詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

生誕120年 古賀忠雄展 塑造(像)の楽しみ

開催中〜2024/02/25

練馬区立美術館

東京都・練馬区

白井美穂 森の空き地

開催中〜2024/02/25

府中市美術館

東京都・府中市

特別展「北斎サムライ画伝」

開催中〜2024/02/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

正倉院宝物を受け継ぐ―明治天皇に始まる宝物模造の歴史―

開催中〜2024/02/25

明治神宮ミュージアム

東京都・渋谷区

うるしとともに― くらしのなかの漆芸美

開催中〜2024/02/25

泉屋博古館東京

東京都・港区

HAIBARA Art & Design 和紙がおりなす日本の美

開催中〜2024/02/25

三鷹市美術ギャラリー

東京都・三鷹市

札幌国際芸術祭 SIAF2024

開催中〜2024/02/25

芸術祭(北海道立近代美術館、札幌芸術の森美術館、モエレ沼公園ほか。*さっぽろ雪まつり大通2丁目会場は会期が短いのでご注意を)

北海道・札幌市

やんばるアートフェスティバル

開催中〜2024/02/25

芸術祭(沖縄県国頭郡の大宜味村立旧塩屋小学校ほか、沖縄県各所)

沖縄県

印刷/版画/グラフィックデザインの断層 1957-1979

開催中〜2024/03/03

国立工芸館

石川県・金沢市

MOTアニュアル2023 シナジー、創造と生成のあいだ

開催中〜2024/03/03

東京都現代美術館

東京都・江東区

皇居三の丸尚蔵館 開館記念展「皇室のみやび-受け継ぐ美-」第 2 期:「近代皇室を彩る技と美」

開催中〜2024/03/03

皇居三の丸尚蔵館

東京都・千代田区

[公募展] Seed 山種美術館 日本画アワード 2024 ― 未来をになう日本画新世代 ―

開催中〜2024/03/03

山種美術館

東京都・渋谷区

坂本龍一トリビュート展 音楽/アート/メディア

開催中〜2024/03/10

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] ギャラリーA

東京都・新宿区

豊嶋康子 発生法──天地左右の裏表

開催中〜2024/03/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

21_21 DESIGN SIGHT 企画展「もじ イメージ Graphic 展」

開催中〜2024/03/10

21_21 DESIGN SIGHTギャラリー1&2

東京都・港区

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/特集展示 横尾忠則―水のように/生誕100年 サム・フランシス

開催中〜2024/03/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

特別展「本阿弥光悦の大宇宙」

開催中〜2024/03/10

東京国立博物館

東京都・台東区

都市にひそむミエナイモノ展 Invisibles in the Neo City

開催中〜2024/03/10

SusHi Tech Square 1F Space

東京都・千代田区

水木しげるの妖怪 百鬼夜行展 ~お化けたちはこうして生まれた~

開催中〜2024/03/10

そごう美術館

神奈川県・横浜市

FACE展2024

開催中〜2024/03/10

SOMPO美術館

東京都・新宿区

和田誠 映画の仕事

開催中〜2024/03/24

国立映画アーカイブ

東京都・中央区

ムットーニワールド からくりシアターⅤ

開催中〜2024/03/24

八王子市夢美術館

東京都・八王子市

四百年遠忌記念特別展 大名茶人 織田有楽斎

開催中〜2024/03/24

サントリー美術館

東京都・港区

ニャラティブ! ‐物語から見る招き猫亭コレクションと現代作家展‐

開催中〜2024/03/24

藤沢市アートスペース

神奈川県・藤沢市

ACT (Artists Contemporary TOKAS) Vol. 6『メニスル』

開催中〜2024/03/24

トーキョーアーツアンドスペース本郷

東京都・文京区

企画展 「魅惑の朝鮮陶磁」/特別企画 「謎解き奥高麗茶碗」

開催中〜2024/03/26

根津美術館

東京都・港区

VOCA展2024 現代美術の展望-新しい平面の作家たち

2024/03/14〜2024/03/30

上野の森美術館

東京都・台東区

森美術館開館20周年記念展 私たちのエコロジー:地球という惑星を生きるために

開催中〜2024/03/31

森美術館

東京都・港区

tupera tupera + 遠藤幹子 しつもんパーク in 彫刻の森美術館

開催中〜2024/03/31

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

企画展「いざ、勝負!」

開催中〜2024/03/31

北斎館

長野県・小布施町

岩﨑家のお雛さま

開催中〜2024/03/31

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

岡田健太郎―重なる景体

開催中〜2024/04/07

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

三井家のおひなさま 特別展示 丸平文庫所蔵 京のひなかざり

開催中〜2024/04/07

三井記念美術館

東京都・中央区

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

開催中〜2024/04/07

東京都美術館

東京都・台東区

美術家たちの沿線物語 小田急線篇

開催中〜2024/04/07

世田谷美術館

東京都・世田谷区

魔女まじょ展

開催中〜2024/04/08

魔法の文学館(江戸川区角野栄子児童文学館)2階ギャラリー

東京都・江戸川区

初公開の仏教美術 ―如意輪観音菩薩像・二童子像をむかえて―

開催中〜2024/04/14

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

櫻井翔 未来への言葉展 PLAYFUL!

