詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

サイ・トゥオンブリーの写真―変奏のリリシズム―

・DIC川村記念美術館で8月28日まで
  アメリカの現代美術を代表する芸術家サイ・トゥオンブリー(1928~2011年)が、1951年から亡くなるまでの60年間に撮影した写真の中から100点を紹介する「サイ・トゥオンブリーの写真―変奏のリリシズム―」が、千葉県佐倉市のDIC川村記念美術館で開かれている。
  「トゥオンブリーの写真はドキュメンタリーではなく、彼が触れた世界を詩的に翻訳したもの」とサイ・トゥオンブリー財団の齋藤有美子氏は話す。その作品は、テーブルの上の瓶やコップ、野菜、花、アトリエの絵、海辺の風景など、日常を写したものばかり。「写真作品はトゥオンブリーが生きた私的空間、瞬間、経験を写し取るメディアであり、芸術家として日常的に見ていた光、影、色を追体験でき」、「芸術を創る詩人」(齋藤氏)の源を知る手法だといえるだろう。
  トゥオンブリーは、 ロスコやポロックら抽象表現主義の画家たちの次世代にあたり、落書きのような即興的な線による絵画で知られている。本展担当学芸員の前田希世子氏が本展図録に執筆した評論「サイ・トゥオンブリーの写真」によると、写真作品が知られるようになったのはごく最近のことで、1993年に突如写真の個展を開催し、その後も繰り返し行われ、全容が明らかになってきているとのことだが、日本でまとまった形で発表されるのは初めてのこと。本展では、絵画3点、彫刻4点、ドローイング4点、版画18点を展示し、写真との関係性を探ることができる構成となっている。

・1951年から2011年までの100点 
  写真はおおむね時系列で展示されている。
  最初の3点は「静物」。台に置かれた瓶やコップが並べ方や撮影方向を変えて写されている。トゥオンブリーが写真を始めたきっかけは、ロバート・ラウシェンバーグに誘われて1951年にノース・カロライナ州のブラック・マウンテン・カレッジの夏期講習と冬期講習を受講し、ピンホールカメラの授業を受けたこと。この3点はその際に撮影された。
  次に展示された1951年の「ベッド」2点は、シーツのしわに着目し、光と影をやわらかく捉え、ものの質感に迫りながらも別のイメージに変容させている。トゥオンブリーの写真は、どれも薄いベールを被せたようにぼやけていて、現実でありながら、幻想の世界を写し取ったかのようであり、花が生き物のように見えたり、野菜が風景のように見えたり、何を写したのかがわからない写真も多い。その兆しを感じさせる最初期の作品だ。
  6枚目からは、遺跡の柱や石、布がかけられたテーブルと椅子、アトリエの写真が続く。
  石をクローズアップしてその表面のざらつきを強調したり、テーブルにかけられた布の陰影をとらえたり、アトリエからの光が日常の一瞬を永遠にするような空気を写しとっている。以上の14枚が1950年代の作品でいずれもモノクローム写真。

  「50年代後半を境に絵画制作に傾注したことに伴い写真制作はなくなり」(本展図録より)、15枚目の「室内」 からは1980年以降に撮られた写真となる。その殆どがカラーで、対象が極端にクローズアップされ、一つのモチーフを角度や倍率を変えて複数撮っているものが多くなる。
  被写体の本質を解き放ち、感性にささやきかけるような表現は、絵画にも通じる。また、キャベツのアップと彫刻の一部を拡大した作品などは、一見、同じものを撮影したようでもあり、トゥオンブリーの興味の対象やイメージのつながりを探ることができる。
  2005年頃からは海辺の風景を撮影した写真が多くなり、2011年にカリブ海サン・バルテルミー島の墓地で撮影した花や空の8枚で幕を閉じる。特に青空に浮かぶ雲の写真は引きつけられる。

 
・ポラロイド写真を紙にプリント
  作品は、ポラロイドで撮影された写真を拡大し、紙にプリントする方法で制作している。具体的には、複写機を利用してイメージを約2.5倍に拡大した後、色の浸潤の実験を行いながら完成させる。その結果「ポラロイド写真の抑えた色調、不明瞭な線描、平板な画面にニュアンスのある色合いと点描画のようなざらざらとした効果が加えられ、現実感を失った霞がかった独特の画面が得られる」(本展図録より)という。

  トゥオンブリーの写真作品を多く所蔵するイタリアのニコラ・デル・ロッショ財団のニコラ・デル・ロッショ氏によると、「ポラロイド写真はまだ段ボール箱に何十箱もあり現在データベース化を進めている段階」だという。その作業が終わるには数年はかかるようだが、全貌が明かになった時には、トゥオンブリーの真髄にまた一歩近づけるかもしれない。

執筆:西澤美子

参考文献:「サイ・トゥオンブリーの写真―変奏のリリシズム―」図録(DIC川村記念美術館刊)2016年

サイ・トゥオンブリーの写真―変奏のリリシズム―
4月23日(土)~8月28日(日)※月曜休館
DIC川村記念美術館(千葉県佐倉市坂戸631)
☎0120-498-130
9時30分~17時(入館は16時30分まで)
一般1200円、学生・65歳以上1000円、小中高600円
詳細:http://kawamura-museum.dic.co.jp/

※本展担当の前田希世子学芸員によるギャラリートーク
8月28日(日)14時~15時
予約不要、13時30分同館エントランス集合、定員60名、入館料のみ

写真キャプション
① 展示室
② 展示室
③ 瓶やコップなどの静物を撮影した初期作品
④ 「静物」[ブラック・マウンテン・カレッジ]カラ―ドライプリント、厚紙、43.1×27.9cm 1951年 個人蔵
⑤ ベッドのシーツを写した初期作品
⑥ 「キャベツ」[ガエータ]カラードライプリント、厚紙 43.1×27.9㎝ 1998年 個人蔵
⑦ 「彫刻のディテール」[ガエータ] カラードライプリント、厚紙 43.1×27.9㎝ 2000年 個人蔵
⑧ 「雲」[サン・バルテルミー島]カラードライプリント、厚紙、43.1×27.9㎝ 2011年 個人蔵
⑨ 絵画や彫刻も展示
⑩ 「マグダでの10日間の待機」[ローマ] 鉛筆、クレヨン、油彩、カンヴァス 1963年 国立国際美術館蔵
⑪ ニコラ・デル・ロッショ氏(中央)、齋藤有美子氏(右)。4月22日の開会式で

※④⑥⑦⑧:©Nicola Del Roscio Foundation,Courtesy Nicola Del Roscio Archives
 ⑩ ©Cy Twombly Foundation
 ①②③⑤⑨⑪は筆者撮影

2016年8月24日