詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

特別展「大哺乳類展3−わけてつなげて大行進」

開催中〜2024/06/16

国立科学博物館

東京都・台東区

茶の湯の美学 ―利休・織部・遠州の茶道具―

開催中〜2024/06/16

三井記念美術館

東京都・中央区

ベル・エポックー美しき時代 パリに集った芸術家たち ワイズマン&マイケル コレクションを中心に

開催中〜2024/06/16

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

昭和モダン×百段階段 ~東京モダンガールライフ~

開催中〜2024/06/16

ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財 「百段階段」

東京都・目黒区

宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO

開催中〜2024/06/16

東京オペラシティアートギャラリー

東京都・新宿区

板倉鼎・須美子展

開催中〜2024/06/16

千葉市美術館

千葉県・千葉市

高橋由一から黒田清輝へ ―明治洋画壇の世代交代劇―

開催中〜2024/06/16

栃木県立美術館

栃木県・宇都宮市

ここに いても いい リトゥンアフターワーズ 山縣良和と綴るファッション表現のかすかな糸口

開催中〜2024/06/16

アーツ前橋

群馬県・前橋市

“オモシロイフク”大図鑑

開催中〜2024/06/22

文化学園服飾博物館

東京都・渋谷区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

開催中〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

開催中〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

シンフォニー・オブ・アート — イメージと素材の饗宴

開催中〜2024/06/23

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

驚異の細密表現展 ―江戸・明治の工芸から現代アートまで―

開催中〜2024/06/23

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

没後70年 戦争を越えて―写真家ロバート・キャパ、愛と共感の眼差し―

開催中〜2024/06/23

東京富士美術館

東京都・八王子市

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

開催中〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

開催中〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

創刊50周年記念 花とゆめ展

開催中〜2024/06/30

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52 階)

東京都・港区

KAGAYA 星空の世界 天空の贈り物

開催中〜2024/07/01

そごう美術館

神奈川県・横浜市

三島喜美代―未来への記憶

開催中〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

石岡瑛子 I デザイン

開催中〜2024/07/07

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

Beautiful Japan 吉田初三郎の世界

開催中〜2024/07/07

府中市美術館

東京都・府中市

ふたり 矢部太郎展

開催中〜2024/07/07

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/Eye to Eye-見ること

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

ホー・ツーニェン エージェントのA 

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

Tokyo Contemporary Art Award 2022-2024 受賞記念展

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

【特別展】犬派?猫派? ―俵屋宗達、竹内栖鳳、藤田嗣治から山口晃まで―

開催中〜2024/07/07

山種美術館

東京都・渋谷区

TOPコレクション 時間旅行 ― 千二百箇月の過去とかんずる方角から

開催中〜2024/07/07

東京都写真美術館

東京都・目黒区

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

開催中〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

開催中〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

国芳の団扇絵 ―猫と歌舞伎とチャキチャキ娘

開催中〜2024/07/28

太田記念美術館

東京都・渋谷区

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/08/12

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

開催中〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

2024/06/18〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

開催中〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

アートキャンプ白州 2024 Camp and Art in Each Heart!

2024/07/06〜2024/09/01

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

エドワード・ゴーリーを巡る旅

2024/07/06〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

開催中〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

2024/06/22〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

2024/07/13〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

2024/07/13〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

2024/07/06〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

梅津庸一 クリスタルパレス

開催中〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

2024/06/18〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

開催中〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

ギュスターヴ・カイユボット《ピアノを弾く若い男》1876年 作品とともに同じエラール社のピアノを配した展示室

Exhibitions

アートを楽しむ
—見る、感じる、学ぶ

 アーティゾン美術館は、館名を改める以前の「ブリヂストン美術館」の時代から、土曜講座やギャラリートーク、ワークショップなど、様々なかたちで作品と観客をつなぐラーニングプログラムに力を入れてきた美術館。その成果を反映させ、多彩な切り口で収蔵品の見方を提示することで、観る者に新たな気づきや学びをもたらす展覧会が開催されている。

アンリ・マティス《画室の裸婦》1899年 学生時代のこの作品の解説には、同じクラスの友人マルケの絵の図版が添えられている
アンリ・マティス《画室の裸婦》1899年 学生時代のこの作品の解説には、同じクラスの友人マルケの絵の図版が添えられている

 会場全体の印象は、学芸員さんから丁寧な説明を受けながら、ゆっくりじっくりと作品を観て歩く感じだろうか。作品解説や作家紹介、あるいはコラム的な文章を大きな文字で平易に記したパネルがふんだんにあり、内容も簡潔なものから、話題を広げたり掘り下げたりしたもの、さらに関連作品や資料の図版を入れたものまで変化に富んでいる。気になったパネルを読み、その言葉に誘われて、作品をもう一度見直したり、隣の作品と見比べたりしていくと、作品がより身近に感じられてくる。

エドゥアール・マネ《自画像》1878-79年
エドゥアール・マネ《自画像》1878-79年
右/青木繁《海の幸》1904年 左/森村泰昌《M式「海の幸」第1番:假象の創造》2021年
右/青木繁《海の幸》1904年 左/森村泰昌《M式「海の幸」第1番:假象の創造》2021年

