詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

江森天寿と石川梅子 夭折の画家と県内初の女流画家

開催中〜2022/11/27

遠山記念館

埼玉県・川島町

開館25周年記念展 Ⅲ 再興院展の立役者 齋藤隆三

開催中〜2022/11/27

茨城県天心記念五浦美術館

茨城県・北茨城市

企画展「市制90周年記念 私たちの絵 時代の自画像展」

開催中〜2022/11/27

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー

開催中〜2022/11/27

角川武蔵野ミュージアム

埼玉県・所沢市

2022年秋の特別展「ヒンドゥーの神々の物語」

開催中〜2022/11/27

古代オリエント博物館

東京都・豊島区

第9回日本美術展覧会(日展)

開催中〜2022/11/27

国立新美術館

東京都・港区

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

2022/11/30〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

鉄道と美術の150年

開催中〜2023/01/09

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

チューリヒ美術館展―印象派からシュルレアリスムまで

スイスならではの傑作コレクション。
14の部屋をリズミカルにめぐる。

   アルプスと湖の美しい国スイス。だが知らないことも多い。スイスはヨーロッパの中心にあり、東をオーストリアとリヒテンシュタイン、北をドイツ、西をフランス、そして南はイタリアに、というように外国に囲まれた多民族・多言語の小さな国だ。その首都はベルン。しかし最大の都市は、スイス北東部に位置するドイツ語圏のチューリヒである。
   ここに、世界に誇るべき「チューリヒ美術館The Kunsthaus Zürich」(「クンストハウス」は芸術の館の意)がある。ベルン美術館、パウル・クレー・センター、バーゼル市立美術館などとともにスイスにおける最も重要な美術館の一つだ。チューリヒ美術館は1787年に芸術家たちの小さな集まりから始まり、1910年に建物が落成した。現在は中世美術から現代美術まで10万点を超すコレクションを有し、特に19世紀後半から20世紀前半にかけての近代美術に優れるといわれる。いまもチューリヒ芸術協会が支える美術館だ。
   本展覧会はチューリヒ美術館所蔵の近代美術の傑作を、日本で初めてまとまった形で紹介するものだ。2014年が日本とスイス国交樹立150周年であることを記念して実現した。国立新美術館(東京)と神戸市立博物館(兵庫県)の2館を巡回。
   ■展覧会の特徴 
   大好評を博している本展。その特徴は、第一に作品の新鮮な魅力と、ユニークな展覧会構成である。作品の前に立つたびに巨匠たちの「観たことがない代表作」と出合うことになり、驚嘆させられる。出品される74作品の約7割が日本初公開だ。そして会場には14の部屋が設定され、モネやシャガールなどの「巨匠の部屋」と、ポスト印象派を初めとする美術史の運動や動向の「時代の部屋」が交互に入れ替わりながら展開する。観者は、うつろう光をとらえる印象派、目に見える世界の再現から解放された抽象絵画を経て、理性よりも夢や無意識を重視するシュルレアリスムまでの美術の流れを、絵画・彫刻作品を通してして自然に漂うように体験するのだが、そこにリズミカルな心地よさがある。第二の特徴は、チューリヒ美術館が大切にし、多くの作品を所蔵するスイスの芸術家たち、つまり、ホドラー、ヴァロットン、クレー、ジャコメッティらの傑作に接することができることだ。そして、全体を通して独特の清澄さが感じられる。
   ■展覧会の構成 
   展覧会場は次の順序で14の部屋を廻るように構成されており、観者は美術の流れをわかりやすく、かつ律動的にたどることができる。
1[セガンティーニの部屋] →2[モネの部屋] →3[ポスト印象派の部屋] →4[ホドラーの部屋] →5 [ナビ派の部屋] →6[ムンクの部屋] →7[表現主義の部屋] →8[ココシュカの部屋] →9[フォーヴィスムとキュビスムの部屋] →10[クレーの部屋] → 11[抽象絵画の部屋] →12[シャガールの部屋] →13[シュルレアリスムの部屋] →14[ジャコメッティの部屋]
   ■みどころの一部:モネ/ムンク/スイスの芸術家 
   みどころが尽きない本展だが、ごく一部を紹介しよう。
   ●モネの部屋 本展の最大の話題作が、クロード・モネ(1840~1926)最晩年の代表作《睡蓮の池、夕暮れ》(1916/22)である。縦2m×横6mの巨大画面の前に立つと、水面を覆う黄、橙、紫、青、緑などの色彩に身体ごと包まれるようだ。モネはうつろう光をとらえた印象派の代表的な画家だが、このような睡蓮連作の表現については第二次世界大戦後におこったアメリカ抽象表現主義に先駆けたとの評価を受ける。《陽のあたる積み藁》(1891)では逆光に耀く積み藁と光と影を繊細に描く。本作は、抽象絵画の創始者ワシリー・カンディンスキー(1866~1944)が抽象画の啓示を受けた作品としても有名だ。なおカンディンスキーの作品は、[抽象絵画の部屋]に音楽を表現したような《黒い色斑》(1921)を出品。
