詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

松岡コレクション めぐりあうものたち Vol.3

開催中〜2023/02/05

松岡美術館

東京都・港区

戦後日本版画の展開-照沼コレクションを中心に

開催中〜2023/02/05

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

江戸絵画の華 〈第1部〉若冲と江戸絵画

開催中〜2023/02/12

出光美術館

東京都・千代田区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

開催中〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

開催中〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

開催中〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

開催中〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

『YUMING MUSEUM』(ユーミン・ミュージアム)

開催中〜2023/02/26

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)

東京都・港区

没後200年 亜欧堂田善展

開催中〜2023/02/26

千葉市美術館

千葉県・千葉市

フジヤマミュージアム 冬の収蔵作品展

開催中〜2023/02/26

フジヤマミュージアム

山梨県・富士吉田市

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

開催中〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

多層世界とリアリティのよりどころ

開催中〜2023/03/05

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

東京都・新宿区

FACE展2023

2023/02/18〜2023/03/12

SOMPO美術館

東京都・新宿区

日本の切り絵 7人のミューズ

2023/02/04〜2023/03/19

そごう美術館

神奈川県・横浜市

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

広重おじさん図譜

2023/02/03〜2023/03/26

太田記念美術館

東京都・渋谷区

江戸絵画の華 〈第2部〉京都画壇と江戸琳派

2023/02/21〜2023/03/26

出光美術館

東京都・千代田区

VOCA展2023

2023/03/16〜2023/03/30

上野の森美術館

東京都・台東区

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

開催中〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

トンコハウス・堤大介の「ONI展」

開催中〜2023/04/02

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

キャラクターデザインの先駆者 土方重巳の世界

2023/02/11〜2023/04/09

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

アートのための場所づくり 1970年代から90年代の群馬におけるアートスペース

開催中〜2023/04/09

群馬県立近代美術館

群馬県・高崎市

レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才

開催中〜2023/04/09

東京都美術館

東京都・台東区

わたしたちは生きている! セタビの森の動物たち

2023/02/18〜2023/04/09

世田谷美術館

東京都・世田谷区

ヒグチユウコ展 CIRCUS FINAL END

2023/02/03〜2023/04/10

森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52F)

東京都・港区

本と絵画の800年 吉野石膏所蔵の貴重書と絵画コレクション

2023/02/26〜2023/04/16

練馬区立美術館

東京都・練馬区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

企画展「北斎バードパーク」

2023/03/14〜2023/05/21

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

開催中〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

櫻田精一展 ~気韻生動 刻の流れをみつめて~

開催中〜2023/05/28

森の美術館

千葉県・流山市

NACT View 02 築地のはら ねずみっけ

開催中〜2023/05/29

国立新美術館

東京都・港区

美しい人びと 松園からローランサンまで

2023/02/21〜2023/06/04

松岡美術館

東京都・港区

へザウィック・スタジオ展:共感する建築

2023/03/17〜2023/06/04

森美術館

東京都・港区

憧憬の地 ブルターニュ  ―モネ、ゴーガン、黒田清輝らが見た異郷

2023/03/18〜2023/06/11

国立西洋美術館

東京都・台東区

ブルターニュの光と風 ー画家たちを魅了したフランス<辺境の地>

2023/03/25〜2023/06/11

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ジョルジュ・ルオー ー かたち、色、ハーモニー ー(開館20周年記念展)

2023/04/08〜2023/06/25

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

部屋のみる夢 ボナールからティルマンス、現代の作家まで

開催中〜2023/07/02

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

青空は、太陽の反対側にある:原美術館/原六郎コレクション 第1期(春夏季)

2023/03/24〜2023/09/03

原美術館ARC

群馬県・渋川市

Exhibitions

プーさんの世界に包まれる
「クマのプーさん」展

  • PLAY! MUSEUM (東京都・立川)

 1950~60年代に描かれた「クマのプーさん」の原画約100点をはじめ、物語の舞台をイメージした展示空間、イングランド南部の森の映像インスタレーションなどさまざまなアプローチでクマのプーさんの世界に迫る。

