詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

金屏風の祭典 ——黄金の世界へようこそ

開催中〜2024/06/02

岡田美術館

神奈川県・箱根町

日本の山海

開催中〜2024/06/02

松岡美術館

東京都・港区

卒寿記念 人間国宝 鈴木藏の志野展

開催中〜2024/06/02

国立工芸館

石川県・金沢市

川瀬巴水 旅と郷愁の風景

開催中〜2024/06/02

八王子市夢美術館

東京都・八王子市

1950〜60年代の日本画―造形への挑戦

開催中〜2024/06/02

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

遠距離現在 Universal / Remote

開催中〜2024/06/03

国立新美術館

東京都・港区

第8回横浜トリエンナーレ「野草:いま、ここで生きてる」

開催中〜2024/06/09

芸術祭(横浜美術館、旧第一銀行横浜支店、BankART KAIKO、クイーンズスクエア横浜、元町・中華街駅連絡通路)

神奈川県・横浜市

記憶:リメンブランス-現代写真・映像の表現から

開催中〜2024/06/09

東京都写真美術館

東京都・目黒区

BankART Life7「UrbanNesting:再び都市に棲む」

開催中〜2024/06/09

BankART Station

神奈川県・横浜市

企画展「北斎と感情」

開催中〜2024/06/09

北斎館

長野県・小布施町

名作展「大画面の奔流―川端龍子の『会場芸術』再考」

開催中〜2024/06/09

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

特別展「法然と極楽浄土」

開催中〜2024/06/09

東京国立博物館

東京都・台東区

平野杏子展 – 生きるために描きつづけて

開催中〜2024/06/09

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

空海 KŪKAI ―密教のルーツとマンダラ世界

開催中〜2024/06/09

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

青山悟 刺繍少年フォーエバー

開催中〜2024/06/09

目黒区美術館

東京都・目黒区

没後120年 エミール・ガレ展 奇想のガラス作家

開催中〜2024/06/09

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

特別展「大哺乳類展3−わけてつなげて大行進」

開催中〜2024/06/16

国立科学博物館

東京都・台東区

茶の湯の美学 ―利休・織部・遠州の茶道具―

開催中〜2024/06/16

三井記念美術館

東京都・中央区

ベル・エポックー美しき時代 パリに集った芸術家たち ワイズマン&マイケル コレクションを中心に

開催中〜2024/06/16

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

昭和モダン×百段階段 ~東京モダンガールライフ~

開催中〜2024/06/16

ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財 「百段階段」

東京都・目黒区

宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO

開催中〜2024/06/16

東京オペラシティアートギャラリー

東京都・新宿区

板倉鼎・須美子展

開催中〜2024/06/16

千葉市美術館

千葉県・千葉市

高橋由一から黒田清輝へ ―明治洋画壇の世代交代劇―

開催中〜2024/06/16

栃木県立美術館

栃木県・宇都宮市

ここに いても いい リトゥンアフターワーズ 山縣良和と綴るファッション表現のかすかな糸口

開催中〜2024/06/16

アーツ前橋

群馬県・前橋市

“オモシロイフク”大図鑑

開催中〜2024/06/22

文化学園服飾博物館

東京都・渋谷区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

開催中〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

開催中〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

シンフォニー・オブ・アート — イメージと素材の饗宴

開催中〜2024/06/23

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

驚異の細密表現展 ―江戸・明治の工芸から現代アートまで―

開催中〜2024/06/23

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

没後70年 戦争を越えて―写真家ロバート・キャパ、愛と共感の眼差し―

開催中〜2024/06/23

東京富士美術館

東京都・八王子市

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

開催中〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

開催中〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

民藝 MINGEI—美は暮らしのなかにある

開催中〜2024/06/30

世田谷美術館

東京都・世田谷区

創刊50周年記念 花とゆめ展

開催中〜2024/06/30

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52 階)

