詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

モネ

Exhibitions

イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜-モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン

小部屋を回遊しながら、発見の喜びに浸る。

大多数が初来日の傑作群

 三菱一号館美術館で、エルサレムにあるイスラエル博物館の所蔵品による「印象派・光の系譜-モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン」展が開催中だ(2022年1月16日まで。1月28日より大阪に巡回)。本展では、印象派とその前後の作品を「光」を手掛かりに紹介し、印象派とは何かを探る。出品69点のうち59作品が初来日。イスラエル博物館というと、最も有名な所蔵品は「死海文書」である。美術品については馴染みが薄いかもしれないが、1965年に開館した同館はロスチャイルド基金からの寄贈などにより50万点ものコレクションを築き上げ、近現代絵画でも世界的な傑作を有する。日本にまとめて紹介される機会が殆どなかった。

三菱一号館外観写真
三菱一号館美術館の入り口。地下1階地上3階、煉瓦造。
三菱一号館外観写真
三菱一号館美術館の外観。こちら側が、1894年竣工の三菱一号館の正面。

本展覧会の特徴

 本展では底知れぬ満足感が連続する。コローの静謐な風景画から、うつろう光をとらえた印象派のモネやルノワール、ピサロらの作品を経て、印象派に学びつつ独自の絵画に進んだポスト印象派のセザンヌ、ゴッホ、ゴーガン、そして最後の部屋にあるナビ派のボナールが描いた輝くばかりの室内画に至るまで、である。

 その理由は、①出品作品一つ一つの質の高さ、②「水の風景と反映」「自然と人のいる風景」「都市の情景」「人物と静物」という優れた四章構成によるものであり、また③「この画家にこんな作品があったのか」「このような画家がいたのか」と驚きの発見があることだ。そして④東京会場の三菱一号館美術館では、小部屋や通路を回遊しながらの鑑賞という、建物と展覧会との相性の良さが加わる。

水の風景と反映:先達から、印象派のモネへ

 会場ではまず、水のある風景を描いた絵画と光の関係を追い、変遷を見てゆく。最初に出会うのがジャン=バティスト・カミーユ・コロー(1796~1875)による森や池の抒情的な風景画。内部から淡い光を放っているようだ。コローは自然から直接学んだ画家である。ギュスターヴ・クールベ(1819~77)の《海景色》(1869)は太い筆で怒涛の大波に迫る。彼は力強いレアリズムを確立した近代絵画の先駆者だ。

カミーユ
三菱一号館美術館での展示風景(以下、同様)。ジャン=バティスト・カミーユ・コロー《川沿いの町、ヴィル=ダヴレー》1855~56年頃、イスラエル博物館。

 ウジェーヌ・ブーダン(1824~98)の《海に近づくフリゲート艦》(1894)に相対すると、絶対の青空、緑の海と白い帆船の海景にこの上ない開放感と太陽の光を感じる。ブーダンはモネに戸外での写生の重要性を説き、印象派の活動に大きな影響を与えた。なお、三菱一号館美術館は2010年に三菱一号館を復元して開館したが、本作が制作された1894年は三菱一号館の竣工年。またこの作品が架かる下の暖炉は、三菱一号館で実際に使用されていた。

ブーダン
ウジェーヌ・ブーダン《海に近づくフリゲート艦》1894年、イスラエル博物館。

 そしてクロード・モネ(1840~1926)が特徴ある海岸風景を描いた《エトルタ、アヴァルの崖》(1885)では、太陽の光が明るさを増してキラキラと画面全体に届く。

モネ3
クロード・モネ《エトルタ、アヴァルの崖》1885年、イスラエル博物館。

モネが描いた《睡蓮の池》

 モネは「自分は小鳥が歌うように描く」との言葉を残し、うつろう光と自然の様相を観察し再現した。86年の生涯の後半生はパリ近郊の自然豊かな小村ジヴェルニーで過ごし、積みわら、ポプラ並木、睡蓮など同一主題による連作を生み出したが、なかでも数多く描いたのが睡蓮である。モネによる睡蓮の作品は200点ほど残る。

