詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

印刷/版画/グラフィックデザインの断層 1957-1979

開催中〜2024/03/03

国立工芸館

石川県・金沢市

MOTアニュアル2023 シナジー、創造と生成のあいだ

開催中〜2024/03/03

東京都現代美術館

東京都・江東区

皇居三の丸尚蔵館 開館記念展「皇室のみやび-受け継ぐ美-」第 2 期:「近代皇室を彩る技と美」

開催中〜2024/03/03

皇居三の丸尚蔵館

東京都・千代田区

[公募展] Seed 山種美術館 日本画アワード 2024 ― 未来をになう日本画新世代 ―

開催中〜2024/03/03

山種美術館

東京都・渋谷区

坂本龍一トリビュート展 音楽/アート/メディア

開催中〜2024/03/10

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] ギャラリーA

東京都・新宿区

豊嶋康子 発生法──天地左右の裏表

開催中〜2024/03/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

21_21 DESIGN SIGHT 企画展「もじ イメージ Graphic 展」

開催中〜2024/03/10

21_21 DESIGN SIGHTギャラリー1&2

東京都・港区

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/特集展示 横尾忠則―水のように/生誕100年 サム・フランシス

開催中〜2024/03/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

特別展「本阿弥光悦の大宇宙」

開催中〜2024/03/10

東京国立博物館

東京都・台東区

都市にひそむミエナイモノ展 Invisibles in the Neo City

開催中〜2024/03/10

SusHi Tech Square 1F Space

東京都・千代田区

水木しげるの妖怪 百鬼夜行展 ~お化けたちはこうして生まれた~

開催中〜2024/03/10

そごう美術館

神奈川県・横浜市

FACE展2024

開催中〜2024/03/10

SOMPO美術館

東京都・新宿区

和田誠 映画の仕事

開催中〜2024/03/24

国立映画アーカイブ

東京都・中央区

ムットーニワールド からくりシアターⅤ

開催中〜2024/03/24

八王子市夢美術館

東京都・八王子市

四百年遠忌記念特別展 大名茶人 織田有楽斎

開催中〜2024/03/24

サントリー美術館

東京都・港区

ニャラティブ! ‐物語から見る招き猫亭コレクションと現代作家展‐

開催中〜2024/03/24

藤沢市アートスペース

神奈川県・藤沢市

ACT (Artists Contemporary TOKAS) Vol. 6『メニスル』

開催中〜2024/03/24

トーキョーアーツアンドスペース本郷

東京都・文京区

企画展 「魅惑の朝鮮陶磁」/特別企画 「謎解き奥高麗茶碗」

開催中〜2024/03/26

根津美術館

東京都・港区

VOCA展2024 現代美術の展望-新しい平面の作家たち

2024/03/14〜2024/03/30

上野の森美術館

東京都・台東区

森美術館開館20周年記念展 私たちのエコロジー:地球という惑星を生きるために

開催中〜2024/03/31

森美術館

東京都・港区

tupera tupera + 遠藤幹子 しつもんパーク in 彫刻の森美術館

開催中〜2024/03/31

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

企画展「いざ、勝負!」

開催中〜2024/03/31

北斎館

長野県・小布施町

岩﨑家のお雛さま

開催中〜2024/03/31

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

岡田健太郎―重なる景体

開催中〜2024/04/07

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

三井家のおひなさま 特別展示 丸平文庫所蔵 京のひなかざり

開催中〜2024/04/07

三井記念美術館

東京都・中央区

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

開催中〜2024/04/07

東京都美術館

東京都・台東区

美術家たちの沿線物語 小田急線篇

開催中〜2024/04/07

世田谷美術館

東京都・世田谷区

魔女まじょ展

開催中〜2024/04/08

魔法の文学館(江戸川区角野栄子児童文学館)2階ギャラリー

東京都・江戸川区

初公開の仏教美術 ―如意輪観音菩薩像・二童子像をむかえて―

開催中〜2024/04/14

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

櫻井翔 未来への言葉展 PLAYFUL!

