詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

生誕120年 古賀忠雄展 塑造(像)の楽しみ

開催中〜2024/02/25

練馬区立美術館

東京都・練馬区

白井美穂 森の空き地

開催中〜2024/02/25

府中市美術館

東京都・府中市

特別展「北斎サムライ画伝」

開催中〜2024/02/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

正倉院宝物を受け継ぐ―明治天皇に始まる宝物模造の歴史―

開催中〜2024/02/25

明治神宮ミュージアム

東京都・渋谷区

うるしとともに― くらしのなかの漆芸美

開催中〜2024/02/25

泉屋博古館東京

東京都・港区

HAIBARA Art & Design 和紙がおりなす日本の美

開催中〜2024/02/25

三鷹市美術ギャラリー

東京都・三鷹市

札幌国際芸術祭 SIAF2024

開催中〜2024/02/25

芸術祭(北海道立近代美術館、札幌芸術の森美術館、モエレ沼公園ほか。*さっぽろ雪まつり大通2丁目会場は会期が短いのでご注意を)

北海道・札幌市

やんばるアートフェスティバル

開催中〜2024/02/25

芸術祭(沖縄県国頭郡の大宜味村立旧塩屋小学校ほか、沖縄県各所)

沖縄県

印刷/版画/グラフィックデザインの断層 1957-1979

開催中〜2024/03/03

国立工芸館

石川県・金沢市

MOTアニュアル2023 シナジー、創造と生成のあいだ

開催中〜2024/03/03

東京都現代美術館

東京都・江東区

皇居三の丸尚蔵館 開館記念展「皇室のみやび-受け継ぐ美-」第 2 期:「近代皇室を彩る技と美」

開催中〜2024/03/03

皇居三の丸尚蔵館

東京都・千代田区

[公募展] Seed 山種美術館 日本画アワード 2024 ― 未来をになう日本画新世代 ―

開催中〜2024/03/03

山種美術館

東京都・渋谷区

坂本龍一トリビュート展 音楽/アート/メディア

開催中〜2024/03/10

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] ギャラリーA

東京都・新宿区

豊嶋康子 発生法──天地左右の裏表

開催中〜2024/03/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

21_21 DESIGN SIGHT 企画展「もじ イメージ Graphic 展」

開催中〜2024/03/10

21_21 DESIGN SIGHTギャラリー1&2

東京都・港区

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/特集展示 横尾忠則―水のように/生誕100年 サム・フランシス

