詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

スイス プチ・パレ美術館展
印象派からエコール・ド・パリへ

 スイス・ジュネーヴのプチ・パレ美術館から、近代フランス美術の濃密な歴史をたどる作品群が来日している。コレクターの美術に対する愛情と明確な趣味がうかがえる珠玉の展覧会だ。
  
 コレクションを築いたのは、実業家オスカー・ゲーズ氏(1905〜1998)。フランス領チュニジアに生まれ、イタリアとフランスで会社を経営し、第二次大戦中は渡米を余儀なくされるも、戦後はフランスの実業界で成功を収めた。
  
 1950年代から本格的に収集を始め、別荘のあったジュネーヴに優雅な屋敷を購入して美術館を設立したのは、1968年のこと。芸術を通じて平和に奉仕するという方針のもと、諸外国への作品貸し出しにも積極的だった。日本でも、カイユボット展や藤田嗣治展など、館名を目にする機会は度々あったが、まとまったコレクション展は久々だという。

テオフィル=アレクサンドル・スタンラン《2人のパリジェンヌ》1902年、《猫と一緒の母と子》1885年  スタンランは、ゲーズ氏が収集の初期に好んで購入したモンマルトルの画家のひとり
テオフィル=アレクサンドル・スタンラン《2人のパリジェンヌ》1902年、《猫と一緒の母と子》1885年  スタンランは、ゲーズ氏が収集の初期に好んで購入したモンマルトルの画家のひとり

 子息のクロード・ゲーズ氏によれば、収集方針は明確だったようだ。まず、ビッグネームの高額すぎる作品は追わないこと。企業経営者の目には、価格と価値のバランスがシビアに感じられたようだ。
  
 もっとも冒頭の章には、印象派の代表格ルノワールが登場する。リウマチが悪化していた晩年の巨匠は肖像画の注文をいったんは断ったが、モデルとなる婦人の髪の美しさに魅了されて受諾。温かな色調とサテンのドレスの質感が素晴らしい優品が誕生した。ゲーズ氏が購入したのは、事業を売却して、コレクションに専念し始めた頃だというから、美術館創設も視野にあっての特別な購入だったのだろうか。

ギュスターヴ・カイユボット《子どものモーリス・ユゴーの肖像》1885年、オーギュスト・ルノワール《詩人アリス・ヴァリエール=メルツバッハの肖像》1913年
ギュスターヴ・カイユボット《子どものモーリス・ユゴーの肖像》1885年、オーギュスト・ルノワール《詩人アリス・ヴァリエール=メルツバッハの肖像》1913年

 確かに本展には、印象派のモネやフォーヴィスムのマティス、キュビスムのピカソといった大物は含まれていない。だが、各派を支えた画家たちの力のこもった作品を通して、各運動の層の厚さや個々の作家の個性が際だって見えてくる。
 たとえば、点描を使った同じ新印象派でも、クロスの作品には装飾性や幻想性、ロージェの室内画には時間が止まったような静けさ、レイセルベルへの家族の肖像には調和に満ちた親密さといった各々の個性がうかがえる。

アンリ=エドモン・クロス《遠出する人》1894年、《糸杉のノクチューン》1896年
アンリ=エドモン・クロス《遠出する人》1894年、《糸杉のノクチューン》1896年
アシール・ロージェ《窓辺》1899年、テオ・ファン・レイセルベルへ《ファン・デ・フェルデ夫人と子どもたち》1903年
アシール・ロージェ《窓辺》1899年、テオ・ファン・レイセルベルへ《ファン・デ・フェルデ夫人と子どもたち》1903年
ナビ派のモーリス・ドニ《休暇中の宿題》1906年、《ペロス=ギレックの海水浴場》1924年
ナビ派のモーリス・ドニ《休暇中の宿題》1906年、《ペロス=ギレックの海水浴場》1924年
フォーヴィスムのアンリ・マンギャン《ヴィルフランシュの道》1913年、《室内の裸婦》1905年
フォーヴィスムのアンリ・マンギャン《ヴィルフランシュの道》1913年、《室内の裸婦》1905年