開催中〜2024/04/14

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

令和5年度早春展 中国陶磁の色彩 ―2000年のいろどり―

開催中〜2024/04/14

永青文庫

東京都・文京区

英国キュー王立植物園 おいしいボタニカル・アート 食を彩る植物のものがたり

開催中〜2024/04/14

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

建立900年 特別展 中尊寺金色堂

開催中〜2024/04/14

東京国立博物館

東京都・台東区

生誕150年 池上秀畝―高精細画人―

2024/03/16〜2024/04/21

練馬区立美術館

東京都・練馬区

須藤玲子:NUNOの布づくり

開催中〜2024/05/06

水戸芸術館現代美術ギャラリー、広場

茨城県・水戸市

春の江戸絵画まつり ほとけの国の美術

2024/03/09〜2024/05/06

府中市美術館

東京都・府中市

第5回「私の代表作」展

開催中〜2024/05/12

ホキ美術館

千葉県・千葉市

ライトアップ木島櫻谷 ― 四季連作大屏風と沁みる『生写し』

2024/03/16〜2024/05/12

泉屋博古館東京

東京都・港区

イヴ・ネッツハマー ささめく葉は空気の言問い

2024/03/10〜2024/05/12

宇都宮美術館

栃木県・宇都宮市

モダン・タイムス・イン・パリ 1925 ― 機械時代のアートとデザイン

開催中〜2024/05/19

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

版画の青春 小野忠重と版画運動 ―激動の1930-40年代を版画に刻んだ若者たち―

2024/03/16〜2024/05/19

町田市立国際版画美術館

東京都・町田市

マティス 自由なフォルム

開催中〜2024/05/27

国立新美術館

東京都・港区

金屏風の祭典 ——黄金の世界へようこそ

開催中〜2024/06/02

岡田美術館

神奈川県・箱根町

日本の山海

2024/02/27〜2024/06/02

松岡美術館

東京都・港区

卒寿記念 人間国宝 鈴木藏の志野展

2024/03/19〜2024/06/02

国立工芸館

石川県・金沢市

遠距離現在 Universal / Remote

2024/03/06〜2024/06/03

国立新美術館

東京都・港区

第8回横浜トリエンナーレ「野草:いま、ここで生きてる」

2024/03/15〜2024/06/09

芸術祭(横浜美術館、旧第一銀行横浜支店、BankART KAIKO、クイーンズスクエア横浜、元町・中華街駅連絡通路)