開催中〜2024/03/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

特別展「本阿弥光悦の大宇宙」

開催中〜2024/03/10

東京国立博物館

東京都・台東区

都市にひそむミエナイモノ展 Invisibles in the Neo City

開催中〜2024/03/10

SusHi Tech Square 1F Space

東京都・千代田区

水木しげるの妖怪 百鬼夜行展 ~お化けたちはこうして生まれた~

開催中〜2024/03/10

そごう美術館

神奈川県・横浜市

FACE展2024

開催中〜2024/03/10

SOMPO美術館

東京都・新宿区

和田誠 映画の仕事

開催中〜2024/03/24

国立映画アーカイブ

東京都・中央区

ムットーニワールド からくりシアターⅤ

開催中〜2024/03/24

八王子市夢美術館

東京都・八王子市

四百年遠忌記念特別展 大名茶人 織田有楽斎

開催中〜2024/03/24

サントリー美術館

東京都・港区

ニャラティブ! ‐物語から見る招き猫亭コレクションと現代作家展‐

開催中〜2024/03/24

藤沢市アートスペース

神奈川県・藤沢市

ACT (Artists Contemporary TOKAS) Vol. 6『メニスル』

開催中〜2024/03/24

トーキョーアーツアンドスペース本郷

東京都・文京区

企画展 「魅惑の朝鮮陶磁」/特別企画 「謎解き奥高麗茶碗」

開催中〜2024/03/26

根津美術館

東京都・港区

VOCA展2024 現代美術の展望-新しい平面の作家たち

2024/03/14〜2024/03/30

上野の森美術館

東京都・台東区

森美術館開館20周年記念展 私たちのエコロジー:地球という惑星を生きるために

開催中〜2024/03/31

森美術館

東京都・港区

tupera tupera + 遠藤幹子 しつもんパーク in 彫刻の森美術館

開催中〜2024/03/31

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

企画展「いざ、勝負!」

開催中〜2024/03/31

北斎館

長野県・小布施町

岩﨑家のお雛さま

開催中〜2024/03/31

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

岡田健太郎―重なる景体

開催中〜2024/04/07

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

三井家のおひなさま 特別展示 丸平文庫所蔵 京のひなかざり

開催中〜2024/04/07

三井記念美術館

東京都・中央区

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

開催中〜2024/04/07

東京都美術館

東京都・台東区

美術家たちの沿線物語 小田急線篇

開催中〜2024/04/07

世田谷美術館

東京都・世田谷区

魔女まじょ展

開催中〜2024/04/08

魔法の文学館(江戸川区角野栄子児童文学館)2階ギャラリー

東京都・江戸川区

初公開の仏教美術 ―如意輪観音菩薩像・二童子像をむかえて―

開催中〜2024/04/14

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

櫻井翔 未来への言葉展 PLAYFUL!

開催中〜2024/04/14

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

令和5年度早春展 中国陶磁の色彩 ―2000年のいろどり―

開催中〜2024/04/14

永青文庫

東京都・文京区

英国キュー王立植物園 おいしいボタニカル・アート 食を彩る植物のものがたり

開催中〜2024/04/14

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

建立900年 特別展 中尊寺金色堂

開催中〜2024/04/14

東京国立博物館

東京都・台東区

生誕150年 池上秀畝―高精細画人―

2024/03/16〜2024/04/21

練馬区立美術館

東京都・練馬区

須藤玲子:NUNOの布づくり

開催中〜2024/05/06

水戸芸術館現代美術ギャラリー、広場

茨城県・水戸市

春の江戸絵画まつり ほとけの国の美術

2024/03/09〜2024/05/06

府中市美術館

東京都・府中市

第5回「私の代表作」展

開催中〜2024/05/12

ホキ美術館

千葉県・千葉市

ライトアップ木島櫻谷 ― 四季連作大屏風と沁みる『生写し』

2024/03/16〜2024/05/12

泉屋博古館東京

東京都・港区

イヴ・ネッツハマー ささめく葉は空気の言問い

2024/03/10〜2024/05/12

宇都宮美術館

栃木県・宇都宮市

モダン・タイムス・イン・パリ 1925 ― 機械時代のアートとデザイン

開催中〜2024/05/19

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

版画の青春 小野忠重と版画運動 ―激動の1930-40年代を版画に刻んだ若者たち―

2024/03/16〜2024/05/19

町田市立国際版画美術館

東京都・町田市

マティス 自由なフォルム

開催中〜2024/05/27

国立新美術館

東京都・港区

金屏風の祭典 ——黄金の世界へようこそ

開催中〜2024/06/02

岡田美術館

神奈川県・箱根町

日本の山海

2024/02/27〜2024/06/02

松岡美術館

東京都・港区

卒寿記念 人間国宝 鈴木藏の志野展

2024/03/19〜2024/06/02

国立工芸館

石川県・金沢市

遠距離現在 Universal / Remote

2024/03/06〜2024/06/03

国立新美術館

東京都・港区

第8回横浜トリエンナーレ「野草:いま、ここで生きてる」

2024/03/15〜2024/06/09

芸術祭(横浜美術館、旧第一銀行横浜支店、BankART KAIKO、クイーンズスクエア横浜、元町・中華街駅連絡通路)

