詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 
アメリカ合衆国が誇る印象派コレクションから

最も愛されている作品群。過半数が日本初公開。
5月24日まで開催中。お見逃しのないように。

 
   ■他にはない鑑賞体験。スモール・イズ・ビューティフル!
   本展覧会を観て強く感じたのは、第一に印象派を中心とする小ぶりの出品作品すべてが宝石のような輝きをもち、親しみ深いこと、第二には作品と三菱一号館美術館の空間の親和性だった。2010年に開館した三菱一号館美術館は、ジョサイヤ・コンドル(1852~1920)が設計して1894年(明治27年)に竣工したオフィスビル三菱一号館を、あらたに復元して建てられたもの。よって小部屋が連続する造りである。本展で壁に架けられた絵画作品は、一つ一つがこの小さな空間と見事に調和し、もともとこの場所に飾られていたようだ。そして第三に、蒐集作品の背後に浮かび上がってみえるエイルサ・メロン・ブルース(1901~69)らコレクターの優れた独特の審美眼であった。
   ■ワシントン・ナショナル・ギャラリー(NGA)とは
   アメリカ合衆国ワシントンD.C.にあるワシントン・ナショナル・ギャラリー(National Gallery of Art, Washington:NGA)は、1937年に創立された米国で唯一の国立美術館。1941年に建物が竣工し正式に開館した。ピッツバーグの実業家アンドリュー・メロン(1855~1937)が財務長官の時代、「国民誰にでも芸術を平等に」との考えの下に他国同様の国立級の美術館の建設を発案し、自身の美術蒐集品を寄贈したことに始まる。その後も寄付と寄贈によって所蔵作品を増やし、現在では中世から現代美術まで12万点余を所蔵。アメリカ大陸で唯一のレオナルド・ダ・ヴィンチ(1452~1519)作品である《ジネヴラ・デ・ベンチの肖像》も含む。年間400万人が訪れ、世界で8番目の集客数(2013年現在)を誇る。
   ■親密な印象派コレクション:宝石のような輝きの親しみ深い作品群
   NGAで最も人気が高いのが、東館1階の特別展示室だ。中心となるのは、NGAの創立者アンドリュー・メロンの娘エイルサ・メロン・ブルース、および息子ポール・メロン(1907~99)が蒐集した19世紀後半の印象派やポスト印象派の作品である。小さいサイズの、極めて質の高い作品が揃う。
   19世紀後半の革新的な画家たちは、それまでの文学的な主題から、自身の周囲の日常風景などを描くことに画題を変化させた。画面サイズも小さくした。ともにアカデミスム絵画に反発し、美術に自由を求める革新であった。画面サイズの変化は、戸外での制作を行うこと、また絵画の買い手がそれまでの王侯貴族から市民層への移行したことも大きく影響した。一方、メロン姉弟らの作品蒐集の目的は、自身の邸宅に飾り身の周りに置いて日々楽しむためだった。このように画家たちが目指すものと、コレクターの意図が一致したところに、NGA東館1階の印象派コレクションの、Intimate(「親しい」「身近」の意)な雰囲気をまとう稀有な世界が生まれたといえるだろう。
   本展には、ここから選ばれた68作品が出品されている。本展の趣旨は、展覧会英文タイトルのIntimate Impressionism、つまり「親密な印象派」だ。ここでの「親密」は、男女を超え、友情や家族にも適応される意味をもつ。①コレクターにとって身近に置いて飾る作品、②画家にとって身近なモチーフ、③モデル同士の親しい関係、などの作品が揃った。「私のお気に入り」としてもいい部分もあるだろう。親しみやすい作品だけに、訴えるものが強い。(なお美術史で「Intimate」とは19世紀末の象徴主義芸術からナビ派の描く日常風景も指し、多様な意味を含む。)
   ■展覧会構成
   展覧会は、以下のように主題などにより五つの章から構成される。
   1章 戸外での制作/2章 友人とモデル/3章 芸術家の肖像/4章 静物画/5章 ボナールとヴュイヤール。

