詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

特別展「大哺乳類展3−わけてつなげて大行進」

開催中〜2024/06/16

国立科学博物館

東京都・台東区

茶の湯の美学 ―利休・織部・遠州の茶道具―

開催中〜2024/06/16

三井記念美術館

東京都・中央区

ベル・エポックー美しき時代 パリに集った芸術家たち ワイズマン&マイケル コレクションを中心に

開催中〜2024/06/16

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

昭和モダン×百段階段 ~東京モダンガールライフ~

開催中〜2024/06/16

ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財 「百段階段」

東京都・目黒区

宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO

開催中〜2024/06/16

東京オペラシティアートギャラリー

東京都・新宿区

板倉鼎・須美子展

開催中〜2024/06/16

千葉市美術館

千葉県・千葉市

高橋由一から黒田清輝へ ―明治洋画壇の世代交代劇―

開催中〜2024/06/16

栃木県立美術館

栃木県・宇都宮市

ここに いても いい リトゥンアフターワーズ 山縣良和と綴るファッション表現のかすかな糸口

開催中〜2024/06/16

アーツ前橋

群馬県・前橋市

“オモシロイフク”大図鑑

開催中〜2024/06/22

文化学園服飾博物館

東京都・渋谷区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

開催中〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

開催中〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

シンフォニー・オブ・アート — イメージと素材の饗宴

開催中〜2024/06/23

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

驚異の細密表現展 ―江戸・明治の工芸から現代アートまで―

開催中〜2024/06/23

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

没後70年 戦争を越えて―写真家ロバート・キャパ、愛と共感の眼差し―

開催中〜2024/06/23

東京富士美術館

東京都・八王子市

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

開催中〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

開催中〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

創刊50周年記念 花とゆめ展

開催中〜2024/06/30

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52 階)

東京都・港区

KAGAYA 星空の世界 天空の贈り物

開催中〜2024/07/01

そごう美術館

神奈川県・横浜市

三島喜美代―未来への記憶

開催中〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

石岡瑛子 I デザイン

開催中〜2024/07/07

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

Beautiful Japan 吉田初三郎の世界

開催中〜2024/07/07

府中市美術館

東京都・府中市

ふたり 矢部太郎展

開催中〜2024/07/07

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/Eye to Eye-見ること

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

ホー・ツーニェン エージェントのA 

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

Tokyo Contemporary Art Award 2022-2024 受賞記念展

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

【特別展】犬派?猫派? ―俵屋宗達、竹内栖鳳、藤田嗣治から山口晃まで―

開催中〜2024/07/07

山種美術館

東京都・渋谷区

TOPコレクション 時間旅行 ― 千二百箇月の過去とかんずる方角から

開催中〜2024/07/07

東京都写真美術館

東京都・目黒区

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

開催中〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

開催中〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

国芳の団扇絵 ―猫と歌舞伎とチャキチャキ娘

開催中〜2024/07/28

太田記念美術館

東京都・渋谷区

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/08/12

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

開催中〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

2024/06/18〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

開催中〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

アートキャンプ白州 2024 Camp and Art in Each Heart!

