詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

ボストン美術館 ミレー展 ― 傑作の数々と画家の真実

よく知られたミレーに、多くの発見ができる展覧会。
三菱一号館美術館にて年末特別開館。1月12日まで開催。

   なんと堂々とした人物像なのだろう。傾斜地を大股で進み、勢いよく畑に種をまく農夫が画面いっぱいに描かれる。ジャン=フランソワ・ミレー(1814~75)の代表作、アメリカのボストン美術館が所蔵する《種をまく人》(1850)を観て、古代彫刻や古典主義美術の英雄のような人体表現に驚かされた。訴えるものが強い。
   19世紀フランスの写実主義(レアリスム)を代表する画家ミレーは、日本で最も知られる画家だろう。彼は、農民の労働する姿や日常生活を畏敬の念を込めて絵画の主題として描き、優れた芸術に高めた。本展覧会は近代絵画の革新者ミレーの生誕200年を記念するもので、高知県立美術館(高知)、名古屋ボストン美術館(名古屋)、三菱一号館美術館(東京)を巡回。ボストン美術館所蔵のミレーの25作品と、バルビゾン派らの作品の、合計64の傑作により、ミレーの画業を新しい視点で紹介する。ボストン美術館のミレー・コレクションは約170点。そのうち油彩画は約40点だ。自然と労働を重んじるミレーの芸術は、直接親交があったアメリカ人画家ウィリアム・モリス・ハント(1824~79)らにより購入され、ボストンを中心に北米のプロテスタントに愛好されてきた。日本とアメリカは、ミレーの自然観・労働観に共鳴する部分が多いため、世界でもミレーの人気が特に高い。
   ■展覧会の構成/特徴 
   本展は、Ⅰ「巨匠ミレー序論」、Ⅱ「フォンテーヌブローの森」、Ⅲ「バルビゾン村」、Ⅳ「家庭の情景」、Ⅴ「ミレーの遺産」の5つの章で構成される。
   展覧会の特徴は、第一に、ミレーの芸術をその時代の文脈のなかで紹介するという点だ。ミレーの作品を彼と関わりのある画家たちの作品と比較しながら、時代背景を感じながら、追っていくことができる。第二の特徴は、ミレーの作品を通して画家ミレーの真の姿をつかめるように構成されていることである。アルフレッド・サンスィエ執筆のミレーの伝記(1881年刊)により、長らく「清貧な農民画家」の固定したイメージが伝播したが、近年修正されつつある。たとえば、バルビゾン移住後には農業は行わず画業に専念したこと、ラテン語や古典文学の素養をもつ知識人であったこと、晩年は名声を得た画家だったなど。本展では、ミレーの作品を辿るなかで多面的で巨大なミレーの芸術がみえてくる。
   ■ジャン=フランソワ・ミレー
   ミレーは、1814年、フランス北西部のイギリス海峡に面するノルマンディ地方グレヴィルにあるグリュシー村の裕福な農家に生まれた。幼い頃からラテン語を習う。家業の農業に専念するが、絵の才能を見いだされ、19歳より近くの街シェルブールで美術教育を受けた。その後、奨学金を得てパリで高名な歴史画家ポール・ドラロッシュ(1797~1856)の教室で学んだ。その間、古代ローマ詩人ウェルギリウスなどの古典や聖書にも親しむ。ミレーは肖像画家として画業を開始し、1840年、26歳でサロンに初入選。そして、30代半ばの1849年、パリの複雑な政治状況とコレラ流行を避け、郊外のバルビゾン村に家族とともに移住。1875年に60歳で亡くなるまでこの地で画業に励んだ。1867年のパリ万博では、《落穂拾い》(1857)、《晩鐘》(1857)(ともにオルセー美術館。※本展には出品無し)などを含むミレー展が開催されるなど、晩年は社会的にも高い評価を得た。彼は農民画を確立するとともに、肖像画、室内画、風景画、<四季>連作など広い分野で優れた作品を残した。単純化された形体の温和な画風が特徴。油彩画のほか、パステル画や銅版画も得意とした。
   なおバルビゾンはパリの東南約60kmに位置し、広大なフォンテーヌブローの森に隣接する農村。ここに19世紀初頭より自然豊かな風景に惹かれた画家たちが集った。バルビゾン派とは、ミレーを中心にジャン=バティスト・カミーユ・コロー(1796~1875)、テオドール・ルソー(1812~67)らの7人の風景画家らを指すことが多い。画派としては緩やかなつながりだが、日常的には不遇な仲間を積極的に援助した。
   ■ボストン美術館の三大ミレー 
   本展のみどころは数多くあるが、最大のものは、三大ミレーといわれる①《種をまく人》(1850)、②《刈入れ人たちの休息(ルツとボアズ)》(1850~53)、➂《羊飼いの娘》(1870~73頃)であろう。三作品が揃う出品は貴重である。