神奈川県・横浜市

北欧の神秘ーノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画

2024/03/23〜2024/06/09

SOMPO美術館

東京都・新宿区

記憶:リメンブランス-現代写真・映像の表現から

2024/03/01〜2024/06/09

東京都写真美術館

東京都・目黒区

BankART Life7「UrbanNesting:再び都市に棲む」

2024/03/15〜2024/06/09

BankART Station

神奈川県・横浜市

企画展「北斎と感情」

2024/04/06〜2024/06/09

北斎館

長野県・小布施町

特別展「大哺乳類展3−わけてつなげて大行進」

2024/03/16〜2024/06/16

国立科学博物館

東京都・台東区

茶の湯の美学 ―利休・織部・遠州の茶道具―

2024/04/18〜2024/06/16

三井記念美術館

東京都・中央区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

2024/04/27〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

2024/04/27〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

2024/03/09〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

2024/04/16〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

民藝 MINGEI—美は暮らしのなかにある

2024/04/24〜2024/06/30

世田谷美術館

東京都・世田谷区

三島喜美代―未来への記憶

2024/05/19〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

2024/04/24〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

2024/04/13〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

日本のまんなかでアートをさけんでみる

2024/03/16〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

《サグラダ・ファミリア聖堂、身廊部模型》 2001~02年 制作:サグラダ・ファミリア聖堂模型室 西武文理大学

Exhibitions

ガウディとサグラダ・ファミリア展

ガウディ建築の集大成である大聖堂

 スペインのバルセロナで活躍したアントニ・ガウディ(1852~1926)の建築は独特の魅力を放つ。曲面、無骨さ、うごめく何か。トウモロコシのような形の塔が並ぶサグラダ・ファミリア聖堂(聖家族の意)は、ヨーロッパの他の教会と随分違う。本展は、ガウディが生涯43年間携わり、現在も建設が続くこの聖堂を中心に紹介する。学術監修は鳥居徳敏 神奈川大学名誉教授。ガウディの創造の源泉を①歴史、②自然、③幾何学から検証し、サグラダ・ファミリア聖堂建設の軌跡を辿り、ガウディが建築に込めたものを考察する。東京国立近代美術館を皮切りに3館を巡回。(※この記事の取材先は東京国立近代美術館です)

東京国立近代美術館の入り口。左端の青色の作品は、イサム・ノグチ《門》1969年
東京国立近代美術館の入り口。左端の青色の作品は、イサム・ノグチ《門》1969年

 会場で筆者は驚きと発見の連続だった。サグラダ・ファミリア聖堂は、キリスト教の信仰を建築と芸術で表現する教会である。と同時に、ガウディの建築と人生の集大成なのだ。幼い頃から親しんだ自然からの数多の発見、学生時代からの勉学、様々な建築設計での独創的方法などをここに総合させた。また自分が完成を見られない大仕事を後継者に引き継ぐ手掛かりを残した。

若き日のガウディ

 本展冒頭でガウディの猛烈な勉強ぶりが紹介されている。1852年、カタルーニャ地方のレウス市の銅板機具職人の父のもとに生まれた彼は、16歳でバルセロナに移り住み、21歳でバルセロナ建築学校に入学。学校の図書館にこもって建築書や写真集を読み眺め入った。特に熱中したのが、フランスでゴシック聖堂の修復を多数手掛けたウジェーヌ・エマニュエル・ヴィオレ=ル=デュクが著した『フランス中世建築事典(全10巻)』と『建築講話(全20講話)』だった。これらで特にゴシック建築を深く研究した。スペインのアルハンブラ宮殿などイスラム建築を紹介する書物にも親しんだ。
 
 若い頃からデザインセンスも抜群だ。建築家資格取得後すぐの1878年、パリ万博に革手袋店ショーケースを出品。メタルフレームの総ガラス張りのもの。このモダンなデザインに稀有な才能を見出したのが、のちにパトロンとなる資産家アウゼビ・グエルだった。
 
 ガウディのサイン(A.Gaudiの署名)も面白い。コローニア・グエル教会堂計画案のスケッチ(あとに掲載)などでも見られるが、大きく傾斜したAに曲線のGがかぶり、audiが飛翔するよう。お洒落で、なんだかガウディ建築を思わせる。

破砕タイル/逆さ吊り実験/パラボラ形(放物線)の塔

 ガウディは独創的方法で建築の仕事を進めた。鉄柵装飾に棕櫚の葉をそのまま施した。タイルによる多彩色装飾は、イスラム建築やカタルーニャ地方の伝統に学んだ成果だ。彼はさらに破砕タイルで曲面を覆うという新手法を見出し、グエル公園、そしてサグラダ・ファミリア聖堂の鐘塔頂華(先端の装飾)の傑作を生みだした。

東京国立近代美術館の会場風景(以下同様)。左から、アントニ・ガウディ《カサ・ビセンス 鉄柵の棕櫚の模型》1886年頃。アントニ・ガウディ《カサ・ビセンス、正面のセラミック・タイル》1883年。共にサグラダ・ファミリア聖堂
東京国立近代美術館の会場風景(以下同様)。左から、アントニ・ガウディ《カサ・ビセンス 鉄柵の棕櫚の模型》1886年頃。アントニ・ガウディ《カサ・ビセンス、正面のセラミック・タイル》1883年。共にサグラダ・ファミリア聖堂
アントニ・ガウディ《グエル公園、破砕タイル被覆ピース》1904年頃 制作:ジャウマ・ブジョールの息子 ガウディ記念講座、ETSAB(バルセロナ・デザイン美術館寄託)
アントニ・ガウディ《グエル公園、破砕タイル被覆ピース》1904年頃 制作:ジャウマ・ブジョールの息子 ガウディ記念講座、ETSAB(バルセロナ・デザイン美術館寄託)

 逆さ吊り実験は、自然の法則に基づいた紐の垂れ下がる形状を模型で追求し、反転させる。驚異的な発想だ。コローニア・グエル教会堂(1898~上部は未完)の設計にて10年かけて行い、実験成果はサグラダ・ファミリア聖堂にも応用した。