東京都・港区

KAGAYA 星空の世界 天空の贈り物

開催中〜2024/07/01

そごう美術館

神奈川県・横浜市

三島喜美代―未来への記憶

開催中〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

石岡瑛子 I デザイン

開催中〜2024/07/07

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

Beautiful Japan 吉田初三郎の世界

開催中〜2024/07/07

府中市美術館

東京都・府中市

ふたり 矢部太郎展

開催中〜2024/07/07

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/Eye to Eye-見ること

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

ホー・ツーニェン エージェントのA 

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

Tokyo Contemporary Art Award 2022-2024 受賞記念展

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

【特別展】犬派?猫派? ―俵屋宗達、竹内栖鳳、藤田嗣治から山口晃まで―

開催中〜2024/07/07

山種美術館

東京都・渋谷区

TOPコレクション 時間旅行 ― 千二百箇月の過去とかんずる方角から

開催中〜2024/07/07

東京都写真美術館

東京都・目黒区

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

2024/06/01〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

2024/06/08〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

国芳の団扇絵 ―猫と歌舞伎とチャキチャキ娘

2024/06/01〜2024/07/28

太田記念美術館

東京都・渋谷区

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/08/12

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

2024/06/01〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

2024/06/18〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

2024/06/11〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

アートキャンプ白州 2024 Camp and Art in Each Heart!

2024/07/06〜2024/09/01

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

エドワード・ゴーリーを巡る旅

2024/07/06〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

2024/05/30〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

2024/06/22〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

2024/07/13〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

2024/07/13〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

2024/07/06〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

梅津庸一 クリスタルパレス

2024/06/04〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

2024/06/18〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

開催中〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

展示風景。左から、《クルーズ渓谷、日没》1889年クルーズ/ウンターリンデン美術館、コルマール。《クルーズ渓谷、曇り》1889年、クルーズ/フォン・デア・ハイト美術館、ヴッパータール

Exhibitions

モネ 連作の情景

  • 上野の森美術館 (東京都・台東区)

モネはいかにして「連作」を生み出したのか/出品作は全てモネの作品

 印象派の巨匠クロード・モネ(1840~1926)の展覧会は多く開かれてきたが、本展はモネの「連作」に焦点を当て、そのいきさつを辿る日本初の展覧会だ。モネは、積みわら、ポプラ並木、ルーアン大聖堂などの同主題を、異なる時間で、異なる季節を通して描く「連作」を生み出した。それは絵画史のなかできわめて革新的な手法だった。
 国内外40館超の美術館から60点以上が出品。それが全てモネの作品である。本展監修はデン・ハーグ美術館館長ベンノ・テンペル氏、日本側監修は実践女子大学名誉教授 島田紀夫先生が担われた。東京の上野の森美術館と大阪中之島美術館を巡回(出品作品は両館で少し異なる)。この記事は上野の森美術館で取材した。

1860年代。印象派以前の初期作品:室内画大作《昼食》など

 初期の作品が並ぶ最初の部屋で、モネには珍しい室内画の大作が見られる。初来日の《昼食》(1868~69年、エトルタ/シュテーデル美術館、フランクフルト)である。茶色や黒を基調とした色彩や写実的な描法が、後のモネの作品とは異なる。料理が置かれた白いテーブルクロスの架かる食卓を中心に、4人の人物、椅子などが絶妙に配される。右側の、スプーンを手にしたあどけない幼子はモネの息子ジャン。見つめるのはその母カミーユ。幸せそうな2人を見守る客人の女性が窓辺に佇む。新聞が置かれた空席はモネの席だろう。モネは父からカミーユとの結婚を認めてもらえず、それまで別居を強いられていたが、この作品はようやく家族一緒に暮らせるようになった頃に描かれた、幸福な昼食の情景とされる。
 
 モネはパリに生まれ、フランス北部のノルマンディー、ル・アーブルで育ち、パリで美術を学んだ。1865年から、フランスで美術の最高権威であるサロン(官展)に挑戦し、入選を果たしていた。しかしモネの自信作だった本作は、1870年のサロンに落選した。

