詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

特別展「大哺乳類展3−わけてつなげて大行進」

開催中〜2024/06/16

国立科学博物館

東京都・台東区

茶の湯の美学 ―利休・織部・遠州の茶道具―

開催中〜2024/06/16

三井記念美術館

東京都・中央区

ベル・エポックー美しき時代 パリに集った芸術家たち ワイズマン&マイケル コレクションを中心に

開催中〜2024/06/16

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

昭和モダン×百段階段 ~東京モダンガールライフ~

開催中〜2024/06/16

ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財 「百段階段」

東京都・目黒区

宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO

開催中〜2024/06/16

東京オペラシティアートギャラリー

東京都・新宿区

板倉鼎・須美子展

開催中〜2024/06/16

千葉市美術館

千葉県・千葉市

高橋由一から黒田清輝へ ―明治洋画壇の世代交代劇―

開催中〜2024/06/16

栃木県立美術館

栃木県・宇都宮市

ここに いても いい リトゥンアフターワーズ 山縣良和と綴るファッション表現のかすかな糸口

開催中〜2024/06/16

アーツ前橋

群馬県・前橋市

“オモシロイフク”大図鑑

開催中〜2024/06/22

文化学園服飾博物館

東京都・渋谷区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

開催中〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

開催中〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

シンフォニー・オブ・アート — イメージと素材の饗宴

開催中〜2024/06/23

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

驚異の細密表現展 ―江戸・明治の工芸から現代アートまで―

開催中〜2024/06/23

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

没後70年 戦争を越えて―写真家ロバート・キャパ、愛と共感の眼差し―

開催中〜2024/06/23

東京富士美術館

東京都・八王子市

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

開催中〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

開催中〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

創刊50周年記念 花とゆめ展

開催中〜2024/06/30

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52 階)

東京都・港区

KAGAYA 星空の世界 天空の贈り物

開催中〜2024/07/01

そごう美術館

神奈川県・横浜市

三島喜美代―未来への記憶

開催中〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

石岡瑛子 I デザイン

開催中〜2024/07/07

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

Beautiful Japan 吉田初三郎の世界

開催中〜2024/07/07

府中市美術館

東京都・府中市

ふたり 矢部太郎展

開催中〜2024/07/07

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/Eye to Eye-見ること

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

ホー・ツーニェン エージェントのA 

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

Tokyo Contemporary Art Award 2022-2024 受賞記念展

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

【特別展】犬派?猫派? ―俵屋宗達、竹内栖鳳、藤田嗣治から山口晃まで―

開催中〜2024/07/07

山種美術館

東京都・渋谷区

TOPコレクション 時間旅行 ― 千二百箇月の過去とかんずる方角から

開催中〜2024/07/07

東京都写真美術館

東京都・目黒区

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

開催中〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

開催中〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

国芳の団扇絵 ―猫と歌舞伎とチャキチャキ娘

開催中〜2024/07/28

太田記念美術館

東京都・渋谷区

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/08/12

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

開催中〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

2024/06/18〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

開催中〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

アートキャンプ白州 2024 Camp and Art in Each Heart!

2024/07/06〜2024/09/01

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

エドワード・ゴーリーを巡る旅

2024/07/06〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

開催中〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

2024/06/22〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

2024/07/13〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

2024/07/13〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

2024/07/06〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

梅津庸一 クリスタルパレス

開催中〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

2024/06/18〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

開催中〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

Exhibitions

企画展 北斎かける百人一首

  • すみだ北斎美術館 (東京都・墨田区)

北斎、晩年に『百人一首』の錦絵連作に挑む

 葛飾北斎(1760~1849)は代表作『冨嶽三十六景』を70代に生み出し、爆発的人気を得た。そして75歳頃挑んだのが、『百人一首乳母かゑとき』という『百人一首』の錦絵揃物だった。『百人一首』は江戸中期には人々に浸透していたが、その伝承やイメージに北斎は独創を大胆に盛り込む。すみだ北斎美術館で開催中の本展は、この連作を中心に、北斎と門人による『百人一首』に関する作品を紹介する。

