詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

フィン・ユールとデンマークの椅子

開催中〜2022/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

特別展アリス —へんてこりん、へんてこりんな世界ー

開催中〜2022/10/10

森アーツセンターギャラリー( 六本木ヒルズ森タワー 52F)

東京都・港区

名作展「涼風を語る 龍子の描いた風景画を中心に」

開催中〜2022/10/10

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

特別展「化石ハンター展 〜ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣〜」

開催中〜2022/10/10

国立科学博物館

東京都・台東区

アールヌーヴォーからアールデコに咲いたデザイン  オールドノリタケ×若林コレクション

開催中〜2022/10/16

そごう美術館

神奈川県・横浜市

企画展  蔵出し蒔絵コレクション

開催中〜2022/10/16

根津美術館

東京都・港区

MOTアニュアル2022 私の正しさは誰かの悲しみあるいは憎しみ

開催中〜2022/10/16

東京都現代美術館

東京都・江東区

MOTコレクション コレクションを巻き戻す 2nd

開催中〜2022/10/16

東京都現代美術館

東京都・江東区

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展Ⅲ 古美術逍遙 ―東洋へのまなざし

開催中〜2022/10/23

泉屋博古館東京

東京都・港区

新版画 進化系UKIYO-Eの美

開催中〜2022/11/03

千葉市美術館

千葉県・千葉市

地球がまわる音を聴く:パンデミック以降のウェルビーイング

開催中〜2022/11/06

森美術館

東京都・港区

特集展示「初公開の収蔵品から」

開催中〜2022/11/06

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

生誕 120 年 猪熊弦一郎展

開催中〜2022/11/06

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

長坂真護展 Still A “BLACK” STAR  supported by なんぼや

開催中〜2022/11/06

上野の森美術館

東京都・台東区

大蒔絵展 —漆と金の千年物語

開催中〜2022/11/13

三井記念美術館

東京都・中央区

理想の書物 —英国19世紀挿絵本からプライヴェート・プレスの世界へ—

開催中〜2022/11/13

群馬県立近代美術館

群馬県・高崎市

美をつくし―大阪市立美術館コレクション

開催中〜2022/11/13

サントリー美術館

東京都・港区

宮城壮太郎展――使えるもの、美しいもの

開催中〜2022/11/13

世田谷美術館

東京都・世田谷区

第74回 正倉院展

2022/10/29〜2022/11/14

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

学年誌100年と玉井力三—描かれた昭和の子ども―

開催中〜2022/11/15

千代田区立日比谷図書文化館

東京都・千代田区

誕生50周年記念 ベルサイユのばら展ーベルばらは永遠にー

開催中〜2022/11/20

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)

東京都・港区

ヤマザキマリの世界

2022/10/25〜2022/11/26

東京造形大学附属美術館

東京都・八王子市

江森天寿と石川梅子 夭折の画家と県内初の女流画家

2022/10/08〜2022/11/27

遠山記念館

埼玉県・川島町

開館25周年記念展 Ⅲ 再興院展の立役者 齋藤隆三

2022/10/08〜2022/11/27

茨城県天心記念五浦美術館

茨城県・北茨城市

企画展「市制90周年記念 私たちの絵 時代の自画像展」

開催中〜2022/11/27

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

旅と想像/創造 いつかあなたの旅になる

開催中〜2022/11/27

東京都庭園美術館

東京都・港区

北斎ブックワールド ―知られざる板本の世界―

開催中〜2022/11/27

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー

開催中〜2022/11/27

角川武蔵野ミュージアム

埼玉県・所沢市

2022年秋の特別展「ヒンドゥーの神々の物語」

開催中〜2022/11/27

古代オリエント博物館

東京都・豊島区

特別展  将軍家の襖絵

2022/11/03〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

2022/10/08〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

ポンペイ

2022/10/12〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

2022/10/06〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

アーツ・アンド・クラフツとデザイン ウィリアム・モリスからフランク・ロイド・ライトまで

開催中〜2022/12/04

府中市美術館

東京都・府中市

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

2022/10/25〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

2022/10/08〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

2022/10/04〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

2022/11/03〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子展(タイトル未定)

2022/10/08〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

静嘉堂創設130周年・新美術館開館記念 響きあう名宝 ―曜変・琳派のかがやき―

開催中〜2022/12/18

静嘉堂文庫美術館

東京都・千代田区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

2022/10/08〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

2022/10/18〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

2022/10/22〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

鉄道と美術の150年

2022/10/08〜2023/01/09

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

2022/11/05〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

2022/11/15〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

2022/10/08〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

2022/10/08〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

2022/10/08〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

2022/10/14〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

2022/11/18〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

2022/11/12〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展(仮題)

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

特別展「動画クリエイター展」

2022/10/08〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

Exhibitions

プーさんの世界に包まれる
「クマのプーさん」展

  • PLAY! MUSEUM (東京都・立川)

