詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

開催中〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

開催中〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』

開催中〜2024/07/28

東京国立博物館

東京都・台東区

トーキョーアーツアンドスペースレジデンス2024 成果発表展「微粒子の呼吸」第1期

開催中〜2024/08/04

トーキョーアーツアンドスペース本郷

東京都・文京区

おとなとこどもの自由研究 工芸の光と影展

開催中〜2024/08/18

国立工芸館

石川県・金沢市

新紙幣発行記念 北斎進化論

開催中〜2024/08/18

北斎館

長野県・小布施町

大川美術館コレクションによる20世紀アートセレクション ―ピカソ、ベン・シャーンからポップ・アートまで

開催中〜2024/08/18

宇都宮美術館

栃木県・宇都宮市

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

開催中〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

開催中〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

開催中〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

超・日本刀入門 revive―鎌倉時代 の名刀に学ぶ

開催中〜2024/08/25

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

「-没後100年-富岡鉄斎 鉄斎と文人書画の優品」(仮称)

2024/07/20〜2024/08/25

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

エドワード・ゴーリーを巡る旅

開催中〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

美術の遊びとこころⅧ 五感であじわう日本の美術

開催中〜2024/09/01

三井記念美術館

東京都・中央区

ルーヴル美術館の銅版画展

開催中〜2024/09/01

八王子市夢美術館

東京都・八王子市

ザ・キャビンカンパニー 大絵本美術展〈童堂賛歌〉

開催中〜2024/09/01

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

「ヨシタケシンスケ展かもしれない」

2024/07/23〜2024/09/02

そごう美術館

神奈川県・横浜市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

開催中〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

市制施行70周年記念 自然、生命、平和 私たちは見つめられている 吉田遠志展

2024/07/20〜2024/09/06

府中市美術館

東京都・府中市

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/09/08

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

須田国太郎の芸術――三つのまなざし

2024/07/13〜2024/09/08

世田谷美術館

東京都・世田谷区

聖書の世界〜伝承と考古学〜/古代オリエントをたのしむ!子どもミュージアム

2024/07/13〜2024/09/08

古代オリエント博物館

東京都・豊島区

慰問 銃後からのおくりもの

2024/07/20〜2024/09/08

昭和館

東京都・千代田区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

織田コレクション 北欧モダンデザインの名匠 ポール・ケアホルム展 時代を超えたミニマリズム

開催中〜2024/09/16

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

トーキョーアーツアンドスペース レジデンス2024 成果発表展 『微粒子の呼吸』第2期

2024/08/17〜2024/09/22

トーキョーアーツアンドスペース本郷

東京都・文京区

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

開催中〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

2024/07/13〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

2024/07/13〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

島袋道浩 : 音楽が聞こえてきた

開催中〜2024/09/23

BankART Station

神奈川県・横浜市

「人間×自然×技術=未来展(ひと かける しぜん かける ぎじゅつ は みらい てん) – Well-being for human & nature – 」

開催中〜2024/09/23

SusHi Tech Square内1F Space

東京都・千代田区

つくる展 TASKOファクトリーのひらめきをかたちに

2024/07/20〜2024/09/23

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

和のあかり×百段階段2024 ~妖美なおとぎはなし~

開催中〜2024/09/23

ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財「百段階段」

東京都・目黒区

平田晃久―人間の波打ちぎわ

2024/07/28〜2024/09/23

練馬区立美術館

東京都・練馬区

【特別展】没後25年記念 東山魁夷と日本の夏

2024/07/20〜2024/09/23

山種美術館

東京都・渋谷区

令和6年度夏季展「Come on! 九曜紋―見つけて楽しむ細川家の家紋―」

2024/07/27〜2024/09/23

永青文庫

東京都・文京区

夏の特集展示2024「戦争の時代 日本における藤田嗣治 日常から戦時下へ」

2024/07/25〜2024/09/24

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

開催中〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

昭和モダーン モザイクのいろどり 板谷梅樹の世界

2024/08/31〜2024/09/29

泉屋博古館東京

東京都・港区

梅津庸一 クリスタルパレス

開催中〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

開催中〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

GO FOR KOGEI 2024「くらしと工芸、アートにおける哲学的なもの」

2024/09/14〜2024/10/20

富山県富山市/岩瀬エリア、石川県金沢市/東山エリア

富山県・富山市、石川県・金沢市

令和6年度第2期所蔵品展 「特集 新恵美佐子 祈りの花」

2024/07/13〜2024/10/20

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

令和6年度第2期所蔵品展  特集:生誕100年 芥川紗織

2024/07/13〜2024/10/20

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

彫刻の森美術館 開館55周年記念 舟越桂 森へ行く日

2024/07/26〜2024/11/04

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

北アルプス国際芸術祭 2024

2024/09/13〜2024/11/04

芸術祭(長野県大町市)