 セクション1の「肖像画のひとコマ―絵や彫刻の人になってみよう」では、17世紀のレンブラントから、マネ、ピカソ、そして青木繁の《海の幸》に触発された現代美術家・森村泰昌まで、自画像や肖像画、人物像が並ぶが、作品の「なかの人」になった気分になるための仕掛けとして、小道具なども採り入れられている。

小出楢重《帽子をかぶった自画像》1924年 アトリエのしつらえで画家気分を味わえる展示も楽しい
小出楢重《帽子をかぶった自画像》1924年 アトリエのしつらえで画家気分を味わえる展示も楽しい

 たとえば、小出楢重の《帽子をかぶった自画像》は、ヨーロッパ旅行から帰国した小出が、日本人が洋画を描くためには西洋人の気質を体得する必要があると考え、生活を西洋風に一変させた後に描いた大作。和室のアトリエに絨毯を敷き、白いスーツと山高帽と革靴の姿で鏡の中の自身を見つめる姿を描いた自画像だが、その傍らにはそのアトリエをイメージした空間がつくられている。パレットや絵筆、帽子などを手にして、絵の中の小出になったつもりで鏡に映ることで、画家の気持ちに思いを馳せてもらおうという意図である。

アンリ・マティス《青い胴着の女》1935年 制作中の写真によって、制作のプロセスを知ることができる
アンリ・マティス《青い胴着の女》1935年 制作中の写真によって、制作のプロセスを知ることができる

 2つ目の「風景画への旅―描かれた景色に浸ってみよう」は、描かれた風景の中を旅しているような気持ちへと観る者を誘うセクション。パリ、ニューヨーク、ヴェネツィアなど個性ある街を描いた風景画と自然を主題とした風景画に加え、当時の絵はがきなどの展示もあって、旅心を刺激してくれる。

セザンヌ、ルノワール、ゴーガンの自然の風景画が並ぶ
セザンヌ、ルノワール、ゴーガンの自然の風景画が並ぶ
クロード・モネ《黄昏、ヴェネツィア》1908年頃 この作品も様々な解説があるが、日本人のコレクターがモネ本人から購入した際のエピソードが面白い
クロード・モネ《黄昏、ヴェネツィア》1908年頃 この作品も様々な解説があるが、日本人のコレクターがモネ本人から購入した際のエピソードが面白い

 なかには、近場で一種の「聖地巡礼」が可能な作品もある。銀座生まれの岸田劉生が、明治の末期に実家近くの銀座煉瓦街を描いた場所は、京橋のアーティゾン美術館から徒歩10分だとか。同じ場所の現在の写真や大正時代の絵はがき、劉生の生家の紹介もあって、これも絵をしみじみと見直すきっかけとなっていた。

岸田劉生《街道(銀座風景)》1911年頃
岸田劉生《街道(銀座風景)》1911年頃
《街道(銀座風景)》に描かれた場所を深掘りしたパネル
《街道(銀座風景)》に描かれた場所を深掘りしたパネル

 セクション3のテーマは、「印象派の世界を体感する―近代都市パリの日常風景」。印象派の名品コレクションで知られる館だが、ここでは比較的新しく収蔵品となった2点に特に焦点があてられている。その1点は、モリゾの《バルコニーの女と子ども》。

ベルト・モリゾ《バルコニーの女と子ども》1872年
ベルト・モリゾ《バルコニーの女と子ども》1872年

 パリの名所が見えるこの絵がどこで、誰を描いたものなのかから始まり、親しく交流した画家マネとの影響関係、X線調査結果でわかった絵の下に隠された別のイメージ、さらに19世紀末の女性像、あるいは女性画家の立場など、近年の研究成果もふまえた様々な考察が興味深く語られている。

ギュスターヴ・カイユボット《ピアノを弾く若い男》1876年 作品とともに同じエラール社のピアノを配した展示室
ギュスターヴ・カイユボット《ピアノを弾く若い男》1876年 作品とともに同じエラール社のピアノを配した展示室

 もう1点は、印象派の画家であると同時にパトロンでもあったカイユボットの《ピアノを弾く若い男》。会場には、同館が近年収蔵したという、絵の中のピアノと同じエラール社のグランドピアノが置かれている。当時のピアノは上流市民のステイタスを示すものだったそうだが、見比べるとカイユボットがいかに実物に忠実に描いていたかがわかるとともに、当時の富裕層の瀟洒な室内の雰囲気が実感できる。
 かつての教育普及活動には「教える」という印象が強い時代もあったが、近年は観る者が主体的に「楽しみながら学ぶ」という視点が重視されている。そのことが、「アートを楽しむ —見る、感じる、学ぶ」という展覧会名にもよく表れている。作品を深く味わうための様々な視点をもたらしてくれる楽しい展覧会だ。
  
執筆・写真撮影:中山ゆかり
  
*会場内の写真は、主催者の許可を得て撮影したものです。
*作品はすべて、石橋財団アーティゾン美術館蔵
*参考資料:セクションごとに無料配布されている展示パンフレット3部

アートを楽しむ ——見る、感じる、学ぶ
Delighting in Art: Seeing, Feeling, Learning
  
【会期・会場】
2023年2月25日(土)〜5月14日(日) アーティゾン美術館(東京都・中央区)
※来場にあたっての注意事項等については、公式ウェブサイトをご確認ください。
美術館HP:https://www.artizon.museum/exhibition/detail/65