2024/07/06〜2024/09/01

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

エドワード・ゴーリーを巡る旅

2024/07/06〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

開催中〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

2024/06/22〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

2024/07/13〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

2024/07/13〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

2024/07/06〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

梅津庸一 クリスタルパレス

開催中〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

2024/06/18〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

開催中〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

Exhibitions

中村屋サロン アーティストリレー第1回 新恵美佐子展「花」

 東京・新宿の中村屋サロン美術館で現代作家の支援を目的とする「中村屋サロン アーティストリレー」がスタートした。展覧会を開いた作家が次の作家を指名してリレー形式でつないでいく試みで、第1回として新恵美佐子展「花」が4月8日まで開催されている。
 「中村屋サロン」とは、明治末から昭和初期にかけて、新宿中村屋に彫刻家の荻原守衛(碌山)や画家の中村彜、書家の會津八一ら多くの芸術家が集ったことで生まれた場を指す。その活動を創業者の相馬愛蔵と黒光夫妻が支えていた。そうした歴史をふまえて2014年に開館した同館で、活動目標の一つとして掲げてきた芸術家支援の展覧会の実現にようやくこぎつけたことになる。
 作家支援というと、賞金や助成金の支給によるものが多いが、中村屋は芸術家の輪が広がる場を設けたことで日本近代美術史に名を残したことから、展覧会開催の会場を提供する方法を選んだ。作品制作費の補助、輸送費、保険、パンフレットやチラシの制作などの費用も負担する。同館の太田美喜子学芸員によると「与えられた規模の中で最大限に良い展覧会を開催することを考えた時に編み出されたのがアーティストリレーだった」という。初回は美術館スタッフが中心となり、「中村屋と何らかの関わりがあり、今後飛躍していくであろう作家」として日本画家の新恵と、4月14日から5月13日まで展覧会を開く漆芸家の染谷聡が選ばれた。
 新恵と中村屋を結ぶのはインド。中村屋には、戦前に匿っていたインド独立運動のラス・ビハリ・ボースと創業者の長女が結婚し、ボースが中村屋にインドカレーを伝えたという歴史がある。一方、新恵は大学卒業後にインドを放浪したのを機に30年近くインドに通って制作の源としてきた。

・「花」をテーマに墨、カラー、ターコイズの世界を展開
 新恵美佐子は1963年大阪府生まれ。89年多摩美術大学大学院美術研究科修了。98年のポーラ美術振興財団の在外研修と2016年文化庁新進芸術家海外研修制度特別派遣でインドに渡航している。
 今回の展示は花をテーマに、水墨作品、アクリルやクレヨンによるカラー作品、ターコイズ色の作品の主に三部構成になっている。
 入口を入ってすぐの部屋には「10年ほど前から発表している」水墨作品16点を展示。「墨の作品では花の本質を描きたかった」という。すべてに中国の古い宣紙と墨を用いた。紙は多くの作家が使用するにじみ止めのドーサ引きが行われていないもので、墨が紙の奥へと広がっていくことで現れる濃淡やにじみなど、紙と墨との相性を重視したという。「生命の無限性に近付くため、余分なものをそぎ落とし、いかにシンプルに表現できるか」に心血を注いだ。

 奥の展示室に進むとカラーの作品が20点。一昨年、文化庁新進芸術家海外研修でインドを訪れた際に十数年ぶりに色を使い、現在に至っている。研修のテーマは横山大観や菱田春草らによる朦朧体の影響を受けたインドのベンガル派の絵画のウォッシュテクニックを学ぶこと。一度描いた絵を水で流し、新たに描くという技法。新恵が尊敬するインドの詩人タゴールが、一度消した絵の上に再度描くことを「絵をすくい出す仕事」と言った言葉に感銘を受け、今回の出品作も同じ思いで描いた。

 ターコイズ色の作品は新作の《揺籃》が見応え充分。タイトルはタゴールの詩集「ギタンジャリ」から命名した。「『生と死の海の揺籃』という一節があり、花をもう少し大きく捉えると、まさに生と死のゆりかご、揺籃だと。大きな生命の流れを表せれば」との思いをこめた。「インドで瞑想をした際に悟りの世界に行くぎりぎりのところで、人間の体は泡になっているという体験をした」ことが根底にある。「伝えたいことをだいぶ絞り切れていると思える」渾身の作だ。

 ほかに、七年前の母親の死を機に描き始めたインドの神様のシリーズ作などを展示している。
 次回の展示作家は、新恵が推薦した日本画家の及川聡子と染谷が推薦した画家で絵本作家、鳥の巣研究家の鈴木まもるに決定、来春展覧会が開かれる。 

執筆・写真:西澤美子(文中敬称略)

中村屋サロンアーティストリレー第1回
新恵美佐子展「花」

3月3日(土)~4月8日(日)※火曜休館
中村屋サロン美術館
(東京都新宿区新宿3丁目26‐13)
☎03‐5362‐7508
10時30分~19時(最終入館18時40分)
入館料500円(単独入場券300円)
詳細:http://www.nakamuraya.co.jp/museum/

写真キャプション
①《花Ⅴ》2018年、《花Ⅳ》2017年
②《紀行Ⅲ》《紀行Ⅳ》《紀行Ⅰ》《紀行Ⅱ》いずれも2016年(右から)
③新恵美佐子と《揺籃》2017年
④神様のシリーズより。《幸運のガネーシャ》《吉祥図》など。