   冒頭にも記述した《種をまく人》だが、これは美術史上初めて「農村での労働」を主題にした作品。ミレーは同年に同構図で同画題の作品を描き、その作品は山梨県立美術館が所蔵。どちらがサロンに出品されたか論争がある。絵画としての斬新さが政治的急進性を示すともみられ、サロンで物議を醸した。画面の急傾斜はバルビゾンにはない風景のため故郷のノルマンディが舞台とされ、そうすると農夫が撒くのはソバの種という説もある。暗い画面も印象的だ。本作は、先述のアメリカ人画家でミレーの友人だったハントがサロンで観て気に入り購入。ミレーを深く敬愛するフィンセント・ファン・ゴッホ(1853~90)が自作に取り込み、独自の世界を創出したことでも有名な作品だ。
   《刈入れ人たちの休息(ルツとボアズ)》は、旧約聖書に関する題材であると同時に、農民たちの休息をテーマとする。ミレーは歴史画を描く際のアカデミックな手法をとり、50点以上の習作を描いて画面を構成した。サロンで初めての受賞となった作品である。また、本作はボストン美術館の初代理事長だったマーテイン・ブリマー(1829~96)が1853年に購入し、翌年にはボストンの学術振興会にて一般公開された。
   そして、柔らかい逆光のもと広々とした畑を背に大きく描かれた《羊飼いの娘》は、晩年の作である。光の表現にも新しい美人像にもミレーの挑戦が読み取れるようだ。X線調査にて本作の下に、1848年のサロン出品作《バビロンの捕囚》が描かれていることが判明。
   ■晩年の三作品
   筆者は会場を廻るなかで、ほかにも多数の作品に惹きつけられた。なかでもミレーが晩年に描いた三つの作品が特に忘れがたい。新境地に踏み込んでいるように思える。
   《木陰に座る羊飼いの娘》(1872)は、森の中で、あどけなさの残る少女が糸巻棒を手にして休む平穏な情景である。柔らかく降り注ぐ木漏れ日が印象派を予告している。
   《ソバの収穫、夏》(1868~74)では、前景で白いスカーフをまき赤い上着の農婦たちが一生懸命ソバの束を集め、中景では農夫たちがソバを輪になって叩いて脱穀し、そして遠くでは藁ともみ殻が燃やされ、地平線の上を煙がのぼっていく。動きがあり、活気と労働の喜びが強く伝わる。音や声も聞こえてくるように感じる。本作は<四季>の4連作のうちの夏にあたるもので未完成。ミレーが亡くなるまでアトリエに置かれていたという。なお、ミレーは生涯に三度、ミレー芸術のなかでも注目される<四季>連作を描いた。
   《縫物のお稽古》(1874) も未完の作だ。ミレーの亡くなる前年に描かれた。ミレーは、画面向かって左側の窓から注ぐ光のある穏やかな室内画を多く残した。しかし本作は異なる。中央に窓が庭に開かれている。外の明るさと室内の暗さが対象的だ。窓の縁に猫がちょこんと座る。室内では赤子を抱きながら、娘に縫物を教える母親が描かれ、外では夫が庭仕事をしている。ミレーの自画像という。明るい窓の外の情景は原色の粗いタッチで描かれているようだ。完成作を観たかったとつくづく思う。これは1876年にボストン美術館に最初に登録されたミレー作品。ボストン美術館の理事長マーテイン・ブリマー(1829~96)により寄贈された。
   ■ミレーの挑戦を発見する
   ミレーの絵画には内側から発する光があるようだ。そして、多くの画家たちによるフォンテーヌブローの森などを描いた作品群が放つ清新さも特筆したい。筆者は、本展をじっくり観ることで、ミレーが絵画の主題についても絵画表現についても様々な挑戦を行ったことを発見することができ、自分の中で彼の魅力が拡大していくのを実感した。
   三菱一号館美術館では好評につき、年末の12月27日と28日も特別開館を行う。
   魅力の尽きないミレー展。是非ご覧ください。

【参考文献】
1) ボストン美術館・高知県立美術館・名古屋ボストン美術館・三菱一号館美術館・中日新聞社 編集:『ボストン美術館 ミレー展』(展覧会カタログ)、中日新聞社 発行、2014年。
2) 高橋明也 監修、安井裕雄 著:『もっと知りたいミレー』、東京美術、2014年。
3) 井出洋一郎 著:『「農民画家」ミレーの真実』、NHK出版、2014年。


執筆:HOSOKAWA Fonte Idumi 

(2014年12月)

【展覧会英語名】Millet, Barbizon and Fontainebleau
【会期・会場】

2014年2月2日~4月6日 高知県立美術館
2014年4月19日~8月31日 名古屋ボストン美術館
2014年10月17日~2015年1月12日 三菱一号館美術館 
   <電話> 03-5777-8600(ハローダイヤル)
   <詳細> http://mimt.jp/millet/

※本文・図版とも無断引用を禁じます。

2014年12月18日