上野の森美術館の展示風景(以下同様)。全てクロード・モネの作品(以下略)。 左から、《昼食》1868~69年、エトルタ/シュテーデル美術館、フランクフルト。《桃の入った瓶》1866年頃、サン=タドレス/アルベルティヌム美術館、ドレスデン
上野の森美術館の展示風景(以下同様)。全てクロード・モネの作品(以下略)。 左から、《昼食》1868~69年、エトルタ/シュテーデル美術館、フランクフルト。《桃の入った瓶》1866年頃、サン=タドレス/アルベルティヌム美術館、ドレスデン

1870年代。印象派の時代:《モネのアトリエ舟》など

 《モネのアトリエ舟》(1874年、アルジャントゥイユ/クレラー=ミュラー美術館、オッテルロー)は、モネが普仏戦争(1870~71年)の間ロンドンに逃れ、オランダ滞在を経て、フランスに帰国して暮らしたパリ北西の村アルジャントゥイユで描かれた。アトリエ舟は川を自由に移動する、水辺の風景を描くための小屋付きボートだ。
 
 本作が描かれた1874年は、モネら若い画家たちが、画壇の権威であるサロンに対抗して独立展(のちに印象派展と呼ばれる)を開いた年である。印象派の名称は批評家ルイ・ルロワが、モネの出品作《印象、日の出》を揶揄した言葉だった。印象派展は以後、1886年の第8回展まで開催された。印象派の特徴は、自分たちが生きる現代の風俗や風景を、移ろう光や時間の一瞬を捉え、そして絵具を混ぜずに画面上に並置して明るい色彩で描くことだった。
 
 《ヴェトゥイユの教会》(1880年、ヴェトゥイユ/サウサンプトン市立美術館)は、モネが好んだ水辺から教会を描いた傑作。アトリエ舟から描いたのだろう。画面下半分を占める水面の映り込みの描写が抜群だ。

展示風景。左手前は、《モネのアトリエ舟》1874年、アルジャントゥイユ/クレラー=ミュラー美術館、オッテルロー
展示風景。左手前は、《モネのアトリエ舟》1874年、アルジャントゥイユ/クレラー=ミュラー美術館、オッテルロー
展示風景。右側が、《ヴェトゥイユの教会》1880年、ヴェトゥイユ/サウサンプトン市立美術館
展示風景。右側が、《ヴェトゥイユの教会》1880年、ヴェトゥイユ/サウサンプトン市立美術館

1880年代。各地を旅し、テーマへ集中:《ラ・マンヌポルト(エトルタ)》など

 1880年代、モネは新しい画題と視覚経験を求めて各地を旅した。気に入った場所には長期滞在したり、何度も訪れたりして、同じ場所の時間、天候、季節などによる変化の有様を、素早い筆致で画布に写しとった。会場ではノルマンディーや地中海沿岸の風景作品群が展開。海辺や山々をモネと一緒に旅している気分になる。エトルタの奇岩に近接する迫力ある2作品は、3年の幅がある。

展示風景。左から、《ラ・マンヌポルト(エトルタ)》1883年、エトルタ。《エトルタのラ・マンヌポルト》1886年、エトルタ/共に、メトロポリタン美術館、ニューヨーク
展示風景。左から、《ラ・マンヌポルト(エトルタ)》1883年、エトルタ。《エトルタのラ・マンヌポルト》1886年、エトルタ/共に、メトロポリタン美術館、ニューヨーク

