詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

開催中〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

開催中〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』

開催中〜2024/07/28

東京国立博物館

東京都・台東区

トーキョーアーツアンドスペースレジデンス2024 成果発表展「微粒子の呼吸」第1期

開催中〜2024/08/04

トーキョーアーツアンドスペース本郷

東京都・文京区

おとなとこどもの自由研究 工芸の光と影展

開催中〜2024/08/18

国立工芸館

石川県・金沢市

新紙幣発行記念 北斎進化論

開催中〜2024/08/18

北斎館

長野県・小布施町

大川美術館コレクションによる20世紀アートセレクション ―ピカソ、ベン・シャーンからポップ・アートまで

開催中〜2024/08/18

宇都宮美術館

栃木県・宇都宮市

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

開催中〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

開催中〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

開催中〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

超・日本刀入門 revive―鎌倉時代 の名刀に学ぶ

開催中〜2024/08/25

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

「-没後100年-富岡鉄斎 鉄斎と文人書画の優品」(仮称)

2024/07/20〜2024/08/25

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

エドワード・ゴーリーを巡る旅

開催中〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

美術の遊びとこころⅧ 五感であじわう日本の美術

開催中〜2024/09/01

三井記念美術館

東京都・中央区

ルーヴル美術館の銅版画展

開催中〜2024/09/01

八王子市夢美術館

東京都・八王子市

ザ・キャビンカンパニー 大絵本美術展〈童堂賛歌〉

開催中〜2024/09/01

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

「ヨシタケシンスケ展かもしれない」

2024/07/23〜2024/09/02

そごう美術館

神奈川県・横浜市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

開催中〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

市制施行70周年記念 自然、生命、平和 私たちは見つめられている 吉田遠志展

2024/07/20〜2024/09/06

府中市美術館

東京都・府中市

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/09/08

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

須田国太郎の芸術――三つのまなざし

開催中〜2024/09/08

世田谷美術館

東京都・世田谷区

聖書の世界〜伝承と考古学〜/古代オリエントをたのしむ!子どもミュージアム

開催中〜2024/09/08

古代オリエント博物館

東京都・豊島区

慰問 銃後からのおくりもの

2024/07/20〜2024/09/08

昭和館

東京都・千代田区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

織田コレクション 北欧モダンデザインの名匠 ポール・ケアホルム展 時代を超えたミニマリズム

開催中〜2024/09/16

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

トーキョーアーツアンドスペース レジデンス2024 成果発表展 『微粒子の呼吸』第2期

2024/08/17〜2024/09/22

トーキョーアーツアンドスペース本郷

東京都・文京区

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

開催中〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

開催中〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

開催中〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

島袋道浩 : 音楽が聞こえてきた

開催中〜2024/09/23

BankART Station

神奈川県・横浜市

「人間×自然×技術=未来展(ひと かける しぜん かける ぎじゅつ は みらい てん) – Well-being for human & nature – 」

開催中〜2024/09/23

SusHi Tech Square内1F Space

東京都・千代田区

つくる展 TASKOファクトリーのひらめきをかたちに

2024/07/20〜2024/09/23

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

和のあかり×百段階段2024 ~妖美なおとぎはなし~

開催中〜2024/09/23

ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財「百段階段」

東京都・目黒区

平田晃久―人間の波打ちぎわ

2024/07/28〜2024/09/23

練馬区立美術館

東京都・練馬区

【特別展】没後25年記念 東山魁夷と日本の夏

2024/07/20〜2024/09/23

山種美術館

東京都・渋谷区

令和6年度夏季展「Come on! 九曜紋―見つけて楽しむ細川家の家紋―」

2024/07/27〜2024/09/23

永青文庫

東京都・文京区

夏の特集展示2024「戦争の時代 日本における藤田嗣治 日常から戦時下へ」

2024/07/25〜2024/09/24

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

開催中〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

昭和モダーン モザイクのいろどり 板谷梅樹の世界

2024/08/31〜2024/09/29

泉屋博古館東京

東京都・港区

梅津庸一 クリスタルパレス

開催中〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

開催中〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

GO FOR KOGEI 2024「くらしと工芸、アートにおける哲学的なもの」

2024/09/14〜2024/10/20

富山県富山市/岩瀬エリア、石川県金沢市/東山エリア

富山県・富山市、石川県・金沢市

令和6年度第2期所蔵品展 「特集 新恵美佐子 祈りの花」

開催中〜2024/10/20

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

令和6年度第2期所蔵品展  特集:生誕100年 芥川紗織

開催中〜2024/10/20

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

彫刻の森美術館 開館55周年記念 舟越桂 森へ行く日

2024/07/26〜2024/11/04

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

北アルプス国際芸術祭 2024

2024/09/13〜2024/11/04

芸術祭(長野県大町市)