開催中〜2024/04/14

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

令和5年度早春展 中国陶磁の色彩 ―2000年のいろどり―

開催中〜2024/04/14

永青文庫

東京都・文京区

英国キュー王立植物園 おいしいボタニカル・アート 食を彩る植物のものがたり

開催中〜2024/04/14

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

建立900年 特別展 中尊寺金色堂

開催中〜2024/04/14

東京国立博物館

東京都・台東区

生誕150年 池上秀畝―高精細画人―

2024/03/16〜2024/04/21

練馬区立美術館

東京都・練馬区

須藤玲子:NUNOの布づくり

開催中〜2024/05/06

水戸芸術館現代美術ギャラリー、広場

茨城県・水戸市

春の江戸絵画まつり ほとけの国の美術

2024/03/09〜2024/05/06

府中市美術館

東京都・府中市

第5回「私の代表作」展

開催中〜2024/05/12

ホキ美術館

千葉県・千葉市

ライトアップ木島櫻谷 ― 四季連作大屏風と沁みる『生写し』

2024/03/16〜2024/05/12

泉屋博古館東京

東京都・港区

イヴ・ネッツハマー ささめく葉は空気の言問い

2024/03/10〜2024/05/12

宇都宮美術館

栃木県・宇都宮市

モダン・タイムス・イン・パリ 1925 ― 機械時代のアートとデザイン

開催中〜2024/05/19

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

版画の青春 小野忠重と版画運動 ―激動の1930-40年代を版画に刻んだ若者たち―

2024/03/16〜2024/05/19

町田市立国際版画美術館

東京都・町田市

マティス 自由なフォルム

開催中〜2024/05/27

国立新美術館

東京都・港区

金屏風の祭典 ——黄金の世界へようこそ

開催中〜2024/06/02

岡田美術館

神奈川県・箱根町

日本の山海

開催中〜2024/06/02

松岡美術館

東京都・港区

卒寿記念 人間国宝 鈴木藏の志野展

2024/03/19〜2024/06/02

国立工芸館

石川県・金沢市

遠距離現在 Universal / Remote

2024/03/06〜2024/06/03

国立新美術館

東京都・港区

第8回横浜トリエンナーレ「野草:いま、ここで生きてる」

2024/03/15〜2024/06/09

芸術祭(横浜美術館、旧第一銀行横浜支店、BankART KAIKO、クイーンズスクエア横浜、元町・中華街駅連絡通路)

