詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

江森天寿と石川梅子 夭折の画家と県内初の女流画家

開催中〜2022/11/27

遠山記念館

埼玉県・川島町

開館25周年記念展 Ⅲ 再興院展の立役者 齋藤隆三

開催中〜2022/11/27

茨城県天心記念五浦美術館

茨城県・北茨城市

企画展「市制90周年記念 私たちの絵 時代の自画像展」

開催中〜2022/11/27

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー

開催中〜2022/11/27

角川武蔵野ミュージアム

埼玉県・所沢市

2022年秋の特別展「ヒンドゥーの神々の物語」

開催中〜2022/11/27

古代オリエント博物館

東京都・豊島区

第9回日本美術展覧会(日展)

開催中〜2022/11/27

国立新美術館

東京都・港区

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

2022/11/30〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

鉄道と美術の150年

開催中〜2023/01/09

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

久保田_01_2

Exhibitions

ヴィデオ彫刻の先駆者
Viva Video! 久保田成子展

 1937年に新潟で生まれ、ニューヨークを拠点としたヴィデオ・アーティスト、久保田成子(くぼた・しげこ)の回顧展が東京都現代美術館で開催されている。没後初、日本では30年ぶりの大規模個展。新潟県立近代美術館、大阪の国立国際美術館を巡回し、今回の東京が最終会場となる。

アメリカを拠点に選んだ若きアーティスト

 久保田成子の名は、どれくらい知られているだろうか。同じく国際的に活躍した草間彌生やオノ・ヨーコと近い世代だが、現代美術における久保田の貢献は、まだ十分に評価されていないという。
 その理由としては、再現展示が難しいヴィデオを使っている点や、夫のナムジュン・パイクの存在が大きく、その影で見過ごされてきたことなどが要因にあげられるが、もうひとつには、パイクの病も関係しているかもしれない。1991年から世界巡回した個展で評価を高めた久保田だが、その後にパイクが脳梗塞で倒れ、そのサポートのために10年にわたって作家活動を中断したのが影響したのだ。ヴィデオ・アートの父とも呼ばれるパイクは、2006年に没。制作に戻るも、自らも闘病することとなった久保田は、2015年、ニューヨークで亡くなった。

 その久保田の活動を包括的に紹介する本展は、多くの興味深い資料と初期作の展示で始まる。前衛芸術との関わりを見ることのできる日本時代の資料や、渡米後に「フルクサス」の一員として発表したパフォーマンス《ヴァギナ・ペインティング》の経緯や実験音楽との関わり、女性グループの活動についての資料などは、これまであまり紹介されることのなかったものだ。
 これらの資料類が語りかけるのは、若き久保田の気概のようなものだろうか。東京での初個展が批評されなかったことに失望して渡米の決意をしたり、フルクサスの主導者ジョージ・マチューナス宛てに、達筆の英語で実にチャーミングな手紙をしたためて、作家活動への意欲を語ったり、機材さえあれば誰でも撮影して編集できるヴィデオを自身のメディアとして選ぶと、一人でヨーロッパに撮影旅行に出かけたりと、開拓者的な行動力がうかがえる魅力的なエピソードにあふれている。