神奈川県・横浜市

北欧の神秘ーノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画

2024/03/23〜2024/06/09

SOMPO美術館

東京都・新宿区

記憶:リメンブランス-現代写真・映像の表現から

2024/03/01〜2024/06/09

東京都写真美術館

東京都・目黒区

BankART Life7「UrbanNesting:再び都市に棲む」

2024/03/15〜2024/06/09

BankART Station

神奈川県・横浜市

企画展「北斎と感情」

2024/04/06〜2024/06/09

北斎館

長野県・小布施町

特別展「大哺乳類展3−わけてつなげて大行進」

2024/03/16〜2024/06/16

国立科学博物館

東京都・台東区

茶の湯の美学 ―利休・織部・遠州の茶道具―

2024/04/18〜2024/06/16

三井記念美術館

東京都・中央区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

2024/04/27〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

2024/04/27〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

2024/03/09〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

2024/04/16〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

民藝 MINGEI—美は暮らしのなかにある

2024/04/24〜2024/06/30

世田谷美術館

東京都・世田谷区

三島喜美代―未来への記憶

2024/05/19〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

2024/04/24〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

2024/04/13〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

日本のまんなかでアートをさけんでみる

2024/03/16〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

Exhibitions

やきものの在処(ありか) 武蔵野美術大学美術館

新たな見方で「やきもの」に親しむ
 武蔵野美術大学美術館で、焼き物を新しい形で楽しむことのできる展覧会「やきものの在処(ありか)」が開かれている。多くの人が日常的に使い、身近にありながらも、芸術品として観賞するのは縁遠く感じられることもある「やきもの」を新たな見方で楽しんでほしいと、焼き物をモチーフにした写真や絵画、文学作品と併せて展示するなど、一般的な陶磁器展とは一味違った構成となっている。また、出品された陶磁器のうち5作品をデジタルデータ化し、3Dデータ、CTスキャン、高精細画像で自由に確認することができるのも斬新だ。本展は「第1章 やきモノに形を与える」「第2章 やきものの在る風景とイメージと」「第3章 そこに在る、やきもの」で構成する。

武蔵野美術大学のデジタルアーカイブの取り組みと陶磁器コレクション
 武蔵野美術大学 美術館・図書館の前身である「美術資料図書館」は、大学の教育・研究機関として1967年に開館し、2010年に「美術館・図書館」と名称を改め、図書館棟を竣工。2011年には旧美術資料図書館棟を大学美術館としてリニューアルした。大学美術館と大学図書館としての2つの機能を併せ持ち、付属の民俗資料室とイメージライブラリーを有する。2008年に館内に併設された「造形研究センター」ではデジタル・アーカイブの開発を行い、所蔵されているあらゆる種別の資料のデータべースを整備する。2013年度からは3D画像も含めた多様なデジタル画像を利用してのアーカイブ化の手法の開発を行い、本展はその成果の発表も兼ねているという(田中正之「陶磁器とデジタル・アーカイブの新たな展開を目指して」『やきものの在処』展図録、pp.6-7)。
 また同館では縄文土器や北欧陶磁、民藝の器など、さまざまな時代や地域にまたがって収集された400点以上の陶磁コレクションを有し、本展では収蔵品を中心にした陶磁器や写真など65点を展示する。

さまざまな時代や地域の焼き物をデジタルに、リアルに、楽しむ
 美術館に足を踏み入れると、まず同時開催の展覧会「戸谷成雄―現れる彫刻」の展示品、《雷神》(2009年)が目に飛び込んでくる。9メートルを超す巨大彫刻だが、高い天井にちょうど収まり、スロープからいろいろな高さで楽しむことができる。

 「やきものの在処」が開かれている2階展示室に入ると白く明るい展示空間が広がっている。《みみずく土偶》や《深鉢形土器》など縄文時代の土偶や土器と併せて、写真家・大辻清司(1923~2001)の土偶の写真も並ぶ。同展示室には被写体であるモノに向き合い続けた大辻の写真が多数、展示されている。バーナード・リーチ(1887~1979)の作品を写した《リーチの陶芸》を見ながら、「写真」という姿になった焼き物を味わう。

 中国・明時代の器などが並ぶ展示台の横に設置されたタブレットで、展示中の作品の3D画像を回転させてみて、思わず息を呑む。展示中の作品を自由自在に回転し、実物では見ることのできない部分が露わになる姿に衝撃を受ける。CTスキャン画像では器の内部構造が確認でき、実際に作られる工程を見ているようで非常に興味深い。器の特徴やポイントの解説も添えられていて、構造についてわかりやすく学ぶことができる。デジタル画像を堪能したあと、再度、展示中の作品に目を移すと、展示品への愛着や理解が深まった感覚に。作品を新たな方法で楽しむことのできる画期的な手法だと思った。