1890年代から。「連作」の時代:《積みわら、雪の効果》など

 モネの体系的な連作は、1890年頃に「積みわら」から始まったとされる。「積みわら」はモネが1883年より後半生過ごしたジヴェルニーの自邸の周囲で見られた。《ジヴェルニーの積みわら》(1884年、ジヴェルニー/ポーラ美術館)などは積みわらとポプラ並木など周囲の風景全体をとらえるが、その後、積みわらを中心に描写するようになる。モネは主に1890年と翌年に制作した「積みわら」連作15点を、1891年5月のデュラン=リュエル画廊での展覧会に出品し、名声を得た。《積みわら、雪の効果》(1891年、ジヴェルニー/スコットランド・ナショナル・ギャラリー、エディンバラ)は、この展覧会の出品作。本作では積みわらが抽象形態に近づいている。

展示風景。左手前は、《積みわら、雪の効果》1891年、ジヴェルニー/スコットランド・ナショナル・ギャラリー、エディンバラ
展示風景。左手前は、《積みわら、雪の効果》1891年、ジヴェルニー/スコットランド・ナショナル・ギャラリー、エディンバラ

 モネが1889年、フランスの中央高地クルーズ渓谷で描いた24点の連作のうち2点が、東京会場に並ぶ。同構図の険しい渓谷の変容は、時間を包括する自然の豊穣を感受させる。

展示風景。左から、《クルーズ渓谷、日没》1889年クルーズ/ウンターリンデン美術館、コルマール。《クルーズ渓谷、曇り》1889年、クルーズ/フォン・デア・ハイト美術館、ヴッパータール
展示風景。左から、《クルーズ渓谷、日没》1889年クルーズ/ウンターリンデン美術館、コルマール。《クルーズ渓谷、曇り》1889年、クルーズ/フォン・デア・ハイト美術館、ヴッパータール

 モネが何度も訪れた霧のロンドン風景の連作は幻想的だ。

展示風景
展示風景

1890年代後半から20世紀。「睡蓮」とジヴェルニーの庭

 最後の部屋は、最も有名な「睡蓮」の多様な作品群が並び、圧巻だ。モネはジヴェルニーの自邸に「花の庭」「水の庭」を創り、睡蓮や柳を育てた。睡蓮を描いたのは1897年から。睡蓮の作品は300点制作。モネは次第に睡蓮の池の水面に関心を強めた。そして最晩年、あの輝かしい睡蓮の大装飾画(1915~26年)に取り組んだ。

展示風景。左から、《睡蓮の池》1918年頃、ジヴェルニー/ハッソ・プラットナー・コレクション/《睡蓮》1897~98年頃、ジヴェルニー/ロサンゼルス・カウンティ美術館
展示風景。左から、《睡蓮の池》1918年頃、ジヴェルニー/ハッソ・プラットナー・コレクション/《睡蓮》1897~98年頃、ジヴェルニー/ロサンゼルス・カウンティ美術館

 会場で、モネの作品の繊細で豊かな表情に魅了され続けた。変化の妙。モネのように自然を見てみたい。
 
 
【参考文献】
1) 編集=小川知子 清原佐知子(大阪中之島美術館)、坂元暁美 斎藤菜生子 岡里崇(上野の森美術館)、和泉さなえ 櫟原千寿帆 榊那奈美(産経新聞社)、堀込孔星(ハタインターナショナル):『モネ 連作の情景』(本展図録)、執筆=ベンノ・テンペル マイケル・クラーク 島田紀夫 小川知子 清原佐知子 坂元暁美 斎藤菜生子 岡里崇、発行=産経新聞社、2023年
 
執筆・撮影:細川いづみ(HOSOKAWA Fonte Idumi) 
(2023年10月)
※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。
※本文・図版とも無断引用・無断転載を禁じます。

モネ 連作の情景
Claude Monet: Journey to Series Paintings
 
【会期・会場】
2023年10月20日(金)~2024年1月28日(日) 上野の森美術館(東京都・台東区)
※日時指定予約を推奨します。
2024年2月10日(土)~5月6日(月・祝) 大阪中之島美術館(大阪府・大阪市北区)
 
※詳細は公式サイトでご確認ください。
公式サイト www.monet2023.jp