詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

松岡コレクション めぐりあうものたち Vol.3

開催中〜2023/02/05

松岡美術館

東京都・港区

戦後日本版画の展開-照沼コレクションを中心に

開催中〜2023/02/05

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

江戸絵画の華 〈第1部〉若冲と江戸絵画

開催中〜2023/02/12

出光美術館

東京都・千代田区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

開催中〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

開催中〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

開催中〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

開催中〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

『YUMING MUSEUM』(ユーミン・ミュージアム)

開催中〜2023/02/26

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)

東京都・港区

没後200年 亜欧堂田善展

開催中〜2023/02/26

千葉市美術館

千葉県・千葉市

フジヤマミュージアム 冬の収蔵作品展

開催中〜2023/02/26

フジヤマミュージアム

山梨県・富士吉田市

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

開催中〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

多層世界とリアリティのよりどころ

開催中〜2023/03/05

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

東京都・新宿区

FACE展2023

2023/02/18〜2023/03/12

SOMPO美術館

東京都・新宿区

日本の切り絵 7人のミューズ

2023/02/04〜2023/03/19

そごう美術館

神奈川県・横浜市

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

広重おじさん図譜

2023/02/03〜2023/03/26

太田記念美術館

東京都・渋谷区

江戸絵画の華 〈第2部〉京都画壇と江戸琳派

2023/02/21〜2023/03/26

出光美術館

東京都・千代田区

VOCA展2023

2023/03/16〜2023/03/30

上野の森美術館

東京都・台東区

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

開催中〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

トンコハウス・堤大介の「ONI展」

開催中〜2023/04/02

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

キャラクターデザインの先駆者 土方重巳の世界

2023/02/11〜2023/04/09

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

アートのための場所づくり 1970年代から90年代の群馬におけるアートスペース

開催中〜2023/04/09

群馬県立近代美術館

群馬県・高崎市

レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才

開催中〜2023/04/09

東京都美術館

東京都・台東区

わたしたちは生きている! セタビの森の動物たち

2023/02/18〜2023/04/09

世田谷美術館

東京都・世田谷区

ヒグチユウコ展 CIRCUS FINAL END

2023/02/03〜2023/04/10

森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52F)

東京都・港区

本と絵画の800年 吉野石膏所蔵の貴重書と絵画コレクション

2023/02/26〜2023/04/16

練馬区立美術館

東京都・練馬区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

企画展「北斎バードパーク」

2023/03/14〜2023/05/21

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

開催中〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

櫻田精一展 ~気韻生動 刻の流れをみつめて~

開催中〜2023/05/28

森の美術館

千葉県・流山市

NACT View 02 築地のはら ねずみっけ

開催中〜2023/05/29

国立新美術館

東京都・港区

美しい人びと 松園からローランサンまで

2023/02/21〜2023/06/04

松岡美術館

東京都・港区

へザウィック・スタジオ展:共感する建築

2023/03/17〜2023/06/04

森美術館

東京都・港区

憧憬の地 ブルターニュ  ―モネ、ゴーガン、黒田清輝らが見た異郷

2023/03/18〜2023/06/11

国立西洋美術館

東京都・台東区

ブルターニュの光と風 ー画家たちを魅了したフランス<辺境の地>

2023/03/25〜2023/06/11

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ジョルジュ・ルオー ー かたち、色、ハーモニー ー(開館20周年記念展)

2023/04/08〜2023/06/25

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

部屋のみる夢 ボナールからティルマンス、現代の作家まで

開催中〜2023/07/02

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

青空は、太陽の反対側にある:原美術館/原六郎コレクション 第1期(春夏季)

2023/03/24〜2023/09/03

原美術館ARC

群馬県・渋川市

上野リチ・リックス《ウィーン工房テキスタイル・デザイン:6月の花》1923年、クーパー・ヒューイット スミソニアン・デザイン・ミュージアム、スミソニアン協会

Exhibitions

上野リチ 
ウィーンからきたデザイン・ファンタジー

 そのデザインに囲まれているとうれしくならずにいられない。抜群のセンス。このような優れた仕事を残した女性デザイナーがいた! フェリーツェ・リックス、後の上野リチ・リックス(1893~1967)のことだ。ウィーンに生まれ、20世紀のデザインに多大な影響を与えたことで有名なウィーン工房で活躍。日本人建築家・上野伊三郎と結婚後も京都とウィーンと行き来し、やがて京都での仕事に主軸を移し、生涯数多の魅力的なデザインを世に送り出した。

 上野リチを包括的に紹介する展覧会が三菱一号館美術館で開催中だ。2008年に作品が京都国立近代美術館に寄贈されたことを機に研究が進み、作家の全貌が明らかになった。本展は企画構想などを阿佐美淑子 三菱一号館美術館主任学芸員が担い、池田祐子 京都国立近代美術館学芸課長が監修。関連作品や資料を含め約370件が出品。