 奥村土牛(1889~1990)の淡彩画《古伊賀》(1970年)にも出会える。土牛は時には花器として、あるいはガラスケースや展示台と共に描いた鑑賞品として焼き物を描いている。この作品では単独のモチーフとして伊賀焼が優しい色合いで描かれている。鎌倉時代の《山茶碗》は釉薬のかかり方や色合いなどが感じがよく、金継ぎによる金が入りながらも華美な印象を与えない。《スリップウェア 鳥図角皿》は濃い茶の四角い大皿に、白でかわいい鳥が描かれている。「スリップ」と呼ばれるクリーム状の化粧土で装飾するスリップウェア、この作品はさざ波のような線をみせる。その姿がまるでお好み焼きのソースのようだと思いながら、220年前のイギリスに思いを馳せる。もう一つのスリップウェア《格子文丸皿》は赤茶けたような風合いで、線も力強い。

民藝の作家たちの作品に出会う
 第2章では、京都を拠点に制作に取り組んだ河井寬次郎(1890~1966年)、バーナード・リーチと親交があり栃木県益子町を拠点にした濱田庄司(1894~1978年)、柳宗悦(1889~1961年)の息子で、多くの人に愛されるキッチンアイテムなどを手掛けた柳宗理(1915~2011年)の作品などに出会える。河井寬次郎の《白地草花絵扁壺》は、ポイントとして使われている落ち着いた赤や深みのある緑が温かみを添える。他の3点も含め彼の作品に共通する、ぷっくりとしたような厚みのある質感が愛らしく心引かれる。《柿釉草花絵茶碗》や《辰砂縞文茶碗》は手の中にそっとおさまるような丸みとサイズで、思わず手で包み込みたくなる。
 濱田庄司の《柿釉筒描絵変皿》や《塩釉抜絵茶碗》は、河井に比べると限られた色合いで、より強みや荒々しさのようなものを感じる。濱田はイギリスで出会ったスリップウェアをはじめ、さまざまな影響を受けながら独自の線を生み出している。柳宗理の《ボーンチャイナ ティーカップ&ソーサー、ティーポット》も展示する。無駄のない美しいフォルムが光を受け白く輝く姿に、「さすが柳宗理」の言葉が浮かんだ。民藝の作家の作品たちは一流ながらもやはり日常に馴染むような品というところにすごさを感じる。本章では河井をはじめ多くの陶芸家が暮らした京都五条坂周辺などで大辻が撮影した写真を展示する。柳瀬正夢の《スケッチ〔大根〕》や《挿絵〔文士の食事〕》もかわいい。

文学の中の「やきもの」に触れる
 第3章では、夏目漱石(1867~1916年)や宮沢賢治(1896~1933年)、川端康成(1899~1972年)などの文学作品の中に登場する焼き物の描写や画家・小林孝亘(1960年~)の絵画を展示する。確かに小説やテレビドラマなどでも「焼き物が壊れる」ということに象徴的な意味を持たせて使われることがある。そうした視点から焼き物を意識してみるのもおもしろいと思った。

 本展は、さまざまな年代や地域の焼き物などをデジタル画像も併せて楽しむことができるほか、写真・絵画・文学を通しても見つめることができ、多角的な視点から焼き物を感じ楽しむことができる内容だった。隣接の展示室では「タイポグラフィ教育2」、民俗資料室ギャラリーでは全国約100点のしめ飾りを展示する「しめかざり 祈りと形」も同時開催している(文中・敬称略)。


※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。


写真1)会場風景


写真2)会場風景
タブレット上の3D画像「灰釉長頸瓶」


写真3)会場風景
タブレット上のCT画像「黒釉扁壺」


写真4)会場風景
手前が《スリップウェア 格子文丸皿》(イギリス、18世紀)、左上《スリップウェア 鳥図角皿》(イギリス、1794年)


写真5)会場風景
全て河井寛次郎の作品。手前から時計周りに、《白地草花絵扁壺》(1930~1940年代)、《辰砂縞文茶碗》(1920~1940年代)、《柿釉草花絵茶碗》(1940年頃)、《柿釉抜絵丸文鉢》(1930~1940年代)


写真6)会場風景
夏目漱石『虞美人艸 』 (PP.176~177、春陽堂、1908年)

(参考文献)
本展図録「やきものの在処」 鳥越麻由=編集、武蔵野美術大学 美術館・図書館、武蔵野美術大学 造形研究センター=発行、2017年

執筆・写真:堀内まりえ

〔展覧会情報〕
「やきものの在処(ありか)」Where is your Ceramic?
武蔵野美術大学美術館
9月4日~11月11日
http://mauml.musabi.ac.jp/museum/archives/11131