 ゲーズ氏はまた、専門家の意見に耳を貸さないタイプだったそうだ。ときに批判も受けたというが、自らの眼で選んだ画家たちのなかには、のちに評価を大いに高めた者もいる。印象派のパトロンとして知られるカイユボットやユトリロの母ヴァラドンの作品をいち早く集めたのも彼だった。

シュザンヌ・ヴァラドン《コントラバスを弾く女》1908年、《暴かれた未来、あるいはカード占いの女》1912年
シュザンヌ・ヴァラドン《コントラバスを弾く女》1908年、《暴かれた未来、あるいはカード占いの女》1912年

 女性の芸術家たちの見直しが進む以前から、キュビストのマリア・ブランシャールや、エコール・ド・パリのマレヴナらに注目していた点でも、先鋭的だったと言えるのだろう。

マリア・ブランシャール《静物》1917年、《輪回しをする子ども》1916-18年
マリア・ブランシャール《静物》1917年、《輪回しをする子ども》1916-18年

 氏の抽象画嫌いも、コレクションを特徴づけている。子息の言葉によれば、抽象画は現実における個人的な体験から乖離していると考えていたのかもしれないが、通常は抽象的な傾向を強く見せるキュビスムも、ここでは対象が明確に見てとれる親しみやすい作品が多い。

ジャン・メッツァンジェ《首飾りを着けた若い女》1911年、《風景》1913年、《スフィンクス》1920年 
ジャン・メッツァンジェ《首飾りを着けた若い女》1911年、《風景》1913年、《スフィンクス》1920年 

 一方で、具象画好みは、エコール・ド・パリの作品の充実ぶりにも反映されている。ユダヤ人として戦時に苦難に遭った氏は、自由に満ちた大戦前のパリに集った異国の画家たちに特に心惹かれていたようだ。キスリングや藤田嗣治らのアトリエを訪ねて、作品をまとめて購入することもあったとか。

フェリックス・ヴァロットン《身繕い》1911年
フェリックス・ヴァロットン《身繕い》1911年
モイズ・キスリング《赤毛の女》1929年、《サン=トロペのシエスタ》1916年
モイズ・キスリング《赤毛の女》1929年、《サン=トロペのシエスタ》1916年

 全体を見通すと、どの章も色彩の美しい絵が多く、展覧会としての一体感が感じられる。フランス近代絵画の流れをたどる本展はまた、自らの眼を信じた一人のコレクターの情熱にふれることのできる展覧会でもある。
   
 なお、今回は夏休み期間ということもあり、小学生向けワークシートが配布されている。数に限りがあるそうなので、お子さんをお連れの方はお早めに来館を。

切ったり折ったりすれば、プチ・パレ美術館を建てることができる優れもののワークシート
切ったり折ったりすれば、プチ・パレ美術館を建てることができる優れもののワークシート

執筆・写真撮影:中山ゆかり
   
*会場内の写真は、主催者の許可を得て撮影したものです。
(会場最後の収蔵品コーナーに、ゴッホの《ひまわり》など、来館者も写真撮影が可能な作品が一部あります)
  
*冒頭の作品キャプション:ジョルジュ・ボッティーニ《フォリー・ベルジェールのバー・カウンター》1907年、《バーで待つサラ・ベルナールの肖像》1907年
  
*参考文献:「スイス プチ・パレ美術館展」図録

スイス プチ・パレ美術館展 印象派からエコール・ド・パリへ
RENOIR ET L’ART MODERNE, COLLECTIONS DU MUSEE DU PETIT PALAIS DE GENEVE
    
【会期・会場】
2022年7月13日(水)〜 10月10日(月) SOMPO美術館(東京都・新宿区)

※来場にあたっての注意事項等については、公式ウェブサイトをご確認ください。
美術館HP:https://www.sompo-museum.org