三菱一号館美術館の会場風景(以下同様)。上野リチ・リックス《ウィーン工房壁紙:そらまめ》1928年、京都国立近代美術館
三菱一号館美術館の会場風景(以下同様)。上野リチ・リックス《ウィーン工房壁紙:そらまめ》1928年、京都国立近代美術館

ウィーン工芸学校で学び、ウィーン工房で中核デザイナーとして活躍

 フェリーツェ・リックス(愛称リッツィ。日本語でリチ)は、世紀末の1893年、オーストリア=ハンガリー帝国の首都ウィーンの裕福なユダヤ系の家庭に生まれた。三菱一号館が竣工した年の前年のことだ。1912年、19歳のリチは博物館付属機関であるウィーン工芸学校に入学し、テキスタイル、七宝、彫刻などを学び、建築家・デザイナーのヨーゼフ・ホフマン(1870~1956)の薫陶を受けた。ウィーン工芸学校は他の西欧の造形芸術アカデミーと異なり、1867年の開校時から女性にも門戸を開いていた。ここで5年間基礎を固め、1917年に卒業したリチは、ホフマンの強い奨めでウィーン工房の一員となった。

 ウィーン工房Wiener Werkstätteは、Wが二つ重なるロゴで有名だった。1903年、ホフマンがデザイナーのコロマン・モーザー(1868~1918)らと創設。グラフィック、食器、テキスタイル、ファッション、家具、壁面装飾と多様な製品を制作・販売し、1932年まで継続。手仕事を尊重する英国のアーツ・アンド・クラフツ運動に刺激を受けつつ、目指したのは新しい美学に基づく生活全般にわたる統合的なデザインだった。

 ウィーン工房はウィーン分離派から分かれて成立。ウィーン分離派とは、1897年、グスタフ・クリムト(1862~1918)を中心に、ホフマン、モーザーらが参加して結成された芸術家集団。美術アカデミーや伝統主義からの決別を図った。注目したいのは1900年に開催した第6回展での日本美術特集だ。伝統主義から分離する起爆剤として日本美術を位置づけ、ウィーンのジャポニスムに拍車をかけた。ホフマンらも日本美術を参照し、教育のなかでも反物に図柄を染め付けるための日本の染型紙なども使用。本展で染型紙とウィーン工房のデザインとが並置され、興味深い。ホフマンの器やモーザーの椅子も展示されている。そのデザインの特徴は直線や幾何学パターンの多用と禁欲的な色彩で、工房前期の特徴ともなったが、工房後期の主流は色鮮やかでデフォルメされたデザインに変化した。

上は、作者不詳《型紙:松葉》19世紀。下は、マリア・リカルツ=シュトラウス《ウィーン工房テキスタイル:剣の緒》1923年。共にMAK―オーストリア応用芸術博物館
上は、作者不詳《型紙:松葉》19世紀。下は、マリア・リカルツ=シュトラウス《ウィーン工房テキスタイル:剣の緒》1923年。共にMAK―オーストリア応用芸術博物館

 上野リチは良き指導者のもとで研鑽を積み、影響を受けつつジャポニスムも受容し、しかし着実に独自のデザイン世界を切り拓いた。本展でホフマンと共同制作したリキュールグラスも見られる。リチがデザインした底面の花柄も美しい。リチのテキスタイル・デザインは100種超が製品化。店舗の天井装飾画も担当。1925年にはパリでの現代産業装飾芸術国際博覧会(通称アール・デコ博)で銅賞を受賞した。彼女はホフマンが設立した建築事務所に在籍していた日本人建築家・上野伊三郎(1892~1972)と出会い、1925年に結婚。1926 年に京都に移住したが、その後もウィーン工房の幅広い仕事を1930年まで継続した。

 リチのデザインは朗らかで端正だ。溌溂とした花たち。あちこちに登場する鳥たちの愛嬌もたまらない。細い描線も明るい色彩も皆一緒になってこちらの心を軽やかにする。

上野リチ・リックス(装飾)/ヨーゼフ・ホフマン(形)《リキュールグラス》1929年[1917年(形)/1929年(装飾)]、京都国立近代美術館
上野リチ・リックス(装飾)/ヨーゼフ・ホフマン(形)《リキュールグラス》1929年[1917年(形)/1929年(装飾)]、京都国立近代美術館
上野リチ・リックス《ウィーン工房テキスタイル・デザイン:6月の花》1923年、クーパー・ヒューイット スミソニアン・デザイン・ミュージアム、スミソニアン協会
上野リチ・リックス《ウィーン工房テキスタイル・デザイン:6月の花》1923年、クーパー・ヒューイット スミソニアン・デザイン・ミュージアム、スミソニアン協会
上野リチ・リックス《ウィーン工房壁紙:夏の平原》1928年、京都国立近代美術館
上野リチ・リックス《ウィーン工房壁紙:夏の平原》1928年、京都国立近代美術館