   ●ホドラーの部屋 フェルディナント・ホドラー(1853~1918)はスイスのベルンに生れ、生涯スイスで活躍した象徴主義の画家だ。彼の絵は1958年までスイス紙幣に使われた。1890年代に、同一の形態が反復するリズムに基づく造形原理「パラレリズム(平行主義)」を提唱し、独自の装飾様式を確立。生と死の根源を見つめる作品を描いた。《真実、第二ヴァージョン》(1903)は左右対称の構成でダイナミックだ。パラレリズムが効果的に発揮されている。モダンダンスの場面のようにも見える。パラレリズムは、同時代の舞踏教育「リトミック」とも呼応する。ホドラーの死により未完となった《遠方からの歌》(1917頃)は鮮やかな青服をまとい、両手を大きく広げた女性立像。《日没のレマン湖》(1915)は帯状に色が変化する空が印象的な晩年の風景画。ともに崇高さが宿る。なお、「フェルディナント・ホドラー展」が国立西洋美術館(東京)と兵庫県立美術館にて巡回中。二つの美術展の開催により2014年秋から2015年春は日本にホドラー作品が多く集まっている。
   ●ヴァロットン(ナビ派の部屋) フェリックス・ヴァロットン(1865~1925)はスイスのローザンヌに生れ、パリで活躍し、フランスに帰化するが、二つの国を頻繁に行き来した。若くして白黒の木版画で好評を得、のちにナビ派の活動に参加し「外国人のナビ」とも呼ばれた。その作品は[ナビ派の部屋]に展示されている。映画の一場面のような男女の室内画《訪問》(1899)や裸婦像の新しい境地に挑戦した《トランプで一人遊びをする裸婦》(1912)、また独特の手法でとらえたアルプスなど風景画などが出品され、単純化された造形を特徴とする、彼の不思議な絵画の魅力を披露する。
   ●ムンクの部屋 ノルウェーに生れた画家エドヴァルド・ムンク(1863~1944)は、1893年に発表した《叫び》が有名だが、風景画にも優れ、肖像画家としても成功をおさめた。《冬の夜》(1900)は深緑の森と深い青色の北の海を描き、冷気のなかに魂の声が響く。一方、明るい薄薔薇色の壁と机の前に立つ等身大の作品《ヴィルヘルム・ヴァルトマン博士の肖像》(1923)はのびのびとした筆致で、モデルの人となりも写し取る。ヴァルトマン博士はチューリヒ美術館の初代館長(在任1910~49)で鋭い鑑識眼の持ち主だった。1922年と1932年に同館でムンクの大規模な個展を開く。博士は他にも、キュヴィスムの創始者で20世紀の巨匠となるパブロ・ピカソ(1881~1973)や、オーストリアに生れ、不安な精神のうねりを力強い筆致で描く表現主義の画家オスカー・ココシュカ(1886~1980)らの個展を、他の美術館に先んじて開催し、作品蒐集も精力的に行った。
   ●クレーの部屋 パウル・クレー(1879~1940)は「芸術は見えるものを再現するのではなく、見えるようにするのである」との言葉を残した。スイスのベルンで育ち、ドイツで活躍。1920年にバウハウスに招聘され教鞭をとるが、1933年ベルンに帰郷。詩情ある抽象画を9000点も描いたクレーは、生涯にわたって絵画の実験を行い、画風を変化させた。本展では彼の絵画世界の諸相を紹介。子どもの絵のような《深淵の道化師》(1927) は絵具を重ねた暗褐色の地を引っ掻いて描かれ、《操り人形》(1930)は生命を主題とし、作品を自由に変換させて新たなものを作り出す「生成」や、「変容」の表現とされる。また、紫の平坦な背景に四角形が集合するチェス盤を立てたような《スーパーチェス》(1937)では新しい空間を生む。最晩年の《狩人の木のもとで》(1939)は古代に学んだ豊かな線描が特徴。
   ●ジャコメッティの部屋 アルベルト・ジャコメッティ(1901~66)はスイスの、イタリア国境に近いボルゴノーヴォに生れ、ジュネーヴで学んだ。彼は20世紀彫刻史の革新を行った。初期から晩年までの6作品を展示。初期の《スプーン型の女》(1926/27)はパリにおいて、キュヴィスムと非西洋的な造形を融合させて制作したもの。シュルレアリスム運動とも関係したが、その後の長い探求の結果、1947年量塊(マッス)を消した細長いフォルムに到達した。《立つ女》(1948)や《広場を横切る男》(1949)は、本質だけが放つ強烈な存在感だ。日本との関係では哲学者 矢内原伊作のとの交流が有名だが、《矢内原伊作の肖像》(1957)の絵画作品も出品されている。
   ■スイスと日本をつなぐ
   日本とスイス国交樹立150周年を記念して開催されたチューリヒ美術館展は、展覧会そのものの楽しみとともに、スイスのことを知り、二つの国の関係を考える貴重な機会となるように思う。少し記すと、両国の関係の始まりは江戸時代末期である。1858年の日米修好条約締結されたあと、スイス政府からエメ・アンベール(1891~1900)を代表とする遣日使節団が派遣され、1864年2月6日にスイス連邦と日本(第14代将軍 徳川家茂)との間に修好通商条約が調印された。アンベールは帰国後の1870年に豊富な挿絵による日本紹介の二冊組書籍『(幕末日本図絵)』を刊行。これはジャポニスムの先駆けともいわれる。1919年になると、箱根にスイスの登山鉄道ベルニナ鉄道をモデルにした箱根登山鉄道が開通した。
   建築でも交流は深い。1959年東京・上野に開館した国立西洋美術館は、スイスに生れ、のちにフランスに帰化した建築家ル・コルビュジエ(1887~1965)による設計だ。一方、近年では、プリツカー賞を受賞した妹島和世(1956~)と西沢立衛(1966~)の建築事務所SANNAが、スイス連邦工科大学ローザンヌ校ロレックス・ラーニングセンターを設計。2010年に竣工し、高い評価を得た。また、ヨーロッパ屈指の音楽祭であるスイスの「ルツェルン・フェスティバル」が、東日本大震災の被災者のために移動式音楽ホールを立ち上げ、2013年9~10月に宮城県松島で、2014年11月初旬に仙台で音楽祭を行った。この500人収容の巨大風船のような音楽ホール「アーク・ノヴァ」は折り畳んでトラックで移動できるもので、世界的建築家の磯崎新(1931~)とインド出身のアーティストのアニッシュ・カプーア(1954~)によるデザインである。
   チューリヒ美術館展は、日本とスイスの交流の歴史のなかでも意義深い出来事だ。イタリアに生れ、スイス・アルプスに移り住み、光の探求を続けたジョヴァンニ・セガンティーニ(1858~99)から始まり、驚くべき造形を発見したジャコメッティまでの、めくるめく世界。どうぞお楽しみください。