長野県・大町市

特別展「眼福―大名家旧蔵、静嘉堂茶道具の粋」

2024/09/10〜2024/11/04

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

瑛九 ―まなざしのその先に―

2024/09/14〜2024/11/04

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

MOTコレクション 竹林之七妍/特集展示 野村和弘/Eye to Eye-見ること

2024/08/03〜2024/11/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

ICC アニュアル 2024 とても近い遠さ

開催中〜2024/11/10

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

東京都・新宿区

没後300年記念 英一蝶 ―風流才子、浮き世を写す―

2024/09/18〜2024/11/10

サントリー美術館

東京都・港区

日本現代美術私観:高橋龍太郎コレクション

2024/08/03〜2024/11/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

開催中〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

田名網敬一 記憶の冒険

2024/08/07〜2024/11/11

国立新美術館

東京都・港区

特別展 文明の十字路  バーミヤン大仏の太陽神と弥勒信仰 ―ガンダーラから日本へ―

2024/09/14〜2024/11/12

三井記念美術館

東京都・中央区

森の芸術祭 晴れの国・岡山

2024/09/28〜2024/11/24

芸術祭(岡山県北部12市町村、津山市、新見市、真庭市、鏡野町、奈義町など))

岡山県・北部12市町村

大正・昭和のモダニスト 蕗谷虹児展

2024/10/05〜2024/11/24

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

フィリップ・パレーノ:この場所、あの空

開催中〜2024/12/01

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

心象工芸展

2024/09/06〜2024/12/01

国立工芸館

石川県・金沢市

田中一村展 奄美の光 魂の絵画

2024/09/19〜2024/12/01

東京都美術館

東京都・台東区

挂甲の武人 国宝指定50周年記念 特別展『はにわ』

2024/10/16〜2024/12/08

東京国立博物館

東京都・台東区

ベル・エポック―美しき時代 パリに集った芸術家たち ワイズマン&マイケル コレクションを中心に

2024/10/05〜2024/12/15

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

コスチュームジュエリー ―美の変革者たち― シャネル、ディオール、スキャパレッリ 小瀧千佐子コレクションより

2024/09/08〜2024/12/15

宇都宮美術館

栃木県・宇都宮市

特別展 オタケ・インパクト ―越堂・竹坡・国観、尾竹三兄弟の日本画アナキズム―

2024/10/19〜2024/12/15

泉屋博古館東京

東京都・港区

おしゃべり美術館 ひらビあーつま~れ10年記念展

2024/09/21〜2025/02/16

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

Exhibitions

ウィーン国立歌劇場ライブストリーミング

ウィーン国立歌劇場のオペラのライブを、日本の自宅で楽しむ。
  ●『ドン・ジョヴァンニ』を観る 
  2017年2月1日夕方、オーストリア文化フォーラム東京(東京・港区のオーストリア大使館内)で、ウィーン国立歌劇場のオペラ『ドン・ジョヴァンニ』の上映会が催された。ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト作曲による最も有名なオペラの一つだ。指揮はアダム・フィッシャー、演出はジャン=ルイ・マルティノティ、そしてタイトルロールはサイモン・キーンリサイド。長く強い二つの音で始まった序曲は、不安な気配と劇的な展開を予想させる。冒頭、不埒で女好きなドン・ジョヴァンニがドンナ・アンナを訪ねて騎士長の屋敷に忍び込み、騎士長を殺害。その娘ドンナ・アンナが仲間と共に、そして不思議なことに亡き父の力を得て復讐を遂げるというストーリーだ。主人公は稀代の悪人だが、彼が村娘ツェルリーナと歌う「お手をどうぞ」のなんと美しいことか。生命力溢れる音楽にぐいぐい引っ張られる。歌手全員の見事な歌唱が、ラストの六重唱まで続いてゆく。傾斜する床での豪華な宴や、地獄の業火に包まれる主人公の最後などの舞台装置も、現代風と古典風を併存させた衣装も、音楽と一体化し、オペラの粋を堪能した宵となった。