 本展に出品された《睡蓮の池》(1907)は、水面に浮かぶ睡蓮を、水面に映る空、雲、樹々、そして光の反映と共に描写した、夢のような絵画だ。睡蓮第二連作の代表的な作品で、1909年の個展で48点の連作として発表された。どんな展覧会だったのだろう。本展では同時に展示された国内所蔵作品も別室で特別展示され、表現の違いを知ることができる。

 モネにとって睡蓮というモチーフは、最晩年の有名な《睡蓮》大装飾画にまで続くわけだが、筆者が興味深く思うのは、それをモネ自身が創り出したことである。彼はジヴェルニーの自邸に川から水を引き、池を拡張して「水の庭」を整備し、睡蓮を育てたのだった。

モネ
クロード・モネ《睡蓮の池》1907年、イスラエル博物館。

印象派とは

 そもそも印象派とは何か。それは1874年に若い画家たちが画壇の権威であるアカデミーのサロンに対抗して開いた独立展に始まる。印象派という名称は、モネの作品について、「絵画でなく、印象を描いただけ」と揶揄する批評家ルイ・ルロワの言葉からとられた。1886年まで計8回開催された独立展で共通するのは、目に見えるものを純粋に表現すること。つまり自分たちが生きる現実の風俗や自然の姿をありのままに見て描くことだ。

 印象派の画家たちは、歴史画や神話画を、遠近法や明暗法を駆使して滑らな筆致で描かなければならぬ、というそれまでの絵画から、近代絵画への扉を開き、絵画を革新させた。明るい画面をつくるため色彩を混色せずに純色を並置する筆触分割を行った

「この画家にこんな作品があったのか」

 本展では多くの発見があった。例えばフィンセント・ファン・ゴッホ(1853~90)の《アニエールのヴォワイエ=ダルジャンソン公園の入り口》(1887)。長い筆触で女性二人をも入れて描かれた、パリ時代の印象派の影響が強い時期の作品だ。控えめな不思議な魅力がある。アルルでの収穫の喜びが一筆一筆に溢れるゴッホらしい《プロヴァンスの収穫期》(1888年)と共に心に残った。ポール・ゴーガン(1848~1903)の《ウパウパ(炎の踊り)》(1891)は強烈である。

ゴッホ
フィンセント・ファン・ゴッホ《アニエールのヴォワイエ=ダルジャンソン公園の入り口》1887年、イスラエル博物館。
ゴッホ
フィンセント・ファン・ゴッホ《プロヴァンスの収穫期》1888年、イスラエル博物館。
ゴーガン
ポール・ゴーガン《ウパウパ(炎の踊り)》1891年、イスラエル博物館。

「このような画家がいたのか」:レッサー・ユリィの魅力 

 ドイツの印象派レッサー・ユリィ(1861~1931)という画家の作品にも魅せられた。4つの作品が出品。夕焼けが川に映る水辺の風景。雨に濡れた道を人々が行きかうベルリンの都市風景など。硬質な透明さをもって心の奥底にまで響く。力強い筆はクールベを思わせる。

ユリィ1
左から、レッサー・ユリィ《冬のベルリン》《夜のポツダム広場》共に1920年代半ば、イスラエル博物館。

 コロナ禍のなか、遠くエルサレムからやってきてくれた名作たち。心ゆくまで楽しみたい。

(参考文献)
1)産経新聞社 編集:『イスラエル博物館所蔵「印象派・光の系譜」』(展覧会図録)、産経新聞社 発行、2021-2022年。
2)高橋明也 監修、安井裕雄 著:『もっと知りたい モネ 生涯と作品』、東京美術、2010年。

執筆・写真撮影 細川いづみ (HOSOKAWA Fonte Idumi)
(2021年11月)
※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。
※本文・図版とも無断引用・無断転載を禁じます。

イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜-モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
THE GENEALOGY OF LIGHT
Impressionist Masterworks from The Israel Museum, Jerusalem

【会期・会場】
2021年10月15日~2022年1月16日 三菱一号館美術館 (東京・千代田区)
電話:050-5541-8600(ハローダイヤル)
美術館HP:https://mimt.jp/israel/

2022年1月28日~4月3日 あべのハルカス美術館(大阪府・大阪市)
電話:06-4399-9050 
美術館HP:https://www.aham.jp/exhibition/future/hikarinokeihu/