アントニ・ガウディ《コローニア・グエル教会堂計画案のスケッチ(リトグラフ)》1979年(オリジナル:1908年) ガウディ記念講座、ETSAB。うごめく生命を感じさせる。下方にガウディのサインが見える
アントニ・ガウディ《コローニア・グエル教会堂計画案のスケッチ(リトグラフ)》1979年(オリジナル:1908年) ガウディ記念講座、ETSAB。うごめく生命を感じさせる。下方にガウディのサインが見える
《コローニア・グエル教会堂、逆さ吊り実験》(手前は、部分/後ろは、1:50)1984~85年 西武文理大学
《コローニア・グエル教会堂、逆さ吊り実験》(手前は、部分/後ろは、1:50)1984~85年 西武文理大学

 パラボラ(放物線)形の塔を含めサグラダ・ファミリア聖堂へつながる未完の計画案も紹介されている。モロッコのタンジール計画案、また300mもの高さのニューヨーク大ホテル計画案だ。

《ニューヨーク大ホテル計画案模型(ジュアン・マタマラのドローイングに基づく)》1985年 制作:群馬県左官組合 伊豆の長八美術館
《ニューヨーク大ホテル計画案模型(ジュアン・マタマラのドローイングに基づく)》1985年 制作:群馬県左官組合 伊豆の長八美術館

サグラダ・ファミリア聖堂の歩み

 正式名称サグラダ・ファミリア贖罪聖堂は、格差が拡大する状況下でバルセロナの書店経営者が提案し、貧しい人々からなる信心会の献金によって出発した。ガウディはグエルら富裕層の邸宅等を設計する傍ら、31歳の1883年に同聖堂2代目建築家として着任した。初代建築家ビリャール・イ・ロサーノはネオ・ゴシック案で1882年に着手。翌年引き継いで主任建築家となったガウディは、革新的な構想で進行し、1906年に計画案の全貌を初公表。構想は大きく変貌を遂げた。彼は石膏模型によってさらに案を練り、最終案模型を残した。
 
 ガウディは、クリプタ(地下聖堂)と付属仮設学校(曲線造形屋根が特徴)に加え、長年を要した「降誕の正面」をほぼ完成させて1926年に73歳で他界した。「降誕の正面」とは、4つの鐘塔が並び、鍾乳石洞窟のような壁面にキリストの喜びの物語を数多の動植物と共に彫刻で表現した東側の正面だ。その後スペイン内戦で資料は焼失し、最終石膏模型は破壊されたが、後継者が模型を補修し、ガウディの意図に沿って建設を継続。そして着工から140年経った今、完成の時期が視野に入ってきた。

左から、アントニ・ガウディ《サグラダ・ファミリア聖堂、側廊高窓模型》スケール:1:25 1883~1912年頃。アントニ・ガウディ《サグラダ・ファミリア聖堂、側廊高窓外観頂部オリジナル模型》 スケール:1:10 1918~22年。共にサグラダ・ファミリア聖堂
左から、アントニ・ガウディ《サグラダ・ファミリア聖堂、側廊高窓模型》スケール:1:25 1883~1912年頃。アントニ・ガウディ《サグラダ・ファミリア聖堂、側廊高窓外観頂部オリジナル模型》 スケール:1:10 1918~22年。共にサグラダ・ファミリア聖堂

サグラダ・ファミリア聖堂の全体構造

 壮大なサグラダ・ファミリア聖堂だが、全体構造はどのようなものなのだろう。
 完成すると塔が18本立つ。内部は、内陣(北)に向かう身廊は5廊式、直交する翼廊は3廊式のラテン十字形のバシリカ平面。全長95m。主身廊の天井高45m。正面は3つで、大正面が「栄光の正面」(南)、そして翼廊先端の「降誕の正面」(東)と「受難の正面」(西)である。聖堂断面は重力と横力を合わせた力の向きに沿った曲線で構成され、ゴシック建築に見られる控え壁や飛び梁をなくした。
 
 天に向かう18本の塔のなかでいちばん高くそびえるのは、身廊と翼廊の交差部に立つイエスの塔だ。約170mの高さ。近くにマリアの塔(完成)が立ち、福音書作家を示す4塔が囲む。そして12使徒の塔として、3つの正面にそれぞれ4つの鐘塔が並ぶ。
 