70年前の貴重な原画と出合う

 「クマのプーさん」(Winnie-the-Pooh)は1926年にイギリス人作家のアラン・アレクサンダー・ミルン(1882-1956)が描いた物語。クマのぬいぐるみプーを主人公に仲間たちと過ごす日常が綴られ、アーネスト・ハワード・シェパード(1879-1976)が挿画を添える。本展では1950~60年代にシェパードが出版社のE.P.Dutton(ダットン社)のために描いた貴重な原画約100点を展示する。
  
 同館プロデューサーの草刈大介が、提携するエリック・カール絵本美術館で目にしたこれらの原画はこれまでほとんど展示されたことがなく、作品の点検を行う修復士が「昨日描かれたみたい」と話すほどきれいな状態である。確かに色や状態など、70年も前に描かれたものとは思えない。草刈は「恐らく日本初展示では」と話す。

E. H. シェパード『絵本 クマのプーさん』原画 1965 年 E. H. Shepard, Illustration for The Pooh Story Book by A. A. Milne. Courtesy of Penguin Young Readers Group, a division of Penguin Random House, LLC. © 1965 E. P. Dutton & Co., Inc.
E. H. シェパード『絵本 クマのプーさん』原画 1965 年 E. H. Shepard, Illustration for The Pooh Story Book by A. A. Milne. Courtesy of Penguin Young Readers Group, a division of Penguin Random House, LLC. © 1965 E. P. Dutton & Co., Inc.
E. H.シェパード『クマのプーさん プー横丁にたった家』原画1957年E. H. Shepard, Illustration forThe World of Poohby A. A. Milne. Courtesy ofPenguin Young Readers Group, a division of Penguin Random House, LLC. © 1957 E. P. Dutton & Co., Inc.
E. H.シェパード『クマのプーさん プー横丁にたった家』原画1957年E. H. Shepard, Illustration forThe World of Poohby A. A. Milne. Courtesy ofPenguin Young Readers Group, a division of Penguin Random House, LLC. © 1957 E. P. Dutton & Co., Inc.

さまざまなアプローチで、クマのプーさんの魅力に迫る

 会場の小さな入り口が物語の世界へと誘う。最初のエリアでは、同作品の魅力にAからZのキーワードで迫っていく。デパートのショーウインドウを彷彿とさせるスタイリッシュな展示空間は、まさに物語の中のようにかわいらしい。
  
 グラフィックデザインを担当した⽥部井美奈は「クラシックなものを紹介するという展示ではなく、『現代におけるプーさんという切り口でやってほしい』と言われたことがすごく印象に残った。可能性がすごくあって、取り組んでいて楽しいテーマだった」と振り返る。キーワードとなる英字の書体について「原著のタイトルに近いものにしたが、素材や質感など現代らしさも意識した」とも。

 メイン会場でもある楕円形の展示室は、物語の舞台「百町森(100エーカーの森)」(石井桃子訳)をイメージした空間が広がる。空間デザインを担当した建築家の齋藤名穂は「最初に入ったところで全てが見通せず、木の下や坂道など、少しずついろんな角度で絵と出合いながら、お話と同じように丘の上から一望するような体験ができるといいなと思った」と話す。
   
 この展示室で私が印象的だったのは照明で表現された木漏れ日。展示室というかしこまった雰囲気を取り払ったような空間で、座って休んだり展示室を眺めながら、ぐるりと囲むように掛けられた原画を楽しむ。

ギャラリートークも丸太に座りながらのような雰囲気
ギャラリートークも丸太に座りながらのような雰囲気
檜原村の木材を活用した展示ケース
檜原村の木材を活用した展示ケース

 物語の舞台となったイングランド南部のアッシュダウンの森で数か月前に撮影した映像を使った映像インスタレーションの展示エリアもあり、実際の森を目で見て耳で聞きながらイメージを広げていく。

いろいろなアプローチでクマのプーさんの世界に包まれていった。
   
(文中敬称略)
執筆・写真撮影(原画除く):堀内まりえ

 「クマのプーさん」展
  
【会期・会場】
2022年7月16日(土)~2022年10月2日(日) PLAY! MUSEUM(東京都・⽴川市)
展覧会HP: https://play2020.jp/article/pooh/
 
*本展は日時指定入場制です。
*来場にあたっての注意事項等については、公式ウェブサイトをご確認ください。
  
【今後の巡回予定】
2022年10月8日(土)~11月27日(日) 名古屋市美術館
*会期・会場は変更になる可能性あり