 1950~60年代に描かれた「クマのプーさん」の原画約100点をはじめ、物語の舞台をイメージした展示空間、イングランド南部の森の映像インスタレーションなどさまざまなアプローチでクマのプーさんの世界に迫る。

70年前の貴重な原画と出合う

 「クマのプーさん」(Winnie-the-Pooh)は1926年にイギリス人作家のアラン・アレクサンダー・ミルン(1882-1956)が描いた物語。クマのぬいぐるみプーを主人公に仲間たちと過ごす日常が綴られ、アーネスト・ハワード・シェパード(1879-1976)が挿画を添える。本展では1950~60年代にシェパードが出版社のE.P.Dutton(ダットン社)のために描いた貴重な原画約100点を展示する。
  
 同館プロデューサーの草刈大介が、提携するエリック・カール絵本美術館で目にしたこれらの原画はこれまでほとんど展示されたことがなく、作品の点検を行う修復士が「昨日描かれたみたい」と話すほどきれいな状態である。確かに色や状態など、70年も前に描かれたものとは思えない。草刈は「恐らく日本初展示では」と話す。

E. H. シェパード『絵本 クマのプーさん』原画 1965 年 E. H. Shepard, Illustration for The Pooh Story Book by A. A. Milne. Courtesy of Penguin Young Readers Group, a division of Penguin Random House, LLC. © 1965 E. P. Dutton & Co., Inc.
E. H. シェパード『絵本 クマのプーさん』原画 1965 年 E. H. Shepard, Illustration for The Pooh Story Book by A. A. Milne. Courtesy of Penguin Young Readers Group, a division of Penguin Random House, LLC. © 1965 E. P. Dutton & Co., Inc.
E. H.シェパード『クマのプーさん プー横丁にたった家』原画1957年E. H. Shepard, Illustration forThe World of Poohby A. A. Milne. Courtesy ofPenguin Young Readers Group, a division of Penguin Random House, LLC. © 1957 E. P. Dutton & Co., Inc.
E. H.シェパード『クマのプーさん プー横丁にたった家』原画1957年E. H. Shepard, Illustration forThe World of Poohby A. A. Milne. Courtesy ofPenguin Young Readers Group, a division of Penguin Random House, LLC. © 1957 E. P. Dutton & Co., Inc.

さまざまなアプローチで、クマのプーさんの魅力に迫る

 会場の小さな入り口が物語の世界へと誘う。最初のエリアでは、同作品の魅力にAからZのキーワードで迫っていく。デパートのショーウインドウを彷彿とさせるスタイリッシュな展示空間は、まさに物語の中のようにかわいらしい。
  
 グラフィックデザインを担当した⽥部井美奈は「クラシックなものを紹介するという展示ではなく、『現代におけるプーさんという切り口でやってほしい』と言われたことがすごく印象に残った。可能性がすごくあって、取り組んでいて楽しいテーマだった」と振り返る。キーワードとなる英字の書体について「原著のタイトルに近いものにしたが、素材や質感など現代らしさも意識した」とも。

 メイン会場でもある楕円形の展示室は、物語の舞台「百町森(100エーカーの森)」(石井桃子訳)をイメージした空間が広がる。空間デザインを担当した建築家の齋藤名穂は「最初に入ったところで全てが見通せず、木の下や坂道など、少しずついろんな角度で絵と出合いながら、お話と同じように丘の上から一望するような体験ができるといいなと思った」と話す。
   
 この展示室で私が印象的だったのは照明で表現された木漏れ日。展示室というかしこまった雰囲気を取り払ったような空間で、座って休んだり展示室を眺めながら、ぐるりと囲むように掛けられた原画を楽しむ。

ギャラリートークも丸太に座りながらのような雰囲気
ギャラリートークも丸太に座りながらのような雰囲気
檜原村の木材を活用した展示ケース
檜原村の木材を活用した展示ケース

 物語の舞台となったイングランド南部のアッシュダウンの森で数か月前に撮影した映像を使った映像インスタレーションの展示エリアもあり、実際の森を目で見て耳で聞きながらイメージを広げていく。

いろいろなアプローチでクマのプーさんの世界に包まれていった。
   
(文中敬称略)
執筆・写真撮影(原画除く):堀内まりえ

 「クマのプーさん」展
  
【会期・会場】
2022年7月16日(土)~2022年10月2日(日) PLAY! MUSEUM(東京都・⽴川市)
展覧会HP: https://play2020.jp/article/pooh/
 
*本展は日時指定入場制です。
*来場にあたっての注意事項等については、公式ウェブサイトをご確認ください。
  
【今後の巡回予定】
2022年10月8日(土)~11月27日(日) 名古屋市美術館
*会期・会場は変更になる可能性あり