葛飾北斎『百人一首乳母かゑとき』

 『百人一首乳母かゑとき』という名称は、乳母が『百人一首』を絵解きする、つまり乳母が『百人一首』の歌意をわかりやすく絵で説明する、というもの。どういうことか。
 
 『百人一首』5番の歌は、猿丸大夫による「奥山に紅葉ふみわけ啼(な)く鹿の 声きく時そ(ぞ)秋はかなしき」である。深山に散り敷く紅葉を踏み分け、伴侶を呼んで鳴く鹿の切ない声を聞くときこそ、秋はいっそうもの悲しく感じられる、の意である。猿丸大夫は伝記未詳の伝説的な歌人とされ、この歌は『古今和歌集』に「よみ人知らず」として収載。
 さて、北斎はこの歌をどう描いたのか。北斎筆「百人一首乳母かゑとき 猿丸太夫」(大判錦絵、天保6年(1835)頃、すみだ北斎美術館蔵)は、紅葉と緑なす山々を背景に、山の仕事を終えて籠を背負い談笑しながら歩む女たちを描写。北斎は秋冷の見事な紅葉風景に、同時代の人々の労働のあとの充足感や開放感を重ねる。ところで歌の中心である鹿は? 探すと左上の山頂に2頭がごく小さく見える。北斎の自在な発想は新たな世界を創出した。なおこの鹿の表現は、北斎筆「諸国名橋奇覧 飛越の堺つりはし」(大判錦絵、天保5年(1834)頃)すみだ北斎美術館蔵)と類似する。会場では両作が並び、愛らしさに頬が緩む。

すみだ北斎美術館の会場風景(以下同様)。葛飾北斎「百人一首乳母かゑとき 猿丸太夫」大判錦絵 天保6年(1835)頃 すみだ北斎美術館蔵 *後期1/24~2/26は摺りの異なる作品を展示
すみだ北斎美術館の会場風景(以下同様)。葛飾北斎「百人一首乳母かゑとき 猿丸太夫」大判錦絵 天保6年(1835)頃 すみだ北斎美術館蔵 *後期1/24~2/26は摺りの異なる作品を展示
葛飾北斎「百人一首乳母かゑとき 猿丸太夫」(部分) 大判錦絵 天保6年(1835)頃 すみだ北斎美術館蔵 *後期1/24~2/26は摺りの異なる作品を展示
葛飾北斎「百人一首乳母かゑとき 猿丸太夫」(部分) 大判錦絵 天保6年(1835)頃 すみだ北斎美術館蔵 *後期1/24~2/26は摺りの異なる作品を展示
葛飾北斎「諸国名橋奇覧 飛越の堺つりはし」大判錦絵 天保5年(1834)頃 すみだ北斎美術館蔵 *後期1/24~2/26は摺りの異なる作品を展示
葛飾北斎「諸国名橋奇覧 飛越の堺つりはし」大判錦絵 天保5年(1834)頃 すみだ北斎美術館蔵 *後期1/24~2/26は摺りの異なる作品を展示
葛飾北斎「諸国名橋奇覧 飛越の堺つりはし」(部分) 大判錦絵 天保5年(1834)頃 すみだ北斎美術館蔵 *後期1/24~2/26は摺りの異なる作品を展示
葛飾北斎「諸国名橋奇覧 飛越の堺つりはし」(部分) 大判錦絵 天保5年(1834)頃 すみだ北斎美術館蔵 *後期1/24~2/26は摺りの異なる作品を展示

 『百人一首』37番の歌は、文屋朝康による「白露にかせ(ぜ)の吹(ふき)しく秋の野は つらぬきとめんたまそ(ぞ)散(ちり)ける」。一面に白露をおく秋の野に風がやまず吹きつける。緒を通していない玉が飛び散るような美しさだ、との意。『後撰集』収載の歌で、文屋朝康は平安時代前期から中期に活躍した歌人である。
 北斎は「百人一首うはかゑとき 文屋朝康」(大判錦絵、天保6年(1835)頃、すみだ北斎美術館蔵)でも大転換をはかる。秋の野は蓮池に。5人の子供が船を浮かべて蓮を採る情景となる。北斎はこの歌から露玉草の異称をもつ蓮を連想したらしい。子供たちの動き。蓮の葉上できらめく露。楽しげで優雅な世界である。

