中〜2024/03/24

トーキョーアーツアンドスペース本郷

東京都・文京区

企画展 「魅惑の朝鮮陶磁」/特別企画 「謎解き奥高麗茶碗」

開催中〜2024/03/26

根津美術館

東京都・港区

VOCA展2024 現代美術の展望-新しい平面の作家たち

2024/03/14〜2024/03/30

上野の森美術館

東京都・台東区

森美術館開館20周年記念展 私たちのエコロジー:地球という惑星を生きるために

開催中〜2024/03/31

森美術館

東京都・港区

tupera tupera + 遠藤幹子 しつもんパーク in 彫刻の森美術館

開催中〜2024/03/31

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

企画展「いざ、勝負!」

開催中〜2024/03/31

北斎館

長野県・小布施町

岩﨑家のお雛さま

開催中〜2024/03/31

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

岡田健太郎―重なる景体

開催中〜2024/04/07

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

三井家のおひなさま 特別展示 丸平文庫所蔵 京のひなかざり

開催中〜2024/04/07

三井記念美術館

東京都・中央区

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

開催中〜2024/04/07

東京都美術館

東京都・台東区

美術家たちの沿線物語 小田急線篇

開催中〜2024/04/07

世田谷美術館

東京都・世田谷区

魔女まじょ展

開催中〜2024/04/08

魔法の文学館(江戸川区角野栄子児童文学館)2階ギャラリー

東京都・江戸川区

初公開の仏教美術 ―如意輪観音菩薩像・二童子像をむかえて―

開催中〜2024/04/14

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

櫻井翔 未来への言葉展 PLAYFUL!

開催中〜2024/04/14

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

令和5年度早春展 中国陶磁の色彩 ―2000年のいろどり―

開催中〜2024/04/14

永青文庫

東京都・文京区

英国キュー王立植物園 おいしいボタニカル・アート 食を彩る植物のものがたり

開催中〜2024/04/14

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

建立900年 特別展 中尊寺金色堂

開催中〜2024/04/14

東京国立博物館

東京都・台東区

生誕150年 池上秀畝―高精細画人―

2024/03/16〜2024/04/21

練馬区立美術館

東京都・練馬区

須藤玲子:NUNOの布づくり

開催中〜2024/05/06

水戸芸術館現代美術ギャラリー、広場

茨城県・水戸市

春の江戸絵画まつり ほとけの国の美術

2024/03/09〜2024/05/06

府中市美術館

東京都・府中市

第5回「私の代表作」展

開催中〜2024/05/12

ホキ美術館

千葉県・千葉市

ライトアップ木島櫻谷 ― 四季連作大屏風と沁みる『生写し』

2024/03/16〜2024/05/12

泉屋博古館東京

東京都・港区

イヴ・ネッツハマー ささめく葉は空気の言問い

2024/03/10〜2024/05/12

宇都宮美術館

栃木県・宇都宮市

モダン・タイムス・イン・パリ 1925 ― 機械時代のアートとデザイン

開催中〜2024/05/19

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

版画の青春 小野忠重と版画運動 ―激動の1930-40年代を版画に刻んだ若者たち―

2024/03/16〜2024/05/19

町田市立国際版画美術館

東京都・町田市

マティス 自由なフォルム

開催中〜2024/05/27

国立新美術館

東京都・港区

金屏風の祭典 ——黄金の世界へようこそ

開催中〜2024/06/02

岡田美術館

神奈川県・箱根町

日本の山海

開催中〜2024/06/02

松岡美術館

東京都・港区

卒寿記念 人間国宝 鈴木藏の志野展

2024/03/19〜2024/06/02

国立工芸館

石川県・金沢市

遠距離現在 Universal / Remote

2024/03/06〜2024/06/03

国立新美術館

東京都・港区

第8回横浜トリエンナーレ「野草:いま、ここで生きてる」

2024/03/15〜2024/06/09

芸術祭(横浜美術館、旧第一銀行横浜支店、BankART KAIKO、クイーンズスクエア横浜、元町・中華街駅連絡通路)