長野県・大町市

特別展「眼福―大名家旧蔵、静嘉堂茶道具の粋」

2024/09/10〜2024/11/04

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

瑛九 ―まなざしのその先に―

2024/09/14〜2024/11/04

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

MOTコレクション 竹林之七妍/特集展示 野村和弘/Eye to Eye-見ること

2024/08/03〜2024/11/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

ICC アニュアル 2024 とても近い遠さ

開催中〜2024/11/10

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

東京都・新宿区

没後300年記念 英一蝶 ―風流才子、浮き世を写す―

2024/09/18〜2024/11/10

サントリー美術館

東京都・港区

日本現代美術私観:高橋龍太郎コレクション

2024/08/03〜2024/11/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

開催中〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

田名網敬一 記憶の冒険

2024/08/07〜2024/11/11

国立新美術館

東京都・港区

特別展 文明の十字路  バーミヤン大仏の太陽神と弥勒信仰 ―ガンダーラから日本へ―

2024/09/14〜2024/11/12

三井記念美術館

東京都・中央区

森の芸術祭 晴れの国・岡山

2024/09/28〜2024/11/24

芸術祭(岡山県北部12市町村、津山市、新見市、真庭市、鏡野町、奈義町など))

岡山県・北部12市町村

大正・昭和のモダニスト 蕗谷虹児展

2024/10/05〜2024/11/24

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

フィリップ・パレーノ:この場所、あの空

開催中〜2024/12/01

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

心象工芸展

2024/09/06〜2024/12/01

国立工芸館

石川県・金沢市

田中一村展 奄美の光 魂の絵画

2024/09/19〜2024/12/01

東京都美術館

東京都・台東区

挂甲の武人 国宝指定50周年記念 特別展『はにわ』

2024/10/16〜2024/12/08

東京国立博物館

東京都・台東区

ベル・エポック―美しき時代 パリに集った芸術家たち ワイズマン&マイケル コレクションを中心に

2024/10/05〜2024/12/15

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

コスチュームジュエリー ―美の変革者たち― シャネル、ディオール、スキャパレッリ 小瀧千佐子コレクションより

2024/09/08〜2024/12/15

宇都宮美術館

栃木県・宇都宮市

特別展 オタケ・インパクト ―越堂・竹坡・国観、尾竹三兄弟の日本画アナキズム―

2024/10/19〜2024/12/15

泉屋博古館東京

東京都・港区

おしゃべり美術館 ひらビあーつま~れ10年記念展

2024/09/21〜2025/02/16

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

Exhibitions

ペインティングの現在―4人の平面作品から―

川越市立美術館で浅見貴子、荻野僚介、樺山祐和、高橋大輔の作品

  埼玉県西部地区唯一の公立美術館である川越市立美術館で、西部地域ゆかりの4人の平面作家を紹介する「ペインティングの現在」展が開かれている。普段は同じスペースで展示されることの少ない顔ぶれが一堂に会した。担当学芸員の濱田千里によると、「人選していくうえで決まっていった」とのことだが、日本画、洋画、現代美術のジャンルにわたっているとともに、1950、60、70、80年代から一人ずつ選出されている。また、各作家ともに2010年頃から2015年の新作までの、約5年間の最近作が発表されている。
  10月31日に行われたオープニング・レセプションでの取材を元に、見どころを紹介する。

●桜の大作で変化の兆し―浅見貴子
  唯一の女性作家である浅見貴子(あざみたかこ)は1964年埼玉県秩父市に生まれた。現在も秩父の自宅を拠点とし、水墨で樹木を描き続けている。紙の裏側から墨を表に滲ませていくという独特の手法を用いている。
  6点の出品作のうち、メーンは6mほどある大きな桜の木を描いた新作《桜木影向図(さくらぎようごうず)》だ。これまでは、主に松や柿などの庭の木を描いていたが、今回は家から4㎞ほど離れた公園にある桜の木を何カ月も通ってスケッチした。枝につぼみがついて花が咲き、紅葉するまでの1年を通して見続けた桜がひとつの画面に凝縮されている。タイトルは、2013年に東京国立博物館で開かれた「国宝 大神社展」で見た「影向図」を思い出して付けたという。「影向」には霊や神様が立ち現れるという意味があり、「リアルに描きながらも、別の何かが現れる感じがある」自身の絵画に重なると考えた。また、《桜木影向図》の右側に展示された屏風《桜の木1501》は、《桜木影向図》を本尊とする脇侍のようなイメージで描いたという。将来は左側にも同様の桜の絵を描いて3点並べて展示してみたいと考えている。「自宅の庭を出て、外の木をスケッチしたことで作品に変化のきざしが見えた。今後も色いろなことができそうな気がしている」と意欲を燃やしている。