京都でデザイナー、教育者として活躍

 リチは京都で夫と共に上野建築事務所を開設し、「スターバー」など伊三郎設計の建築物の室内装飾を手掛けた。《花鳥図屛風》(1935年頃)では、日本独特の形式や素材との取り組みに新境地が見られる。

上野リチ・リックス《花鳥図屛風》1935年頃、京都国立近代美術館
上野リチ・リックス《花鳥図屛風》1935年頃、京都国立近代美術館

 ドイツの建築家ブルーノ・タウト(1880~1938)の日本招聘に関わった伊三郎が、群馬県工芸所所長に赴任し、リチも1936年より3年間高崎で竹製品のデザインなどに携わった。同時期、リチは京都市染織試験場でも働きはじめ、新しいデザインを求める試験場のためにプリント服地などを、戦時下から戦後まで多数創り出した。晩年の1951年からは、夫と共に京都市立美術大学(現・京都市立芸術大学)で教鞭をとり、後進の指導に当たった。

左から、上野リチ・リックス《七宝宝飾:馬のサーカスⅠ》《七宝宝飾:馬のサーカスⅡ》、共に1950年頃[再制作1987年] 、京都国立近代美術館
左から、上野リチ・リックス《七宝宝飾:馬のサーカスⅠ》《七宝宝飾:馬のサーカスⅡ》、共に1950年頃[再制作1987年] 、京都国立近代美術館
上野リチ・リックス《プリント服地[野菜]》1955年頃[再制作1987年]、京都国立近代美術館
上野リチ・リックス《プリント服地[野菜]》1955年頃[再制作1987年]、京都国立近代美術館

 晩年の1960年頃、リチに大仕事が舞い込んだ。建築家の村野藤吾(1981~84)から村野設計の日生劇場地下の旧レストラン「アクトレス」の壁画デザインを依頼された。リチは天井から壁まで境目のない装飾画を考案して下図を描き、学生4名との共同制作を行った。本展最後にその一部が展示されている。もとは銀地だったという。華やかで軽快。生を謳歌するようだ。このような装飾がレストラン全体を覆っていたのだ。

上野リチ・リックス《日生劇場旧レストラン「アクトレス」壁画(部分)》1963年、京都市立芸術大学芸術資料館
上野リチ・リックス《日生劇場旧レストラン「アクトレス」壁画(部分)》1963年、京都市立芸術大学芸術資料館
[上野リチ・リックス]《ガラスコップ[花][花と実][果実]》1987年、京都国立近代美術館。上野リチの没後に、リチのデザインにインスピレーションを得て作成されたもの。
[上野リチ・リックス]《ガラスコップ[花][花と実][果実]》1987年、京都国立近代美術館。上野リチの没後に、リチのデザインにインスピレーションを得て作成されたもの。

 リチのデザインは生涯ぶれない。一貫する理念を感じる。「リッチのデザインに対する考え方は「独創」でなければならない」「その形は自然に基づき、しかも豊かなファンタジーによっている」との伊三郎の文章★に合点がいった。「ファンタジー」はリチがよく使った言葉で、独創の意味という。彼女は自ら考えることを徹底した人だった。
 いま、本展で上野リチに、Felice Rixに出会えたことを幸運に思う。

★上野伊三郎:『カラーデザイン』10巻5号、日本繊維意匠センター、1964年5月、12-14頁(本展カタログ、29頁)

【参考文献】
1)池田祐子、阿佐美淑子、宮川智美 編集:『上野リチ ウィーンからきたデザイン・ファンタジー』(展覧会カタログ)、朝日新聞社、2021-2022年
2)千足伸行:『もっと知りたい 世紀末ウィーンの美術-クリムト、シーレらが活躍した黄金と退廃の帝都-』東京美術、2009年

執筆・撮影:細川いづみ (HOSOKAWA Fonte Idumi) 
(2022年3月)

※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。
※本文・図版とも無断引用・無断転載を禁じます。

上野リチ ウィーンからきたデザイン・ファンタジー
FELICE “LIZZI” RIX-UENO:DESIGN FANTASY ORIGINATING IN VIENNA

【会期・会場】
2022年2月18日(金)~5月15日(日) 三菱一号館美術館(東京・千代田区)
※会期中、展示替えがあります。
展覧会公式サイト:https://mimt.jp/lizzi/