神奈川県・横浜市

北欧の神秘ーノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画

2024/03/23〜2024/06/09

SOMPO美術館

東京都・新宿区

記憶:リメンブランス-現代写真・映像の表現から

開催中〜2024/06/09

東京都写真美術館

東京都・目黒区

BankART Life7「UrbanNesting:再び都市に棲む」

2024/03/15〜2024/06/09

BankART Station

神奈川県・横浜市

企画展「北斎と感情」

2024/04/06〜2024/06/09

北斎館

長野県・小布施町

特別展「大哺乳類展3−わけてつなげて大行進」

2024/03/16〜2024/06/16

国立科学博物館

東京都・台東区

茶の湯の美学 ―利休・織部・遠州の茶道具―

2024/04/18〜2024/06/16

三井記念美術館

東京都・中央区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

2024/04/27〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

2024/04/27〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

2024/03/09〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

2024/04/16〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

民藝 MINGEI—美は暮らしのなかにある

2024/04/24〜2024/06/30

世田谷美術館

東京都・世田谷区

三島喜美代―未来への記憶

2024/05/19〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

2024/04/24〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

2024/04/13〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

日本のまんなかでアートをさけんでみる

2024/03/16〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

軽井沢安東美術館の外観

Exhibitions

企画展「藤田嗣治 猫と少女の部屋」

  • 軽井沢安東美術館 (長野県・北佐久郡軽井沢町)

世界初の藤田嗣治だけの美術館

 軽井沢安東美術館は、藤田嗣治(レオナール・フジタ)(1886~1968)の作品だけを展示する世界初の個人美術館である。2022年10月に開館。創立者の安東泰志氏(同館代表理事)が夫人と共に20年にわたり蒐集した約200作品を収蔵。JR軽井沢駅北口から徒歩8分ほどの、大賀ホールのはす向かいに建つ赤煉瓦積みの壁とカーテンウォールの対比が美しい建物だ。現在、開催中の企画展「藤田嗣治 猫と少女の部屋」では約120点を出品。筆者はここを訪れ、アットホームな雰囲気を感じながら藤田と親しく話をしたような印象をもった。

軽井沢安東美術館の外観
軽井沢安東美術館の外観

一枚の版画との出会いから

 安東氏が藤田作品の蒐集を始めたきっかけは、軽井沢での散歩中に一枚の版画に出会ったことだった。《ヴァンドーム広場》(『魅せられたる河』より、1951年、軽井沢安東美術館蔵)(所蔵先は全て軽井沢安東美術館。以下、略)である。開かれた窓からパリのヴァンドーム広場のナポレオンが建造した塔や、瀟洒な建築群がのぞく。窓辺にはマネキン人形、そして革製椅子に気持ちよさそうに眠る猫の姿がある。安東氏はこの猫に心を奪われた。この版画は、フランスの古文学者ルネ・エロン・ド・ヴィルフォス(1903~85)がパリのフォーブール・サン=トノレの通りの情景を河に見立てて執筆したテキストと、藤田のカラーエッチングなどによる挿絵から成る豪華大型本『魅せられたる河』の一葉。藤田65歳の誕生日に刊行された。

会場風景(以下同様)。右から、藤田嗣治『魅せられたる河』より《ヴァンドーム広場》 1951年 紙・エッチング。《アタラとヘシオン》『猫の本』より、《ソミリス》『猫の本』より、共に1930年 紙・コロタイプ。全て軽井沢安東美術館蔵
会場風景(以下同様)。右から、藤田嗣治『魅せられたる河』より《ヴァンドーム広場》 1951年 紙・エッチング。《アタラとヘシオン》『猫の本』より、《ソミリス》『猫の本』より、共に1930年 紙・コロタイプ。全て軽井沢安東美術館蔵

 その後、安東氏は藤田の絶妙な筆による猫や少女、聖母子などの作品の蒐集を開始し、自宅に飾り、夫妻で絵に向き合う生活を送ることになった。なかでも《人形と少女》(制昨年不詳)は、安東夫妻が訪れた藤田晩年のアトリエ内に類似の絵を見つけたこともあり、思い入れが強いそうだ。安東氏は辛いことも多く経験した人生の中で、藤田の絵に安らぎを得、絵と共に苦難を乗り越えてきたという。また藤田の生涯での挫折や苦悩を知り、共感を深めた。そして蒐集は、藤田が第二次大戦後にパリに永住して主に制作した猫と少女の絵などに加え、1920年代の「乳白色の肌」の裸婦像をも含めた、全画業にわたるものに拡大してゆき、美術館建設に至った。