   ■エイルサ、ポール、その他のコレクション

   21作家による68作品の出品作品のうち、過半数の38作品が日本初公開だ。エイルサ・メロン・ブルースのコレクションが29点、弟のポール・メロン夫妻のコレクションが26点で、両者合わせると大半を占める。展覧会の流れとは別に、コレクター別に少し紹介したい。
   ●エイルサ・メロン・ブルースのコレクション エイルサは控えめな女性だったという。父の仕事の補佐役を務めると同時に美術蒐集も学び、やがてNGAの大パトロンの一人となった。彼女は暖かく優しい雰囲気の作品を好んだようだ。風景画では、アルフレッド・シスレー(1839~99)の《牧草地》(1875年)の、のどかで清涼感溢れる美しさに魅かれた。小さな雲が沢山浮かぶ青空となだらかな丘陵まで広がる牧草地が描かれている。また、ウジェーヌ・ブーダン(1824~98)の優れた海景画家も数多く出品。人物画では、外光にきらめく白のドレスの姉エドマがくつろぐ日常の姿を描いたベルト・モリゾ(1841~95)の《窓辺にいる画家の姉》(1869年)や、ルノワールとモネ一家の親交を示すピエール=オーギュスト・ルノワール(1841~1919)の《モネ夫人とその息子》(1874年)も印象に残る。エイルサは、ナビ派のピエール・ボナール(1867~1947)やエドゥアール・ヴュイヤール(1868~1940)の作品を多数蒐集したことでも知られる。ヴュイヤールの《画家の絵具箱とモスローズ》(1898年)は落ち着いた色彩と、絵具箱の上の花瓶に活けたモスローズの奥ゆかしい美しさに、忘れがたい魅力がある。また明るい色彩のボナールの作品群は観る者に陽光を注いでくれるようだ。
   ●ポール・メロン夫妻のコレクション ポール・メロンとその妻“バニー”は、エルイサに比べると鋭さのある作品を蒐集したといえるかもしれない。「Small is Beautiful」の言葉はポールのものだ。彼らも、姉と同様にブーダンを好んだ。彼の《オンフルール港の祭り》(1858年)は広い空、船上の万国旗、船体の黒色が調和して華やかだ。ポール・セザンヌ(1939~1906)の《愛の争い》(1880年頃)は挑発的で不思議な存在感。オディロン・ルドン(1940~1916)の描いた青色の構築的な《ブルターニュの海沿いの村》(1880年頃)は永遠を感じさせる。また、ポール・ゴーガン(1848~1903)が描いた《カリエールに捧げる自画像》(1888又は1889年)は、明るい緑色の面を背景にしてこちらを見るゴーガンの穏やかな表情に、友人画家への信頼関係がみてとれる。本作品は、会場の暖炉の上の壁に架けられている。
   ●他のコレクション ルノワールの《猫を抱く女性》(1875年頃)は画家が好んでよく描いたモデルのニニが少し下を向いて猫を抱く様子。彼女の控えめな性格が出ていて、そのことが造形性とともに作品の魅力を拡大させている。レヴィ夫妻寄贈によるものだ。ジャン=バティスト=カミーユ・コロー(1796~1875)の描いた《芸術家のアトリエ》(1868年頃)はアトリエの画架にある絵を眺める女性を犬とともに描き、構築的な画面に叙情がある。ワイドナーのコレクション。会場で木製扉の横の壁にさりげなく架けられているのもうれしい。そして、独創的で面白いのがアントワーヌ・ヴォロン(1833~1900)による《バターの塊》(1875/1885年)だ。意表を突かれ、虜になった。チェスター・デール基金の作品だ。
   本展は順序に沿って観たあとにもさまざまに楽しめる。例えば、三菱一号館美術館がエイルサの自宅だと思って座ってゆっくり作品を眺める。作品のキャプションにコレクター名が入っているので、それぞれの好みを探って、自分の好みと比べてみる。画題を絞って、よく観てみる。一番小さな絵を探す、などなど。そして、自宅に飾りたい作品を一点だけ選ぶというのもよさそうだ。
   無限の魅力をもつ「私のお気に入り」の傑作群。是非ゆっくりとご覧ください。
【参考文献】
1) 三菱一号館美術館・読売新聞東京本社 編集(アール・A・パウエル3世、メアリー・モートン、高橋明也、杉山菜穂子、岩瀬 慧=執筆):『ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 ~アメリカ合衆国が誇る印象派コレクションから』(展覧会カタログ)、読売新聞社東京本社 発行、2015年。

執筆:HOSOKAWA Fonte Idumi 
(2015年5月)

※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。
20150512_001
写真1 会場風景。
左から、ピエール=オーギュスト・ルノワール≪猫を抱く女性≫1875年頃、
ピエール=オーギュスト・ルノワール≪髪を編む若い女性≫1876年、
ともにワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵。
(撮影:I.HOSOKAWA)
20150512_002
写真2 会場風景。
ジャン=バティスト=カミーユ・コロー≪芸術家のアトリエ≫1868年頃、
ワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵。(撮影:I.HOSOKAWA)
20150512_003
写真3 会場風景。
左から、エドウアール・マネ≪牡蠣≫1862年、
アントワーヌ・ヴォロン≪バターの塊≫1875/1885年、
ともにワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵。
(撮影:I.HOSOKAWA)


【展覧会英語名】

Intimate Impressionism   from the National Gallery of Art, Washington
【会期・会場】
2015年2月7日~5月24日 三菱一号館美術館(東京・丸の内)
<電話> 03-5777-8600(ハローダイヤル) 
【展覧会詳細】http://mimt.jp/nga

※本文・図版とも無断引用を禁じます。

2015年5月13日