【参考文献】
1) 国立新美術館・神戸市立博物館・朝日新聞社 編集・構成:『チューリヒ美術館―印象派からシュルレアリスムまで』(展覧会カタログ)、朝日新聞社 発行、2014年。

執筆:HOSOKAWA Fonte Idumi 
(2014年11月)

※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。

2014-1201-001
写真1 会場風景。クロード・モネ≪睡蓮の池、夕暮れ≫、1916/22年。(撮影:I.HOSOKAWA)

2014-1201-002
写真2 会場風景。アンリ・ルソー≪X氏の肖像(ピエール・ロティ)≫、1906年。(撮影:I.HOSOKAWA)

2014-1201-003
写真3 会場風景。フェルディナント・ホドラー≪遠方からの歌≫、1917年頃。(撮影:I.HOSOKAWA)

2014-1201-004
写真4 会場風景。左から、フェリックス・ヴァロットン≪日没、ヴィレルヴィル≫、1917年。
フェリックス・ヴァロットン≪アルプス高地、氷河、冠雪の峰々≫、1919年。(撮影:I.HOSOKAWA)


【展覧会英語名】Masterpieces from the Kunsthaus Zürich
【会期・会場】
2014年9月25日~12月15日 国立新美術館 <電話> 03-5777-8600(ハローダイヤル)
2015年1月31日~5月10日 神戸市立博物館 <電話> 078-391-0035
<詳細>http://zurich2014-15.jp/
※本文・図版とも無断引用を禁じます。

2014年12月2日