神奈川県・横浜市

北欧の神秘ーノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画

2024/03/23〜2024/06/09

SOMPO美術館

東京都・新宿区

記憶:リメンブランス-現代写真・映像の表現から

開催中〜2024/06/09

東京都写真美術館

東京都・目黒区

BankART Life7「UrbanNesting:再び都市に棲む」

2024/03/15〜2024/06/09

BankART Station

神奈川県・横浜市

企画展「北斎と感情」

2024/04/06〜2024/06/09

北斎館

長野県・小布施町

特別展「大哺乳類展3−わけてつなげて大行進」

2024/03/16〜2024/06/16

国立科学博物館

東京都・台東区

茶の湯の美学 ―利休・織部・遠州の茶道具―

2024/04/18〜2024/06/16

三井記念美術館

東京都・中央区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

2024/04/27〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

2024/04/27〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

2024/03/09〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

2024/04/16〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

民藝 MINGEI—美は暮らしのなかにある

2024/04/24〜2024/06/30

世田谷美術館

東京都・世田谷区

三島喜美代―未来への記憶

2024/05/19〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

2024/04/24〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

2024/04/13〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

日本のまんなかでアートをさけんでみる

2024/03/16〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

Exhibitions

ウィーン国立歌劇場ライブストリーミング

ウィーン国立歌劇場のオペラのライブを、日本の自宅で楽しむ。
  ●『ドン・ジョヴァンニ』を観る 
  2017年2月1日夕方、オーストリア文化フォーラム東京(東京・港区のオーストリア大使館内)で、ウィーン国立歌劇場のオペラ『ドン・ジョヴァンニ』の上映会が催された。ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト作曲による最も有名なオペラの一つだ。指揮はアダム・フィッシャー、演出はジャン=ルイ・マルティノティ、そしてタイトルロールはサイモン・キーンリサイド。長く強い二つの音で始まった序曲は、不安な気配と劇的な展開を予想させる。冒頭、不埒で女好きなドン・ジョヴァンニがドンナ・アンナを訪ねて騎士長の屋敷に忍び込み、騎士長を殺害。その娘ドンナ・アンナが仲間と共に、そして不思議なことに亡き父の力を得て復讐を遂げるというストーリーだ。主人公は稀代の悪人だが、彼が村娘ツェルリーナと歌う「お手をどうぞ」のなんと美しいことか。生命力溢れる音楽にぐいぐい引っ張られる。歌手全員の見事な歌唱が、ラストの六重唱まで続いてゆく。傾斜する床での豪華な宴や、地獄の業火に包まれる主人公の最後などの舞台装置も、現代風と古典風を併存させた衣装も、音楽と一体化し、オペラの粋を堪能した宵となった。
  驚くことにこの映像は、ウィーンからのライブがインターネットで配信されたものである。1月27日はモーツァルトの誕生日(1756年生れ。1791年歿)。それに因んでウィーン国立歌劇場では1月29日午後7時から『ドン・ジョヴァンニ』を上演。その映像を我々は鑑賞したのだった。休憩時間には関係者のインタビューが紹介された。またカーテンコールや観客のスタンディングオーべションも見ることができ、終始臨場感を味わった。
  ●インターネットでのライブ鑑賞で、オペラに親しんでほしい
  ウィーン国立歌劇場では、2013年に「ウィーン国立歌劇場ライブストリーミングWIENER STAATSOPER live at home」として、ライブ公演のインターネット配信サービス(有料)を開始した。ユーザーは72時間(3日間)の間に視聴が可能である。好みの演目を、自宅で好みの時間に高画質・高音質のライブで楽しむものである。このサービスを始めた理由は、オペラに気軽に親しんでもらい、ゆくゆくは実際の劇場に足を運んでほしい、との願いゆえのことという。最初は、1シーズン(9月から翌年6月が1シーズン)に7公演くらいでスタートしたが、現在の2016/2017年のシーズンでは45公演を配信する。世界中で約2万人が利用しているそうだ。視聴の方法は数種類あるが、たとえば「シングルライブ」は、開始時間を選択してライブ中継を 1 回だけ見るもので、料金は14ユーロ。なお、ライブなので視聴の途中で停止はできない。
  ●ウィーン国立歌劇場とは
  ウィーン国立歌劇場は世界最高のオペラハウスであり、ミラノ・スカラ座、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場(MET)などと共に絶大な人気を誇る。そのしっとりとした音色にも風格ある舞台にも定評がある。ネオ・ルネサンス様式の豪華な歌劇場は、600年にわたって繁栄したハプスブルグ家王朝の都であり、数多の音楽家が活躍した音楽の都である、ウィーンの中心部にたつ。近くには王宮やブルク公園がある。その内部は六層の馬蹄形で、客席は1709席(他に立見席567席)。現在、1シーズンに50を超すオペラやバレエ作品のレパートリーを上演し、公演総数は約350、観客数は約60万人だ。
  ウィーン国立歌劇場の前身は、1869年に現在の地に建設された宮廷歌劇場。こけら落としは同年5月の『ドン・ジョヴァンニ』だった。総監督・音楽監督にはグスタフ・マーラー、リヒャルト・シュトラウス、クレメンス・クラウスらを迎えた。第二次世界大戦で歌劇場は焼失したが、1955年に再建。その後カール・ベーム、ヘルベルト・フォン・カラヤン、ロリン・マゼール、クラウディオ・アバド、そして小澤征爾(2002~10年)、フランツ・ウェルザー=メストらが監督に就任。なお、ウィーン国立歌劇場はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のメンバーを兼ねる。年初に世界中で衛星中継するウィーン・フィルのニューイヤーコンサート会場のムジークフェライン(楽友協会ホール)も歌劇場の近くだ。
  よく知られているが、ウィーン国立歌劇場はしばしば日本公演を行う。筆者にとっては、20年以上も前になるが、1994年秋の日本公演のC.アバド指揮『ボリス・ゴドノフ』(モデスト・P.ムソルグスキー作曲)が忘れがたい。初めてのウィーン国立歌劇場体験だったが、表現できぬほどの深い感動を覚えた。やはり同公演のカルロス・クライバー指揮『ばらの騎士』(R.シュトラウス作曲)を観た知人は、「生涯最高の幸福」と語った。2016年秋にも来日公演を行っている。
  ●ウィーンの最新のオペラに気軽に接する/今後のプログラム
  世界の歌劇場では、オペラ上演以外に広い活動を行っている。メトロポリタン歌劇場では2006年からMETライブビューイングとして、70カ国の映画館2000カ所にてオペラ映画を上映。ウィーン国立歌劇場のライブストリーミングの場合は、①ライブであること、②インターネット配信なので自宅などでも楽しめるという気軽さ、が特徴といえるだろう。ウィーンの最新のオペラに接する絶好の機会である。今後は、R.シュトラウス作曲の絶世の美女をめぐる話の『アラベッラ』、またゲーテの詩劇をオペラ化したシャルル・グノー作曲の『ファウスト』などが続々と配信される予定である。どういう新公演になるのだろう。
  詳細については、以下のウェブサイトをご覧ください。

【ウィーン国立歌劇場ライブストリーミングの詳細】

https://www.staatsoperlive.com/ja/

【参考文献】
1) 戸口幸策・森田学 監修:『オペラ事典』、東京堂出版、2013年。
2) 野村三郎:『ウィーン国立歌劇場 すみからすみまで』、音楽之友社、2014年。

執筆:細川いづみ (HOSOKAWA Fonte Idumi) 
(2017年2月)

※本文の無断引用・無断転載を禁じます。

2017年2月27日