詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

ウフィツィ美術館展
―黄金のルネサンス 
  ボッティチェリからブロンヅィーノまで

新鮮な印象をもたらすイタリア・ルネサンス美術展
   15世紀のフィレンツェに開花したルネサンス。本展覧会は、日本で初めてイタリア・ルネサンス美術の宝庫であるウフィツィ美術館を中心に紹介する。監修は、アントニオ・ナターリ ウフィツィ美術館館長と小佐野重利 東京大学大学院教授。お二人の長い友情から生まれた本展は、「15~16世紀のフィレンツェで展開した絵画芸術の歩み」を絵画・素描・タピスリーなど75作品でたどる。レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452~1519)ら三大巨匠のイメージが強いルネサンス美術だが、この「ウフィツィ美術館展」は新たなイメージを届けてくれる。画面の隅々まで観る者を惹きこむ奥深い魅力の名作群を楽しみながら、フィレンツェの激動の歴史と、歴史と密接に関わる美術動向が把握できる稀有な展覧会だ。
   ルネサンスとは、イタリアにおこったギリシャ・ローマの古典文化復興運動である。そしてルネサンス美術は、古典を規範とし、幾何学的遠近法・短縮法・明暗法や解剖学的知識などを取り入れて大きく発展し、16世紀に頂点に達する。
   15~16世紀のフィレンツェ・ルネサンスを扱う本展は、4つの章構成をとるが、年代的には大きく、①1450頃~94年、②1494~1570年代、の二つに分かれる。見どころの多いなかで特に大きな柱が、サンドロ・ボッティチェリ(1444/45~1510)の作品、および16世紀の「マニエラ・モデルナ(新時代様式)」の作品であろう。以下、概要をご紹介したい。
① 1450頃~1494年
Ⅰ大工房時代のフィレンツェ/Ⅱ激動のフィレンツェ、美術の黄金期の到来

   フィレンツェでは数多くの優れた芸術家によって傑作が生み出された。その背景には、経済発展や富裕層の芸術擁護とともに、制作側では中世末期以来の工房が15世紀後半からは大工房となり、多数の協力者や弟子を抱えて組織的な制作活動を行い、幅広い注文に応じたということがあった。そして、芸術家は従来の職人から有徳の専門的職業人として扱われるようになった。
   ●大工房時代の画家たち
   会場では、大工房を率いて活躍した芸術家たちの作品を紹介する。ドメニコ・ギルランダイオ(1449~94)による鮮やかで華麗な大作《聖ヤコブス、聖ステファヌス、聖ペテロ》(1492~94、アカデミア美術館)、フィリッポ・リッピ(1406頃~69)の描いた甘美な受胎告知のマリアなどの板絵(1450~55頃、ウフィツィ美術館)、またラファエッロの師であったペルジーノ(1448頃~1523)による深遠なフレスコ画《哀れみのキリスト(ピエタのキリスト)》(1497頃、フィレンツェ貯蓄銀行)などが出品。そして、フィレンツェの経済発展に貢献し芸術を庇護した銀行家メディチ家のもとで、時代の寵児となったボッティチェリについては、9つの作品(工房作品含む)を展観する。彼は最初にフィリッポ・リッピの工房で修業。その後、助手または協力者としてアンドレア・ヴェロッキオ(1435~88)の工房に所属し、そこで修業中のレオナルドと顔を合わせている。一方、リッピの子フィリッピーノ・リッピ(1457~1504)は、ボッティチェリ工房で学んだ。
   ●ボッティチェリの作品
   本展では、9作品により、生涯で大きく画風を変えたボッティチェリの初期から晩年までの変遷を追うことができる。
   たとえば、初期作品の《聖母子と天使》(1465頃、捨て子養育院美術館)は瑞々しい。かつては師フィリッポ・リッピに帰属するとされていた作品。リッピの生み出した建築物の前に聖母子とイエスを支える天使を配する安定した構図や、繊細な線描などに師の影響が強く見て取れる。
   円熟期の大作である《パラスとケンタウロス》(1480~85年頃、ウフィツィ美術館)は、圧倒的な印象をもたらす。34年振りに日本で公開される話題作だ。知恵の女神ミネルヴァ(パラスはそのギリシア名)の憂いのある顔立ちと、盾を背負い鉾槍を支えて立つ堂々とした姿。女神の右手は豪快に半人半獣のケンタウロスの髪をつかむ。パラスの凛々しさが際立つ。パラスの衣装の白色と、上にまとう布や身体に巻きつくオリーブの緑色の対比も清新。筆者は1980年に国立西洋美術館で開催された「イタリア・ルネサンス美術展」で本作を観ているが、今回は白色と緑色が、より鮮やかに感じた。本作の意味は、理性の情動に対する優位とされる。また、パラスの衣装にある文様はメディチ家で使われていたもの。ボッティチェリは、メディチ家の若い当主で、芸術の黄金時代を牽引したロレンツォ・イル・マニフィコ(1449~92)周囲の人文主義サークルにも参加していた。本作は、ボッティチェリの代表作《春(プリマヴェーラ)》と《ヴィーナスの誕生》と同時期に制作されており、ロレンツォの又従弟のために注文されたといわれる。
   《聖母子と洗礼者聖ヨハネ》(1505頃、パラティーナ美術館)は晩年の作。独特の表現に精神性が感じられ、こちらも忘れがたい。薔薇の生け垣を背にして目を閉じた聖母子と、聖ヨハネの像。マリアのプロポーションは引き伸ばされ、母子とも極端な姿勢をとる。マリアは上半身を斜め前に大きく倒し、幼いキリストを聖ヨハネに預けようとする。キリストの身体とヨハネの持物の葦の十字架が交差し、のちのキリスト十字架降下も想起させる。ボッティチェリは、サン・マルコ修道院のドメニコ会修道士ジローラモ・サヴォナローラ(1452~98)の思想に強く影響を受け、神秘主義的傾向を強め、とりわけ晩年に画風を変化させた。本作はその一例である。
② 1494~1570年代
Ⅲ「マニエラ・モデルナ(新時代様式)」の誕生/Ⅳフィレンツェ美術とメディチ家

