詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

松岡コレクション めぐりあうものたち Vol.3

開催中〜2023/02/05

松岡美術館

東京都・港区

戦後日本版画の展開-照沼コレクションを中心に

開催中〜2023/02/05

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

江戸絵画の華 〈第1部〉若冲と江戸絵画

開催中〜2023/02/12

出光美術館

東京都・千代田区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

開催中〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

開催中〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

北斎かける百人一首

開催中〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

『YUMING MUSEUM』(ユーミン・ミュージアム)

開催中〜2023/02/26

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)

東京都・港区

没後200年 亜欧堂田善展

開催中〜2023/02/26

千葉市美術館

千葉県・千葉市

フジヤマミュージアム 冬の収蔵作品展

開催中〜2023/02/26

フジヤマミュージアム

山梨県・富士吉田市

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

8Kだから見えてくる ルーブル美術館 空間を超えた映像アート体験

2023/02/14〜2023/03/01

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

東京都・新宿区

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

開催中〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

多層世界とリアリティのよりどころ

開催中〜2023/03/05

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

東京都・新宿区

FACE展2023

2023/02/18〜2023/03/12

SOMPO美術館

東京都・新宿区

日本の切り絵 7人のミューズ

2023/02/04〜2023/03/19

そごう美術館

神奈川県・横浜市

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

広重おじさん図譜

2023/02/03〜2023/03/26

太田記念美術館

東京都・渋谷区

江戸絵画の華 〈第2部〉京都画壇と江戸琳派

2023/02/21〜2023/03/26

出光美術館

東京都・千代田区

VOCA展2023

2023/03/16〜2023/03/30

上野の森美術館

東京都・台東区

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

開催中〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

トンコハウス・堤大介の「ONI展」

開催中〜2023/04/02

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

キャラクターデザインの先駆者 土方重巳の世界

2023/02/11〜2023/04/09

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

アートのための場所づくり 1970年代から90年代の群馬におけるアートスペース

開催中〜2023/04/09

群馬県立近代美術館

群馬県・高崎市

レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才

開催中〜2023/04/09

東京都美術館

東京都・台東区

わたしたちは生きている! セタビの森の動物たち

2023/02/18〜2023/04/09

世田谷美術館

東京都・世田谷区

ヒグチユウコ展 CIRCUS FINAL END

2023/02/03〜2023/04/10

森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52F)

東京都・港区

本と絵画の800年 吉野石膏所蔵の貴重書と絵画コレクション

2023/02/26〜2023/04/16

練馬区立美術館

東京都・練馬区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

企画展「北斎バードパーク」

2023/03/14〜2023/05/21

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

開催中〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

櫻田精一展 ~気韻生動 刻の流れをみつめて~

開催中〜2023/05/28

森の美術館

千葉県・流山市

NACT View 02 築地のはら ねずみっけ

開催中〜2023/05/29

国立新美術館

東京都・港区

美しい人びと 松園からローランサンまで

2023/02/21〜2023/06/04

松岡美術館

東京都・港区

へザウィック・スタジオ展:共感する建築

2023/03/17〜2023/06/04

森美術館

東京都・港区

深瀬昌久 1961-1991 レトロスペクティブ

2023/03/03〜2023/06/04

東京都写真美術館

東京都・目黒区

憧憬の地 ブルターニュ  ―モネ、ゴーガン、黒田清輝らが見た異郷

2023/03/18〜2023/06/11

国立西洋美術館

東京都・台東区

ブルターニュの光と風 ー画家たちを魅了したフランス<辺境の地>

2023/03/25〜2023/06/11

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ルーヴル美術館展 愛を描く

2023/03/01〜2023/06/12

国立新美術館

東京都・港区

ジョルジュ・ルオー ー かたち、色、ハーモニー ー(開館20周年記念展)

2023/04/08〜2023/06/25

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

21_21 DESIGN SIGHT 企画展「The Original」

2023/03/03〜2023/06/25

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

部屋のみる夢 ボナールからティルマンス、現代の作家まで

開催中〜2023/07/02

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

青空は、太陽の反対側にある:原美術館/原六郎コレクション 第1期(春夏季)

2023/03/24〜2023/09/03

原美術館ARC

群馬県・渋川市

展示風景、ジュールズ・オリツキーの〈スプレー〉作品

Exhibitions

カラーフィールド 色の海を泳ぐ

 カラーフィールドとは、大きなカンヴァス一面に色彩を用いて場(=フィールド)を創出させる抽象絵画の一潮流。1950年代後半から60年代のアメリカを中心に興隆した。その代表的な画家マーク・ロスコの作品を常設展示するDIC川村記念美術館で、次世代の画家たちの代表作を紹介する日本初の展覧会が開かれている。

マーヴィッシュ・コレクションが初来日

 「色の海を泳ぐ」という、想像力を喚起する副題がつけられた展覧会だ。会場に足を踏み入れると、広く明るい空間に様々な色と形の抽象絵画がゆったりと並び、床には鮮やかな色の彫刻が島のように配されている。