  驚くことにこの映像は、ウィーンからのライブがインターネットで配信されたものである。1月27日はモーツァルトの誕生日(1756年生れ。1791年歿)。それに因んでウィーン国立歌劇場では1月29日午後7時から『ドン・ジョヴァンニ』を上演。その映像を我々は鑑賞したのだった。休憩時間には関係者のインタビューが紹介された。またカーテンコールや観客のスタンディングオーべションも見ることができ、終始臨場感を味わった。
  ●インターネットでのライブ鑑賞で、オペラに親しんでほしい
  ウィーン国立歌劇場では、2013年に「ウィーン国立歌劇場ライブストリーミングWIENER STAATSOPER live at home」として、ライブ公演のインターネット配信サービス(有料)を開始した。ユーザーは72時間(3日間)の間に視聴が可能である。好みの演目を、自宅で好みの時間に高画質・高音質のライブで楽しむものである。このサービスを始めた理由は、オペラに気軽に親しんでもらい、ゆくゆくは実際の劇場に足を運んでほしい、との願いゆえのことという。最初は、1シーズン(9月から翌年6月が1シーズン)に7公演くらいでスタートしたが、現在の2016/2017年のシーズンでは45公演を配信する。世界中で約2万人が利用しているそうだ。視聴の方法は数種類あるが、たとえば「シングルライブ」は、開始時間を選択してライブ中継を 1 回だけ見るもので、料金は14ユーロ。なお、ライブなので視聴の途中で停止はできない。
  ●ウィーン国立歌劇場とは
  ウィーン国立歌劇場は世界最高のオペラハウスであり、ミラノ・スカラ座、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場(MET)などと共に絶大な人気を誇る。そのしっとりとした音色にも風格ある舞台にも定評がある。ネオ・ルネサンス様式の豪華な歌劇場は、600年にわたって繁栄したハプスブルグ家王朝の都であり、数多の音楽家が活躍した音楽の都である、ウィーンの中心部にたつ。近くには王宮やブルク公園がある。その内部は六層の馬蹄形で、客席は1709席(他に立見席567席)。現在、1シーズンに50を超すオペラやバレエ作品のレパートリーを上演し、公演総数は約350、観客数は約60万人だ。
  ウィーン国立歌劇場の前身は、1869年に現在の地に建設された宮廷歌劇場。こけら落としは同年5月の『ドン・ジョヴァンニ』だった。総監督・音楽監督にはグスタフ・マーラー、リヒャルト・シュトラウス、クレメンス・クラウスらを迎えた。第二次世界大戦で歌劇場は焼失したが、1955年に再建。その後カール・ベーム、ヘルベルト・フォン・カラヤン、ロリン・マゼール、クラウディオ・アバド、そして小澤征爾(2002~10年)、フランツ・ウェルザー=メストらが監督に就任。なお、ウィーン国立歌劇場はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のメンバーを兼ねる。年初に世界中で衛星中継するウィーン・フィルのニューイヤーコンサート会場のムジークフェライン(楽友協会ホール)も歌劇場の近くだ。
  よく知られているが、ウィーン国立歌劇場はしばしば日本公演を行う。筆者にとっては、20年以上も前になるが、1994年秋の日本公演のC.アバド指揮『ボリス・ゴドノフ』(モデスト・P.ムソルグスキー作曲)が忘れがたい。初めてのウィーン国立歌劇場体験だったが、表現できぬほどの深い感動を覚えた。やはり同公演のカルロス・クライバー指揮『ばらの騎士』(R.シュトラウス作曲)を観た知人は、「生涯最高の幸福」と語った。2016年秋にも来日公演を行っている。
  ●ウィーンの最新のオペラに気軽に接する/今後のプログラム
  世界の歌劇場では、オペラ上演以外に広い活動を行っている。メトロポリタン歌劇場では2006年からMETライブビューイングとして、70カ国の映画館2000カ所にてオペラ映画を上映。ウィーン国立歌劇場のライブストリーミングの場合は、①ライブであること、②インターネット配信なので自宅などでも楽しめるという気軽さ、が特徴といえるだろう。ウィーンの最新のオペラに接する絶好の機会である。今後は、R.シュトラウス作曲の絶世の美女をめぐる話の『アラベッラ』、またゲーテの詩劇をオペラ化したシャルル・グノー作曲の『ファウスト』などが続々と配信される予定である。どういう新公演になるのだろう。
  詳細については、以下のウェブサイトをご覧ください。

【ウィーン国立歌劇場ライブストリーミングの詳細】

https://www.staatsoperlive.com/ja/

【参考文献】
1) 戸口幸策・森田学 監修:『オペラ事典』、東京堂出版、2013年。
2) 野村三郎:『ウィーン国立歌劇場 すみからすみまで』、音楽之友社、2014年。

執筆:細川いづみ (HOSOKAWA Fonte Idumi) 
(2017年2月)

※本文の無断引用・無断転載を禁じます。

2017年2月27日