詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

サイ トゥオンブリー:紙の作品、50年の軌跡

描画された詩。直感が横溢する紙の作品の魅力。
サイ トゥオンブリーの世界にずっと浮かんでいたい。

  叩きつけたような絵具の色相がつくるのは花火か嵐なのか。線がぐるぐると描かれ重なり果てしなく大きな円となる。殴り書きのような文字。幾何学形態。子供の落書きのようにも画家が我々に放った暗号にも見える。サイ トゥオンブリーの不可思議な作品群だ。それにしても原美術館の真っ白な壁になんと美しく映えることだろう。息をのむばかりだ。
  ■日本初の画期的な回顧展
  8月30日まで東京・品川区の原美術館にて「サイ トゥオンブリー:紙の作品、50年の軌跡」展が開催中だ。絵画と彫刻で活躍し、巨大な12枚連作絵画≪Lepanto(レパント)≫でヴェニス ビエンナーレ金獅子賞受賞(2001年)するなど世界的評価を得た、20世紀を代表する巨匠サイ トゥオンブリー(1928~2011)の日本で初めての大規模個展である。彼の作品が日本で見られる機会は少ない。1953年から没するまでの紙の作品(ドローイング、および原画から転写するモノタイプ)約70点を出品。全作品がニューヨークとローマのサイ トゥオンブリー財団所蔵だ。なお一部は、群馬・渋川のハラ ミュージアム アーク 特別展示室「觀海庵」にて展示(9月2日まで)。本展は2003年にエルミタージュ美術館を皮切りに行われた世界巡回展を元に再構成したもので、画家自身が生前に作品選定に関わった。
  ■サイ トゥオンブリー
  1950年代前半のアメリカでは抽象表現主義が盛んだった。1928年アメリカに生まれたサイ トゥオンブリーはこの時期に活動を開始し、ジャクソン・ポロック(1912~56)やマーク・ロスコ(1903~70)ら抽象表現主義の第一世代に続く第二世代ともいわれた。即興的作風など共通する部分はあった。しかし、トゥオンブリーは1957年以降ローマに移住し、色彩の平面主義に特化していくアメリカの美術傾向とは異なる方法、つまりあくまで手で描くという身体活動を重視し内的エネルギーを画面に放出するかたちの創作を行う。鉛筆、クレヨン、チョーク、ペンキなどを画材として使用。絵具は筆だけでなく、自分の手につけて描く方法も多用。そして地中海の神話や歴史や文学などを発想源とし、その固有名詞を作品名としたり、画中に記すなども行い、独特のイメージの空間をもつ芸術世界を構築した。その作品は「描画された詩」ともいわれる。
  ■一部の作品紹介
  最初のギャラリーを除き、ほぼ年代順に1階から2階の部屋へという流れで展示される。 (【注】以下、作品につけた番号は、展覧会カタログの作品番号です。)
  ●1950~70年代 初期の作品から1960~70年代では、特に線が際立ち、即興的な描き方にも見える。No.1-2≪Untitled (無題)≫(1953年)は黒地の紙に釘で引っ掻いて描いたどこかぎこちない線だが、力強いモノタイプの作品。当時としては美術に使うという発想がなかった鉛筆や色鉛筆を用いた作品も多数制作。No.16-19≪Bolsena (ボルセーナ)≫では描かれた数式、数字、四角形などが集合する。No.20-23≪Untitled (無題)≫(1969~71年)の4作品は、黒板に白いチョークで描いたようだ。魚の遊泳や斜めに降る雨にも見える自由に画面を踊り流れる線描から、音も聴こえるようだ。また、VENUS、 APOLLOの文字が大きく描かれたNo.40≪Venus(ウェヌス)≫、No.41 ≪Apollo (アポローン)≫(ともに1975年)には意表を突かれた。
 
  ●1980~90年代 1980~90年代の作品では、No.51-52≪Proteus (プロテウス)≫(1984年)の2作品に特に惹かれた。崇高さと、どこまでも広がる寛容さを併せ持つようだ。プロテウスとはギリシア神話に登場する神の名で、身体をあらゆるものに変える力を有する。本作では、白い画面に大きく、それぞれ赤紫系と黄色系の色彩の重なりの塊が花火のように描かれ、中央から細い一本の線が下に引かれる。周囲に指の跡がポツポツと見え、上部には作品名や制作年を大きく記す。また、本展のポスターにもなったNo.63-64≪Petals of Fire (炎の花弁) ≫(1989年)の2作品は最初のギャラリーに展示されている。絵具のしたたりを伴った赤と黒の色の塊で構成された作品。その動的な壮大さに圧倒される。歴史絵巻の大海戦での船の炎上にも、生命の輝きにも見える。
  ●2000年代 2000年以降の作品では、No.79≪Untitled (無題)≫(2001年)などが強烈な生命体を感じさせる。また、No.80-81≪Untitled (無題)≫(2002年)は新聞紙に黒色をひき、紡錘形が並ぶモノタイプの作品。潔さや親しみ深さがある。
  ■「寛容さと肯定性。楽天的な魅力」
  7月11日に原美術館にて、美術評論家で詩人であり、多摩美術大学学長・埼玉県立近代美術館館長でもあられる建畠晢先生が講演会をなさった。建畠先生はサイ トゥオンブリーの熱狂的ファンとのことで、お話をされる嬉しそうな表情が、密度の濃いお話の内容とともに印象に残った。先生は、サイ トゥオンブリーの作品を「類まれなるもの。絵画の王様だけに許される勝手気ままさのある、けだるい絵画であり、ときに崇高さをもつ」 、「寛容性、(絵画に対する)肯定性をもち、楽天的」な魅力があると話された。
  渡辺仁の原設計(1938年竣工)によるモダニスム建築の原美術館。その階段を上り下りし、白い部屋に架かるサイ トゥオンブリー作品を巡っていくうちに、新しい絵画を独自に切り開いたトゥオンブリーの緩き崇高さのようなこの世界にずっと浮かんでいたい、という気持ちが強まっていった。

【参考文献】
1) 酒井健『絵画と現代思想』、新書館、2003年

執筆:細川 いづみ(HOSOKAWA Fonte Idumi) 
(2015年8月)

※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。
20150820001
写真1 会場風景。2点とも、サイ トゥオンブリー≪Proteus (プロテウス)≫、1984年、サイ トゥオンブリー財団所蔵。© Cy Twombly Foundation(撮影:I.HOSOKAWA)
20150820002
写真2 会場風景。4点とも、サイ トゥオンブリー≪Untitled (無題)≫、1969~71年、サイ トゥオンブリー財団所蔵。© Cy Twombly Foundation(撮影:I.HOSOKAWA)
20150820003
写真3 会場風景。2点とも、サイ トゥオンブリー、≪Petals of Fire (炎の花弁) ≫、1989年、サイ トゥオンブリー財団所蔵。© Cy Twombly Foundation(撮影:I.HOSOKAWA)

【展覧会英語名】Cy Twombly ― Fifty Years of Works on Paper
【会期・会場】2015年5月23日~8月30日 原美術館 [東京都品川区] 
<電話> 03-3445-0651(代表) 
【展覧会詳細】http://www.haramuseum.or.jp

※本文・図版とも無断引用を禁じます。

2015年8月21日