  また、浅見の作品としては珍しく、青い顔料を多く用いた《松の木、夜》では大濱紙を使用している。この作品の画材選択の背景には和紙の質の変化がある。最近、雲肌麻紙に墨が染み込まず、越前和紙を生産する現地でも相談したが解決していない。そのため、大濱紙を用いたが、いつまでも墨が染み出るので先を見たくなり、何カ月も取り組んだ結果、岩絵具まで用いてしまったのだという。
  浅見は今回の展覧会について「普段のグループ展には日本画や水墨のくくりで出品することが多く、世代もタイプも違う人たちと展覧会ができるとは思ってもいなかったので面白い展開になったと思う」と話した。

●感覚を揺さぶる物質的な絵画―荻野僚介

  荻野僚介(おぎのりょうすけ)は1970年に地元の川越市で生まれ、川越高校から明治大学政治経済学部に進学、卒業後、Bゼミスクーリングシステムに学んだ。マスキングテープを用いた筆跡を残さない技法で、均一に平塗りされた色面を組みあわせた表現を特徴としている。色面構成を追求しているのではなく、「作品から受け取る感情や方向性に重きがある」という。
  新作の《untitled》は縦3m12cm、横1m20cmの大作で、金地を背景にして通り抜ける1本の青いラインが特徴的だ。同館で今年1月に開催された埼玉県立近代美術館のコレクションによる「たまものin川越」展に出品された元永定正の作品《聖火》の大きさを参考にした。また、《untitled》のほかにも《w257×h364×d20 or w364×h257×d20》など、今展の出品作には金色に青や赤を用いた作品が数点ある。「宗教的、象徴的な意味に捉えかねない色を使ってみた」という。 
  細心の注意を払って描かれた線や面、色から発する緊張感やズレが、見る者の感覚を刺激する。
  作品は平面だが、《w664×h781×d33》など、キャンバスの幅(w)、高さ(h)、奥行き(d)がそのまま題名として付けられていることで、物質感が強調されるようだ。
  今展への参加に関しては、「浅見さんの作品はすごく面白くて以前から拝見している。高橋君とはお互いの作品について話をする仲で、共に同じフィールドで仕事をしているという意識でいる。地域のくくりで作家が選ばれた展覧会ということよりも、そのような視点で観ていただきたい」と話している。


●油彩の大作と墨の素描―樺山祐和

  樺山祐和(かばやまさちかず)は森や木をテーマに制作を続けてきた。今展には森に差し込む光や空気までをも表し、時空を彷徨うような雰囲気を湛えた《森にうつるもうひとつの森へ》の連作8点に素描10点を出品している。
  1958年福岡県に生まれ、現在は埼玉県入間市に住む。「入間は加治丘陵という丘陵地帯の端にあり、奥多摩や奥武蔵の深い山に流れ込んでいくことを考えながら歩くことが作品を作らせていると思う」と話した。
  出品した大作はすべて油彩だが、素描は墨を用いている。父親が書家で、「和紙と墨の扱いは幼い頃に叩き込まれたので体にしみついている」という。大学入学後は油絵を描いていたのでずっと忘れていたが、10年ほど前に父親が亡くなり、大量の和紙や墨などの書道道具が残されたことがきっかけで用いるようになった。「現場ではザクッ、ザクッと大きさをとらえながら何枚も描きたい、それには墨と和紙が一番やりやすい。にじむことが大きな特徴で、水彩や油彩ではなかなかできない。その偶然性が作品に生かされている」というが、「大作にする際は墨は一切使わない」とも。「層を作り、いろいろな要素や気持ちをこめるので、層をつくることは僕にとって重要なこと。それは油彩でなければできない」からだ。
  作品を一望すると、画材の特徴を生かしながら作品を完成させていく背景も見てとれる。
  「2011年から15年までの最近作を並べてみた。僕自身の考え方が少し変わってきて、作品が変化している時期でもあり、その様子が手に取るようにわかる展示となった」と話す。
  新制作協会会員、武蔵野美術大学教授。