葛飾北斎「百人一首うはかゑとき 文屋朝康」大判錦絵 天保6年(1835)頃 すみだ北斎美術館蔵 *前期展示(12/15~1/22)
葛飾北斎「百人一首うはかゑとき 文屋朝康」大判錦絵 天保6年(1835)頃 すみだ北斎美術館蔵 *前期展示(12/15~1/22)
葛飾北斎「百人一首うはかゑとき 文屋朝康」(部分) 大判錦絵 天保6年(1835)頃 すみだ北斎美術館蔵 *前期展示(12/15~1/22)
葛飾北斎「百人一首うはかゑとき 文屋朝康」(部分) 大判錦絵 天保6年(1835)頃 すみだ北斎美術館蔵 *前期展示(12/15~1/22)

 総じてこの連作にみえる北斎の歌の解釈は、自在な発想に富む。『百人一首』には恋の歌が多いが、北斎の連作には同時代の人々の労働や生活を生き生きと描いたものが目につく。北斎は語り手を乳母(または姥)に設定することで、古典である『百人一首』の世界を広げ、現実の方向にも、つまり北斎にとっての「現代」へも拡大させたようだ。加えて画面構成の斬新さ、多色刷による豊穣な美しさも際立つ。北斎は錦絵という領野の内容と技術のさらなる向上を目指したのだろう。
 
 しかし北斎の情熱とは裏腹に、この連作は27図で刊行が中断した。ほかに版下下絵が60図以上現存するので、北斎は100図完結に向かっていたはずだ。錦絵(浮世絵)は絵師・彫師・摺師の共同作業で制作されるが、企画を立て全体を仕切り刊行するのは版元である。この連作の版元は西村屋与八と伊勢屋三次郎。中断の原因は何だったのか。このあと最晩年の北斎は肉筆画に主軸を移した。
 
 本展では、刊行された27図の内、すみだ北斎美術館所蔵の23作品を前期と後期で展示する。

『百人一首』とは

 『百人一首』はよく知られるように、古代から中世前期まで600年にわたる和歌から撰ばれた秀歌集。天智天皇から順徳院に至る百人の歌人から一首ずつが入る。選者は藤原定家(1162~1241)といわれてきたが、最近の研究では『百人一首』の母体となる『百人秀歌』の撰者が藤原定家であり、『百人一首』は鎌倉中期以降に後世の人の手が加わって成立したとされる。母体の『百人秀歌』は、定家が日記『明月記』で記したように、文暦2年(1235)、定家の子・為家の義父・宇都宮頼綱の依頼により、定家が頼綱の京都の嵯峨中院山荘の障子を飾る色紙を書いて贈った際の百首とされる。頼綱の山荘は、定家の小倉山山荘の近くだった。江戸時代中期に入ると、『百人一首』は一般教養として広まり、カルタにもなり盛行した。 
 
 本展には北斎が60代頃に歌仙を描いた摺物(私的に依頼を受けて制作した版画)なども出展。
 北斎と『百人一首』。充実した内容の展覧会だ。

葛飾北斎「五歌仙 月」摺物 文政(1818~30)中期頃 すみだ北斎美術館蔵 *後期12/17~2/26は摺りの異なる作品を展示。北斎が60代頃に歌仙を描いた連作摺物。赤染衛門による『百人一首』の歌に合わせた表現。空摺や銀摺を施す
葛飾北斎「五歌仙 月」摺物 文政(1818~30)中期頃 すみだ北斎美術館蔵 *後期12/17~2/26は摺りの異なる作品を展示。北斎が60代頃に歌仙を描いた連作摺物。赤染衛門による『百人一首』の歌に合わせた表現。空摺や銀摺を施す

【参考文献】
1)大久保純一:『カラー版 北斎』、岩波書店、2012年
2)渡部泰明:『絵でよむ百人一首』、朝日出版社、2014年
3)田渕句美子:「『百人一首』をゼロ時間へ―藤原定家が撰者ではないこと」、『図書』、2022年9月、岩波書店
 
執筆・写真:細川いづみ(HOSOKAWA Fonte Idumi)
(2023年2月)
※本文・図版とも無断引用・無断転載を禁じます。

企画展 北斎かける百人一首
Hokusai at Play with the 100 Poems
 
【会期・会場】
2022年12月15日(水)~2023年2月26日(日)  すみだ北斎美術館(東京都・墨田区) 
前期:2022年12月15日(木)~2023年1月22日(日)
後期:2023年1月24日(火)~2月26日(日)
 
※詳細は公式サイトでご確認ください。
公式サイト https://hokusai-museum.jp/100Poems/