   大工房で芸術家たちが切磋琢磨するなかから、16世紀に「マニエラ・モデルナ(新時代様式)」が創出される。これは、画家であり、ウフィツィ美術館(元は庁舎)を設計した建築家であり、浩瀚な『芸術家列伝』(1550年 第1版)を著したジョルジョ・ヴァザーリ(1511~74)が命名した用語で、ルネサンスの三大巨匠を範例とし、それを超える優美で卓越した表現を目指す美術を指す。16世紀初頭のフィレンツェには、1506年にミラノへ向かったレオナルドも、1508年にローマに移るミケランジェロ・ブロナロッティ(1475~1564)とラファエッロ・サンツィ(1483~1520)も滞在。彼らの作品やカルトン(原寸下絵)に芸術家たちは接することができた。
   フィレンツェの政治も複雑に動く。1494年にフランス王シャルル8世がフィレンツェに入城し、安易な妥協をしたメディチ家は追放され、共和政が復帰。ドメニコ会修道士サヴォナローラが神権政治を開始し、教会の堕落やメディチ家の頽廃を激しく非難し、彼が頽廃的とみなした絵画や書物を焼却させた。しかし、その過激さゆえ98年火刑に処される。その後ピエロ・ソデリーニが終身の行政長官(ゴンファロニエーレ)に選出されて統治するが、1512年にメディチ家が帰還。コジモ1世が1537年に公爵の称号を授かり、1569年にトスカーナ大公となる。
   ●「マニエラ・モデルナ」の画家たち
   会場では、共和政のなかで自由な感性を育んだ画家たちによる「マニエラ・モデルナ」の諸相を紹介。アンドレア・デル・サルト(1486~1530)による《ピエタのキリスト》(1525頃、アカデミア美術館)は、簡素な構図と少ない色使いのなかに信じがたい豊かさを包含。瓦にフレスコ技法で描いた《自画像》(1528~29、ウフィツィ美術館)では神妙な表情が印象に残る。なおこの自画像は、ウフィツィ美術館の有名な「ヴァザーリの回廊」に主に展示される、世界に類のない自画像コレクションの一つだ。ロッソ・フィオレンティーノ(1495~1540)の《女性の肖像》(1515頃、ウフィツィ美術館)は初期の作品。青い空に溶け込むように微笑む女性像が柔らかで優美である。彼は、のちに幾何学的な形態の《十字架降下》(1521、ヴォラテッラ美術館)(※出品無し)など描くことになる。
   ブロンヅィーノ(1503~72)やヴァザーリは、宮廷画家としてメディチ家に深く関わった。ブロンヅィーノの《公共の幸福の寓意》(1567~68頃、ウフィツィ美術館)は、青色を背景に複雑に人物を配する。本作は、コジモ1世(1519~74)の後継者フランチェスコ1世(1541~87)が、オーストリアのヨハンナ皇女と結婚し、望まれていたフィレンツェの政治的安定が実現したとの状況を示すとされる。ブロンヅィーノ工房によるメディチ家当主の肖像画群(1555~65、ウフィツィ美術館)は個性がよく表れているようだ。一方、ヴァザーリの《無原罪の御宿りの寓意》(1542、ウフィツィ美術館)は螺旋状の複雑な構成で、動的だ。彼はコジモ1世に仕えて長くヴェッキオ宮の装飾に携わり、ウフィツィ美術館の元となる庁舎の設計を行い(建設1560~80)、また1563年にフィレンツェに美術アカデミーを創立。ヴァザーリは多大な芸術的貢献をした芸術家だった。なお、ウフィツィ美術館は、1581年にフランチェスコ1世が代々のコレクションを陳列したことで始まった。
   フィレンツェのルネサンスを、新しい発見とともに楽しむ本展。是非ご覧ください。

【参考文献】
1) 小佐野重利(日本側責任監修)・マルタ・オナーリ(イタリア側責任監修)『ウフィツィ美術館展―黄金のルネサンス ボッティチェリからブロンヅィーノまで』(展覧会図録)、TBSテレビ 発行、2014年。
2) 若桑みどり『フィレンツェ』文藝春秋、1999年

執筆:HOSOKAWA Fonte Idumi 
(2014年11月)

※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。

2014-1117-001
写真1 会場風景。サンドロ・ボッティチェリ≪パラスとケンタウロス≫。(撮影:I.HOSOKAWA)

2014-1117-002
写真2 会場風景。左から、サンドロ・ボッティチェリ≪聖母子と洗礼者ヨハネ≫、
サンドロ・ボッティチェリの工房≪十字架の道行≫。(撮影:I.HOSOKAWA)

2014-1117-003
写真3 会場風景。ドメニコ・ギルランダイオ≪聖ヤコブス、
聖ステファヌス、聖ペテロ≫。(撮影:I.HOSOKAWA)

2014-1117-004
写真4 会場風景。左から、アンドレア・デル・サルトの原画に基づく≪バッチョ・バンディネッリの肖像≫。
アンドレア・デル・サルト≪自画像≫。撮影:I.HOSOKAWA)


【展覧会欧文名】
Arte a Firenze da Botticelli a Bronzino: verso una ‘maniera moderna’
【会期・会場】

2014年10月11日~12月14日 東京都美術館 
<電話>03-5777-8600(ハローダイヤル)

※本文・図版とも無断引用を禁じます。

2014年11月18日