会場風景、ケネス・ノーランドの絵画とアンソニー・カロの彫刻《交差》
会場風景、ケネス・ノーランドの絵画とアンソニー・カロの彫刻《交差》

 出品作の大半は、1963年から78年まで、カナダのトロントでギャラリーを営んでいたマーヴィッシュ夫妻のコレクション。15年にわたり、惚れ込んでいたカラーフィールドの作家たちの展覧会を開催すると同時に、友人ともなっていた彼らから直接作品を購入した夫妻は、世界で最も質の高いコレクションを築いたという。
 今回は、画家8名と彫刻家1名に焦点をあてた選りすぐりの作品に、館蔵品を数点加えた3章仕立てで、各々の作家の色彩についての思考をたどる構成となっている。

会場風景、アンソニー・カロの《原初の光》とフランク・ステラの作品
会場風景、アンソニー・カロの《原初の光》とフランク・ステラの作品

色の形、色の使い方

 「1. 色の形」に登場するのは、形を用いて色彩にアプローチする作家たちだ。色彩から絵画を生み出すために、「配置や形や構成をニュートラルにしようと試みた」というケネス・ノーランド。あるいは、画面を単色のストライプで埋め尽くすことで、絵画のもつ平面性を強調したフランク・ステラ。その探究の過程で生まれた変則的な形のシェイプト・カンヴァス作品が目を引く。

会場風景、フランク・ステラの絵画
会場風景、フランク・ステラの絵画

 彫刻家という点で、ひとり異質な英国人のアンソニー・カロは、旅行で訪れたアメリカの美術動向に影響を受け、具象から抽象に転向した。単色の塗装によって彫刻の形を浮き彫りにした作品は、ノーランドの影響もあるのだとか。

会場風景、モーリス・ルイスの絵画とアンソニー・カロの立体《三つ葉》
会場風景、モーリス・ルイスの絵画とアンソニー・カロの立体《三つ葉》

 「2.色と技法」で紹介されるのは、独自の技法で色彩を追究した画家たちだ。絵具をカンヴァスに染みこませるステイニング技法を編み出したヘレン・フランケンサーラーと、これを展開させて繊細な色面を生んだモーリス・ルイス。

会場風景、フリーデル・ズーバス《開拓》
会場風景、フリーデル・ズーバス《開拓》

 あるいは、たなびく色の帯や色面を構成して、風景なども喚起させる抽象画を描いたフリーデル・ズーバス。そして、カンヴァスに絵具を投げつけることで、その飛沫やしたたりや、乾く際のひび割れまでをも作品としたラリー・プーンズ。作品に合わせて照度を変えた展示室で目にするこれらの絵画は、微妙なニュアンスに満ちた色相や画肌が際立っている。

会場風景、ラリー・プーンズの絵画
会場風景、ラリー・プーンズの絵画

色から光へ

 「3.色から光へ」は、様々なかたちで色彩を探究していったら、ついに光にたどり着いてしまった、という帰結を感じさせるセクションだ。登場するのは、ジュールズ・オリツキーひとりだけ。
 だが、スプレーガンをはじめ、スキージやミットなど様々な道具と技法を駆使した画風は変化に富んでいる。

展示風景、ジュールズ・オリツキーの〈スプレー〉作品
展示風景、ジュールズ・オリツキーの〈スプレー〉作品

 なかでもメタリック絵具を画面上で直接混ぜ、厚く隆起させた〈ミット〉絵画の光沢が印象的だが、個人的に特に心惹かれたのは、〈スプレー〉絵画。スプレーガンで絵具を噴霧させてつくった霞がたなびくような画面は、まさに内側から揺らめく光を発しているように見えて、立ち去りがたかった。

展示風景、ジュールズ・オリツキーの〈ミット〉絵画
展示風景、ジュールズ・オリツキーの〈ミット〉絵画
展示風景、ジュールズ・オリツキーの〈スプレー〉作品

 ちなみに、この館は企画展と常設展のどちらからでも鑑賞できるが、本展では常設展示室から始めるのがお薦めだそうだ。部屋ごとにテーマカラーを決めた、特別仕様の展示になっているのだ。同色の作品を集中して見ることで色彩に対する感覚が研ぎ澄まされたところで、静謐なロスコ・ルームを堪能し、いざ、企画展示室に広がる「色の海」へ——。企画展とコレクションが有機的に結びついているところも魅力的だ。

執筆・写真撮影:中山ゆかり
 
*画像は、主催者の許可を得て撮影したものです。
*参考文献:「カラーフィールド 色の海を泳ぐ」展覧会図録

カラーフィールド 色の海を泳ぐ
Color Fields from the Collection of Audrey and David Mirvish
 
【会期・会場】
2022年3月19日(土)~9月4日(日)  DIC川村記念美術館(千葉県・佐倉市)
※本展は、事前予約制です。
※来場にあたっての注意事項等については、公式ウェブサイトをご確認ください。
美術館HP:https://kawamura-museum.dic.co.jp