右から、藤田嗣治《果実と少女》1956年 油彩・キャンバス、《人形と少女》制作年不詳 油彩・キャンバス、《猫を抱く若い娘》1957年 油彩・キャンバス。全て軽井沢安東美術館蔵
右から、藤田嗣治《果実と少女》1956年 油彩・キャンバス、《人形と少女》制作年不詳 油彩・キャンバス、《猫を抱く若い娘》1957年 油彩・キャンバス。全て軽井沢安東美術館蔵

「自宅にいらしたような雰囲気に」

 美術館の建設にあたって安東氏が心を砕いたのは、「自宅にいらしたような雰囲気で作品をご覧いただき、何かを感じてほしい」ということだった。建築家の武富恭美氏(ディーディーティー一級建築事務所 代表)は、安東氏の意図を汲み、藤田への敬意および軽井沢の特性も重ねた美術館の設計を行った。武富氏は安東夫妻の希望通り、自宅と同様に中庭を設け、英国から手造りの煉瓦を取り寄せた。煉瓦は外壁から中庭の壁へと廻り込ませている。
 
 2階は、中庭を取り囲んで展示室が並ぶが、内壁の色、照明、天井を変化させている。コレクションの中核をなす「展示室5(赤の部屋)」の「少女と猫の世界」では安東夫妻の居間の再現を図った。「展示室4(青の部屋)」の奥は、教会のような厳かな空間。軽井沢彫のベンチに腰掛けて優美な聖母子像と向き合っていると、藤田が設計し、晩年に習得したフレスコ画を描いたランスの「平和の聖母礼拝堂」(通称フジタ礼拝堂)のこと、それを創った藤田の気持ちに、筆者は自然に思いを馳せていた。藤田夫妻が眠る礼拝堂である。また藤田の手仕事を紹介する「屋根裏の部屋」は、晩年のエソンヌ県の「メゾン=アトリエ・フジタ」を彷彿とさせる。なお展望ラウンジからは、浅間山と離山が一望できる。

中庭を見る
中庭を見る
展示室4 撮影:Takahiro Maruo
展示室4 撮影:Takahiro Maruo

展示室を中心に館内をめぐる

 上に少し触れたが、館内を概観してみよう。1階の「展示室1」は、藤田の自画像など。
 2階に上がり最初の「展示室2(緑の部屋)」は、「渡仏―スタイルの模索から乳白色の下地へ」。1913年の渡仏後の風景画等の初期作品から、模索の末に到達し絶賛された1920年代の「乳白色の下地」と繊細な黒い線による裸婦像(《二人の女友達》(1926年)等)までが並ぶ。驚くべき画風の変遷がある。
 
 「展示室3(黄色の部屋)」は、「旅する画家―中南米、日本、ニューヨーク」。1931年、藤田は恋人マドレーヌと共にパリを離れ、異文化との出会いを求めての旅へ。色彩が鮮やかに変化する。日本に帰国し壁画や戦争画を制作。戦争画を描いた画家たちの責任を藤田だけに負わせようとする動きが戦後に起こり、幻滅した藤田は1949年、二度と帰国しない決心で離日。パリに向かう前にニューヨークに滞在。この部屋では、《メキシコの男》(1933年)等、この間の多彩な作品を紹介。
 
 「展示室4(青の部屋)」は、「ふたたびパリへ―信仰への道」。藤田は1950年にパリに帰還。1955年にフランス国籍を取得し、1959年には君代夫人と共にカトリックの洗礼を受けた。以後絵のサインはレオナール・フジタ(L.Foujita)となる。この部屋では少女像、聖女像、聖母子像を展示。
 
 「展示室5(赤の部屋)」は、「少女と猫の世界」。安東夫妻の居間を再現する空間。そして自動ドアのある「特別展示室」、手仕事を紹介する「屋根裏展示室」が続く。
 
 なお、1階の市松模様の床が特徴の「サロン ル ダミエ」では音楽会も開催。「HARIO CAFE」 も併設する。

サロン ル ダミエ 撮影:Takahiro Maruo
サロン ル ダミエ 撮影:Takahiro Maruo
HARIO CAFÉ  撮影:Takahiro Maruo
HARIO CAFÉ 撮影:Takahiro Maruo