●絵は強くなければ―高橋大輔
  埼玉県東部の越谷市に1980年に生まれ、育ち、現在は県西部の小川町に住む高橋大輔(たかはしだいすけ)は、絵具を大量に使用し、幾重にも塗り重ねた作品を発表してきた。物質としての絵具と絵画の関係を模索、「絵は強くないといけない」と考え、「強度を持たせたい」という思いで制作しているという。
  画材は主にパネルに油絵具。明るいトーンの色面の組み合わせから、風景、建物、お菓子など、さまざまなイメージがわき起こるが、「特定の何かではない。ものを見ては絶対に描かない」という。「この絵に猫を描きましたというと見る人は猫を捜してしまって、絵自体を見えなくしてしまうと思う」と考えている。そのため、作品タイトルの《無題(ワタシサシガタカハシ)》、《無題(ドテ白)》など、「作品が完成したと思って眺めた時に出てくる言葉を無題の後に入れている」。
  理論や理念よりも感覚を重視して制作する。西洋の道具を使っているが、東洋的なものが強いのではないかと最近考えるようになった。自宅のある小川町は和紙の里としても知られ、昨年ユネスコ無形文化財遺産に登録された。「実は今回の出品作家の浅見貴子さんの作品にも憧れている。水墨画や文人画なども気になり、宗達とかもものもすごく好きだ」という。15点の出品。

  12月13日(日)には出品作家が作品の前で語り、作家同士で対談する「アーティストトーク&対談」が13時から14時(トーク)、14時30分から15時30分(対談)まで行われる。また、出品作家が在館する「Artist Day―アーティストに会おう」が11月29日(日)樺山祐和、12月23日(水)荻野僚介、高橋大輔、各日13時から17時まで開催。※浅見貴子は終了。いずれのイベントも費用は観覧料のみ、申し込み不要。

執筆:西澤美子(文中敬称略)

ペインティングの現在―4人の平面作品から―

10月31日(土)~12月23日(水)※月曜休館
9時~17時(入館は16時30分まで)
大人500円、大高生250円、中学生以下無料
川越市立美術館(埼玉県川越市郭町2-30-1)
☎049-228-8080、FAX049‐228‐7870
http://www.city.kawagoe.saitama.jp/artmuseum/

[ワークショップ]
●「点からはじめる子どもの水墨」

内容:写生をした後で水墨画を描く
講師:浅見貴子
日時:11月28日(土)10時~15時30分
場所:創作室
対象:小学生
定員:16名(先着)
費用:200円

●「ポール・セリジェ、マティスあるいは三波伸介」
内容:着色した紙を切り貼りして、参加者全員でひとつの絵画を作る
講師:荻野僚介
日時:12月6日(日)13時30分~16時
場所:創作室
対象:高校生以上
定員:10名(先着)
費用:300円
※いずれも電話またはFAXで美術館に申し込む

写真キャプション
①浅見貴子《桜木影向図》2015年
②浅見貴子《桜の木1501》四曲一隻 2015年
③浅見貴子《松の木、夜》2015年(左)、《梅に楓図》2009年
④荻野僚介《untitled》2015年
⑤荻野僚介《w1384×h821×d30》2014年(左)、《w1303×h1380×d47》2010年
⑥荻野僚介《w257×h364×d20 or w364×h257×d20》2014年お
⑦樺山祐和《森にうつるもうひとつの森へ―生まれかわる光咲く日に―》2012年(左から)、素描 2014-15年、《森にうつるもうひとつの森へ―空気について》2011年
⑧素描10点 2014-15年
⑨樺山祐和《森にうつるもうひとつの森へ―緑陰―》2015年(左から)、同連作で順に《遊》2015年、《道Ⅱ》2014年、《斑》2015年、《杜》2015年、《揺》2015年
⑩高橋大輔《無題(ルリオチア)》2013-14年(左から)、《無題(NAN)》2012-14年、《無題(ワタシサシガタカハシ)》2012-14年、《無題(A,4・5)》2013-14年作品
⑪高橋大輔《無題(ドテ白)》2013年(左から)、高橋大輔《無題(KKIYOSHI)》2013-14年、高橋大輔《無題(tmtm)》2013-14年、高橋大輔《無題(マデ)》2013-14年
⑫高橋大輔《無題(シュのB・加)》2011-15年

2015年11月25日