久保田_02
左は、ヨーロッパにも携行したヴィデオカメラ「ポータパック」。
久保田_03
壁面は、女性作家グループで開催したライブ・イヴェントの公演ポスター。

映像と彫刻を融合するヴィデオ彫刻

 ヴィデオ・アートの黎明期に活動を始めた久保田を知ることはまた、ヴィデオ・アートの歴史をたどることでもある。
 当初の作品は「シングルチャンネル・ヴィデオ」(1つの電子情報を、1つの再生機を通して、1つのディスプレイ装置で上映する作品)だったが、映像を一方向から見せるだけでは満足できなくなった久保田は「ヴィデオ彫刻」の制作を始める。複数のモニターを組み立てる一方、機材を別の素材でおおうことで、異なるメディアの「映像」と「彫刻」を合体させた先駆的な試みだ。
 代表作「デュシャンピアナ」シリーズは、20世紀美術に多大な影響を及ぼしたマルセル・デュシャンと偶然に同じ飛行機に乗り合わせたことをきっかけに生まれた一連のオマージュ作品。
 たとえば、デュシャンの《階段を降りる裸体No.2》は、運動や時間を絵画で表した作品として名高いが、久保田はこれを引用して、実際のヌードモデルの動きを映像に収め、木製の階段の中に設置したモニターに映し出すヴィデオ彫刻をつくった。
 窓やチェス、スツール上の自転車の車輪など、デュシャン作品でおなじみのモチーフや言葉を久保田が再解釈した作品が一堂に並ぶのが、本展の大きな見どころのひとつだ。

久保田_04
《ヴィデオ・ポエム》1970-75年/2018年 久保田成子ヴィデオ・アート財団蔵   袋のジッパーの中に見えるのは、久保田のセルフ・ポートレート。
久保田_05
《デュシャンピアナ:ヴィデオ・チェス》1968-75年 久保田成子ヴィデオ・アート財団蔵  チェスをするデュシャンとジョン・ケージを撮影した写真をヴィデオ化した映像の上に駒が並ぶ。
久保田_06
《デュシャンピアナ:階段を降りる裸体》1975-76/83年 富山県美術館蔵
久保田_07
《デュシャンピアナ:自転車の車輪1, 2, 3》1983-90年 公益財団法人アルカンシエール 美術財団/原美術館コレクション

広がる空間全体が作品に

 1980年代以降は、モーターで動きを加えた作品や、水や鏡などを用いてイメージにゆらぎをもたらす作品、あるいは彫刻部分にプロジェクターで映像を重ねる作品が増えてくる。
 そうした作品の周りを自由に歩き、様々な方向から映像を見る体験は、実際の展覧会場ならではのものだが、とりわけ、色とりどりの光が空間全体に広がる最後の展示室のダイナミックな雰囲気が印象深い。展示された《スケート選手》《韓国の墓》は、日本初公開となる大作。空間全体が作品と化したこの展示室は、ぜひともゆっくり体感したい。

 なお、展示室にも丁寧な解説パネルがあるが、図録もお薦めだ。久保田自身が作品について書いたテキストの再掲が多くあり、これがすこぶる面白い。展示写真や資料もむろん充実しているが、生前の作家インタビューや、論考、そして友人たちの愛情や敬意が感じられるテキストなど、読みごたえのある一冊だ。

久保田_08
《河》1979-81/2020年 久保田成子ヴィデオ・アート財団蔵 下向きのモニターの映像が、笹舟状の構造物の中の波立つ水面に映し出される。
久保田_09
《スケート選手》1991-92年 久保田成子ヴィデオ・アート財団蔵 フィギュアスケーターの伊藤みどりにインスパイアされて生まれた回転するスケート選手。
久保田_10
左/《韓国の墓》1993年 後方/《ナイアガラの滝》1985/2021年 ともに、久保田成子ヴィデオ・アート財団蔵 パイクの故郷・韓国の墓をモチーフに、パイクの帰郷時の映像を重ねた《韓国の墓》。《ナイアガラの滝》では、実際の水の流れにナイアガラの映像と音が重ねられている。

執筆・写真撮影 中山ゆかり

*画像は、すべて展示風景。主催者側の許可を得て撮影したものです。
*トップの写真は、《韓国の墓》1993年 久保田成子ヴィデオ・アート財団蔵
*作品の保存的観点から、動作時間が限定されている作品があります。

Viva Video! 久保田成子展
The Art and Life of Shigeko Kubota

【会期・会場】
2021年11月13日(土)~2022年2月23日(水・祝) 東京都現代美術館(東京・江東区)
※本展では、来館前に予約優先チケット(日付指定券)を購入することが可能です。
※来場にあたっての注意事項等については、公式ウェブサイトをご確認ください。
美術館HP:https://www.mot-art-museum.jp/