詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

《シロクマ》 1923-1933年 白色大理石 群馬県立館林美術館蔵

Exhibitions

フランソワ・ポンポン展-動物を愛した彫刻家

 シンプルなフォルムが美しい《シロクマ》の彫刻で有名なフランスの彫刻家フランソワ・ポンポン(1855〜1933)の、日本初の回顧展が開催されている。2021年7月に京都市京セラ美術館で始まった巡回展。今回の山梨県立美術館が最終会場となる。

遅咲きの彫刻家

 動物彫刻で知られるポンポンだが、当初は人物像の彫刻で身を立てようとしていたという。巨匠ロダンをはじめ、様々な彫刻家の工房で下彫り職人として働きながら、自身の作品をつくり続けること、30年。だが、なかなか認められなかった。文豪ユゴーの小説『レ・ミゼラブル』の登場人物を主題とした大理石の人物像《コゼット》は、45歳の年にパリ万博で銅賞をとったが、国家に作品を買い上げてもらう夢はかなわなかった。

《コゼット》1888年 ブロンズ 群馬県立館林美術館蔵  こちらは大理石像と同型のブロンズのコゼット像
《コゼット》1888年 ブロンズ 群馬県立館林美術館蔵  こちらは大理石像と同型のブロンズのコゼット像

 人物像をあきらめたポンポンが動物彫刻に転向したのは、51歳のとき。最終的に名声を勝ち得たのは、1922年、サロン・ドートンヌに出品した実物大の石膏像《シロクマ》が注目を浴びてからだ。67歳になっていたから、評価面では遅咲きの芸術家と言えるだろう。

約50年の歩みをたどる回顧展

 初期から晩年までの作品約90点が並ぶ本展は、そんなポンポンの50年以上に及ぶ制作の歩みを丁寧に紹介する展覧会だ。

展示風景
展示風景

 見どころのひとつは、動物の表現のしかたの変化が一望できることだろうか。田舎で身近な鶏など家禽の彫刻を始めた当初は、人物像同様に写実的だった。師のロダンからは、「光のもとで最初に彫刻がなすべきことは、最も忠実に自然を写すことである…よく構成し、面に置き換えることである…」と言われたとか。観察に観察を重ねて生まれたリアルな表現。それが次第にシンプルになり、また表面が滑らかになっていく。

《鵞鳥(ガチョウ)》1926年 石膏 群馬県立館林美術館蔵
《鵞鳥(ガチョウ)》1926年 石膏 群馬県立館林美術館蔵

 きっかけのひとつは、太陽の逆光で一羽のガチョウを目にしたことだという。10メートルほど離れたところにいた鳥が光に包まれ、美しい輪郭線を描いて見えたことが啓示となり、細部表現を省略し、ヴォリューム全体をシルエットで表そうと心がけるようになった。観察した動物の本質をとらえる試み、とも言えるだろうか。古代エジプト美術や、日本の動物の形の香炉の影響もあるそうだが、こうして羽根や毛並みを表さず、石も石膏もブロンズも、表面をツルツルに磨き上げた滑らかな仕上げがポンポンのスタイルとして確立する。

《ペリカン》 1924年 ブロンズ ディジョン美術館蔵(パリ、国立自然史博物館より寄託)
《ペリカン》 1924年 ブロンズ ディジョン美術館蔵(パリ、国立自然史博物館より寄託)
《錦鶏(キンケイ)》 1933年 磨かれたブロンズ ディジョン美術館蔵(パリ、国立自然史博物館より寄託)
《錦鶏(キンケイ)》 1933年 磨かれたブロンズ ディジョン美術館蔵(パリ、国立自然史博物館より寄託)

見比べる楽しみ

 本展の魅力のひとつは、色々なかたちで見比べる楽しみがあることだ。
 同じ作品を様々な素材で見られるのもそのひとつ。等身大の《シロクマ》は輸送の問題などもあって出品されていないが、今回は、色も質感も異なる大理石、銀合金、磁器の3種の作品が展示されている。

展示風景、右《シロクマ》 1921-1924年  無釉硬質磁器 群馬県立館林美術館蔵
展示風景、右《シロクマ》 1921-1924年  無釉硬質磁器 群馬県立館林美術館蔵

 周囲を歩き回って、様々な角度で見られるのも彫刻の味わい深いところだ。例えば、ふだんの写真では横向きが多い《シロクマ》だが、上から見れば、ゆるく弧を描く背骨のしなやかさや、また後ろから見れば、蹴り出す足の力強さや、エッジの効いた造形表現が見えてくる。正面から見た顔もなんとも愛らしい。

展示風景、手前《シロクマ》 1923-1933年 銀合金 群馬県立館林美術館蔵
展示風景、手前《シロクマ》 1923-1933年 銀合金 群馬県立館林美術館蔵

 同じ主題の展開を追うのも興味深い。豹やトラなどのネコ科の猛獣を扱った作品群は、優雅に堂々と歩く姿が美しいが、足の出し方や尾の伸び方、体の沈め方などが少しずつ変えられており、ポンポンがより美しい輪郭線を見いだし、動きを生き生きと表そうと工夫していたことが見てとれる。勢いあまって台座からはみ出てしまったかたのような像には、ユーモアも感じられるだろうか。

展示風景、奥に豹のシリーズが並ぶ。
展示風景、奥に豹のシリーズが並ぶ。
《大黒豹》1930-1931年 ブロンズ 群馬県立館林美術館蔵 
《大黒豹》1930-1931年 ブロンズ 群馬県立館林美術館蔵 

 ポンポンは、パリの動物園にも通い、珍しい動物の絵葉書も集めていた。広々とした空間に今回登場するのは、家禽から異国の動物まで40種近くに及ぶ。動物園を散策するように、様々な表情を浮かべる愛らしい動物のなかから、お気に入りの一点を見つけるのも一興だろう。大人も子どもも、ほっこりと楽しめる幸福感あふれる展覧会となっている。

《ヒグマ》 1918-1926年 ブロンズ 群馬県立館林美術館蔵
《ヒグマ》 1918-1926年 ブロンズ 群馬県立館林美術館蔵
《カバ》 1918-1931年 石膏 群馬県立館林美術館蔵
《カバ》 1918-1931年 石膏 群馬県立館林美術館蔵
《猪》1925-1929 石膏 群馬県立館林美術館蔵
《猪》1925-1929 石膏 群馬県立館林美術館蔵
レストランでは、フランソワ・ポンポン展特別メニュー「シロクマクリームソーダ」をどうぞ。ポンポン展にちなんだランチ・メニューもある。
レストランでは、フランソワ・ポンポン展特別メニュー「シロクマクリームソーダ」をどうぞ。ポンポン展にちなんだランチ・メニューもある。

執筆・写真撮影:中山ゆかり

*画面トップの写真:《シロクマ》 1923-1933年 白色大理石 群馬県立館林美術館蔵(*この作品は、来館者も撮影が可能です)
*会場内の写真は、主催者の許可を得て撮影したものです。
*掲載している作品はすべて、フランソワ・ポンポン作。
*参考文献:「フランソワ・ポンポン展-動物を愛した彫刻家」図録

フランソワ・ポンポン展-動物を愛した彫刻家
François Pompon Retrospective
 
【会期・会場】
2022年4月16日(土)~6月12日(日)  山梨県立美術館(山梨県・甲府市)
※来場にあたっての注意事項等については、公式ウェブサイトをご確認ください。
美術館HP:https://www.art-museum.pref.yamanashi.jp