 内部は樹木式構造となっている。二重らせん状に回転する柱が枝を広げるようにして立ち並ぶ。天井は多数の採光丸穴が開く。これらもガウディの独創である。

《サグラダ・ファミリア聖堂、全体模型》スケール:1:200 制作:サグラダ・ファミリア聖堂模型室 サグラダ・ファミリア聖堂
《サグラダ・ファミリア聖堂、全体模型》スケール:1:200 制作:サグラダ・ファミリア聖堂模型室 サグラダ・ファミリア聖堂
《サグラダ・ファミリア聖堂、身廊部模型》 2001~02年 制作:サグラダ・ファミリア聖堂模型室 西武文理大学
《サグラダ・ファミリア聖堂、身廊部模型》 2001~02年 制作:サグラダ・ファミリア聖堂模型室 西武文理大学

彫刻

 ガウディは彫刻についても深く研究した。会場では「降誕の正面」を飾るための人体彫刻塑像断片(内戦で破壊されたため、トルソーのようだ)や植物や小動物や虫の彫刻が展示されている。また40年以上サグラダ・ファミリア聖堂で彫刻を制作する外尾悦郎氏による「歌う天使たち」の石膏像も出展。訴えるものが強い。

2点とも、アントニ・ガウディ《サグラダ・ファミリア聖堂、降臨の正面:女性の塑像断片》1898~1900年 サグラダ・ファミリア聖堂
2点とも、アントニ・ガウディ《サグラダ・ファミリア聖堂、降臨の正面:女性の塑像断片》1898~1900年 サグラダ・ファミリア聖堂
外尾悦郎《サグラダ・ファミリア聖堂、降臨の正面:歌う天使たち》(部分) サグラダ・ファミリア聖堂、降臨の正面に1990~2000年に設置 作家蔵
外尾悦郎《サグラダ・ファミリア聖堂、降臨の正面:歌う天使たち》(部分) サグラダ・ファミリア聖堂、降臨の正面に1990~2000年に設置 作家蔵

「生命ある造形的ヴィジョン」(ガウディの言葉)

 ガウディは重要な言葉も残した。「常に開かれて、務めて読むのに適切な偉大な書物は、自然のそれである」「生命ある造形的ヴィジョン―この生命の感覚、これを私たちは作品に与えねばならない。この観点から私たちの在り方を反省しなければならないのである」「さまざまな事柄を洞察するために、それらを辛抱強く追求しなければならない。忍耐はすべてを達成する」(※参考文献2より)など。深く強く心に響く。入江正之先生への映像インタビューや会場の最後で一部が紹介されている。
 
 ガウディの魅力は尽きない。本展学術監修者の鳥居先生は、「(観るかたがた)それぞれのとらえ方があればいい」と語っておられる。
 
【参考文献】
1)鳥居徳敏 学術監修、東京国立近代美術館・佐川美術館・名古屋市美術館・NHK・NHKプロモーション・東京新聞・中日新聞社・D_CODE 編集:『ガウディとサグラダ・ファミリア展』公式図録、鳥居徳敏・山村健・鈴木勝雄・ジョルディ・ファウリ・佐々木睦朗・馬場まどか・久保田舞美 執筆、外尾悦郎 インタビュー、NHK・NHKプロモーション・東京新聞・中日新聞社 発行、2023年
2)入江正之 編訳:『ガウディの言葉』彰国社、1991年
3)外尾悦郎:『ガウディの伝言』光文社新書、光文社、2006年
4)酒井健:『ゴシックとは何か 大聖堂の精神史』ちくま学芸文庫、筑摩書房、2006年
5)磯崎新:「ガウディ建築の発想と構造」(中山公男・磯崎新・粟津潔 責任編集:『ガウディ全作品 1芸術と建築/2解説と資料』六耀社、1981年)
6)ファン・バセゴーダ・ノネール、フランソワ・ルネ・ロラン:『ガウディの作品 芸術と建築』六耀社、1985年
 
執筆・撮影:細川いづみ(HOSOKAWA Fonte Idumi) 
(2023年8月)
※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。
※本文・図版とも無断引用・無断転載を禁じます。

ガウディとサグラダ・ファミリア展
Gaudí and the Sagrada Família
 
【会期・会場】
[東京会場]
2023年6月13日(火)~9月10日(日)  東京国立近代美術館(東京都・千代田区)
※日時予約推奨
 
[滋賀会場]
2023年9月30日(土)~12月3日(日)  佐川美術館(滋賀県・守山市)
※日時予約制
 
[愛知会場]
2023年12月19日(火)~2024年3月10日(日)  名古屋市美術館(愛知県・名古屋市)
 
※詳細は展覧会公式サイトでご確認ください。
展覧会公式サイト https://gaudi2023-24.jp/