初公開作品:《腕を上げた裸婦》《猫の教室》など

 本展は開館後第2弾の企画展であり、初公開の重要作品も数点出品。たおやかな《腕を上げた裸婦》(1924年)は、藤田を時代の寵児とした「乳白色の下地」による作品。東京国立近代美術館所蔵の《五人の裸婦》(1923年)の、左から2人目の女性と同じポーズをとる。
 
 《猫の教室》(1949年)は、第二次大戦後、離日しパリに向かう前に10ヵ月滞在したニューヨークで描かれた。猫たちが擬人化され、喧嘩したり早弁したり。表情が実に豊か。よく見ると、黒板の数式は猫の姿であり、時計の振り子にも小さな猫がいる。思わず笑ってしまった。筆者の頭にふと、幕末明治に活躍した河鍋暁斎筆の版画《暁斎楽画 第3号 化々学校》(1874年)が浮かんだ。鍾馗の先生が黒板を前に鬼の子供たちを教えている文明開化の戯画だが、開放感に満ちているのだ。水野昌美 館長は、《猫の学校》が高評を博したニューヨークのマシアス・コモール画廊での藤田の個展(全て新作40作品)の出品作であり、一般での公開が33年ぶりであることを、また「本作は日本を離れて、のびのびと描くことの喜びといった心情が感じられるようにも思う」とも話された。

藤田嗣治[中央]《猫の教室》1949年 油彩・キャンバス、[左]《パリの屋根の前の少女と猫》1955年 油彩・キャンバス、[右]《正面を向く猫》1930年 油彩・キャンバス。全て軽井沢安東美術館蔵  画像提供:軽井沢安東美術館
藤田嗣治[中央]《猫の教室》1949年 油彩・キャンバス、[左]《パリの屋根の前の少女と猫》1955年 油彩・キャンバス、[右]《正面を向く猫》1930年 油彩・キャンバス。全て軽井沢安東美術館蔵  画像提供:軽井沢安東美術館

 筆者は、63歳の藤田が二度と帰国しないと決心し、「絵描きは絵だけ描いてください。仲間げんかをしないでください。日本画壇は早く世界的水準になってください」との言葉を残して離日したその胸中を思うと、悲痛な気持ちになる。藤田は「…僕は日本人だから、西洋へ行っても日本の筆と、日本の墨を油絵に使ったのである」「私の体は日本で成長し、私の絵はフランスで成長した。…私には二ヶ国ながら懐かしいふるさとだ…」(藤田嗣治『随筆集 地を泳ぐ』1942年、より)などの言葉をかつて残している。
 
 軽井沢安東美術館で藤田の多様な名作に接し、その世界を堪能し、藤田を身近に感じた。彼の自然で快活な面も発見した。《ピアノを弾く自画像》(1932年)では、歌いながらピアノを弾く楽しげな藤田。《さようなら船長さん》(1932)では、ブラジルの旅で乗船した大阪汽船の船長宛の礼状の、長身のマドレーヌに手を引っ張られる藤田、など。
 そして強く伝わってくるのが、安東夫妻の藤田作品と藤田その人への気持ちである。

【参考文献】
1)軽井沢安東美術館 編:『藤田嗣治 安東コレクションの輝き 猫と少女と軽井沢』世界文化社、2022年
2)藤田嗣治:『随筆集 地を泳ぐ』平凡社、2014年
3)藤田嗣治 著、近藤史人 編:『腕一本・巴里の横顔 藤田嗣治エッセイ選』講談社、2005年
4)林 洋子:『藤田嗣治 作品をひらく 旅・手仕事・日本』名古屋大学出版会、2008年
5)林 洋子 監修・著、内呂博之 著:『もっと知りたい 藤田嗣治 生涯と作品』東京美術、2013年
 
執筆・撮影(明示以外):細川いづみ(HOSOKAWA Fonte Idumi) 
(2023年6月)
※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。
※本文・図版とも無断引用・無断転載を禁じます。

企画展「藤田嗣治 猫と少女の部屋」
 
【会期・会場】
2023年3月3日(金)~9月12日(火)  軽井沢安東美術館(長野県・北佐久郡軽井沢町)
 
(なお、特別展示「藤田嗣治と日本文化 パリにおける『本のしごと』」は、
 2023年3月3日(金)~8月1日(火)開催)
※詳細は公式サイトでご確認ください。
公式サイト  https://www.musee-ando.com/event/detail/